昔の外国の絵本からそのまま出てきたようなブックマーク 

物語の栞の物語

本体価格 ¥800 (税込価格 ¥864)

どんなに忙しいときでも、あなたの現実の生活以外の「もうひとつの物語」がいつも心にあれば、大丈夫。読書はそんなふうにいつでも私たちの心を勇気づけてくれます。

そんな「もうひとつの物語」が、本の中から現実に飛び出してきたかのよう。

読んでいる本の中から、あらわれたような、真っ白な栞(しおり)。現実と空想の世界をつなぐ存在。

そんな不思議で、かわいらしく、そしてちょっと恐いような。昔の外国の絵本の世界からそのまま出てきたようなブックマークができました。「still green」をデザインした徳田祐子と小宮由美子によるデザイン。「物語の栞の物語」です。





まるで物語の中からそのまま飛び出してきたよう。私たちの現実の世界と、物語の世界をつないでくれる、そんな不思議な存在感のある、あたらしいブックマーク。

本のページから頭を出しているのは、「はしご」「人魚」「がちょう」。さてこの3つの挟まれているモノたちから、あなたはどんな物語を想像されるのでしょうか?


ブックマーク本体はシリコンで出来ていますから、何度でも使用可能。世界中のどんな時代の「ものうひつの物語」にもとけ込めるように、色をつけずに白いままで仕上げてあります。あなたの選んだ物語の世界にいつでも連れていってあげてくださいね。

本が大好きな方への贈り物にも最適。ブックマークは上品な紙製のパッケージに入っていて、それぞれ3つの物語が英語、ドイツ語、フランス語、そして日本語で記されています。ここにあなた自身の言葉を添えて、ギフトカードとしてもお使いいただけますよ。







Sizes


幅2.5×高さ15.2cm

Weight


製品:4グラム
パッケージ:15グラム

Material


製品本体:シリコン

Manufacturer


日本製

Designer


徳田祐子 小宮由美子

Brand Name


プラスディー(+d・日本)



Product Guide









読んでいる本の中から、あらわれたような、真っ白な栞。現実と空間の世界を繋ぐ不思議な存在。ひとつひとつの栞には、そのモチーフにちなんだ言葉が記されています。







Package


贈り物に最適なパッケージに入っています











パッケーもとても丁寧につくりました。「はしご」「人魚」「がちょう」たちが語るお話を、英語、ドイツ語、フランス語、日本語で記してあります。本や絵本の大好きな方への贈り物、海外の方への贈り物にも最適です。

パッケージサイズ:4.2×8.7cm






Variations


「物語の栞の物語」は3つのバリエーションからお選びください

















物語の栞の物語「ガチョウ - a silly goose-」

本体価格 ¥800 (税込価格 ¥864)



さあ たいへんだ
たいへんだ

首がはさまって
出られしない

夢中になって読んでいたら
扉が落ちててきてしまったよ!















物語の栞の物語「梯子 -a word thief-」

本体価格 ¥800 (税込価格 ¥864)



俺さまは
世にも名立たる大どろぼう

ありとあらゆる本の中から

宝石のような言葉を
かき集めてまわるのさ















物語の栞の物語「人魚 -a lonely mermaid-」

本体価格 ¥800 (税込価格 ¥864)



はやく
開いてくださいな

あたしが自由になれるのは
あたしの恋のものがたりを
あなたが読みあげるとき
だけなのだから












Recommendations










おなじデザイナーの「still green」もお勧め

良紙の付箋を花びらにして、お花をかたちづくった「花付箋」もおすすめ














Interview


デザイナー・インタビュー 徳田祐子さん(左)、小宮由美子さん(右)にうかがいました











徳田祐子

1979年うまれ。武蔵野美術大学卒業、ヘルシンキ美術デザイン大学大学院修了
2004年サン・アド入社 主にプロダクトデザイン、パッケージデザインをてがける
2007年「虎屋」東京ミッドタウン店のパッケージデザインでADC賞受賞


小宮由美子

慶応義塾大学環境情報学部卒業
(株)サントリー宣伝部にコピーライターとして入社後、(株)サン・アドに移籍。コピーライティング、ネーミング、ブランディングなどを担当。東京コピーライターズクラブ(TCC)会員





この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


挟まれている、という状態に、扉をあける、ページをめくる、
言葉と出会う、といった「読書」の要素をかけあわせて発想しました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


本の中で栞本来の役割を果たしつつ、べつの物語の入口にもなっている…という存在にするため、全体のバランスづくりに試行錯誤しました。

「挟まれている」ので、ただ可愛いだけではなく、シュールで不思議な表現に。パッケージもふくめ、外国の古い絵本のような世界観を目指しました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


使いいいように、シリコンの堅さを調節しました。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


是非使ってみてください。本が大好きな方への贈り物にもぴったりですよ。