目指したのは、しっかり濃いのに、味は重くなく、すっきりした飲み心地。コンパクトでお手入れがしやすい、陶器と木を使ったコーヒー・ドリッパー。

donut. CoffeeDripper

NEW:1杯から2杯用のスモールサイズが新しく登場。
Link >>「Mountain coffee dripper」

香り高く、味わい深い、コーヒー。その一杯は、あわただしい毎日に、ひとときの安心を与え、気持ちを解きほぐしてくれる。またある時には新しいアイデアをもたらし、すこし饒舌にしてくれる。そんな、私たちの生活にとっての、良き相棒と言える存在。コーヒー好きの方なら、きっとこの考えに、うなずいていただけることでしょう。

ご自宅やお仕事場で、美味しいコーヒーを。お一人で、もしくは家族やお仕事場の仲間と一緒に。1杯ぶんから3杯ぶんまでのドリップコーヒーを淹れるための、コンパクトなドリッパーができました。

美味しいコーヒー、といっても様々なご意見があるでしょうが、この「donut. CoffeeDripper」が目指したこと。それは、「しっかり濃いのに、味が重くなく、すっきりした飲み心地」のコーヒー。

つまり、コーヒー豆の特徴がきちんと出て、えぐみ、雑味がないこと。さらにほどよいカフェインを感じることができて、スッキリと素直で、飲みやすい。そんなコーヒーです。





「donut. CoffeeDripper」の本体は、美濃焼の白磁製。これに無垢のホワイトアッシュで出来たドーナッツ、「わっか」の上に乗せて使います。

一見、シンプルな構造とデザインですが、しかし実はこの白磁製のドリッパー部分には、「しっかり濃いのに、味が重くなく、すっきりした飲み心地」を実現するため、3つの工夫が施されています。

使用する紙製のコーヒーフィルターも一般のスーパーなどで入手しやすい「1×4」もしくは「103」のサイズがそのままお使いいただけます。また、一般的な陶器製やプラスチック製のドリッパーに比べて、お手入れがしやすく、置き場所を占有しないことも、この「donut. CoffeeDripper」の大きな特徴。毎日お使いいただく道具ですから、この点も「donut.」がきちんとこだわった部分です。

キッチンに置いた様子も美しく、白色の陶器と柔らかなアッシュの素材のコントラストは、どんなご家庭やお仕事場の風景にも馴染んでくれます。

ペアでお使いいただける、木製のメジャースプーンとコーヒーサーバーもご用意しました。メジャーは置き場所をとらないよう立てて置くことができ、その様子がユニークなお家の形をしています。コーヒーサーバーは綺麗な手作り耐熱ガラス製で、外側からコーヒーの抽出量が一目でわかる形状をしています。ぜひドリッパー本体と一緒にご利用ください。

新アイテムとして、1から2杯用のスモールバージョンもできました。どちらのサイズも、コーヒーが大好きなあの方への贈り物にも最適なアイテムです。ピッチャー、メジャースプーンと組み合わせて、ぜひお選びください。

















Supported Products


donut. CoffeeDripper
:1〜3杯用

mountain CoffeeDripper
:1〜2杯用



Material


本体:白磁(美濃焼)
受け部:木製 ホワイトアッシュ

Country of Manufacture


日本製

Producer


中林孝之

Brand Name


TORCH(トーチ 日本)



Notes


コーヒーカップ、コーヒーサーバー、紙フィルターは付属していません 別途ご用意ください。

木部はコーヒーの香りを損なわないため、ウレタン加工などは行っていません。濡れたまま放置しないようお願いします。


















「donut. CoffeeDripper」専用のガラスピッチャーもご用意しました。注いだお湯の量が外側からきちんと良く分かり、ドリッパーが安定して置くことができます。ぜひ合わせてご利用ください。










Product Guide


しっかり濃いのに、味が重くなく、すっきりした飲み心地

工夫その1 「角度について」











この「donut. CoffeeDripper」が目指したのは、「しっかり濃いのに、味が重くなく、すっきりした飲み心地」のコーヒーを淹れること。つまりコーヒー豆の特徴がきちんと出て、えぐみ、雑味がないこと。さらにほどよいカフェインを感じることができて、スッキリと素直で、飲みやすい。そんなコーヒーです。これを実現するために、「donut. CoffeeDripper」は3つの工夫をしました。

工夫、その1。理想のコーヒーを入れるためには、注がれた1滴のお湯とコーヒー1粒1粒の接する時間を減らし、しかし、お湯が出口に到達するまでに接する、コーヒーの粒の個数を増やす。これが大切。

そう考えて、一般的なコーヒードリッパーにくらべて、「donut. CoffeeDripper」は角度を急斜面にしました。これによってコーヒーの粉の量は一緒でも、ドリッパーの内部にできるコーヒーの層がより分厚くなり、1滴のお湯とコーヒー1粒が接する時間をより短くし、お湯がドリッパーから出てくるまでに接するコーヒー粒の個数を増やすことができました。










Product Guide


しっかり濃いのに、味が重くなく、すっきりした飲み心地

工夫その2 「ドリッパーの穴について」











工夫、その2。一般的なコーヒードリッパーは、穴を小さくしたり、数量を調節することでコーヒーの抽出スピードを調整しています。しかし「donut. CoffeeDripper」では傾斜の角度を急にしたことでコーヒーの層が厚くなり、抽出スピードがコーヒー粒とペーパーによる、たいへん自然な状態にすることができました。

そのため、円錐台形の磁器の底面を思い切って開放し、大きな穴を設けました。こんなに穴が大きければ、薄い、中身のないコーヒーになってしまうのでは?と不安に思われるかもしれませんが、そんなことはありません。コーヒーの層をしっかり厚くしたことで、印象よりもゆっくりと抽出されます。

もちろん底面に大きな穴が開いていることで、これまで面倒だったドリッパーのお手入れ、洗浄もたいへんラク。さっと洗うことができます。これも「donut. CoffeeDripper」が自慢したいことのひとつです。


















Product Guide


しっかり濃いのに、味が重くなく、すっきりした飲み心地

工夫その3 「内側の段々について」












工夫、その3。一般のドリッパーの場合、壁面に近いところを通るお湯は、コーヒーの層を通らずお湯のまま、そのままで下に落ちてしまいます。

これを防ぐために「donut. CoffeeDripper」では、内側壁面に、写真のような段々を作りました。この段々があることで、ペーパーをしっかりホールドすることができ、さらに壁をつたい流れてしまうお湯をペーパーの内側へと押し戻す効果があります。










How to Use


「donut. CoffeeDripper」を使った実際のコーヒーの入れ方












「donut. CoffeeDripper」は一度に1人から3人ぶんのコーヒーを入れることができます。

コーヒー豆は深煎り・細挽き、1杯分12グラムのコーヒー豆で120ミリリットルのコーヒーを入れます。コーヒーフィルターは「1×4」サイズのものをご用意ください。またコーヒーサーバーも別途ご用意ください。1杯ぶんだけならカップに直接いれることもできます。









まず「donut. CoffeeDripper」をセットします。最初に木製の輪っかを、続いて白磁のドリッパーをセットします。








コーヒーフィルターをご用意ください。サイズはカリタ製のものなら「103」を、メリタ製は「1×4」の大きさのものを使用します。用意したらまず底のミシン目を基準に約115度斜めに折り、続けて底面が4センチ幅になるように右側面を折り曲げます。









折ったペーパーフィルターをドリッパーにセットして、挽き終えたコーヒー豆を入れます。表面はいったん平らにならして、その後お湯を注ぎやすくするため、中心部分にくぼみを付けます。









いよいよお湯を注ぎます。まず最初はコーヒー粉の「むらし」から。中側から全体に染み渡らせるイメージで、優しく、ゆっくりと、でも思い切って凹みにお湯を満たすようにして、中心一点に注ぎます。









粉がぷっくりふくれてきたら、いったん注ぐのをやめます。このあと25秒から35秒ほど、こうばしい、甘い香りがしてくるまで待ちます。









またお湯を注ぎます。粉の中心に向かって、粉の膨らみを保つように、注いでは休んでをくり返します。









注ぐスピードは抽出分量の半分まではコーヒーのトロっとした美味しさをすべて抽出するイメージで、ぽたぽた、ゆっくりと注いでください。









本格的にお湯を投入。急がず、休みながらゆっくり注ぐことがポイントです。粉の中心に向かって、膨らみを保つように、注いでは休んで、注ぐ。これを繰り返します。お湯を注ぐスピードとしては、抽出分量の半分まではコーヒーの「とろっとした美味しさ」をすべて抽出するイメージで。ぽたぽた、ゆっくり。後半は少し速く、前半に抽出したコーヒーを薄めてゆくイメージでお湯を入れます。






入れたい分量までコーヒーがはいったら、お湯が最後まで落ちきらない段階で、あらかじめ用意しておいた耐熱コップや陶磁器のカップにサーバーを移します。これはコーヒーの「えぐみ」を美味しいコーヒーの中に落としてしまわないための、大切な作業です。









香ばしい、甘い香りにつつまれて、コーヒーが完成!「donut. CoffeeDripper」は底面の穴が大きいため、お手入れも簡単。粉がさっと流れて、とても洗いやすい、扱いやすいのも大きな特徴です。

また通常のサーバーより小さなサイズのため、マグカップ1個ほどの場所で乾かしたり、置いておくことができます。











Package


コーヒーが大好きなあの方への贈り物にも最適
くわしい使い方のわかる解説書も付属しています











「donut. CoffeeDripper」の詳しい使い方がわかる解説が付属しています。ぜひコーヒーが大好きなあの方への贈り物にもご利用ください。










Product Guide


抽出する量にあわせて、大・小、2つのサイズを用意しています。











バリエーションは2つ。1〜3杯用の「donut. CoffeeDripper」。そして、スモールサイズの1〜2杯用「Mountain coffee dripper」。どちらもコーヒー抽出のための基本原理は同じで、ドーナッツ型の木部は同じパーツを使っています。ご利用になる量にあわせてお選びください。

「donut. CoffeeDripper」やツヤのある釉薬を使い、ホワイトとブラックの2色があります。また、小型の「Mountain coffee dripper」はツヤ消しの落ち着いた仕上げにしてあります。













Variations


1〜3杯用「donut. CoffeeDripper」ホワイト










donut. CoffeeDripper ホワイト

donut. CoffeeDripper ホワイト 本体のみ

本体価格 ¥2,450 (税込価格 ¥2,646)

donut. CoffeeDripper ホワイト + MeasureHouse

本体価格 ¥4,050 (税込価格 ¥4,374)

標準版の「ドーナッツドリッパー」です。陶器製のドリッパーと木製の受け部がセットになっています。

さらに、お家の形をしたメジャースプーン「MeasureHouse」も加わったギフトセットも用意しています。

Supported Products


1〜3杯用



Sizes


本体:直径9×高さ9.5cm
受け部:直径11×厚さ1cm

Weight


本体:188グラム
受け部:51グラム












「donut. CoffeeDripper」本体に加えて、木製のコーヒーメジャースプーンの入ったアシストオンだけの特別製のセットも用意しています。深煎りのコーヒー豆で約10グラム、浅煎りで約12グラムのコーヒー豆の計量が可能。場所を取らないよう、自立してくれ、その様子が名前の通り「お家」のようなスプーンです。素材にはコーヒー豆から出る油との相性が良いウォルナットの天然材を使用。小田原市の職人さんがひとつひとつ制作してくれています。










Special


1〜3杯用「donut. CoffeeDripper」ブラック










donut. CoffeeDripper ブラック

donut. CoffeeDripper ブラック 本体のみ

本体価格 ¥2,450 (税込価格 ¥2,646)

donut. CoffeeDripper ブラック + MeasureHouse

本体価格 ¥4,050 (税込価格 ¥4,374)

標準版の「ドーナッツドリッパー」のシックなブラックモデルです。陶器製のドリッパーと木製の受け部がセットになっています。

さらに、お家の形をしたメジャースプーン「MeasureHouse」も加わったギフトセットも用意しています。

Supported Products


1〜3杯用



Sizes


本体:直径9×高さ9.5cm
受け部:直径11×厚さ1cm

Weight


本体:188グラム
受け部:51グラム



















Variations


1〜2杯用「Mountain coffee dripper」










Mountain coffee dripper

本体価格 ¥2,350 (税込価格 ¥2,538)

これまでの「ドーナッツドリッパー」の基本的な構造はそのままに、1人から2人用のドリップに対応したバリエーションです。

受け部のドーナッツ形状の木製パーツは共通ですが、陶器の本体部分はひとまわり小さな大きさ。そして、ただサイズを小型化しただけではなく、形状と穴の数を工夫して、20グラムのコーヒー豆で美味しくコーヒーを淹れるために、最適化しました。

本体の陶器は落ち着いた白マット仕上げです。そしてメリタやカリタの「台形のフィルター」、コーノやハリオの「円錐のフィルター」、お好みにあわせて、どちらのも形状のものでも使用可能としました。それぞれのフィルターによって異なる味わいの違いをぜひお楽しみになってください。

Supported Products


1〜2杯用



対応フィルター
 台形型(メリタ、カリタ)
 円錐型(コーノ、ハリオ)

Sizes


本体:直径9.5×高さ7cm
受け部:直径11×厚さ1cm

Weight


本体:約147グラム
受け部:約51グラム







使い方は「donut. CoffeeDripper」と同じです。まずペーパーフィルターをセットしたら、コーヒー粉を平らにし、お湯を注ぎます。中央部に中側から全体に染み渡らせるイメージで、優しく、ゆっくり。粉がほどよく膨らんだら、いったんお湯を注ぐのをやめ、35秒から45秒の間蒸らして、こうばしい香りが確認できるまで待ちます。これを確認したら、抽出のスタート。抽出分量の半分まではコーヒーのとろっとした旨み成分をすべて抽出するイメージ、ぽたぽた、ゆっくり。残りの半分は少し速く、前半に抽出した濃いコーヒーを薄めていくイメージです。

この方法は淹れ方の一例です。お湯の温度、豆の引き具合などを変えながら、ぜひあなただけの方法、あなたの美味しいコーヒーの味を発見してください。








この「Mountain coffee dripper」は1人から2人用という、少人数ぶんのドリップを美味しく淹れるための道具。通常版の「donut. CoffeeDripper」からはサイズをひとまわり小さくしてさらに、抽出の速度を変えるため、ドリッパーそのものの形状を変更しました。それがこの穴の数。これまでは中央の穴が一つだけでしたが、この「Mountain coffee dripper」ではその周囲に小さな4つの穴を設けました。








この「Mountain coffee dripper」は、「台形フィルター(写真・右)」「円錐フィルター(写真・左)」お好みにあわせて、どちらの形状にも対応しました。

台形フィルターは「メリタ 1×2」「カリタ102」に対応。深煎り・中細挽きで20グラム、湯温は84度が目安で250ccの抽出ができます。

円錐フィルターは「コーノ 1〜2人用」「ハリオ01」のフィルターに対応。浅煎り・中挽きで20グラム、湯温は90度が目安で300ccの抽出ができます。台形の美味しさ、円錐形の美味しさ、2種類の方式をぜひ飲み比べてお楽しみください。



























Options


「donut. CoffeeDripper」とペアでお使いいただきたい、「小鳥」のコーヒーサーバー










coffee server "pitchii"

本体価格 ¥2,200 (税込価格 ¥2,376)

「donut. CoffeeDripper」でお使いいただくのに最適な、専用のコーヒーサーバーができました。donutを置いてきちんと安定してくれる。そして外見も美しい。素材にはコーヒーを入れる時の分量が一目で分かるよう、透明度の高い耐熱ガラスを使用。職人さんが一つずつバナーワークで手作りしています。

外見を綺麗に仕上げるためにあえて目盛りはいれませんでした。しかし一番下の出っ張りまでコーヒーを抽出すれば、200ccとちょうどカップ一杯分。さらにその高さと同じくらいにすればカップ2杯分の400cc、そしてほぼサーバー一杯まで抽出したら、カップ3杯分の美味しいコーヒーが出来上がります。

そんなふうに、サーバーの外からお湯を注いだ分量がきちんと目測できる、「donut. CoffeeDripper」専用のサーバーです。持ち手も大きく握りやすく、かたちがどこか小鳥に似ていることから、名前は小鳥の鳴き声である「pitchii(ピッチー)」としました。

Sizes


口径7.5cm 高さ12
幅10.5cm・幅持ち手含む14.5cm

Weight


約196グラム

Material


耐熱ガラス

Specifications


容量:約600cc

耐熱温度差:120℃
直火・オーブンでの利用:不可
電子レンジ:あたためのみ可能
食機洗浄機:使用可能
















Options




donut. CoffeeMeasureHouse

本体価格 ¥1,600 (税込価格 ¥1,728)

コーヒーの計量用スプーンはいろいろありますが、コーヒー豆といっしょにボトルやパッケージに収納しておくには大きすぎ、また使う度に用意するのも、ちょっと面倒。そのため、コーヒー用品といっしょにキッチンに並べて置いておけるスプーンを、ということで考えられました。それが「CoffeeMeasureHouse」。

深煎りのコーヒー豆で約10グラム、浅煎りで約12グラムのコーヒー豆の計量が可能。場所を取らないよう、自立してくれ、その様子が名前の通り「お家」のようなスプーンです。

素材にはコーヒー豆から出る油との相性が良いウォルナットの天然材を使用。小田原市の職人さんがひとつひとつ制作してくれています。

「donut. CoffeeDripper + MeasureHouse」のセットに入っているものと同じです。


Product Guide


コーヒー豆を入れた場合、約10グラムの豆を計測可能(180mlのお湯に対して最適なコーヒー豆の量)


Sizes


高さ12.5×幅4×奥行き4cm

Weight


21グラム

Material


ウォルナット

Country of Manufacture


日本製(小田原)



















Options




donut. CoffeeDripper「ドーナツ板」のみ

本体価格 ¥1,050 (税込価格 ¥1,134)

「donut. CoffeeDripper」の「わっか」の部分のパーツです。紛失時、破損時にはこちらをご利用ください。

「donut. CoffeeDripper」と「Mountain coffee dripper」どちらも共通です。

Sizes


直径11×厚さ1cm

Weight


51グラム

Material


ナチュラル:ホワイトアッシュ







Interview


プロデューサー・インタビュー トーチ 中林孝之さんにうかがいました









この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

喫茶店を営んでいた際、ドリッパーの形状で、コーヒーの味が変わることに気付いたことを、ドリッパーの形にしました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


コーヒーをいれることは、毎日続いていくことなので、個性が強すぎない(飽きない)、でもなんだかイイんだよなぁと思ってもらえる形、そして、なにより、コーヒーをいれるのが楽しくなる形(素材選び含め)を目指しました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


しっかりした道具としてだけでなく、カップボードにお気に入りのコーヒーカップなどと一緒に置いてもらえるような、食器としての機能(美しさ、薄さ、上品さ)も持ってもらいたかったので、美濃焼(白磁)にて、製造しています。




AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


しっかり濃いのに、重くない、スッキリした飲み心地のコーヒーを目指して考案した、ごくごく個人的な思いから生まれたコーヒードリッパーではありますが、ぜひ、手にとっていただけたらうれしいです。










Recommendations


手間をかけず、美味しいコーヒーをいただくための道具たちのご紹介









直径5.5センチのスリムボディーに、保温・保冷性能を持たせた携帯ボトル おいしいコーヒーを温かいままで持ち歩くには「Café Trunk」がお勧め






ドリップコーヒーをもっと気軽に、もっと快適に楽しむための新しい道具
HILE "Kapu"