1000年の歴史のある和紙の産地から。耐久性のある新しい和紙でつくった、皺の綺麗な手提げバッグ。バージョンアップでより軽く、より強く。

SIWA バッグ

手にした時の独特の肌触りと、眺めた時のやさしい風合い、美しさ。古く奈良時代から私たち日本人の生活とともにあった「和紙」という素材の素晴らしさは、みなさんよくご存じの通りでしょう。

軽くて風合いの良い和紙の良さはそのままに、和紙の産地、山梨県市川大門の和紙メーカー、大直(おおなお)が、紙の可能性を広げる、新しい和紙をつくりました。それが「ナオロン」。和紙のしなやかさを持ちながらも、耐久性があり、水に濡れても破れない特徴を持っています。

これまでデリケートだった紙を、いっそう私たちの身近な素材にしてくれて、いつもそばにいてくれる道具をつくることができる。この優れた和紙、「ナオロン」を使って身のまわりのものを作り出すシリーズが、「SIWA・紙和」。

1000年もの歴史のある紙の産地のメーカー大直と、同じ山梨県出身のプロダクトデザイナー、深澤直人がいっしょにつくりました。





この「SIWA バッグ」は、ナオロンという素材の特徴を最大限に発揮してくれる、和紙製のバッグです。

気軽にガンガン使えて、軽量で、紙の風合いが好き。そんなところから、お店で買い物をしたときの紙袋を再利用してお使いになっている方は多いでしょう。確かにある程度使ったら使い捨てができて、手軽な紙袋。反面、使うほどに破れやすくなり、雨の日に突然、底が抜けて困った、という経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

その点、ナオロンで出来たこの「SIWA バッグ」は、まず水に強く、雨になってもそのままお使いいただくことが可能。むしろ水に濡れることで強くなる、という性質を持っています。折りたたみ傘など、濡れたものも入れても平気です。

そしてその強度は、なんと耐荷重10キログラム。実際にこのサイズのバッグに10キログラムのモノを入れると持ち上げるのも大変なくらいですが、重量のある書籍や資料の携帯も可能な安心感です。

しかしその軽量性は通常の紙袋と同じ。気軽にお使いいただける点は、なにも変わりません。使わない時にはクルッとまるめておくことができ、お散歩に、お買い物に、お仕事の資料の携帯にと、まさに風呂敷感覚で、ひとつあると何かと活躍してくれることでしょう。

ナオロンの素材を、ひとつひとつ職人がミシンで縫製することによって完成していますが、縫い目が目立たない構造で、いったいどのような行程で作られているのか不思議なくらい。袋縫いの二重構造によって、さらに強度を高めてあります。大量生産はできませんが、とても丁寧に、きちんと作られています。







荷物を入れた時にも持ちやすい、握りやすい、ちょうど良い幅のハンドル。そして、握った時の手触りの良さは、和紙という素材ならではのもの。

この素材に使われているナオロンは、紙というより、まるで布や革のようにもみえる味わいのある素材。繰り返しお使いいただくことができて、使う度ごとに、ますます風合いが増してきます。

ナオロンという素材の持つ独特の「シワ感」も、実はデザインの段階できちんと検討され、加減され作り出されたもの。

あなたが毎日の生活でお使いいただくうち、これらのシワは少しずつ増え、もっと柔らかな風合いに変化してきます。この変化を味わっていただくことも、この「SIWA」の製品をお使いいただく楽しみ。ぜひあなただけの「SIWA ・紙和」を仕立てていってください。

2014年には登場より6年目のバージョンアップを行いました。素材を見直す事で、さらに軽く、さらに強く。またハンドルも持ちやすくして、使いやすくなったSIWA・紙和のオリジナルモデルというべきこの「SIWAバッグ」です。




底面が丸くて可愛い「round」、サブバッグに最適な「square small」A4ファイルも収納できて外見よりは収納力が高い「square medium」の3つの大きさがあります





持ち手は本体に美しく取り付けられていますが、耐荷重はなんと10キログラム 毎日の生活のなかでしっかりお使いいただけます






贈り物にされた時にも製品の内容がお分かりいただけるように、解説のついたタグがついています

Specifications


耐荷重:10キログラム


財団法人QTEC生活用品試験センター調べ



Material


Square
:RPFナオロン(和紙)
Round
:ソフトナオロン(和紙)

Manufacturer


日本製

Manufacturer


大直(おおなお、山梨県)

Brand Name


SIWA・紙和

Designer


深澤直人



Notes



製品ひとつひとつにはシワの加工が施されています すべて手作業によって加工されていますので、製品の表情はひとつひとつが異なります
































Material


ひとつひとつ、手作りで丁寧につくられています











新しい和紙「ナオロン」の素材を、ひとつひとつ職人がミシンで縫製することによって完成していますが、縫い目が目立たない構造で、いったいどのような行程で作られているのか不思議なくらい。袋縫いの二重構造によって、さらに強度を高めてあります。

また、シワひとつに対してもデザイナーである深澤直人が設定した「シワ見本」があって、それを元にして生産されています。シンプルなデザインなだけに洗練されているため、デザインを忠実に再現するように心がけて制作されています。大量生産はできませんが、「SIWAバッグ」はとても丁寧に、ひとつひとつ、袋縫いの職人の手作業によって、「SIWAバッグ」きちんと作られています。

和紙そのものの特徴である、軽くて薄いのも、この「SIWAバッグ」。重量はもっとも大きなサイズものバリエーションでも、わずか117グラムしかありません。折り畳んで薄くすることができますから、お出かけのサブバッグとしてももご利用ください。























Material


手にすると肌触りが良くて、軽くて風合いのある、そして強い
1000年の和紙の産地から生まれた、新しい和紙「ナオロン」でつくられています











山梨県市川大門の和紙メーカー大直が、和紙漉きの製法で作った新しい紙、それが「ナオロン」です。手にすると肌触りが良く、軽くて、柔らかくしなやかな紙質ながら、大変強度があります。さらに水にも強く、破れにくいのも大きな特徴です。燃やしても有毒ガスは発生しません。







新しい和紙「ナオロン」が受け継いだのは、従来の和紙の大きな特徴であった、その優れた質感や、手触りの良さ。紙の、和紙の備えるその最大の魅力である、肌触りの良さや、風合いの良さはそのままにして、これまでの紙の弱点を克服したのが、この「ナオロン」という存在なのです。









甲斐の国、市川大門。気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られてきました。

この歴史ある場所の和紙メーカー「大直」(おおなお)は市川大門の紙業歩みをともに成長してきました。近年は伝統の中に新しい技術を盛り込み、インテリアや雑貨にも利用できる紙を開発。その新規開発の努力の中から生まれたのが、この新素材の和紙「ナオロン」。これまでに無い優れた特徴はそのままに、しかし、昔ながらの和紙の紙漉きの技術を使って製造されています。









使用方法・使用年数によって限度が変わってきますが、(財)QTEC生活用品試験センター調べで、なんと10kgという耐荷重のテストにも合格しました。また、傘などの濡れたものを入れても破れる心配もありません。

下のグラフは、一般的な紙袋に使われているクラフト紙と、ソフトナオロンの強さを比較したもの。みなさんよくご存じのように、一般的な紙は水に濡れるとたいへん弱く、簡単に裂けてしまいます。クラフト紙では実際、引っ張りにおいても引き裂きにおいても水に濡れた場合(WET)は弱くなってしまったことがグラフにあらわれています。

しかしソフトナオロンではその逆。水に濡れた場合むしろ強度が増し、引き裂き試験ではWETの場合の強度が著しく増加していることがお分かりでしょう。









この「SIWAバッグ」では、そのバッグのサイズと性質によって2種類のナオロンが使い分けられています。まず小型の「Roundタイプ」に使われているのは、ソフトナオロン。原料は木材パルプとポリオレフィン繊維。この素材を和紙の手法で漉き、70度から80度の高温でドラム乾燥させ、パルプとポリオレフィンの接合を密にして、紙自体の強度を高めたもの。より高い風合いを備えているのが特徴です。

そして「Squareタイプ」に使われているのは、ソフトナオロンをさらに強化した「RPFナオロン」。これは大直の開発した最新技術を用いた素材で、100%ポリエステル繊維製品のリサイクル繊維を使って機械漉きの製法で漉いた紙です。強度にすぐれ、ソフトナオロンと比べコシが強く、自立する製品や、強度がより必要な製品に使用しています。








この写真は、毎日毎日、6ヶ月間使用した「SIWA」のバッグ。使い込むほどに柔らかく、手に馴染んできました。ぜひあなたも、独特のシワの風合いと、柔らかな手触りを楽しんでください。












Variations


収納する容量と使い方にあわせてお選びいただけるよう
「SIWAバッグ」は3つのサイズを用意しています











「SIWAバッグ」は3つのサイズを用意しています。上の写真が「Squareタイプ」。四角い形状で書類やファイルも入れやすく、ビジネスでもカジュアルでも、そして年齢や性別を越えてお使いいただけるバリエーションです。

縦横が32cmの一般的な買い物袋に多い、いわゆるLPジャケットサイズ。携帯しやすい大きさながら、A4サイズのファイルの収納もできる大きさです。

マチ幅が11.5センチありますので、小ぶりに見えて高い収納性があります。お仕事から買い物袋まで多岐にお使いいただけて、男女、年齢を超えてお使いいただけるタイプです。素材には2014年、6年ぶりのバージョンアップで、より強度の高い新素材、RPFナオロンを採用しました。









こちらは少しこぶりの「Roundタイプ」。お買い物やお散歩に最適な大きさで、通勤時のサブバッグとしてもお使いいただくことができるでしょう。

底面のラインが可愛い、丸い形状が特徴ですが、手にとってご覧いただくと、この綺麗なラインを作り出すために、たいへん高度な縫製技術によって作られていることがお分かりになるでしょう。素材にはより和紙らしい風合いを備えた、ソフトナオロンを採用しています。










こちらがサイズの比較です、最小サイズの「Roundタイプ」はもっとも小さく、身の回りの小物を入れて持ち歩くのにちょうどよい大きさ。その右側「Square small」は「Round」とサイズはほぼ同じですが、形状と素材が異なることから、ずいぶん印象が異なっていることがお分かりでしょう。

そして下の写真は「Square medium」。SIWA・紙和のブランドの中で最も最初に深澤直人によってデザインされたアイテムで、このブランドを象徴するアイコン的な存在です。縦横のサイズが32センチで、A4サイズのファイルがしっかりと入る大きさです。




















「Square」の2種類で容量の比較をしました。上の写真はmediumタイプ。500枚入りのコピー用紙を2巻入れて、まだ容量に余裕がありました。A4サイズのバインダーも入る大きさです。このコピー用紙の束が2巻まとめると重量は4キロを越えてしまいますが、まったく問題なく収納して持ち歩くことができます。

下側は「small」サイズ。A4サイズを入れると、頭が飛び出してしまいます。こちらのサイズの場合は書類やファイル用ではなく、iPadやiPad mini、小物類や書籍ならハードカバーの収納に最適な大きさ。もちろん耐荷重は10キロですので、スモールでもこの2束の持ち歩きに問題ありません。





















Variations


底がまあるくて、より風合いのある素材感が特徴の、SIWA バッグ "round"
















SIWA バッグ "round" レッド

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)


Sizes


幅22×奥行き12×高さ27cm

Weight


47グラム






SIWA バッグ "round" イエロー

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)


Sizes


幅22×奥行き12×高さ27cm

Weight


47グラム






SIWA バッグ "round" ダークグレー

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)


Sizes


幅22×奥行き12×高さ27cm

Weight


47グラム






SIWA バッグ "round" ダークブルー

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)


Sizes


持ち手を除いた状態
:幅22×奥行き12×高さ27cm

Weight


47グラム












Variations


四角いかたちの小型サイズ、SIWA バッグ "square" small
















SIWA バッグ "square" small グレー

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)


Sizes


幅22×奥行き12×高さ27cm

Weight


76グラム






SIWA バッグ "square" small ブラック

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)


Sizes


幅22×奥行き12×高さ27cm

Weight


76グラム






SIWA バッグ "square" small ナチュラル

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)


Sizes


幅22×奥行き12×高さ27cm

Weight


76グラム












Variations


四角いかたちで、たっぷり入る。最も標準的なSIWA バッグ "square" medium






















SIWA バッグ "square" middle ナチュラル

本体価格 ¥3,500 (税込価格 ¥3,780)


Sizes


幅31.5×奥行き11×高さ32cm

Weight


117グラム






SIWA バッグ "square" middle ブラック

本体価格 ¥3,500 (税込価格 ¥3,780)


Sizes


幅31.5×奥行き11×高さ32cm

Weight


117グラム






SIWA バッグ "square" middle グレー

本体価格 ¥3,500 (税込価格 ¥3,780)


Sizes


幅31.5×奥行き11×高さ32cm

Weight


117グラム










Recommendations


同じ素材をつかった、たくさんの「SIWA・紙和」がそろっています














肩掛けも出来る「SIWA トートバッグ」もお勧め

大型の雑誌もはいります 「SIWA ひも付き封筒」もお勧め

毎日の読書のおともに、耐久性と優しい肌触りの「SIWA ブックカバー

ペンケースにも使える「SIWA 小物/iPhone6 ケース










Brand Story


「SIWA・紙和」について










甲斐の国、市川大門。


気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られてきました。

和紙のメーカー、大直の歴史は市川大門の紙業の歴史と歩みをともにしてきました。近年は伝統の中に新しい技術を盛り込んで、インテリアや雑貨にも利用できる紙を開発しています。

今回はそれらの開発から生まれた新素材のやぶれにくい紙「ナオロン」を用いた商品を、山梨県出身の工業デザイナー深澤直人さんと共につくりあげました。それがこの「SIWA」の製品です。










Message


「SIWA・紙和」について  プロダクトデザイナー 深澤直人










伝統的な和紙をつくってきた大直と一緒に、その歴史と技術を生かしたものづくりができるのが嬉しいです。

和紙というとどうしても工芸的な製品をイメージしがちですが、むしろインテリアや雑貨にあった一つの素材としてこれを捉え、その風合い優しさを生かした日常品をデザインしたいと思っています。

和紙というイメージにこだわり過ぎない方がかえってその素材のもつ機能や味わいを現代の生活にあった製品に生かせるのではないでしょうか。










Interview


プロデューサー・インタビュー
大直「SIWA・紙和」チームリーダー 一瀬愛さん










この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

弊社のある山梨県市川大門は千年前から続く和紙の産地です。特に江戸時代には幕府のご用紙産地として大いに栄えました。
     
昭和35年ごろから手漉き生産から機械生産に移行し、現在の主産品は障子紙で全国の約50パーセントを当産地で生産しております。しかし、住宅環境の変化により障子紙の需要は年々縮小し地場産業としての和紙の生産は年々減少傾向になっています。

私たち大直は、和紙という古くて新しい素材をもっと暮らしの中に取り入れていきたいと考えています。

今回の新商品の「SIWA・紙和」は弊社で3年前に開発した破れにくい和紙「ナオロン」をベースにして試行錯誤の商品開発の経過の中で生まれました商品です。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください

「SIWA・紙和」は工業デザイナーの深澤直人さんとの協働作業による商品開発です。そのため、深澤さんのデザインをいかに再現し、商品に出来るかが一番気をつけた点です。

深澤さんからのデザインは、紙に長い間携わってきた人間にはない斬新なアイデアばかりでした。ですから、私たちにとって、とにかく全てが初めてのことでしたので、深澤さんを信じて、何度も何度も改善を重ねていったという感じです。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?

「SIWA・紙和」の素材には弊社の開発した「ナオロン」という新素材を使用しています。

ナオロンはパルプとポリオレフィン繊維で出来ています。和紙の持つ手触りや素材感を保ち、生活用品として支障のない強度を出すために改良し、開発をしました。

もともとナオロンは純白の素材であるため、「SIWA・紙和」の製品にするためには、ナオロンに染色を施しています。それまでナオロンを染めたことが無かったので、深澤さんの指定色を再現するのに何度もトライしました。新素材なだけに、染色も思いも寄らないことが何度もおきました。

その後は、生産ラインに乗せる為の最適な生産方法や生活品としての強度に対しての最適な生産方法、ナオロンにあった生産方法の模索をしました。作ってみなければわからない点はたくさんありましたのでデザイン、生産、を両方クリアするために試行錯誤しました。

2014年の新バージョン、今回の改良点の1つは素材の変更です。RPFナオロンを使用することで、張り感と使用年数を更に長くお使いいただけるようになりました。そして、取っ手の持ちやすさも改良しました。取っ手の上部を摘む事でより持ちやすくなっています。






「SIWA・紙和」のほとんどの製品は縫製によって作られていますが、縫い目がわかりにくい縫い方を施しています。ひとつひとつが手作業による縫製です。

また、シワひとつに対しても「シワ見本」があって、それを元にして生産されています。シンプルなデザインなだけに洗練されているため、デザインを忠実に再現するように心がけています。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします

まずは手で触れてみてください。
そして、使ってみてください。

「SIWA・紙和」のかもし出す世界観を感じていただけたら幸いです。







inFocus


大直 一瀬美教さん、一瀬愛さん ロングインタビュー









日本では生活様式が洋風に変わってきて、昔に比べたら、障子紙を使う機会もだいぶ減ってきました。

それでも、日本人なら、触覚や視覚といった感覚の中で、「和紙」の良さを知らず知らずのうちに体感しているのではないかと思っています。光で透けたり、気配を感じたり。そういった障子や行灯といったものといっしょにある和紙のイメージですね。また、和紙に指先が触れた時の、柔らかい風合い。機会こそ減ったものの、そういった感覚は、わたしたちの体験の中にある共通のものなのではないでしょうか。

「SIWA・紙和」という製品は、ある意味、あっけないほど地味でシンプルなものばかりで、そのことによってむしろストレートに「和紙」という素材の本質が引き出された。そして、みなさんが共通して持っておられる「和紙の心地よさ」の感覚と、直に通じ合うことができた。そういうことなのかもしれません。

ナオロンという新素材から生まれた「SIWA・紙和」というブランドを育ててゆくことで、私たちはもっともっと和紙という素材の魅力を探り、可能性を見つけてゆきたいと思っています。それが結果として、次の時代に向けて和紙の伝統を引き継いでゆく、ということになるでしょうから。



このインタビューの続きを読む