まるで一冊の本のように持ち歩くことができるiPad専用ケース

SIWA iPadケース

お求めいただけるのは、
これが最後のチャンス・最後の出荷です!

初代iPadを大切にお使いの方へ
各色30個限定の特別価格です お早めに!
(通常価格 ¥4,410 税込み)

手にした時の独特の肌触りと、眺めた時のやさしい風合い、美しさ。古く奈良時代から私たち日本人の生活とともにあった「和紙」という素材の素晴らしさは、みなさんよくご存じの通りでしょう。

軽くて風合いの良い和紙の良さはそのままに、和紙の産地、山梨県市川大門の和紙メーカー、大直(おおなお)が、紙の可能性を広げる、新しい和紙をつくりました。それが「ナオロン」。和紙のしなやかさを持ちながらも、耐久性があり、水に濡れても破れない特徴を持っています。

これまでデリケートだった紙を、いっそう私たちの身近な素材にしてくれて、いつもそばにいてくれる道具をつくることができる。この優れた和紙、「ナオロン」を使って身のまわりのものを作り出すシリーズが、「SIWA・紙和」。

1000年もの歴史のある紙の産地のメーカー大直と、同じ山梨県出身のプロダクトデザイナー、深澤直人がいっしょにつくりました。





人気のデジタルデバイス、iPadの専用ケースとして作られた、「SIWA iPadケース」。

リビングでのご利用はもちろん、iPadをバッグに入れて携帯する時にも、液晶面をしっかり保護。そして使いたい時に、すぐに開いて、使うことができる。

毎日の生活の中でもう手放すことができなくなったあなたのiPadをより快適にお使いいただくために、この「SIWA iPadケース」を作りました。

優しい手触りと上品な風合いを持ちながらも、耐久性のある新しい和紙、ナオロンを使い、職人が手作業で1つづつ作っています。あわせて内部にはクッション素材をいれ、固定部分にも細部に丁寧な縫製をして仕上げることで、iPadをしっかり固定。大切なiPad本体をきちんと守ります。

机に置いた様子、そして手触りの優しさは、他の「SIWA・紙和」シリーズ同様、和紙の風合いそのまま。まるで一冊の書籍やノートを使う感覚で、iPadをあなたのそばに置いてください。






iPadを使い始めると、画面の見やすさに応じて、タテ・ヨコを自由に持ち替えて操作する。これがiPad自体の使いやすさにもなっています。

もちろんこの「SIWA iPadケース」はこの、タテ・ヨコの持ち替えのスタイルにもしっかり対応。ケースの四つのカドには、iPadをしっかり固定するベルトを装備。

まるで昔の写真アルバムで写真を固定する四隅シールのような素朴は方法。しかし様々な固定方法を検討した結果、着脱が行えて、しかし確実にiPadを固定出来るということで、最終的に辿り着いたデザインです。

このベルトの外側は本体と同じ素材であるソフトナオロンをつかってiPad本体を優しく守りながら、内部に布テープを入れることで伸びずにしっかり固定。さらにケースの内側にはクッション素材を入れることでiPad本体を装着すると、少し背面に沈み込むことで包み込むように固定させています。

iPad使用時には、液晶面を保護していたフタの部分を裏側に畳むことで、しっかり両手にもって操作していただくことができます。ケースの重量は、わずか40グラム。手触りが良く、そして滑りづらい。これは新しい和紙、ソフトナオロンの素材の良さ、そのまま。







テーブルの上でiPadを操作する時にも、この「SIWA iPadケース」はしっかりサポートします。iPadの背面は少し丸くなっているためテーブルの上では少しガタガタしますが、このケースには背面にクッションが入っているので、ガタ付きを防止。さらにiPadの画面タッチにもちょうど良い弾力性が生まれます。

またテーブル上で画面を回転させて使う場合にも、その摩擦や擦れによって生じるiPad本体やテーブルのキズを防ぐこともできます。

そしてiPadを使い終わったら、ゴム止めを固定するだけ。さっと閉じてすぐに収納。バッグに入れて、どこへでも持ち運んでください。まるで、読みかけの本を取り出す、そして、仕舞う感覚。ブックカバーのようなスタイル、深澤直人デザインのiPadケースです。























Supported Products


iPad(第一世代)専用

*iPad 2、iPad 3には対応していません



この製品は第一世代のiPadのみの対応です。iPad2では底面部の形状が変更になったため、この製品はご利用いただけません。また今後の対応の予定もありません。




Sizes


閉じた時
:幅20×高さ25.3cm
開いた時
:幅47×高さ25.3cm

Weight


40グラム

Material


本体:ソフトナオロン(和紙)

Country of Manufacture


日本製(山梨県)

Manufacturer


大直(おおなお、山梨県)

Brand Name


SIWA・紙和

Designer


深澤直人



















Product Guide


一冊の書籍かノートを持ち歩く
そんな感覚でiPadを携帯することができます











リビングでのご利用はもちろん、iPadをバッグに入れて携帯する時にも、液晶面をしっかり保護。そして使いたい時に、すぐに開いて、使うことができる。

毎日の生活の中でもう手放すことができなくなったあなたのiPadをより快適にお使いいただくために、この「SIWA iPadケース」を作りました。

机に置いた様子、そして手触りの優しさは、他の「SIWA・紙和」シリーズ同様、和紙の風合いそのまま。まるで一冊の書籍やノートを使う感覚で、iPadをあなたのそばに置いてください。








How to Use


タテにもヨコにも もちろんキーボード入力にも対応します










iPadを使い始めると、画面の見やすさに応じて、タテ・ヨコを自由に持ち替えて操作する。これがiPad自体の使いやすさにもなっています。

もちろんこの「SIWA iPadケース」はこの、タテ・ヨコの持ち替えのスタイルにもしっかり対応。ケースの四つのカドには、iPadをしっかり固定するベルトを装備。

このベルトの外側は本体と同じ素材であるソフトナオロンをつかってiPad本体を優しく守りながら、内部に布テープを入れることで伸びずにしっかり固定。さらにケースの内側にはクッション素材を入れることでiPad本体を装着すると、少し背面に沈み込むことで包み込むように固定させています。





iPad使用時には、液晶面を保護していたフタの部分を裏側に畳むことで、しっかり両手にもって操作していただくことができます。

ケースの重量は、わずか40グラム。あわせて手触りが良く、そして滑りづらい。これは新しい和紙、ソフトナオロンの素材の良さ、そのまま。





iPadでは画面にキーボードを表示させて入力することが出来ますが、「SIWA iPadケース」ではこの画面キーボード入力をさらに使いやすくサポートします。

上の写真のように左右、どちらかかの扉を開いたままにして、その上に手首を乗せて入力してみてください。扉には内部にクッションが入っていますので手をこの上に乗せた時にも柔らか。

iPad本体は背面が少し丸くなっていますので、この画面キーボードを平らなテーブルで使うとグラグラとしてしまいます。しかしこの方法なら、iPad本体とケースが自然とあなたの手首で固定させる仕掛け。さらにケースの内部に入ったクッション素材が支えることで、画面キーボードをさらに使いやすく、快適にしてくれます。





How to Use


右利きの方にも、左利きの方にも










右開きにも、左開きにも、この「SIWA iPadケース」は、どちらの利き手にも対応します。とてもシンプルなことですが、必要なときにすぐに情報にアクセスできる。これがiPadの良さですから、自分の好きな方向から開いて使える、ということを大切に考えました。

もちろんバッグから取り出してすぐ使うことができる。そして、さっと閉じて、ゴム紐を掛けるだけで収納できる。まるで、読みかけの本を取り出す、そして、仕舞う感覚。ブックカバーのようなスタイルのiPadケースにしたのも、そんな考えからです。





ケースの扉になる部分には、背面と同様、内部にクッション素材が入っていて、大型の液晶面をキズや擦れから保護しています。あわせてゴムの留め具の裏側にも外部からの圧迫を考慮して、内部に補強を施しました。





How to Use


机の上に置いて使う時の操作性も、しっかり考えました










iPadを手に持って使う時や、クッションや椅子に座って使う時には感じ無かったこと。しかし机やテーブルの上に置いてiPadを使う時には、いくつかの困った場面があります。

そのひとつは、iPadは画面を回転させて使う事が多いため、テーブルの上で使う時に、くるくると回転させていると擦れて発生する、iPadの背面や、テーブル自体の「キズ」が気になってきますね。しかしこの「SIWA iPadケース」があれば、新しい和紙ナオロンがiPadとテーブルの間にありますから、素材の擦れから守ってくれます。

もうひとつはiPadの裏面が丸い形状になっているため、画面を操作していると、ガタガタしてしまうこと。「SIWA iPadケース」には、内部には柔らかなクッション素材が入っていますので、このガタ付きを防止し、さらにiPadの画面タッチにもちょうど良い弾力性が生まれます。










Product Guide


コネクタや操作ボタンのアクセスについて










底面のDockコネクタ部分は解放されていますので、ケーブルを介しての充電やMac/PCとの接続はiPadを「SIWA iPadケース」に装着したままで行うことができます。







上の写真・左側は電源スイッチ。このスイッチは頻度が低いかもしれませんが、ケースに使われている素材は柔らかいため、固定用のバンドの上からそのままタッチして、スイッチののOn/Offが可能です。

上の写真・左側はイヤフォンコネクタ。こちらのコネクタは解放されていますので、そのままイヤフォンを刺してご利用いただけます。







iPadの右側にある音量スイッチは、スイッチの上側(Up側)がベルトに隠れ、下側(Down側)のみが露出しています。そのため上側は先ほどの電源スイッチを操作するのと同じように、固定ベルトの上から操作を行います。

音量スイッチの上にあるミュートボタンにはアクセスすることはできません。これはケースを左右対称にすること、固定用ベルトの幅を1.8ミリとしっかり取って、安全性を高めたことを優先したためです。

最新のiOS 4.2では以下のスクリーンショットのように、この回転停止ボタン、音量ボタンは、ソフト的に簡単にコントロールできる仕様に変更されましたので、そちらをご利用ください(ホームボタンを2回押し、出現したメニューを右にスライド)。









Product Guide


Dockコネクタにも対応できました










これは「SIWA iPadケース」の計画時には想定していなかったことなのですが、Apple純正のアクセサリー「iPad Dock」にケースを付けたままで装着することができました。

ケースとiPad本体の隙間に、iPad Dockの「支え」の部分をはめ込んでしまう方法なのですが、「SIWA iPadケース」自体が柔らかな和紙の素材で出来ていますので、膨らんだ形でDockの取り付けができました。もしiPad Dockをご利用の方なら、お試しになってみてください。











How to Use


「SIWA iPadケース」の取り付け方法について










iPad本体の取り付けは、まず底面のベルトから差し込んでゆきます。それが出来たら、上面のベルト、左右、どちらか一方を固定します。新品の状態ではまだ素材自体の硬さが残っているため、少し力がいりますが、iPadを傾けながら通します。











これが出来たら、残りのベルトで固定します。これも素材が固い状態では少し力が要りますが、ベルトを引っ張るのでは無く、ケース自体を少し後ろに捲るようにしてベルトを掛けると上手くゆきます。








Colors








SIWA iPadケース グレー

本体価格 ¥3,200 (税込価格 ¥3,456)

お求めいただけるのは、
これが最後のチャンス・最後の出荷です!

初代iPadを大切にお使いの方へ
各色30個限定の特別価格です お早めに!
(通常価格 ¥4,410 税込み)

Supported Products


iPad(第一世代)専用

*iPad 2、iPad Air には対応していません









SIWA iPadケース ブラック

本体価格 ¥3,200 (税込価格 ¥3,456)

注文不可

メーカー製造終了

Supported Products


iPad(第一世代)専用

*iPad 2、iPad Airには対応していません












Recommendations








13インチのノートパソコンも収納できる 同じ素材を使用した「SIWA クッションケース」もお勧め

こちらも同じ素材を使用 毎日の読書のおともに、耐久性と優しい肌触りの「SIWA ブックカバー

同じく新しい和紙、ナオロンでつくりました たっぷり書類が入って重量わずか172グラム 「SIWA ブリーフケース






Material


ソフトナオロンについて






山梨県市川大門の和紙メーカー大直が、和紙漉きの製法で作った新しい紙、それが「ソフトナオロン」です。

手にすると肌触りが良く、軽くて、柔らかくしなやかな紙質ながら、大変強度があります。さらに水にも強く、破れにくいのも大きな特徴特徴です。燃やしても有毒ガスは発生しません。


使用方法・使用年数によって限度が変わってきますが、(財)QTEC生活用品試験センター調べで、なんと10kgという耐荷重のテストにも合格しました。また、傘などの濡れたものを入れても破れる心配もありません。

下のグラフは、一般的な紙袋に使われているクラフト紙と、ソフトナオロンの強さを比較したもの。みなさんよくご存じのように、一般的な紙は水に濡れるとたいへん弱く、簡単に裂けてしまいます。クラフト紙では実際、引っ張りにおいても引き裂きにおいても水に濡れた場合(WET)は弱くなってしまったことがグラフにあらわれています。

しかしソフトナオロンではその逆。水に濡れた場合むしろ強度が増し、引き裂き試験ではWETの場合の強度が著しく増加していることがお分かりでしょう。雨の日も安心してお使いいただけます。



ソフトナオロンの原料は木材パルプとポリオレフィン繊維。この素材を和紙の手法で漉き、70度から80度の高温でドラム乾燥させ、パルプとポリオレフィンの接合を密にして、紙自体の強度を高めてあります。

下の写真、右側は、毎日毎日、3ヶ月間使用した「SIWA」のバッグ。使い込むほどに柔らかく、手に馴染んできました。

ぜひあなたも、独特のシワの風合いと、柔らかな手触りを楽しんでください。











Maintenance Guide



汚れた時は洗濯機などは使わず固く絞った布などで叩いて汚れを落としてください。

素材の特性上、アイロンや高熱のものに触れると素材が溶ける可能性がありますのでご注意ください。





Brand Story


「SIWA・紙和」について







甲斐の国、市川大門。

気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られてきました。

和紙のメーカー、大直の歴史は市川大門の紙業の歴史と歩みをともにしてきました。近年は伝統の中に新しい技術を盛り込んで、インテリアや雑貨にも利用できる紙を開発しています。

今回はそれらの開発から生まれた新素材のやぶれにくい紙「ナオロン」を用いた商品を、山梨県出身の工業デザイナー深澤直人さんと共につくりあげました。それがこの「SIWA」の製品です。





Message


「SIWA・紙和」について

プロダクトデザイナー 深澤直人さん






伝統的な和紙をつくってきた大直と一緒に、その歴史と技術を生かしたものづくりができるのが嬉しいです。

和紙というとどうしても工芸的な製品をイメージしがちですが、むしろインテリアや雑貨にあった一つの素材としてこれを捉え、その風合い優しさを生かした日常品をデザインしたいと思っています。

和紙というイメージにこだわり過ぎない方がかえってその素材のもつ機能や味わいを現代の生活にあった製品に生かせるのではないでしょうか。








Interview


プロデューサー・インタビュー
大直「SIWA・紙和」チームリーダー 一瀬愛さん








この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

弊社のある山梨県市川大門は千年前から続く和紙の産地です。特に江戸時代には幕府のご用紙産地として大いに栄えました。
     
昭和35年ごろから手漉き生産から機械生産に移行し、現在の主産品は障子紙で全国の約50パーセントを当産地で生産しております。しかし、住宅環境の変化により障子紙の需要は年々縮小し地場産業としての和紙の生産は年々減少傾向になっています。

私たち大直は、和紙という古くて新しい素材をもっと暮らしの中に取り入れていきたいと考えています。

今回の新商品の「SIWA・紙和」は弊社で3年前に開発した破れにくい和紙「ナオロン」をベースにして試行錯誤の商品開発の経過の中で生まれました商品です。

この「SIWA iPadケース」は、SIWAのシリーズの中でも長く好評頂いていますブックカバーと同じように、iPadにも、SIWAのカバーを付けていただきたいという思いから作りました。

iPadは電子機器ですので表面が硬質です。このSIWAのカバーをつけることで、手にあたる質感をやさしいものに出来ればと思っています。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください

「SIWA・紙和」は工業デザイナーの深澤直人さんとの協働作業による商品開発です。そのため、深澤さんのデザインをいかに再現し、商品に出来るかが一番気をつけた点です。

深澤さんからのデザインは、紙に長い間携わってきた人間にはない斬新なアイデアばかりでした。ですから、私たちにとって、とにかく全てが初めてのことでしたので、深澤さんを信じて、何度も何度も改善を重ねていったという感じです。

この「SIWA iPadケース」では、重みのある本体をきちんと支え、安心感のあるものにしかったので、iPad本体を装着しながら、サイズを検証し、完成しました。

重みのある本体を守り、SIWAのケースをつけていないときよりも、より使いやすく感じていただけると幸いです。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?

「SIWA・紙和」の素材には弊社の開発した「ナオロン」という新素材を使用しています。

ナオロンはパルプとポリオレフィン繊維で出来ています。和紙の持つ手触りや素材感を保ち、生活用品として支障のない強度を出すために改良し、開発をしました。

もともとナオロンは純白の素材であるため、「SIWA・紙和」の製品にするためには、ナオロンに染色を施しています。それまでナオロンを染めたことが無かったので、深澤さんの指定色を再現するのに何度もトライしました。新素材なだけに、染色も思いも寄らないことが何度もおきました。

その後は、生産ラインに乗せる為の最適な生産方法や生活品としての強度に対しての最適な生産方法、ナオロンにあった生産方法の模索をしました。作ってみなければわからない点はたくさんありましたのでデザイン、生産、を両方クリアするために試行錯誤しました。




「SIWA・紙和」のほとんどの製品は縫製によって作られていますが、縫い目がわかりにくい縫い方を施しています。ひとつひとつが手作業による縫製です。

また、シワひとつに対しても「シワ見本」があって、それを元にして生産されています。シンプルなデザインなだけに洗練されているため、デザインを忠実に再現するように心がけています。


この「SIWA iPadケース」では、SIWAのシリーズと同じくナオロンを使用しています。強度の必要な箇所には、内側に補強材を入れて、強化しています。内側にはクッション材として軽量のウレタンを入れています。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします

このたび、日本国内販売は、アシストオンのお客様の限定で紹介させていただいております。

この製品を企画をしようと決めたときに、電子機器類からはほど遠い弊社の今までの もの作りには、アシストオンのさまざまな意見、協力が必要でした。

商品開発から一緒に、この製品を生み出せ、こうして皆様にお伝えできることが出来て本当によかったです。ぜひ、お使いいただけると幸いです。






inFocus


大直 一瀬美教さん、一瀬愛さん ロングインタビュー









日本では生活様式が洋風に変わってきて、昔に比べたら、障子紙を使う機会もだいぶ減ってきました。

それでも、日本人なら、触覚や視覚といった感覚の中で、「和紙」の良さを知らず知らずのうちに体感しているのではないかと思っています。光で透けたり、気配を感じたり。そういった障子や行灯といったものといっしょにある和紙のイメージですね。また、和紙に指先が触れた時の、柔らかい風合い。機会こそ減ったものの、そういった感覚は、わたしたちの体験の中にある共通のものなのではないでしょうか。

「SIWA・紙和」という製品は、ある意味、あっけないほど地味でシンプルなものばかりで、そのことによってむしろストレートに「和紙」という素材の本質が引き出された。そして、みなさんが共通して持っておられる「和紙の心地よさ」の感覚と、直に通じ合うことができた。そういうことなのかもしれません。

ナオロンという新素材から生まれた「SIWA・紙和」というブランドを育ててゆくことで、私たちはもっともっと和紙という素材の魅力を探り、可能性を見つけてゆきたいと思っています。それが結果として、次の時代に向けて和紙の伝統を引き継いでゆく、ということになるでしょうから。



このインタビューの続きを読む