独バウハウスの建築、デザイン教育に使われた積み木を名門naef社が復刻

naef "Bauhaus Bauspiel"

本体価格 ¥23,000 (税込価格 ¥24,840)

ドイツ、ワーマールにつくられた、デザイン、写真、工芸などの芸術と建築の総合教育を行った「Bauhaus(バウハウス)」。1933年、ナチスによって閉鎖されるまでの14年間という短い期間ながら、20世紀の、世界の造形やデザイン、建築において多大なる影響を与えることになります。

そのバウハウスで創られたものひとつに「Bauspiel」という玩具があります。これは22個のピースから成り立つ積み木。立方体や直方体、円柱、そして舟形などのカタチをもったパーツの組み合わせ。つまりこれは、エレメントとエレメントの関係性から何かを構成してゆくという「モダンデザイン」の基本的な考え方を学習するために創られた積み木です。

この22個の小さなピースを使い、それぞれのカタチの関係、色彩の関係を考えるという学習方法は、その後の建築の大きな動きとなる「モダニズム建築」を産み出す原動力となっていきます。





この木製の教材「Bauspiel」は、戦後しばらくして、復刻版としてよみがえります。その依頼主となったのが、バウハウスの考えを後世に伝えるため建設された「バウハウス・ミュージアム」。

そしてその依頼に応え、1977年に見事に復刻版を完成させたのが、世界的な木工玩具メーカーの名門、Naef(ネフ)。1958年の操業以来、その独特のデザイン性と、職人によって創りだされる極めて完成度の木工技術で世界的に知られる、スイスの玩具メーカーです。

20ミリ四方、厚さわずか7ミリという、指先にも乗ってしまう小さなピースを含む、驚くほど精密な木工技術。そして赤、青、白、緑、黄色に美しく塗り分けられた、極めて緻密な塗装技術。Naef社のオリジナル木製玩具同様、ドイツの木工職人によって、見事な積み木が誕生しました。それがこの「naef "Bauhaus Bauspiel"」です。




その優れたデザイン性と、技術力の高さで知られるNaef。その創業社であり、デザイナーでもあったKurt Naef(クルト・ネフ)。彼はもともとは木工家具の職人であり、Naef社も、そもそもは家具とインテリアの会社としてのスタートでした。

そしてその会社で創られていたのは、Naef氏が北欧の家具に影響を受けたもの。そしてさらに当時のスイスでは全く知られていなかった北欧の食器の輸入を開始し、この成功でNaef社は初期の基盤を築きます。

ところで当時の北欧家具と言えば、まさに第二次世界大戦前にバウハウスからの影響を強く受けて完成されたもの。ですから、Naefとバウハウスの玩具との出会いは、むしろ必然的なことだった、といえるでしょう。

バウハウスの建築やデザインの考え方を一言で説明することは容易なことではありません。しかし、要素と要素の関係性が全体をつくる、という「積み木」的な考え方が常に出てきます。ですから、この「Bauhaus Bauspiel」を体験する、ということはバウハウスの考え方を深く体験する、ということである、ということが言えるかもしれません。





このバウハウス玩具の復刻版も、Naef製品の高いクオリィーはそのまま。日本の安全基準よりも水準が高いといわれる、ヨーロッパ連合の玩具の安全基準CEマーク(EN71)を取得。そのデザイン性のすばらしさはもちろん、素材選びから塗装までに厳しい基準が設けられた、創業から50年の歴史に培われたNaefの伝統が息づいています。

Naefの製品に使われている素材は、ヨーロッパの中で環境に影響がないと認可された森の木のみが使われます。この赤ちゃんの玩具はすべて、カエデの木。広葉樹でしっかりとした固さをもったこの木材が選ばれています。

製造工程はそのほとんどが手作業、そして機械で行われ、ロボットは一切使われません。これはNaefのおもちゃの品質の決めてとなる仕上げを施すには、熟練された木工職人の繊細な作業が欠かせないためです。





また美しく塗られた塗装には自然の着色料、もしくは自然環境や人体に危害を与えない、食用としてもつかわれている塗料のみ使用しています。これを手で塗っては乾かし、これを3回ほど繰り返すことで、きれいな色合いで定着させます。

ですから大人はもちろん、子供たちといっしょに、長く、繰り返し、何度でも遊ぶことができる、いつまれも飽きない・捨てない玩具となってくれるでしょう。同じく復刻された美しい紙パッケージにそれぞれのパーツが綺麗におさめられています。パッケージと一緒に飾っておけば、リビングや書斎の最高のオブジェとなってくれます。

建築やデザイン、美術を学ぶ方はもちろん、子供から大人まで、みなさんそろってお楽しみいただくことができます。特にデザインや建築に関心の深い方への絶好の贈り物として最適です。

Recommendations


同じNaef社がつくった「naef “赤ちゃん木のおもちゃ”」もお勧め

いつまでも触っていたい楽しさ、Naefの木でできたイモムシ君「naef "Juba"




































Sizes


パッケージ:4×5×16cm

Weight


パッケージ:340グラム

Material


本体:かえでの木
ピースの数:22ピース

Country of Manufacture


ドイツ製

Specifications


安全基準:CEマーク取得(EN71)

Designer


Alma Siedhoff-buscher

Brand Name


naef(ネフ スイス)


Notes


天然の素材でつくられていますので、木目などはすべての製品がひとつひとつ違っています

Naefの製品は製造工程において、工作ロボットを一切使用せず、手作業もしくは機械によって熟練の職人が1点1点、丁寧に製造しています そのため品切れの際、再入荷にお時間をいただく場合がございます あらかじめご了承ください






Package


紙製パッケージ 解説:ドイツ語と英語、フランス語による解説
パッケージサイズ:4×5×16センチ



Brand Story





1958年の操業以来、その独特のデザイン性と、職人によって創りだされる極めて完成度の木工技術で世界的に知られる、スイスの玩具メーカー、Naef(ネフ)。

創業者であり、デザイナーであり、木工家具の職人であるKurt Naef(クルト・ネフ)が、家具づくりの合間に創った「Naef Spiel」(ネフのおもちゃ)という積み木。これがNaefのスタートとなり、世界屈指の木製玩具メーカーの誕生のきっかけとなりました。

ネフ夫妻だけで出発したこの小さなメーカーNaefは、その後も新しい発想の玩具を次々発表。20世紀後半の世界の玩具の歴史に多くの影響を与えてきました。Naefの積木は、幾何学的な形のなかに世界の仕組みを宿しているように感じられ、遊び手の創造力を満足させてくれます。

現在のNaefの製品はKurt Naefがデザインしたものに加えて、その多くが外部のデザイナーの作品を商品化したもの。Naefの商品パッケージ、そしてカタログにはすべてそのデザイナーの名が記され、そのアイテムたちはデザイナーたちの作品であることの宣言でもあります。あわせてこのことは、Naefには、クオリティの高いおもちゃを製作するための信頼のおける技術がある。そのデザイナーやアーティストから全権の信頼を受けている証拠であるとも言えます。

多くの制作行程は手作業と機械で行われ、ロボットは用いない。素材はヨーロッパにおいて環境に影響を与えないと認可された森の木材のみを使用。美しく塗られた塗料は自然の着色料、もしくは環境や人体に危険を与えない塗料れあること。そしてヨーロッパの安全基準であるCEや、子供のためのおもちゃの基準スピールグートといった、極めて厳しい基準をクリアしたものだけが世に送り出されます。

Naef社がはじめての積木づくりをスタートして50年。現在でもNaefは業界の先駆者の名に恥じないオリジナリティーのある玩具を作り続けています。





創業者であるKurt Naefが製品とする際に設けたチェックポイントは、いかのものでした。Naef氏が亡き後も、このスピリットは現在のNaefの製品にも引き継がれています。


そのおもちゃを通して子どもがどんな経験ができるか?
そのおもちゃを通して子どもが世界を見る事ができるか?
そのおもちゃで遊ぶ子の年令にあっているか?
子どもの要求に対応できるか?
そのおもちゃに合う正しい材質を選んでいるか?
美しいか?
機能的か?
安全性は?
長く遊べるか?
価格は妥当か?
オリジナリティは?
流行を追うものでないか?