いつも手元にあるiPhoneのために、どんなケースが理想なのかを考えました。最新のiPhoneにもフィット。iPhone 7/6s/6sとPlus 対応版

Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6

美しい大型の液晶ディスプレーと、これまでの携帯電話からは考えられなかった分かりやすく、シンプルな操作性。そして手のひらの中に包み込むことができる、スリムな本体デザイン。そんなあまりにも魅力的なiPhoneのボディーを、カバーやケースで覆ってしまうのは勿体ない、とお考えの方は多いでしょう。

しかし操作中はともかく、ポケットの中やバッグに入れて持ち運んでいるときには、iPhone 6/6s 本体をそのままの状態で放り込んでおく、というのは避けたいものです。

使用中は本体そのままで、しかし携帯時や収納時には何らかの覆いをつくってやる。スリムで大画面になったiPhone 6/6s を、ケースやカバーのカタチと重さで乱してしまわない。そんなケースはできないだろうか?

そんな着眼点から発想し、「rethink Lim series」の手法を使ってiPhone専用のケースを作ったのが、この「rethink "Lim Phone Sleeve"」は、 iPhone3用として2008年に開発され、4/4S用、5/5S用と進化を続けてきました。そして今回、最適化されたのがiPhone 7/6 用の新バージョンです。





ディスプレーから操作をするときにはiPhone 6をさっと引き出して使い、音楽を聴いているときや、携帯時にはしっかり保護してくれる。iPhoneを使用する時の動作を様々な角度から検討したら、取り出しやすく収納しやすいスリーブ状のケース、という極めてシンプルな方法にたどりつきました。

他のLim series同様、素材には素材はクロムとタンニンそれぞれの特徴を兼ね備えた混合なめしによる牛革を使用。そして革部分の厚さはなんと約1ミリと、薄型。重量はわずか20グラム。これはなんと、付属のイヤフォンとほぼ同じ重量です。これまでに、あるようで無かった、iPhoneを快適にお使いいただく新しい方法。守川武デザインの「rethink "Lim Phone Sleeve"」です。





大型の液晶画面を守るといっても、すっぽりとスリーブで覆いをかけてしまったら、携帯電話としての機能性を失ってしまうのではないだろうか?そうお考えになる方もいらっしゃるでしょう。

しかしiPhoneの優れた操作設計は私たちに味方をしてくれました。付属のイヤフォンはそのままリモコン式のイヤフォンマイクとして使用することができます。そのため、もし音楽を聴きながらiPhoneを携帯している時には、このマイク部分をクリックするだけで、すぐ電話を受信し、会話を行うことができます。

あわせて曲の先送りやいったん停止もこのイヤフォンのコントローラーから操作が可能です。ですから思い切ってマナースイッチ部分だけを解放して、すっぽりとiPhone全体を覆うカバーにすることしました。

あなたのiPhoneはこの「Lim Phone Sleeve」に包まれたままで、音楽を楽しみ、あわせて携帯電話の受信が可能。しっとりとした革の柔らかさと、手のひらの中に収まる持ちやすさ、あつかいやすさは、他のLim series同様の体験です。





一般的な革製品では考えられない、「Lim Phone Sleeve」の薄さ、そして軽さ。通常、革製品は薄く、軽く作ろうとすると、素材自体が伸びたり歪んだりで、なかなか形になりずらいものです。そこでLim Seriesの各アイテムでは、きめが細かく張りのあるヌメ革を、0.5 mmまで漉き、表裏を貼り合わる「ベタ貼り」という手法を選びました。

独自のノウハウと高い精度が要求され、より多くの革も必要なこの手法を用いることによって、革自体に弾力性をもたせ、歪みや型くずれを解消し、薄くしなやかな製品に仕上げることに成功しました。

この「Lim Phone Sleeve」は、iPhone 6を並べて置いても、横幅は1センチの違いしかありません。さらに左側面のボリューム部分にスリットを設けたことによって、iPhoneを包む手のひらはケースの縫い目部分を避けて指を添えてくれる、という仕組み。操作性と手に馴染みやすい形状を併せ持っています。





特別な仕掛けで固定したり、窮屈な覆いを被せているわけではありませんから、離脱も簡単。iPhone 6を取り出した後は、胸ポケットにそのまま入れたり、iPhoneの裏側に置いて、指で挟んでお使いください。もちろんこんな芸当ができるのも、この「Lim Phone Sleeve」のケース自体が20グラムという軽量性と、極限までに薄く作られた「ベタ貼り」手法で作られているからこそ。

机の上に置いて動画をご覧になるときにも、この「Lim Phone Sleeve」をiPhone 7/6の上に置いてご利用ください。少し傾斜できて画面が見やすく、クッションができて指の操作もしやすくなりますよ。

「Lim Phone Sleeve」の底面にあるスリットは、iPhoneの本体下部に装備されているスピーカーのための開口部です。かかってきた電話や、受信したメールの着信音を聞き逃すことのないように。あわせてiPhone本体を取り出すための機能を持った形状でもあります。こちらに指を差し込んで軽く上に押し上げていただければ、iPhone本体が持ち上がります。

もちろん使うほどに柔らかさが増してくる上質な革素材を使用していますから、御使用いただくほどにiPhoneはするりと持ち上がり、また収納の操作も柔らかくなります。

また「Lim Phone Sleeve」の上面、右側にあるカーブのあるカドは、iPhoneをスムーズに出し入れするためのもの。iPhoneをスリーブに入れる時に、本体はこの切りかきを通過するため、なめらかにするりと収まってくれます。





さらに大型画面が魅力のiPhone 7/6 Plus のバリエーションでは、これまでのデザインを大きく変えて、開口部の形状を大きく変更。大型化したiPhoneへの最適化を行いました。

どちらの「Lim Phone Sleeve」も本革もつ独特な質感を最大限に生かしたもの。これは手揉みのシボ加工を施して仕上げによる技法で、日本では2人の職人を残すのみとなった、たいへん貴重な方法です。もちろん、その表面の加工の具合は、世界にひとつ。革が取られる牛の箇所によっても異なり、同じものはまったくありません。
































Supported Products


iPhone 7 / 6 / 6s 用
iPhone 7 / 6 Plus / 6s Plus用


*それぞれ専用です。その他のモデルのiPhoneには対応していません。


Sizes


iPhone 7 / 6 / 6s 用
:幅7.6×長さ14.6×厚さ1cm
iPhone 7 Plus /6 Plus / 6s Plus用
:幅8.6×長さ16.8×厚さ1cm

Weight


iPhone 6用:約20グラム
iPhone 6 Plus用:約28グラム


Material


牛革・ステアボーデット
(混合なめし シボ加工)

Country of Manufacture


日本製

Designer


守川武 (rethink)

Package


紙製化粧箱
パッケージサイズ:13.6×8.6×2cm



Notes


本品は牛革を使用しており、表面には多少の皺やシミなどがあります。

これらは革本来のものであり避けられません。木でいう木目や節などと同様に革の持ち味としてご理解ください。

























Product Guide


「Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6」の使い方











きちんと手の中に収まるそのスリムなデザイン。そのスタイルを乱すことのなく、さらにワイド画面となったiPhone 7/6専用の「Lim Phone Sleeve」。手に馴染みやすく、肌触りの良い上質の革を使用し、丁寧につくりました。









収納したiPhoneの出し入れも迅速に行うことができます。まずiPhone6の取り出し方。底面にある開口部に指を差し込んで少し押し上げてやるとiPhone本体が持ち上がります。そしてそのまま上部からつまみ上げて取り出す。iPhone6のサイズに厳密に最適化してありますので、使い初めのまだ革が固い時には、iPhoneの側面と革の抵抗が大きいため少し持ち上げづらく感じるかもしれませんが革が馴染んでくると、するりと引き上げることができるようになるでしょう。







収納する時はケース、側面にある開口部にiPhoneの右のカドを添わせるようにして収納します。iPhone本体が軽く取り出せて、ケースに収納する時もラクに入る。これはこの「Lim Phone Sleeve」が、ケースの裏面にもきちんと革を貼り合わせ、とても高い精度で製作しているから。出し入れも滑らかで、さらに使うほどに良く馴染む、このLimシリーズならではの「ベタ貼り」の技法を使っているからこそできたことです。









Product Guide


重量はわずか20グラム とても軽くて薄い「Lim Phone Sleeve」は、
iPhone6の裏側にまわしてご利用ください












とても軽くて薄い「Lim Phone Sleeve」ですから、たとえばiPhoneの使用中はこんなふうに後ろ側にまわして、一緒にもって使うことができます。ケースのみの重量はわずか20グラム。iPhone付属のイヤフォンマイクと同じ重量です。スリムですから胸ポケットに入れても、全く違和感はありません。


















Product Guide


マナーモードスイッチは露出して、スマートに切換えができます










電車の中や、映画館の座席で、そして会議中など、マナーモードの切換えをスマートに行えるように。iPhoneの全面と側面をきちんと守る「Lim Phone Sleeve」ですが、このスライドスイッチまわりは露出させ、とっさの際の切換えに備えました。少しなれればケースの方向を指でさわって確かめ、iPhoneをポケットに入れたままでも操作が可能です。










Product Guide


使い方に合わせて、iPhoneを上下、自由に入れ替えてご利用ください












「Lim Phone Sleeve」にはiPhoneをどちらの方向から入れるのが正しいのか?

実は、それはどちらの方向でも「正解」なのです。この「Lim Phone Sleeve」ではiPhoneの使い方にあわせて上下、どちらからでもご利用いただけるように配慮して、形状をデザインしました。















まずiPhone6のスイッチを上に向けた時の使い方。イヤフォンコネクタは下の穴から出して利用します。もちろん音量のアップ・ダウンと通話は、付属のイヤフォンを利用して行います。また底面の開口部は内蔵スピーカーの音の解放の役割も果たしていますから、電話の着信音や、アラーム音が鳴った時にもきちんと対応します。













これはスイッチのある方向を下に向けた場合の使い方。イヤフォンやLightningコネクター が上にきます。ケースに入れたままで充電をしたり、そのまま音楽を内蔵スピーカーで楽しみたい時、iPhone7で有線イヤフォンを使う時にはクルリとこちらの方向に差し替えてお使いください。










Brand Story


極薄に貼り合わせた革を折りたたみ、縫い上げる、精密で特殊な製法で作られます。












Lim Seriesの「Lim」はよく知られている、Less is More を略したネーミングですが、簡素な意匠など必要最小限の仕様で、より豊かで独自な使い方ができるようなコンセプトに沿った製品のシリーズ名です。

いずれの製品も金属製のパーツなどは一切使わず、極薄に貼り合わせた革を折りたたみ、縫い上げるシンプルな手法でデザインされています。








この「Lim Phone Sleeve」では、素材はクロムとタンニンそれぞれの特徴を兼ね備えた混合なめしによる牛革をベースに染料染めし、さらに熟練した手揉み職人によるシボ加工を施し仕上げています。そのため型押しなどのような画一的なシボではなく、それぞれの製品ごとや部位によって全く違う表情をみせますが、この味わい深い雰囲気は天然素材ならでは、です。

一般に革製品は薄く、軽く作ろうとすると、素材自体が伸びたり歪んだりで、なかなか形になりずらいものです。そこでLim Seriesの各アイテムでは、きめが細かく張りのあるヌメ革を、0.5 mmまで漉き、表裏を貼り合わる「ベタ貼り」という手法を選択しました。この独自のノウハウと高い精度に加え、より多くの革も必要なこの手法により、革自体に弾力性をもたせ、歪みや型くずれを解消し、薄くしなやかな製品が生まれます。










Package











紙製化粧箱 日本語の取り扱い説明書つき
パッケージサイズ:13.6×8.6×2cm(iPhone 7/6用) 18×11×2cm(iPhone 7/6 Plus用)










Variations


「"Lim Phone Sleeve" for iPhone」には、iPhone7/6/6s 用と
iPhone 7 Plus/6 Plus/6s Plus 用の2種類をご用意しています。























Variations


Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6/6s









Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6 ブラウン

本体価格 ¥6,900 (税込価格 ¥7,452)

AssistOn限定カラーです。

Supported Products


iPhone 7 / 6 / 6s 専用



Sizes


幅7.6×長さ14.6×厚さ1cm
*iPhone 6収納時

Weight


約20グラム







Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6 ブラック

本体価格 ¥6,900 (税込価格 ¥7,452)

Supported Products


iPhone 7 / 6 / 6s 専用



Sizes


幅7.6×長さ14.6×厚さ1cm
*iPhone 6収納時

Weight


約20グラム







Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6 ダークブラウン

本体価格 ¥6,900 (税込価格 ¥7,452)

Supported Products


iPhone 7 / 6 / 6s 専用



Sizes


幅7.6×長さ14.6×厚さ1cm
*iPhone 6収納時

Weight


約20グラム
















Variations


iPhone 7/6 Plusに最適化させるため、サイズを新しくしただけではなく、
構造をいちから見直した「Lim Phone Sleeve」です。













広くて美しい画面を備えたiPhone 7/6 Plus のために。「Lim Phone Sleeve」はその最適化のために、ただサイズを合わせるのでは無く、使いやすさ、収納のしやすさを最優先に考えて、リデザインしました。

まず収納方向ですが、本体の大型化に合わせるために、収納方向をこれまでずっと「Lim Phone Sleeve」が基本構造として守ってきた「タテに入れる」をことをやめて、ヨコから差し込むことに。これによって、幅広の本体でも取り出しがしやすく、また収納しやすく改良しました。









iPhone6Plusで音楽を聴くときは左向きに収納してください。これによってヘッドフォンコネクタが解放されて、さらに音量の上下ボタンとマナーモードのスイッチがスリットから露出しますので、音楽を聴くための操作がとてもラクになります。

そしてヘッドフォンジャックを守りたいときは、開口部を右側にして収納。するとボタン類も保護されて、しかし開いたスリットからマナーモードのスイッチは使用可能となるようにデザインしてあります。

*iPhone7Plusでは、有線タイプのイヤフォンをケースに収納した状態でお使いいただくことは出来ません。
















Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6 Plus ブラウン

本体価格 ¥7,900 (税込価格 ¥8,532)

AssistOn限定カラーです。

Supported Products


iPhone 7 Plus / 6 Plus / 6s Plus 専用



Sizes


幅8.6×長さ16.8×厚さ1cm
*iPhone 6 Plus収納時

Weight


約28グラム








Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6 Plus ブラック

本体価格 ¥7,900 (税込価格 ¥8,532)

Supported Products


iPhone 7 Plus / 6 Plus / 6s Plus 専用



Sizes


幅8.6×長さ16.8×厚さ1cm
*iPhone 6 Plus収納時

Weight


約28グラム








Lim Phone Sleeve for iPhone 7/6 Plus ダークブラウン

本体価格 ¥7,900 (税込価格 ¥8,532)

Supported Products


iPhone 7 Plus / 6 Plus / 6s Plus 専用



Sizes


幅8.6×長さ16.8×厚さ1cm
*iPhone 6 Plus収納時

Weight


約28グラム









Recommendations


Lim Seriesはこのページで紹介した「Lim Phone Sleeve」以外にも、
以下のアイテムがあります













全く新しい発想でつくられた二つ折り財布「rethink "Lim Wallet"

カード類とペンに対応したミニマルなカードケース「rethink "Lim Card Sleeve"

モールスキンにペンホルダーの機能をプラスする「rethink "Lim BookMark Sleeve"

お気に入りの筆記用具を3本収納して、すぐ取り出せる「rethink "Lim Pen Sleeve"






Interview


デザイナー・インタビュー  守川 武さんにうかがいました









この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


いつもそうなのですが、美しいアップル製品は革であれ、ハードケースであれ、いっさい覆わずにそのまま使いたいと思う反面、傷や埃、さらには落下などのアクシデントを考えるとそうもいきませんでした。

しかし、手許で操作するiPodなどと違い、仰々しくケースでカバーしたiPhoneを通話のたびに耳元にもっていくことを想定すると、今回のiPhoneケースは極力「素」の状態で使いたいという想いがいっそう強くなり、移動時はしっかり保護しつつ、使用時には素のiPhoneをさっと取り出せるスリーブタイプにしました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


シンプルで無駄のない最小限の構造の中に機能を兼ね備えるところは一連のLim Seriesと共通ですが、iPhone本体には上部にスリープ、サイドにはマナーモード&ボリュームなどの各種ハードボタンがレイアウトされているので、ケースに入れた状態でこれらの操作がきちんとできるとともに携帯電話として、よりスムーズな出し入れがしやすい形状を心掛けました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


素材はクロムとタンニンそれぞれの特徴を兼ね備えた混合なめしによる牛革をベースに染料染めし、さらに熟練した手揉み職人によるシボ加工を施し仕上げています。そのため型押しなどのような画一的なシボではなく、それぞれの製品ごとや部位によって全く違う表情をみせますが、この味わい深い雰囲気は天然素材ならではです。



AssistOnのお客様へのメッセージをお願いします


あなたの大切なiPhoneも過保護にすると、せっかくの美しさや質感を味わう楽しみも半減します。必要最小限の要素で中身の保護と操作性を兼ね備えたLim Phone Sleeveとの組み合わせはいかがでしょう。