モダニズムにも影響を与えた日本建築の最高峰を模型化

建築ペーパークラフト「桂離宮」

本体価格 ¥4,272 (税込価格 ¥4,614)

京都、桂川のほとりにある「桂離宮」。回遊式の庭園をもつ17世紀に建てられた日本を代表する名建築です。

室内の壁、床、天井、家具、調度品の関係性、そして庭を構成する草木、そして庭の向こうに見える景観までが、一連の美しさを構成し、一切の装飾を排した簡素な建築美はモダニズム建築の造形美に通じると評価されて、海外にも知られています。

その桂離宮が、コルビジェやライトなどの翻訳本や研究書を手がけてきた建築関連の専門出版社として有名な集文社より、縮尺1/100の精密なペーパークラフトして登場しました。



このペーパークラフトでは、外観はもちろん、その内部の構造を精密に再現。組み立て完成後にも、屋根を取り外して室内の構成を見ることができます。

また庭に配置させた生け垣、そして有名なキリシタン灯籠、十五夜の月の出方向、東南29度に配置された月見台なども模型として再現。

黄金比(1対1.618比)によって構成された書院群の立面、等差数列で計算された庭の飛び石。現在、一般拝観でも観ることができない部分も再現されています。このペーパークラフトを組み立てることによって、書籍やコンピュータの画面だけでは知ることができなかった「桂離宮」の素晴らしさを体験していただくことができるでしょう。



桂離宮の歴史やその構造の素晴らしさを知ることができる解説書の付属。通風や採光がどのように考えられていたか、室内の造作についてはどのような哲学が貫かれていたのかを知ることができます。

パーツ点数は340点。完成すると、横64センチ、縦53センチの面積の桂離宮が完成します。ドイツの建築家ブルーノ・タウトの絶賛もあり、誰もが聴いたことがある桂離宮。その本質を実際に手を動かしながら、そして完成した模型の細部を目で辿りながら、日本建築の美を再確認することがでいる、このペーパークラフトは最高の教科書と言えるでしょう。




Product Guide


このペーパークラフトのメーカーインタビューを掲載したAssistOnスペシャル・コンテンツはこちら
LINK>> AssistOn inFocus

Recommendations


綺麗に切り取るためには良いハサミをごよういください フィンランドの名門ブランド「FISKARS "Functional Form"」がお勧め

あわせてお楽しみください 同時代の建築物として比較されてきた同じシリーズの「建築ペーパークラフト「陽明門」

同じシリーズの「建築ペーパークラフト「東京駅」

同じシリーズの「建築ペーパークラフト「東京都庁」


















Suitable Age


中学生以上

Author


監修・復元設計:宮本健二
模型製作:小保方貴之
イラスト:保積和夫

Specifications


縮尺:1/100
部品点数:340点

Sizes


製本時:A4 92ページ

完成時:64×53×高さ9cm

Material


紙(北越製紙サンマット)



Product Guide


別途ご用意いただきたい、製作に必要な道具


カッターナイフ または はさみ
カッターナイフを使う場合は、常に切れ味の良い状態で使用しましょう。

カッティングマット
カッターナイフを使う際に台紙として使います。お手元にない場合は、この本の最後についているボール紙を使ってください。

サークルカッター
円を正確に切り抜くための道具で、あると便利です。

鉛筆など、先のとがったもの
部品の折り線にあらかじめ筋を入れて、曲げやすくするために使います。

接着剤
水性の木工用接着剤や工作用接着剤(白くて乾くと透明になるもの)を使います。瞬間接着剤やスティックのりは、ペーパークラフトには不向きです。

つまようじ
接着剤は直接容器からつけずに、紙の切れ端や小皿にいったん出してから、つまようじを使って薄くむらなく塗るときれいに仕上がります。

ピンセット
細かい部品や指の届きにくい部分の組み立てに使います。

スチレンボード
道具ではありませんが、完成後の模型を貼り付けるための台紙として、必要面積をご用意されておくと、完成後の展示や保存に便利です。画材屋や文具店、DIYのショップで入手できます。平らな段ボールでも代用できます。




監修・解説・復元設計 宮本健次
1962年生まれ 1993年、東京芸術大学 美術学部建築課 大学院博士後期課程修了
現在 (株)宮本建築研究所 代表取締役、龍谷大学 国際文化部講師、一級建築士
著書「桂離宮隠された三つの謎」「修学院離宮物語」「桂離宮ブルーノ・タウトは証言する」など







inFocus


集文社 代表取締役 古関喜朗さん ロングインタビュー





同じ紙でつくられた読む本は、読んだしまったらおしまいですが、ペーパークラフトは、切り取って、組み立てる。形が残るから、出来上がった後に飾ったり、眺めて楽しむことができます。動かすことができるものもあります。

ペーパークラフトは、ご家庭であるような道具で、気軽に始めることができるので、ぜひ、いろいろと挑戦していただきたい。そして、皆さんに作る楽しみを味わってもらいたいですね。


このインタビューの続きを読む