毎日の慌ただしいあなたの仕事机に、初夏の風を

KUSA

本体価格 ¥1,600 (税込価格 ¥1,728)

田んぼで、初夏の風にふかれてさらさらと揺れる、みどりの稲穂。その清々しい眺めは、私たち日本人の「原風景」と言えるかもしれません。

机のうえにおいたら、ゆらゆら。無垢のブナの木とおもりから生えたような、すっと伸びた「KUSA」は、人が通るたびに風を感じて優しくゆらゆら。

「ホスピタリティのあるオフィス用品」をテーマとした2006年度の富山プロダクトデザインコンペティションで「とやまデザイン賞」を受賞。

毎日のあわただしい事務作業の机の上で初夏のような、すがすがしい風を運んでくれる。瀧ひろみ、大畑友則がデザインした「KUSA」です。





ベースの部分はきれいな鏡面仕上げが施された鉄と、高い質感を持った無垢のブナ材でできています。そしてその上からは緑色の「KUSA」。ポリエチレンでできている「KUSA」はまるでホンモノのよう。起き上がりこぼし構造で、机のまわりを誰かが通ったり、窓から風が吹いてきたら、ゆらゆら。

身長35センチの「KUSA」が揺れ動く様を見ていると、不思議と緊張感がほぐれるよう。鮮やかな花ではなく、緑のイネや道ばたの草のイメージを眺めて、いいな、きれいだな、と感じるのは日本人だからでしょうか?





文字も書けません、計算することもできません。しかし、これが新しい「文具」のあり方の提案。机の上にあって、嬉しい。そんな道具。

化粧箱にはいった綺麗なパッケージに入っています。いつも忙しくデスクワークをされている方への贈り物として。慌ただしい気持ちの中に、やわらかな風を感じさせてくれる、そんな文房具、「KUSA」です。







Sizes


高さ35.4×直径2.7cm

Weight


40グラム

Material


本体
:木(ブナ)
:鉄(接着:エポキシ樹脂)
葉:ポリエチレン

Country of Manufacture


日本製

Designer


瀧ひろみ、大畑友則(switch design)

Award


2006年富山プロダクトデザインコンペティション「とやまデザイン賞」受賞

Brand Name


プラスディー(+d・日本)










Package


大切な方への贈り物に最適なギフトパッケージに入っています











紙製化粧箱 日本語と英語の解説つき
パッケージサイズ:36.2×3.1×3.2cm 85g













Interview


デザイナー・インタビュー switch design 瀧ひろみさん、大畑友則さんにうかがいました






瀧ひろみ
1997年 嵯峨美術短期大学 美術学科陶芸コース 卒業
2006年 多摩美術大学 造形表現学部 デザイン学科 卒業

大畑友則
2001年 武蔵工業大学 工学部 機械工学科 卒業
2005年 多摩美術大学 造形表現学部 デザイン学科 卒業

2004年 "switch design"をスタート
http://s-w-i-t-c-h.com




この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


実家の窓からはいつも緑の山や田んぼが見えていて、ゆったりと広々とした緑の景色を見るのが好きでした。

とくに風にあおられて揺れる夏の田んぼのイネがとても綺麗だと感じていたことから、それを身近に感じられるものがあったらどんなにいいだろうと思い作りました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


起き上がりこぼしの構造にして、揺れる草をわかりやすく連想できそうな仕組みにしました。

また、初めて商品化になる経験をし、サンプルを作って頂いた方々の貴重な意見や感想を参考に量産に向いた形状になるようにアドバイスを頂きながらじっくりと決断していきました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


持った時の素材の感触や重量感を意識しました。
また、「とやまデザイン賞」受賞作品ということで、なるべく富山県内で生産して頂くことにしました。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


風を感じると起き上がりこぼしの仕組みにより、軽やかに、緩やかに揺れます。
風の通り道に置いてみたり、目印として置いてみたり、ペーパーウェイトとしても使えます。

風を受けて緩やかに揺れいる、のびのびとした草原やみずみずしい田んぼのイネをイメージして作りました。たくさん並べると小さな草原ができたかのように見えます。