iPhoneのケーブルをクリップ、ノートパソコンのコードをクリップ 机上で便利なグミのようなクリップ。Lightningケーブルや Micro USBに対応した小型バージョンもできました。

CableDrop

Lightningケーブルや Micro USBに対応したミニバージョンもできました

この小さな、グミキャンディーのようなアイテム。これがあればご自宅やお仕事の場のPCまわりやデスクまわりをハッピーにしてくれます。

その名も「CableDrop」。素材にはある程度の硬さと弾力性という相反するかのように思える特性を併せ持った不思議な素材、TPU(熱可塑性ウレタン樹脂)。

そして、中央にあるミゾのあるデザイン。裏面には両面テープになっていて、さまざまな場所に取り付けておくことが可能。この素材とカタチの特徴が、私たちの生活の中でとても便利に機能してくれます。






たとえばパソコンのケーブル配線用の固定具として。机やサイドボードの裏面や脚にケーブルを固定して、すっきり配線。そして必要であれば、ケーブルの脱着も可能。これもTPUという素材と固定用のつまむような形状のデザインによって実現になったこと。

ノートパソコンの電源アダプターのケーブルや、周辺機器のコード類もこの「CableDrop」をつかって机に固定しておきましょう。そうすればノートパソコンを外出時に持ってゆくときに、それらのケーブル類が「机の後ろに落ちてしまった!」というトラブルを未然に防いでくれます。

固定は本体に付属の両面テープで行います。3M製の品質が高いものが使われていますので、しっかりくっついて、剥がした時にはテープの後が残りづらいのが特徴です。





そしていつも音楽を手放せない方には、イヤフォン用の収納フックとして。厚さはわずか1センチですから、パソコンの側面に取り付けても目立つこともなく、しかし手を伸ばせばすぐに小型のイヤフォンがそこにあります。

そして2013年には新型のLightnigケーブルや、MicroUSBケーブルに対応した、小型バージョンもできました。ご利用になられる場所とコネクタにあわせてお選びください。













Material


TPU(熱可塑性ウレタン樹脂)

Designer


Greg Fulco

Brand Name


BlueLounge

Package


紙製台紙 日本語使用解説つき





















Colors


コネクタの種類に合わせて、2つのタイプからお選びください



この「CableDrop」には2つのサイズを用意しています。通常版の直径は2.9センチ。ミニ版は2センチ。それぞれケーブルを捕まえるフック部分の径が違っています。コネクタのヘッド部分のサイズによって、使い分けるようにしてください。

通常のUSBケーブルや電源ケーブル、Thunderboltケーブル、そしてiPodなどのDockコネクトと呼ばれる 30pinコネクターケーブルは通常版をお使いください。

そしてコネクタの小さな Lightnigケーブルや、MicroUSBケーブルについては2013年に新しく追加されたミニバージョンをご利用ください。このミニバージョンでは両面の粘着テープも厚さを薄くして、全体のバランスも最適化され、さらに使いやすくなっています。
















Variations




CableDrop mini ホワイト

本体価格 ¥1,409 (税込価格 ¥1,522)

6月中旬頃入荷予定

Sizes


1ピース:直径2×高さ1cm

Weight


1ピース:2グラム

Quantity


9個セット

Supported Products


Lightnigケーブル
MicroUSBケーブル







CableDrop mini ブラック

本体価格 ¥1,409 (税込価格 ¥1,522)

Sizes


1ピース:直径2×高さ1cm

Weight


1ピース:2グラム

Quantity


9個セット

Supported Products


Lightnigケーブル
MicroUSBケーブル







CableDrop ミュートカラー

本体価格 ¥1,409 (税込価格 ¥1,522)

注文不可

販売終了しました

Sizes


1ピース:直径2.9×高さ1.4cm

Weight


1ピース:7グラム

Quantity


6個セット

Supported Products


一般的なUSBケーブル
Thunderboltケーブル
30pinコネクターケーブル






CableDrop ブライトカラー

本体価格 ¥1,409 (税込価格 ¥1,522)

注文不可

販売終了しました

Sizes


1ピース:直径2.9×高さ1.4cm

Weight


1ピース:7グラム

Quantity


6個セット

Supported Products


一般的なUSBケーブル
Thunderboltケーブル
30pinコネクターケーブル









Recommendations










あきらめていた電源コンセントまわりごちゃごちゃ、解決します。パソコンから家電の裏も置いて使うことができる、便利で安心は電源収納ボックス「TheCableBox」もお勧め





おなじブランドのケーブル固定用アイテム「bluelounge "cable-clips"」がお勧め





Interview


デザイナー・インタビュー Greg Fulcoさんにうかがいました









この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

毎朝学校へ行くのにノートブックの電源を抜くと、ケーブルのいくつかはデスクの後ろに落ちてしまいます。

そして帰ってきたときにはデスクの下に潜って壁とデスクの間のわずかな隙間からケーブルを押し出さなくてはならず、苛々したし、哀しい気分にもなりました。そこでケーブルを固定位置に置けてキュートで楽しくもある「CableDrop」をデザインしました。


最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください

デザインは見慣れた風景に馴染みつつも、見せびらかしたい人たちのためにも魅力的で楽しいものにしたいと思いました。「CableDrop」のデザインは意図した通りで色遣いはクオリティーの高さを強調しています。家具を引き立てながらも見た目に馴染む、“ミュートカラーセット”とケーブルと作業スペースを楽しみたい人たちのための”ブライトカラーセット”があります。

制作の段階で「CableDrop」の上からの見た目には相当な注意を払ってデザインしました。輪郭は自然でスムーズなものにしたいと思いました。これはなかなか思い通りにはいかず、最終形のものになるまでにたくさんの別バージョンを作りました。結果的にできたものは、デザインしたというよりは浸食されたか、自然に形成されたかのようなフォルムになりました。


この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?

私は柔らかい素材が好きで、「CableDrop」にはソフトプラスチックがぴったりだと思いました。ケーブルを簡単に留められ、すぐに落ちないような柔らかすぎない適度な堅さのプラスチックを見つけることが大変でした。結果最適なものを見つけることができました。

採用したTPUという名前の樹脂素材はケーブルをしっかりホールドし、さわり心地もとてもよいものです。私の友人たちなどは「CableDrop」をケーブルを留めるより、手でもてあそぶのが好きだと言うほどです。

さらに2013年末に発売した「mini」バージョンについては、ケーブルドロップを考案、発売してからずっと、ケーブルドロップを小さくしようなんて思ってもみませんでした。ですが、自社Bluelounge(ブルーラウンジ)の製品を、ケーブルドロップでとめておこうと試みたとき、細いケーブルはすり抜けてしまうことに気がつきました。

そこで、3Dプリンターでケーブルドロップの小さいサイズを試作し使ってみると、とても重宝したため製品化しよう!と思い立ちました。それに、ケーブルドロップではとめておくのが難しかった、Apple社製のライトニングコネクターも、ケーブルドロップミニならとめておくことができるのも、ケーブルドロップミニを作ろう、とおもったきっかけの一つです。本体が小さくなるため、ケーブルドロップに使用している粘着テープよりも薄くしっかりとくっつく粘着テープを探し出すのに苦労しました。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします

ケーブルを片付けてみて、幸せがやってくるから。







Brand Story







"Everything should be made as simple as possible, but not simpler."

「すべてのものを、それ以上できないほど、シンプルに」

これがBlueLounge(ブルーラウンジ)の目指していること。

1999年、創設者でありデザイナーであるドミニク・シモンズとメリッサ・サンジャヤと共にロサンゼルスで設立。彼らが創り出すものは家具、靴、メガネ、そしてかゆいところに手の届くアクセサリーなど、多岐にわたります。そして、その考え抜かれたデザインによって、私たちの身の回りにある小さな問題の解決策を提案し、可能な限りシンプルな製品作りへの努力を続けています。







inFocus



BlueLounge 創立者兼デザイナー、ドミニク・シモンズさん
ロングインタビュー










デザインの発想は、すべてわたしの個人的な経験から得ています。自らの生活に何が必要かを考え、できれば他の人たちも同じものを欲しいのではないかと思うのです。

基本的には、自分が必要だと感じているのに、どこにも売っていないような製品があれば、それをデザインします。おそらく、探し足りない場合もあるでしょうし、何らかの製品が見つかっても満足できないこともあります。しかし、いずれにしても、きっかけは個人的なニーズです。

ただし、ここで壁に当たります。こうした問題解決というのは、たいていの場合、エンジニアリングの領域に属しているからです。ところが人々は、エンジニアリング的に優れているからという理由で、製品を買い求めるわけではありません。ハートに訴える何かが必要なのです。

最終的に機能を満たしていなければ買っていただけませんが、もっと重要なのは、最初に感じるインパルスです。愛してもらえる製品作りが、大切だと思います。そして、最も美しくエレガントな方法で問題を解決できるデザインを行うことが、私の願いです。



このインタビューの続きを読む