日本のプロダクトデザインのパイオニア、渡辺力が子供たちのために作った名作腕時計。今回、家族みんなでお使いいただける大人バージョンも用意しました。

渡辺力「小さな腕時計」

ちいさなお子様にも、きちんとしたデザインの綺麗な腕時計を。戦後、日本を代表するプロダクトデザイナーとして知られている渡辺力。彼がデザインした、文字が読み取りやすく、美しいフォルムのロングセラー腕時計、SEIKO ALBA「Riki Watababe」シリーズのひとつとして作られた、子供用腕時計。

今回、そのカラーと細部を見直し、さらにお揃いでお使いいただける大人バージョンを加えて、リニューアルしました。

素材には肌にやさしいアレルギーの少ない素材を使用。小さな腕にはめてもジャマにならない、丁度良い大きさです。

目先の派手さや、流行を追うデザインではありません、またキャラクターものの時計でもありません。しかし、ベルトには自然素材である皮革を、そして時計部分にはアナログ式をあえて採用し、子供たちが大人になったときにもきっと記憶に残る、きちんとした腕時計を目指してつくりました。







時計本体は、日常生活防水を施したクォーツ式を採用しました。お子様に時間の概念を知ってもらう、時計の読み方を覚えていただけることを目指して、アナログ時計にしました。

文字盤に目を移すと、だいたいの時間をさっと読み取ることができるという、アナログ針式時計の良さを追求したデザインです。時計本体を小型化させるため、子ども用では、数字の書かれた文字盤部分を一段くぼんだ位置にして、斜めの位置からでも長針と短針の位置を読み取りやすくしてあります。

数字のフォントには、美しく読み取りやすい「クラレンドン」を使用。文字盤は目に優しいマット仕上げにして、あえて数字部分には色を入れずに、文字盤がでしゃばりすぎないように配慮してあります。

時計本体、文字盤部分の直径は2.8センチと通常の腕時計にくらべて、とても小振り。そのため、小さな腕にはめてもジャマになりづらく、腕にフィットしやすいのが大きな特徴です。

大人にくらべてずっと動きが活発な子供たち。このサイズにしたことで、時計がどこかにぶつかったり、引っ掛けたり、といった万が一の問題を軽減します。また時計本体の外装には一切、金属は使用せず、樹脂を使用したことも、活発な子供たちへの配慮です。







腕に密着するベルトには、人肌の感触に一番近いと言われるピッグスキンを使用しました。やさしい風合いをもった柔らかな天然素材を使うことで、使ううちにさらに肌に馴染んできます。これを植物タンニンなめし(草木染め)で仕上げて、穏やかな色合いにしました。

またバンドの裏側にはアレルギーの少ない素材として知られる合成皮革を貼り合わせて使用しました。これによって、汗をかいたときにも簡単に拭き取ることもでき、抗菌、消臭の役割ももたせてあります。

ピッグスキンのベルトは天然素材なので、1本1本色合いが異なっています。またお使いいただくことで、少しずつ色合いが深くなって変化を楽しんでいただくことができます。

直径2.8センチの「子ども用」は、小さなお子様に加えて、女性の方にもご利用いただけるサイズで、腕周り18センチまでの方に対応しています。

加えて、今回あたらしく作った「大人用」は直径が3.4センチで、腕周り20.5センチの方までご利用いただける、男性の方にも対応したサイズです。子ども用というだけではなく、男女カップルで、ご家族、親子揃って、ぜひお使いください。







この「渡辺力 小さな腕時計」、そのデザインのベースになっているのは、日本のモダンデザインの代表作として知られている、1971年発売のセイコー「小さな壁時計」。プロダクトデザイン史の1ページを飾るこの時計は、当時、贈答品、装飾品として扱われていた壁掛け時計のあり方を考え直した画期的なデザインでした。

過剰な装飾を一切排し、時間を確認しやすい、という機能性に配慮。一般の家庭の壁に使いやすいよう小型化し、背景から数字が浮かび上がって、無駄のない、簡潔なそのデザインは当時、画期的な時計デザインとして多くの人に受け入れられました。

その基本的な考え方を受け継いで腕時計としたのが、この「小さな腕時計」です。まず子ども用の腕時計として2007年に販売を開始し、AssistOnでロングセラー販売となって、2014-15年冬、渡辺力の没後1周年に細部を見直して、さらに大人用をシリーズに追加しました。

飽きのこないシンプルさと、時計としての見やすさ。そして、どこか少し愛嬌のあるデザイン。渡辺力のデザインに対する変わらないポリシーと誠実さ。ご家族一緒にお使いいただきたい「小さい腕時計」のバリエーションが出来上がりました。




Sizes


スモール
:直径28×厚さ8.8mm
ミディアム
:直径34×厚さ10.4mm

Weight


スモール:12グラム
ミディアム:17グラム

Specifications


クオーツ方式
日常生活用防水
電池寿命:約3年

Material


ケース:プラスチック
ガラス素材:アクリルガラス
ベルト:ピッグスキン
(植物タンニンなめし・草木染め)
ベルト裏面:合成皮革

Designer


渡辺力

Manufacturer


セイコー ALBA
























Product Guide


腕時計が苦手な方に。アレルギーの出ずらい素材で作りました。












腕に密着するベルトには、人肌の感触に一番近いと言われるピッグスキンを使用しました。やさしい風合いをもった柔らかな天然素材を使うことで、使ううちにさらに肌に馴染んできます。これを植物タンニンなめし(草木染め)で仕上げて、穏やかな色合いにしました。

またバンドの裏側にはアレルギーの少ない素材として知られる合成皮革を貼り合わせて使用しました。これによって、汗をかいたときにも簡単に拭き取ることもでき、抗菌、消臭の役割ももたせてあります。

ピッグスキンのベルトは天然素材なので、1本1本色合いが異なっています。またお使いいただくことで、時間の経過とともに色合いが変化して、飴色になってゆく経過を楽しむことができます。













Product Guide


7年ぶりのリニューアルで、サイズの少し大きな「大人用」モデルを追加しました。












ロングセラーの渡辺力デザイン「小さな腕時計」、7年ぶりのリニューアルで細部を見直し、さらにカラーバリエーションを赤、オレンジ、スカイブルー、ネイビーの4色としました。さらに今回、みなさんからのリクエストが多かった、ひとまわり大きな「大人バージョン」も用意しました。









時計本体、文字盤部分の直径は2.8センチと通常の腕時計にくらべて、とても小振り。そのため、小さな腕にはめてもジャマになりづらく、腕にフィットしやすいのが大きな特徴です。

大人にくらべてずっと動きが活発な子供たち。このサイズにしたことで、時計がどこかにぶつかったり、引っ掛けたり、といった万が一の問題を軽減します。また時計本体の外装には一切、金属は使用せず、樹脂を使用したことも、活発な子供たちへの配慮です。

今回、追加した「大人用」もサイズ自体は大きくしながらも、一般的な腕時計に比べて、たいへんコンパクト。大型の腕時計を嫌われる方にも最適な、とても扱いやすい腕時計です。









直径2.8センチの「子ども用」。小さなお子様や小学校低学年の方にもお使いいただけるサイズです。加えて、女性の方にもご利用いただくことができる、腕周り18センチまでの方に対応しています。









こちらは今回あたらしく作った「大人用」。写真は男性の腕に巻いた状態です。直径が3.4センチで、腕周り20.5センチの方までご利用いただける、男性の方にも対応したサイズです。

男女カップルで、ご家族で、親子揃って、お孫さんと一緒に、ぜひ「お揃いの腕時計」として、ご利用ください。










Package


大切な方への贈り物にも最適。ギフトボックスに入れてお届けします。












紙製パッケージ 日本語解説書、国内保証書
パッケーサイズ:10×6.2×8cm










Colors






渡辺力「小さな腕時計」レッド

スモール

本体価格 ¥8,500 (税込価格 ¥9,180)

注文不可 メーカー製造終了

ミディアム

本体価格 ¥8,500 (税込価格 ¥9,180)


Sizes


スモール
:直径28×厚さ8.8mm

ミディアム
:直径34×厚さ10.4mm







渡辺力「小さな腕時計」スカイブルー

スモール

本体価格 ¥8,500 (税込価格 ¥9,180)

注文不可 メーカー製造終了

ミディアム

本体価格 ¥8,500 (税込価格 ¥9,180)


Sizes


スモール
:直径28×厚さ8.8mm

ミディアム
:直径34×厚さ10.4mm







渡辺力「小さな腕時計」オレンジ

スモール

本体価格 ¥8,500 (税込価格 ¥9,180)

注文不可 メーカー製造終了

ミディアム

本体価格 ¥8,500 (税込価格 ¥9,180)


Sizes


スモール
:直径28×厚さ8.8mm

ミディアム
:直径34×厚さ10.4mm







渡辺力「小さな腕時計」ネイビーブルー

スモール

本体価格 ¥8,500 (税込価格 ¥9,180)

注文不可 メーカー製造終了

ミディアム

本体価格 ¥8,500 (税込価格 ¥9,180)


Sizes


スモール
:直径28×厚さ8.8mm

ミディアム
:直径34×厚さ10.4mm










Interview


デザイナー・インタビュー 渡辺力さんにうかがいました













この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


2006年春、松屋銀座にて開催されたデザインギャラリー1953で 「幼子のためのおもちゃ展」の展示品を厳選し監修したことがきっかけです。この展示会は、子どもたちに使ってほしいおもちゃ、親が子に与えるべき玩具、をテーマにスイスを中心としたヨーロッパ玩具を展示したものでした。

子どもに残せる良いデザイン・良いモノ、というテーマは実は以前にも取り組んだことがあって、1965年に手がけたものが「子どものためのカートンファニチャー」というダンボール製の作品で、これは現在でも「リキ・スツール」として販売が続けられています。




最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


まず「アナログ」であること。デジタルは瞬間の時刻はわかっても、それ以上のことが分かりません。アナログだと、現在時刻と同時に先のことが浮かびます。アナログには普遍性があると思います。

次に「単純明快な形状。」数字は読みやすい書体。針はシンプルな棒状のもの。おのおのの針の太さと長さのバランスは徹底しました。

最後に「心をくすぐるデザイン」です。ややすそ広がりのケースの形は直線的な冷たさを排しお菓子のようなかわいらしさも感じられます。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


バンドは草木染めの色出しや風合いが難しく、セイコーウオッチと何回も打ち合わせをしました。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


幼少時代より良質なものに触れさせることはその後の成長過程にも大きく影響すると考えています。五感をフルに使って楽しんでください。














Profile







渡辺力

1911年(明治44年)7月17日東京・白金生まれ。2013年に101歳で逝去。
インテリアデザイナー、プロダクトデザイナー。

東京高等工芸学校 木材工芸科(昭和11年卒)。東京大学・航空研究所助手などを経て、1949年(昭和24年)フリーのデザイナーとして出発。1951年(昭和26年)に素地仕上げの木材、木綿の紐、座布団という単純素朴な材料と構成による「ひも椅子」を発表、椅子の伝統を持たない日本人による最初の注目すべき作品として海外でも評判となった。また同年には新制作展で《ハサミ材による家具》が新建築賞を受賞(東京都美術館)。

1953年に国際デザインコミッティー(現・日本デザインコミッティー)を勝見勝・剣持勇・丹下健三・柳宗理らと設立。1953年に廣瀬鎌二設計「SH‐1」の家具を担当。1954年に清家清設計「数学者の家」(東京目黒区)の家具を担当。

作品はほかに「ダンボールの家具」、「日比谷第一生命時計台」など。批評眼にも定評があり、デザイン界の指導者的存在。1956年、財団法人日本生産性本部の要請で、工業デザイン専門視察団の一員として渡米。アメリカの工業デザイン、工場、デザイン教育施設等を視察し、その後単身ヨーロッパをまわって帰国。

1957年に「トリイ・スツール」がミラノ・トリエンナーレで金賞受賞。1959年、クラフト・センター・ジャパンを勝見勝・加藤達美・菱田安彦・藤森健二らと設立。1960年、世界デザイン会議のセミナー総会(テーマ「個性」)で副議長を務める。同年には「リキベンチ」(天童木工)を発表、国産旅客機「YS-11」のインテリアを担当、モックアップを制作。

1962年、清家清設計「島澤先生の家」(東京品川区)の家具を担当。1966年、東京造形大学室内建築科が開講し教授に就任。同年、「リキスツール」(十条製紙) 、1967年に第13回毎日産業デザイン賞を受賞。

1971年「小さな壁時計」(服部時計店)、京王プラザホテルのメインバー「ブリアン」のインテリアを担当。1972年に日比谷にある第一生命ビル「ポール時計」を制作。1976年、紫綬褒章を受賞。1984年「リキロッカー」(インテリアセンター、1982年に清家清設計「軽井沢プリンスホテル南館」のインテリアを担当。