江戸時代から続く伝統的な松阪もめんを使用。洋服を選ばず、ポシェット感覚で使える、新しいデザインの気楽な入れ物。

松阪もめん shijimi

日本伝統の入れ物である「ふろしき」や「袋もの」の価値が見直されています。収納するモノの大きさに合わせて柔軟に使いこなしができ、カサばらない。さらにその生地の柄でいろいろ楽しむことができる。そんなところが伝統的な和小物の「袋もの」の良さでしょう。

しかしそんな利点は分かっていながらも、実際に使ってみると、使いこなしが難しい。また、和装の時以外に似合うデザインのものが少ない。

伝統的な様式の「袋もの」の利点を活かしながらも、使いこなしがカンタンで毎日の生活にすぐに役立つ。そんな「用の美」にかなう入れ物を、と願って作られたのが、この「丸川商店 松阪もめん しじみ袋」です。

素材に使用したのは「松阪もめん」。使うほどに味わいが増す木綿を、美しい色合いを持った天然藍(あい)で独特な模様で織り上げた、最高品質の木綿生地。その独創的な縞の模様は、江戸時代の庶民の心を捉え、「粋」といわれる当時の人々の、その気質を象徴する織物とまで言われた、江戸時代を代表する伝統織物です。

この「松阪もめん」を贅沢に使い、その独創的な文様を活かして、使いよい携帯用の入れ物として仕上げたのが、「丸川商店 松阪もめん しじみ袋」です。







「しじみ袋」は、モノを入れた状態がまさに貝の「しじみ」に似ていることから付けられた名前。しかし一般的に知られている、ヒモを使って出し入れ口を締める「しじみ巾着」とは違い、持ち手のカタチに工夫があります。

モノをいれてない状態では、平らで底面にラウンドのある1枚の袋ですが、左右、長さの違う持ち手がポイント。長いほうの持ち手を短いほうに通すと、そのまま出し入れ口が締まって、「しじみ」の形状になります。

従来の「しじみ巾着」の使いづらさを解決しながらも、持ったときに美しい形になる。さらにモノの出し入れを簡単にして、留め具は必要としない。そんな、シンプルながら一切のムダを省いた結果生まれた、極めて優れた構造になっています。

持ち手部分は手首を通してお使いいただけますから、脱落の心配が少なく、安心してご利用いただけるでしょう。また携帯電話やお化粧道具など、いつも身のまわりに置いておきたいモノを収納して持ち歩くのに、丁度良い大きさ。しかし小さく見えて実際には、フェイスタオルを入れてみると、なんと最大3枚も入れることができる、しっかり容量です。

重量もわずか70グラムと軽く、平らに折り畳むことができますから、普段使いの小物入れとしてはもちろん、バッグの中で小物をまとめておくための小分け袋としてもご利用いただけるでしょう。旅先にもお持ちいただければ、なにかと大活躍、間違い無しです。







Sizes


ものをいれない状態
:幅25cm×縦(持ち手含まず)19cm

Weight


約53グラム

Material


綿100%(松阪もめん)

Country of Manufacture


日本製

Accessories


日本語の取扱説明書

Designer


丸川竜也

Brand Name


丸川商店



Notes


生地の裁断場所によって柄の位置は製品、ひとつひとつが異なります



















Product Guide


洋服、年齢に関わりなくお使いいただけます










「松阪もめん しじみ袋」は伝統的な手法で作り続けられている生地ながら、現代の私たちに使いやすい柄を選びました。また、通常の「袋物」に比べて、包みやすく持ちやすいため、気軽にお使いいただくことができます。

日本の伝統的な生地を使った入れ物です。和装の時の小物入れとしてはもちろん、カジュアルな時にも、そしてフォーマルな装いの時にもご利用いただくことができるでしょう。









Material


天然の木綿100%を素材に、古代染色技法である正藍染を使って染色、丁寧に織り上げた「松阪もめん」を使ってつくりました。











この「しじみ袋」の大きな特徴は何と言っても、使われているその素材。日本の伝統的な美を感じさせながらも、どこかモダンな生地の柄。天然の木綿100%を素材に、古代染色技法である「正藍染」(しょうあいぞめ)を使って染色、丁寧に織り上げた「松阪もめん」を使用しました。

「松阪もめん」はその名が示す通り、三重県、松阪がその産地。伊勢平野の肥沃な土地と、肥料となるイワシが採れたこと、そして古代からの高度な機織り技術が伝来した地であったことから、16世紀には松阪は日本における紡績の一大中心地でした。

そして江戸時代。松阪もめんの存在が日本全国で広く知られるようになります。そのきっかけになったのは、松阪商人。現在、日本を代表する百貨店である、三越、そして松阪屋の基礎は、どちらも呉服屋であったことはみなさんご存じの通りですが、その創設者は松阪出身の商人でした。

彼らはこれまでの日本に無かった画期的な商法を開発すると共に、最高品質の素材を使い、しかも江戸の庶民を心を掴んだその色合い、そして模様の生地を売ることで大きな成功を収めます。その商売の原動力となったのが、この「松阪もめん」だったのです。









「松阪もめん」の特徴であるこの縞(しま)模様は「松阪縞」と呼ばれ、現在でも歌舞伎の世界で「縞の着物を着ること」を「マツサカを着る」というほど、一般的に知られていました。

かつて江戸時代の庶民が誇りとしていた「粋」という心情。気質や態度、身なりなどがさっぱりとあかぬけしていて、しかも色気があり、無駄に飾りたてず、派手に目立たぬことを彼らは「粋」と呼びました。

少し離れると地味な無地に見えるが、よく見れば繊細なすっきりとした縦縞が走る。そして正藍染めの美しい糸を使い、洗うほどに深みを増す藍の青さを連ねた縞模様。そして素朴な風合い。そして夏は涼しく、冬は温かく、丈夫で使い込むほどに味わいが増し、柔らかな風合いとなる。

江戸時代において「庶民は木綿しか着てはいけない」という制約の中で楽しんだ、そんな「松阪もめん」は、まさに「粋」の象徴とも言える存在であり、日本人の感性と美意識から生み出されたものでした。









この「松阪もめん」も現在では生産量は減り、木綿工場の廃業が続く中、現在では一社で生産されるだけになってしまいました。しかし、伝統的な技法によるその品質の高さは江戸の時代となんら変わることはありません。

白い生成りの糸から藍染め、機械織りの行程までを一環して行うのが、松阪もめんの生産です。機械織りといっても近代的なオートメーションでは無く、手動織機に近い古い機械を使って、丁寧に作られています。さらに藍染めについても、使用される藍の温度管理など、一日も手を抜くことはできません。このような大変な手間と、職人たちの熟練した技、そして藍染めへの深い愛情に支えられて、「松阪もめん」の美しい藍染めは完成します。









長い年月に育まれ、江戸の人々に愛された松阪もめんを使った、最高品質の「しじみ袋」。松阪もめんを使った小物のブランド、丸川商店の店主でもある、デザイナー丸川竜也が、現代のみなさんの生活に似合うよう選んだ「松阪縞」は、全3種類。

天然の藍染めの模様が美しく、使うほどに味わいが増す、「正藍染」(しょうあいぞめ)。年齢、性別を超えてお使いいただける伝統的な「松阪縞」。「松阪もめん しじみ袋」は3種類の柄からお選びいただけます。お洗濯は手洗いか洗濯機でネットに入れて。繰り返しお使いいただくほどに、味わいが増し、天然の素材と染料だけが持つ、独特の柔らかな風合いをお楽しみいただくことができます。

大切な方への贈り物、そして日本の道具の美しさを伝えることができる海外の手土産としてもご利用ください。










Product Guide


「松阪もめん しじみ袋」の使い方










「松阪もめん しじみ袋」の使い方は、とても簡単。袋の持ち手は、左右長さが違っています。この長いほうを短いほうに通して、軽く引っぱるだけ。長いほうが、そのまま持ち手になります。持ち手には手首を通してご利用いただけます。








Product Guide


軽くて、小さくまるめて収納できます













「松阪もめん しじみ袋」の重量はわずか70グラムと、たいへん軽量。あわせて金具や留め具も一切存在せず、小さく畳んで収納できます。

普段使いの小物入れとしてはもちろん、バッグの中で小物をまとめておくための小分け袋としてもご利用いただけるでしょう。旅先にもお持ちいただければ、なにかと大活躍、間違い無しです。

















Variations






松阪もめん shijimi 混縞

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)







松阪もめん shijimi 市松

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)







松阪もめん shijimi 太縞

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)













Recommendations






江戸時代から続く伝統的な松阪もめんを使用。風呂敷の風合いの良さ、便利さをそのままに、誰でも使いやすい、持ちやすい携帯袋を作りました。「松阪もめん Azuma-bukuro




三日坊主にならずに続けられる ワンフレーズで毎日書く、あなたの物語り。「丸川商店「日事記」









Product Guide


「松阪もめん」について

















松阪もめんの誕生



「松阪もめん」の歴史を語るには、はるか昔、今から1500年以上もの時間をさかのぼることになります。

それは5世紀の後半ごろのこと。大陸・呉国(宋)から招かれた手工業者「漢織(あやはとり)」そして「呉織(くれはとり)」と呼ばれる人々によって伝えたれたのが、紡績の技術。現在の三重県・松阪市に住み着いた彼ら渡来人がもたらしたこの高度な機織り技術によって、松阪は古代の日本における、紡織の一大中心地となります。

さらに15世紀になると、エジプトやインドを原産地とする「木綿」が日本に伝えられます。暖かく丈夫な木綿は「天下の霊財」とまで讃えられました。伊勢平野には水はけの良い肥沃な土地があり、さらに綿の肥料となるイワシがたくさん採れたこと。さらに古代から発達していた高度な紡績技術があったことが結びついて、16世紀初頭に松阪は木綿織りがさかんに行われるようになります。これが「松阪もめん」の誕生です。












江戸時代の超ヒット商品だった松阪もめん



そして江戸時代。松阪もめんの存在が日本全国で広く知られるようになります。そのきっかけになったのは、現在は「三越百貨店」として知られる呉服屋、越後屋の創始者である三井高利(みついたかとし)たち松阪商人たちの才覚。そして松阪もめんを織り上げる松阪の女性職人たちの美意識でした。

松阪出身の商人であり、三井財閥、三越百貨店の創始者である三井高利が江戸に開いた呉服屋「越後屋」。そして同じく松阪商人で現在の「松阪屋」の創業者である太田利兵衛。彼ら松阪商人は「現銀掛値なし」や「切売り」といった画期的な商法を開発。そして高品質な松阪もめんの携え、大都市、江戸でこれを販売することよって、ご存じのように大きな成功を収めます。

松阪から江戸に送られ、松阪商人によって販売された松阪もめんの量は、驚いたことに、なんと年間55万反。当時の江戸の人口が50万人前後。着物1枚を仕立てるために1反の反物が使われるわけですから、つまり毎年、江戸の人口を超える量の松阪もめんが生産され消費されていたということ。このデータからもその販売量の大きさがお分かりでしょう。このようにして、松阪もめんは江戸時代における流行の最先端であり超大ヒット商品として広く知られるようになります。











現在の松阪もめん



松阪もめんは現在でも、昔ながらの製法にこだわった「正藍染」(しょうあいぞめ)によって作られています。

正藍染は江戸時代から伝わる古代染色技法で、「ふすま」「酒」「灰汁(あく)」「石灰」といった素材を使い、伝統の技法によって藍液を作ってゆく方法です。

そして、白い生成りの糸から藍染め、機械織りの行程までを一環して行うのが、松阪もめんの生産です。機械織りといっても近代的なオートメーションでは無く、手動織機に近い古い機械を使って、丁寧に作られています。さらに藍染めについても、使用される藍の温度管理など、一日も手を抜くことはできません。このような大変な手間と、職人たちの熟練した技、そして藍染めへの深い愛情に支えられて、松阪もめんの美しい藍染めは完成します。

木綿の需要が減少した今日では、木綿工場の廃業が相次ぎ、松阪もめんを作ることができる工場は、現在では1社を残すのみ。すでに現在の状況では大量生産を行うことは出来ませんが、しかし、松阪もめんは現在でも昔ながらの伝統技法を守りながら、生産が続けられています。











独特で美しい模様について



松阪もめんの特徴である縦縞は「松阪縞」とも言われ、ベトナムから渡ってきた「柳条布」がそのルーツ。江戸時代にはそのバリエーションは、なんと500柄もあったということです。

この「柳条布」は、文字通り、柳の葉の葉脈のような細い筋模様のこと。「千筋」や「万筋」などと呼ばれる、松阪もめんの最も古典的な柄。現在でも歌舞伎の世界では「縞の着物を着ること」を「マツサカを着る」と呼ぶ、ということ。「松阪もめん」と「縞」の模様がどれだけ深い関係であるこということを物語るエピソードです。

かつて江戸時代の庶民が誇りとしていた「粋」という心情。気質や態度、身なりなどがさっぱりとあかぬけしていて、しかも色気があり、無駄に飾りたてず、派手に目立たぬことを彼らは「粋」と呼びました。

少し離れると地味な無地に見えるが、よく見れば繊細なすっきりとした縦縞が走る。そして正藍染めの美しい糸を使い、洗うほどに深みを増す藍の青さを連ねた縞模様。そして素朴な風合い。そして夏は涼しく、冬は温かく、丈夫で使い込むほどに味わいが増し、柔らかな風合いとなる。

江戸時代において「庶民は木綿しか着てはいけない」という制約の中で楽しんだ、そんな「松阪もめん」は、まさに「粋」の象徴とも言える存在であり、日本人の感性と美意識から生み出されたもの、と言うことが出来るでしょう。














Interview


デザイナー・インタビュー 丸川商店 丸川竜也さんにうかがいました












1972年、三重県松阪市出身。1997年に上京後、独学でデザインを学び、2000年に、様々なアートワークやプロデュースなどを行うデザイン事務所を設立。2008年、自ら企画・デザインした商品を制作・販売するブランドとして「丸川商店」を立ち上げ、三重県の伝統工芸の再興事業に力を入れている。




この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


袋ものといえば、昔から、その時代の風俗流行を取り入れた嗜好品であり実用品です。人々の暮らしが安定し、暮らしを楽しめる時代には、袋物も多様になりました。

当店でも、松阪もめんを使った袋ものとしてあづま袋をデザインしましたが、違ったアプローチができる、小さな袋ものも欲しくなって、しじみが生まれました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


その名のとおり、小さな貝のような形で、デザイン的にもおもしろい形ですが、同時に、金具類を使わずに強度を保つのにも非常に役立っています。松阪もめんは着物のために作られた木綿ですからその幅が決まっています。その中で実現できるサイズと、物を入れる際の使いやすさを確保するために、何度も試作を重ねました。

結果的に、手に持った際の全体的な形や見栄え、大きすぎず小さすぎない開口サイズ、そして使いやすさにおいても、大変満足の行く形に仕上がったと思います。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


しじみは、その形や松阪もめんの縦縞のおかげで、着物や浴衣はもちろんのこと、洋服にもとても似合う商品だと思います。当初は女性が使うことを念頭においてデザインしましたが男性のお客様からも好評で、これはうれしい誤算でした。

16世紀の初めに生まれた松阪もめんは、三重県松阪市の無形民俗文化財として現代に大切に伝えられています。濃淡さまざまに染められた藍の糸で構成される見事な縦縞は、当時は400〜500ほどの種類がありました。

丸川商店では、松阪もめんの伝統を受け継ぎながら、現代の感覚を取り入れた商品をデザインしています。それだけで完成された松阪もめんの素材の良さを邪魔しないように、さらにその良さを活かせるデザインを心がけています。藍染の松阪もめんは、長く使えば使うほど風合いが増し、愛着が沸いてきます。お客様それぞれのオリジナルな使い方で、

気軽に、松阪もめんを楽しんでいただけることを願っています。