ICカード、名刺、メモカードとペンに対応したミニマルなカードケース

rethink "Lim Card Sleeve"

本体価格 ¥6,500 (税込価格 ¥7,020)

手作りによる生産のため、生産数はわずかですので、ご希望の方は早めにご注文をお願いします

シャツの胸ポケットに必要にして最小限を。ICカード、名刺、メモカードとペンに対応したミニマルなカード収納スリーブです。

余計な情報は持ち歩かない。毎日の生活に不必要なモノは身につけない。

ICカードの普及で公共の交通機関の乗り降りが1枚のカードで済むようになり、電子マネーとしても利用する機会が増えるにつれ、必然的にバッグやポケットからの出し入れも多くなってきました。そんなとき、素早く取り出せるスリムでコンパクトなカードスリーブです。

素材には贅沢な植物性タンニンで鞣したイタリア製のキップレザーを使用。しかしながら、厚さはなんと2.5ミリ。重量はわずか15グラムと、薄型、超軽量。この守川武デザインの「rethink "Lim Card Sleeve" 」です。




本革製なのに薄くて張りがあり、しかも軽い。秘密は「ベタ貼り」とよばれる高度な製造方法にあります。これはきめが細かく張りのあるヌメ革を、0.5 mmまで漉き、表裏を貼り合わせたもの。これによって、革自体に弾力性をもたせ、歪みや型くずれも解消し、薄くしなやかな製品に仕上げました。独自のノウハウと高い精度が必要とされる、高度な職人技があってこそ、実現した製品です。

これに加えて、さらに熟練職人の手揉みによるシボ加工を施しました。この「手揉み」のシボ加工は、薬品や型押しによる均一的なシボではなく、部位によって変化があり、ナチュラルな質感が特徴。もちろん、その表面の加工の具合は、世界にひとつ。革が取られる牛の箇所によっても異なり、同じものはまったくありません。




一見すると、革を二つ折りにして縫い上げただけの、なにも変哲もない簡素なデザイン。しかし、意匠的なポイントであるステッチで仕切られたペンスリーブ。この「Lim Card Sleeve」のシンプルな構造こそが使いやすさの秘密。

シャツの胸ポケットにラクに収まるだけはなく、左右から少し本体を握ってやるだけで、中央にたわみが生まれます。そこから指を入れて、さっとカードの出し入れが可能。スマートに使用することができます。

カードポケット部分の収納力は、一般的な厚さ・サイズの名刺なら20枚程度。電子マネーやクレジットカードなら6枚から7枚程度を入れておくことができます。また、ペンホルダーにはZEBRA 手帳用ボールペン 「ZEBRA 手帳用ボールペン 」の収納が可能です。

たとえば名刺交換の際に、いただいた名刺にコメントを加えたい時や、類似サイズのメモカード数枚を忍ばせておき、サイドに挿したミニペンとの組み合わせで、簡易的なメモシステムに。

そしてSuicaやPASMOなどの交通用電子カードを入れて、毎日の通勤に。電子カード、クレジットカード、メモ用紙そして名刺が数枚。これだけで必要最小限の携帯システムが完成。そして胸ポケットからさっとスマートに取り出しが可能です。

Notes


本品はヌメ革を植物性タンニンで鞣したものを使用しており、表面には多少の皺やシミなどがあります。

これらは革本来のものであり避けられません。木でいう木目や節などと同様に革の持ち味としてご理解ください。

また、本製品はひとつひとつが手作業によるものであり、大量生産はできません。そのためご注文が多数の場合はお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。






一般的なサイズの名刺なら20枚程度が収納可能 貼りと弾力性があるため、左右を持つと中央部が開いて、さっと収納物の取り出しが可能です



シャツの胸ポケットに収納可能 本体のみの重量は、なんと15グラムしかありません



SuicaやPASMOを入れてパスケースに メモ用紙を入れておけばメモ帳に さらに名刺を数枚入れれば、必要にして最小限の携帯システムが完成です


Specifications


収納量
:名刺、メモカードで20枚程度
 または電子マネー、IDカード類で6〜7枚程度
:一般的な手帳用のミニペン1本

Sizes


高さ10.5×幅8.7×厚さ0.25cm
ペンスリーブ:0.7cm

Weight


約15g

Material


牛革(キップレザー、手揉みシボ加工)
日本製

Designer


守川武 (rethink)

Package


紙製化粧箱
パッケージサイズ:12×10.3×2cm

Recommendations



あわせてお使いください 同じ製法でつくられた「rethink clipon CoinHolder」もお勧め



Colors



rethink "Lim Card Sleeve" キャメル

本体価格 ¥6,500 (税込価格 ¥7,020)





rethink "Lim Card Sleeve" ブラック

本体価格 ¥6,500 (税込価格 ¥7,020)




Options


ぜひ合わせてご利用ください
ペンホルダーへの収納に最適なボールペンとシャープペンシル










ZEBRA 手帳用ボールペン 

本体価格 ¥400 (税込価格 ¥432)

Sizes


長さ10×直径0.56cm
*ペン先を収納したとき

Weight


7グラム

Specifications


ペン軸交換可能(4C-0.7芯)






ZEBRA 手帳用0.5mmシャープペン 

本体価格 ¥400 (税込価格 ¥432)

Sizes


長さ10×直径0.56cm
*芯を収納したとき

Weight


6グラム

Specifications


消しゴム内蔵(交換はZEBRA B型)
0.5ミリ芯(一般的な芯が使用可能)

Brand Story


Lim Seriesについて


Lim Seriesの「Lim」はよく知られている、Less is More を略したネーミングですが、簡素な意匠など必要最小限の仕様で、より豊かで独自な使い方ができるようなコンセプトに沿った製品のシリーズ名です。

いずれの製品も金属製のパーツなどは一切使わず、極薄に貼り合わせた革を折りたたみ、縫い上げるシンプルな手法でデザインされています。

バリエーション

バリエーションは3種類。写真左から、紙幣、カード、硬貨の収納をスリムでコンパクトなサイズに凝縮したオールインワンのお財布「Lim Wallet」。写真中央の名刺、メモカード&ペンケースとして、各種カードサイズアイテムに対応したCard Sleeve「Lim Card Sleeve」。そして写真右、栞、ペン挿し、ラバーバンド、スリーブポケットなの機能が一体となった「Lim Bookmark Sleeve」があります。


素材について

素材はキメが細かく、こしのあるキップレザーをベースに、熟練職人の手揉みによるシボ加工を施しました。ひとくちに革のシボ加工といっても「手揉み」の他に、皮革業界では太鼓と呼ばれるドラム式の機械に入れてまとめてするシボ加工、薬品を使って革を縮めてシボをつけるシュリンク加工、型押しによるエンボス加工などさまざまですが、本製品は自然で最も美しい仕上がりになるよう熟練した職人による「手揉み」による手法を採用しました。そのため、型押しなどのような画一的なシボではなく、部位によって全く違う表情が、味わい深い雰囲気を醸し出しています。


独自の手法でより薄く、しなやかに

一般に革製品は薄く、軽く作ろうとすると、素材自体が伸びたり歪んだりで、なかなか形になりずらいものです。そこでLim Seriesの各アイテムでは、きめが細かく張りのあるヌメ革を、0.5 mmまで漉き、表裏を貼り合わる「ベタ貼り」という手法を選択しました。この独自のノウハウと高い精度に加え、より多くの革も必要なこの手法により、革自体に弾力性をもたせ、歪みや型くずれを解消し、薄くしなやかな製品が生まれます。


カラー

カラーはいずれのアイテムもブラウン(表)とベージュ(裏)、ブラック(表)とダークブラウン(裏)の2配色です。





Interview


デザイナー・インタビュー  守川 武さんにうかがいました





この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

最近はJRや私鉄から路線バスまで、公共の交通機関の乗車が1枚のカードで済むようになり、電子マネーとしても利用する機会が増えてきました。そしてサイズ的に近い名刺と一緒に持ち歩いていたのですが、どうせならこれらの電子マネーカードと名刺や類似サイズのメモカードなどが一緒に入る使いやすいミニマルなケースができないか考えました。


最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください

まず名刺20枚と電子マネーカード1〜2枚くらいが入ることと、メモ用のペンが挿せるように最初からペンスリーブありきで考えました。そして、シャツの胸ポケットに入るくらいのスリムでコンパクトなサイズ。これらの要素をクリアしつつ、必要最小限の形状を想定しました。


この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?

素材は、キメが細かく、こしのあるタンニン鞣しを施し、染料染めされたキップレザーをベースに、熟練した手揉み職人によるシボ加工を施しています。

そのため、型押しなどのような画一的なシボではなく、部位によって全く違う表情をみせますが、この味わい深い雰囲気は天然素材ならではと思います。


AssistOnのお客様にメッセージをお願いします

シンプルなモノほど使い方で活きてくると思います。人それぞれに合った使い方が一番だと思います。

ちなみに手許の「Lim Card Sleeve」には、IDカード1枚、わずかな枚数の名刺とメモカードにペン、そしてカードサイズのステンレス製ノギスがいつも入っていますが、これで「必要にして十分」です。