英語を学ぶことは楽しいこと!子供たちに最初に与える絵で学ぶ英語辞書

戸田デザイン 英和・和英じてん絵本

和英じてん絵本

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)

英和じてん絵本

本体価格 ¥2,400 (税込価格 ¥2,592)

絵本作家、戸田幸四郎。1年に一冊というゆっくりとしたペースで作品を世に送り出し、現在までのその数、40冊。その全てが全国学校図書館協議会の選定となっている名作絵本集をはじめ、知育、環境問題をあつかった絵本を創り出してきました。日本の知育絵本の元祖と言われ、戸田の代表作ともいえる「あいうえお えほん」は80万人以上の人々が読み、20年を経た今日でも読み継がれているロングセラー絵本となっています。

その戸田幸四郎が、子供たちが「はじめて出会う英和・和英辞書」としてつくったのが、この「英和・和英じてん絵本」です。

監修に法政大学教授のアン・ヘリングさんを迎え、私たちの日常生活で必要とされる言葉から、英和は1200語、和英は1350語を選んで収載。英語を学ぶために必要な最重要単語はすべて入っています。

各単語には戸田による美しいイラストが付けられており、英語、日本語の言葉にイメージを膨らませながら学習をすすめていくことができます。小型のイラストだけではなく1ページいっぱいをつかったイラストも掲載されており、自分の好きな絵を選びながら、単語を覚えてゆくといった、文字だけの辞書には無い楽しみ方ができます。

各単語にはその用例となる英文も添えられています。これらの用例は和文の一文字一句を訳してゆくという「英作文調」はあえて避け、実際の生活で役立ち、自然な英語となることを目標とされました。

またすべての英単語はカタカナと発音記号で表記しました。用例の単語もすべてカタカナで発音表記がされています。英語の発音をカタカナで正確に表すのは不可能ですが、まだ発音記号の学習していない子供たちにも分かるよう配慮しました。あわせて全ての漢字にもフリガナをふってありますので、漢字を学習する前の子供にも使うことができます。

一般的な辞書同様、「和英」はあいうえお五十音順、「英和」はアルファベット順に言葉が並べられています。英語の初級本や言葉入りの絵本などをつかって、意味が分からなかったものを調べたり。気ままにページを捲って、気に入った絵の単語を覚えたり。親子そろってページを眺めながら、たのしみながら英語を学ぶ、そして英語を好きになる、最適なきっかけを与えてくれる1冊となることでしょう。

もちろん、しばらく英語と離れていて、再度、英語学習をはじめてみたいと考えている「大人」にも最適な一冊です。








カバーをはずすと丁寧で美しい装丁のハードカバーが現れてきます。和英はグリーン、英和はレッドの装丁です。最適な年齢は6歳以上。2冊揃えて子供たちへの贈り物にも良いでしょう。

Suitable Age


6歳くらいから

Author


戸田幸四郎
戸田デザイン研究室
英語監修:アン・ヘリング
(法政大学教授)

Brand Name


戸田デザイン研究室

Variations


戸田デザイン 英和じてん絵本

本体価格 ¥2,400 (税込価格 ¥2,592)

英語を学ぶための最重要単語、1200語を集めた「英和」の辞典です。「a:ひとつの、ひとりの」からはじまって「zoo:動物園」まで、私たちの日常会話で必要とされる言葉が収載されています。

Specifications


ページ数:216ページ
語数:1200語
カバー付き

Sizes


高さ23.6×幅11.2×厚さ2.1cm

Suitable Age


6歳くらいから




戸田デザイン  和英じてん絵本

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)

英語を学ぶための最重要単語、1350語を集めた「和英」の辞典です。「あい、愛する:love」からはじまって「ワンピース:dress,frock」まで、私たちの日常会話で必要とされる言葉が収載されています。

Specifications


ページ数:248ページ
語数:1350語
カバー付き

Sizes


高さ23.6×幅11.2×厚さ2.6cm

Suitable Age


6歳くらいから



Product Guide


監修 法政大学教授 アン・ヘミングより


絵入り辞書の歴史の長さは、世の東西を問わない。中国の明時代の絵入り単語集や、十七世紀の欧州で話題を集めたコメニウス編の辞書の影響は、現在まで続いている。大人たちにとっては勉強の引き金となり、子供たちにとっては面白い絵本でもあるため、喜ばれていた。時代と共に発展し続けてきた絵入り辞書は、子供の本の中でも最も”古くて新しい”ジャンルである。

さて、この「和英じてん絵本」と姉妹本の「英和じてん絵本」には、これまでにない多くの魅力を発見することができる。題名の文字通り、まずは見て味わって面白い絵本である。配色や画風が単純明快に整理され、語彙の一つ一つに付いている絵をみるだけで、子供も大人もこの本をついつい手にとってみたくなる。

そして同時に、二冊は(またも題名の文字通り)実用性の高い辞書でもある。参考書としても充分にご利用いただける。従来のものとは違った使いやすさ、面白さ、そして現実に即した正確さに重点が置かれている。例文の訳は、そのまま使ってもおかしくない。和文を一字一句訳す”英作文調”を避け、「もし最初からこれを英語で言ったとしたら、どういう表現にしたであろう??」と、自然な日本語を自然な英語に言い換えようと努力した。皆さんがご覧になり、うなずいてくだされば幸いである。

発音上の問題や文法の解説などに課題が残る。しかし、何といっても、この「和英じてん絵本」「英和じてん絵本」を楽しんで、英和・日本語を好きになって頂きたい。「好きこそものの上手なれ」の諺の通り、それは言語を学ぶとき、もっとも大切なことなのである。

Designer


戸田幸四郎



1931年、山形県生まれ。1982年、デザイナーより絵本の創作活動には入り、1年に1から2作というペースで新刊を創作。現在までに39冊の絵本を刊行。その全てが全国学校図書館協議会の選定となっている名作絵本集をはじめ、知育、環境問題をあつかった絵本を創り出してきた。

日本の知育絵本の元祖と言われ、戸田の代表作ともいえる「あいうえお えほん」は80万人以上の人々が読み、20年を経た今日でも読み継がれているロングセラー絵本。彼の絵本は企画、作画、編集、レイアウトまでをすべて戸田デザイン研究室が行い、一作一作を入念に、時間をかけて丁寧に創られている。

静岡県熱海市には戸田幸四郎の原画をおさめた戸田幸四郎絵本美術館がある。
http://www.todaart.jp







inFocus


戸田幸四郎さん、戸田デザイン研究所の戸田靖さん ロングインタビュー





たんじゅんな、魚の絵・虫の絵・りんごの絵。
描いては消し、描いては消して、
なかなか形がきまりません。

それは、目に見えない、形の奥にあるものを
描こうとしているからです。

苦心して描いた絵を
苦心して編集することが、
子供への限りない優しさの贈り物、
と、思うのです。


このインタビューの続きを読む