お仕事場でもご家庭でも、移動先でも 茶葉から煎れたお茶を楽しみましょう

tea-pot-bottle with strainer

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)

いただいて、ほっとする、緑茶はほかには無い、美味しい飲み物。特に茶葉から煎れるお茶は、独特の風味と味わいがあります。

ペットボトルで売られているお茶とは違い、自分の好きな茶葉を選ぶたのしみがあり、ペットボトルのゴミも出さずに、しかもずいぶんリーズナブル。反面、湯飲みやカップの他にも急須を用意する必要がある。そして急須に茶葉を入れて、お茶を注いでと、手間もかかる。お茶はのどごしの良い冷たいものを飲みたい、などなど。

茶葉から煎れるお茶を、気軽にどこででも、もっと楽しんでほしい。

そんな願いを込めました。美味しい日本茶の有数の産地として知られる、静岡緑茶工業協同組合。そして、建築、インテリア、家具、プロダクトと幅広い分野で活躍しているデザインオフィス、nendoが一緒につくった「tea-pot-bottle with strainer」。

深い味わいのある茶葉からのお茶が、オフィスやご自宅で、手軽に手間無く煎れることができる装置。

ペットボトルのお茶をがぶ飲みするのではなく、ゆっくりと味わいのあるお茶を楽しむための、新しい道具です。





「tea-pot-bottle」は、光沢のある美しいABS樹脂製の本体の上下にツヤ消しのアルミ素材のトップカバーとボトムカバーがついたスマートなデザイン。そして中央が少し緩やかなカーブでくぼんだ形をしています。

この「tea-pot-bottle」は一見、スマートなデザインの水筒のように見えますが、実は上面部が2段構造になっていて、これが「tea-pot-bottle」の最大の秘密。

2段目にあるパーツは「茶こし」の機能をもっていて、茶葉からお茶を抽出することができる仕組み。つまりこのカタチは、スリムな本体ひとつで、美味しいお茶を「つくる」というティーポットの機能と、そのままいただく、というカップやボトルの機能の2つをあわせもったデザインなのです。

これによって、特別に急須を用意する必要もなく、急須を洗う手間もありません。お茶を作る作業のまま、机に運んでいただくことができ、キャップもついていますので、お仕事場で手元に置くことができます。

そして暖かいお茶だけではなく、ぜひ皆さんに試していただきたい美味しいお茶の飲み方「水出し茶」を作ることも可能。もちろん静岡茶の産地の皆さんが企画したアイテムです。お茶を一番美味しい状態でいただくためのノウハウがきちんと入っています。





この「tea-pot-bottle」の中央にある、やわらかなくぼみ。これは手に持ったときに、しっかり手にフィットして持ちやすく、机まで運びやすいためのもの。そして上蓋や茶こし部分のパーツを取り外す時に、開けやすく、力が入りやすくするための形。そしてもう一つの意味は、美味しいお茶を煎れるため。

熱いお茶をいただくときは、まずアルミの上蓋を開けて、茶こし部分に茶葉を入れ、お湯を入れたら、このくぼみを持って、砂時計のように、本体をくるっとひっくり返します。

3分から7分ほど待ったら、美味しいお茶が完成。再びもとの方向にもどします。お茶を飲む時には、今度は茶こし部から外して、上蓋を連結したままにします。茶葉は茶こしと上蓋の間に入ったままですから、そのままボトルからお茶をいただくことができます。

この仕組みによって、茶葉がお湯につかったままにはなりませんから、濃く、渋みのあるお茶になってしまうことはありません。少しずつ、ゆっくり時間をかけてどうぞ。





そして、この「tea-pot-bottle」を使って、ぜひお試しいただきたいのは、「水出し茶」という煎れ方。あたたかいお茶に比べて、常温でいただくお茶は、香りも味わいも深いと言われています。

この水出しのお茶をつくるときも「tea-pot-bottle」ならとても簡単。茶葉は今度は本体のほうに入れて、時間は10分ほど待てばできあがり。いただく時には、アルミの上蓋のほうを外せば、茶こし部分がお茶がらが上がってくるのをせき止めてくれますので、もちろんそのままボトルに口を付けて飲むことができます。

実際、つくってみると、お茶の甘みが増し、とても喉ごしが良く、これまで体験したことにない味わいです。ボトル部分は広口のため、氷を入れてお使いいがだくことも可能。暑い夏に一息入れたい時には嬉しい一杯になりますね。





「tea-pot-bottle」はフタの部分にシリコン製のパッキンが装備されておてい、再びフタを閉めることで誤って転倒したときもお茶をこぼす心配もありません。書類やパソコンのあるお仕事場の机に置いても安心。そのままバッグに入れて、外に持ち出すこともできます。

容量は300ミリリットルと、少し大きめのマグカップと同じ大きさ。一度に飲みきっていただく容量にすることで、お茶を作りやすく、机の上にコンパクトに置ける「緑茶用・マイボトル」に仕上げました。また、保温、保冷機能はあえて無くし、直径6.5センチとスリムで軽量な本体としました。

お手入れをする時も、急須を洗い、コップやボトルを洗う、という2度手間にならないことも嬉しいところ。お仕事場など、急須の用意できないところでも、まるでインスタントコーヒーを入れるように、本格的な茶葉を使うことができる。簡単に素早く用意ができるのは、緑茶の大好きな「お茶飲み」には何より嬉しいですね。

インスタントやティーバッグの緑茶にはない、本物の香りと味わいを手軽に。そして、さまざまな茶葉を、少しづつ飲み比べしていただく楽しみを。パーソナルな、美味しいお茶の新しいいただき方です。

緑茶が大好きな方にはもちろん、忙しい毎日を送っている方に、ちょっとほっとする一杯を体験していただきたい方への贈り物にも、最適なアイテムです。


直径6.5センチとスリムな外見でどこへでも持ち出すことができます しかし、ただの水筒、たんなるボトルではありません














ツヤ消しのアルミ製の上蓋を外すと、その内部は2層構造に 実は茶葉からお茶を入れる「急須」の機能をもった緑茶専用のボトルです







茶こし機能の部分に約3〜4グラムの茶葉を入れます この茶こし部分が美味しいお茶を入れる仕組みを持っています





お好みの茶葉を選ぶたのしみをどうぞ 特に水出し茶はお茶の専門店が推奨する専用の茶葉を使えば、さらに美味しい味わいが楽しめます





ボトル部分は広口のため、水出し茶を作る時に氷を入れることもできます





フタのパーツは内部にシリコン製のパッキンが組み込まれていて、しっかりフタをして、ボトルごと外に持ち出すことができます


Sizes


直径6.5×高さ21cm

Weight


247グラム

Specifications


耐熱温度:80度
容量:300ml

Material


本体:ABS樹脂
パッキン:シリコン
本体上下:ステンレス

日本製

Producer


静岡緑茶工業協同組合

Designer


nendo(日本)


Package


紙製化粧箱
使用解説書つき
パッケージサイズ:7×7×21.3cm










Product Guide


「tea-pot-bottle with strainer」の使い方





「tea-pot-bottle with strainer」があれば、お茶の茶葉からとても美味しいお茶を、手早くスマートに煎れることができます。とくに茶葉のうまみと、あまみを上手に引き出すことができる「水出し」のお茶は、ぜひ体験していただきたい、味わっていただきたい、お茶のいただきかたです。





水出しの方法





1.まずボディーをひねって、フタ・茶こしの部分と、本体部分に2分割します。

2.本体内部に茶葉を入れます。量は3グラムぐらい。続いて水をネジの下まで注ぎます。

3..フタ、茶こし部を本体につないで、確実に閉めます。

4.10分ほど待って完成。今度はフタの部分のみを開けてお茶をいただきます。茶葉は茶こしがあるため本体内部にとどまってくれますので、ボトルからそのままいただくことができます。






お湯だしの方法





1.本体部分にお湯をネジの下あたりまで注ぎます。お湯は60度ぐらいががもっとも美味しく入る最適温度です。

2.茶こし部に茶葉を3グラムほどいれます。

3.ボトルを砂時計のようひひっくり返し、そのまま3分から7分ほど待ちます。この時間はお好みで。

4.元に戻して、できあがり。お茶をいただく場合は、フタと一緒に茶こし部分を開けて飲みます。







Colors













tea-pot-bottle with strainer グリーン

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)





tea-pot-bottle with strainer アイボリー

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)





tea-pot-bottle with strainer ブラウン

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)






Special


500本だけの限定制作 きれいな「さくら」色ができました













tea-pot-bottle with strainer 限定版・さくら色

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)





Interview


デザイナー・インタビュー  nendo 佐藤オオキさんにうかがいました









デザイナー nendo代表
1977年 カナダ生まれ 2002年 早稲田大学大学院理工学研究科建築学専攻修了
nendo東京オフィス設立 2005年 nendoミラノオフィス設立
2006年 昭和女子大学非常勤講師 Newsweek誌「世界が尊敬する日本人100人」選出
2007年 Newsweek誌「世界が注目する日本の中小企業100社」選出
2008年 作品集「nendo」出版(daab) 2009年 桑沢デザイン研究所非常勤講師
2010年 作品集「ghost stories」出版(ADP)





この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

ペットボトルのお茶を飲むことに慣れてしまった人に、茶葉からいれたお茶の甘みや香りを楽しんでもらい、お茶本来の素晴らしさを再認識してもらいたいという静岡茶商工業協同組合からの依頼で、茶こし付きの水筒をデザインすることになりました。


最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください

最初に上がったサンプルでは、使用時に茶こし部分に茶葉がたまり、水が水筒部分に落ちていかず、機能的に問題がありました。そのため、茶こし部分の編み目の角度や大きさや、空気穴の設置検討などの検証に相当の時間を費やしました。


AssistOnのお客様にメッセージをお願いします

お湯だけでなく、手軽に作れる水出しでも、お茶本来のおいしさを楽しめますので、是非一度試してみてください。




原案となったスケッチ図




Interview


関係者インタビュー
静岡茶商工業協同組合 岩崎泰久さんにうかがいました










「Teapot Bottle with strainer」。「何?」と思われている読者の方がほとんどではないでしょうか?これは、「茶こし付ティーポットボトル」。静岡茶商工業協同組合で開発した手軽でスタイリッシュな茶器のことです。開発をスタートしたのは、今から3年前に遡ります。

3年前の販拡宣伝委員会における企画会議「静岡茶リーフ再活性化事業」がスタートです。当時、私はこの委員ではありませんでした。偶然、会議の開催されている会館で打合わせをしていたところ、当時の小島康平委員長と竹沢重人副委員長(現委員長)が急に欠席者が出て食事が余ってはもったいないと理由?で私を会議へ誘ってくれました。理事の中ではお2人は若手です。しかし、私にとっては青年団のコワい先輩でしたので、早々に食事だけ頂いて退席させていただこうと考えていました。

参加してみると組合の会議という硬いイメージはなく、流行のバッグをおしゃれに持った女性もいれば、Tシャツ短パンにクロックスのサンダルのイマドキの20代の男性が参加し、そして進行をしているのが雑誌「LEON」にでも出てきそうな“チョイ不良おやじ”ではありませんか。その“チョイ不良”が、今回のこのプロジェクトのコーディネーター甲賀雅章氏でした。もちろん茶業者ではありません。静岡を舞台に、大道芸ワールドカップを手掛け、ソフト重視の街づくりを提唱するプロデューサーです。そんな凄いコーディネーターに、静岡茶の前に、参加者が再活性化されました。

そんな雰囲気の委員会で、半年に渡って静岡茶の抱える問題点を検証して、そしてベテランの老舗の参加者からも柔らかい発想が生まれ、各自が企画者として様々な事業案を提案することになりました。“一食の恩義”もありましたが、静岡茶、日本茶の活性化なんてあまりに大きすぎて、とても相応しい事業案の創造などできないと困っていました。今更、背伸びしたところでと開き直り、お茶屋としては半人前以下ですが、1人の消費者として自分がお茶を飲みたくなるような事をイメージしようと、飲む側の気持ちになって考えてみました。そこで提案したのが,この「Teapot Bottle with strainer」の企画です。


私たちの目標は、あくまでも静岡茶の茶葉の消費量アップです。しかしその目標達成のためには、単なる表面的なプロモーション戦略だけでは中長期的な効果は期待できません。新たなブランドを構築をする必要があります。そのためには、即効的な数字的評価よりも、長期的な視野で新しい物語を創る、固有の価値を創造する、新たなトレンドを開発する、次世代のスタイルを確立することを共通認識として持つ必要があります。一つのアイデアだけではすべては解決できません。

しかしながら、何もないところからは何も生まれません。今回のこのプロジェクトを核に、多くの要素がリンクし、一つのムーブメントが生まれることを願っています。また、これは茶器というツールであるが故に、同時に静岡茶に限らず日本茶全般に適応できるため、日本茶全体の茶葉の消費量アップへと発展することを期待しています。