ゆびさきで触れると、ゆらゆら揺れて、ここちよい音が聴こえてきます

優凜

ゆびさきで触れると、ゆらゆら揺れて、心地よい音が聴こえてきます。

楽器でもない、オブジェでもない。私たちの暮らしの中へ、澄んだ音を届ける。揺らせば、心にやさしく凜と響く、美しい音色を楽しむための道具。それがこの「優凜(ゆうりん)」。

富山県高岡市で400年も続いてきた伝統的な鋳物技術を生かし、美しい音のゆらぎと、鳴った後に残る心地よい余韻を追求しました。

玄関やリビング、窓際に置くだけで、思わず顔がほころんでしまう可愛らしい佇まい。眺めたり、ふとした時に鳴らしてみたりと、さまざまな楽しみ方ができる「優凜」。磯野梨影とスワミヤがデザインしました。





「優凜」には3つのラインナップが揃っています。手のひらの上に乗ってしまうサイズで、「りん」(ベル)を包み込む揺りかごのような形をした「まわりん」

玄関のドアに取り付けて、お客様を心地よい音で迎えてくれる「どありん」

そしてトリの形で、ゆらゆら揺れて音を鳴らし、呼び鈴としてもお使いいただける「ことりん」

3つの「優凜」はすべて、伝統的な職人技術を最新の鋳物の製造技術を結集。そこにあるだけで美しい音を運んでくれるような形。金属のもつ上品な質感を生かしながらも、可愛らしい、気持ちの休まる形に仕上がりました。

音を響かせる「りん」には、雅楽やオーケストラの演奏で、澄んだ良い音をつくる「楽器」として使われ、高い評価を得ている「高岡おりん」の素材選び、製造、チューニングにいたるまでの全てが、この小さな「優凜」の「りん」にもそのまま生かされています。


手元に置いて触ると、その触り方、揺らし方で、聴こえてくる音も変わってきます。慌ただしい毎日の中に、これまでに無かった音の楽しみを。大切な方への贈り物にも最適です。













Designer


磯野梨影(いそのりえ)
スワミヤ(すわみや)

Manufacturer


山口久乗
(やまぐちきゅうじょう
 富山県高岡市)

Country of Manufacture


日本製(富山県高岡市)

Brand Name


優凜(ゆうりん 日本)


Notes


製品本体に微細なくぼみ、「まわりん」のアイコンの若干の傾き等がある場合がありますが、これは製品製造時に発生してしまう問題で、初期不良ではありません







Product Guide


「りん」が作り出す音、そしてその音の鳴ったあとの心地よい余韻を体験してください








400年もの歴史に支えられた、富山県・高岡の鋳物製品は、工芸品、仏具、美術品の分野を超え、数々の「音」にまつわる製品も創り出してきました。長い歴史の中で、仏様の供養や奉納につかわれる「りん」(ベル)の製造で培われた、良い音、澄んだ音をつくる技術。これが今日にも受け継がれ、「高岡のりん」は、日本の神社仏閣での奉納演奏だけではなく、雅楽や歌舞伎、さらにはオーケストラ演奏で使われる「楽器」のひとつとしても使われています。


「優凜」を揺らしたとき、そこから作られる、優しい音。そして鳴り終わった後に、私たちの耳に残る、ここちよい余韻。

私たちの気持ちをとらえて離さない「優凜」の音。これをつくり出すには、「りん」の形状、使われている素材の吟味もちろん、メッキなどの仕上げに至るまで、多くの制約を乗り越える技術的なノウハウと蓄積が必要です。

例えば「まわりん」では手元で揺らしながら、音をたのしんでいただくものですから、少し落ち着いた音であることが大切だと考えました。これにくらべて「ことりん」「どありん」はその役割から、音量は抑えながらも、遠くまでしっかりと良い音が伝わる必要があります。これを実現するため、「りん」がどのような形状であるべきか、そして素材、仕上げ、組立てはどのように行えばよいのか。デザイナーと職人が力をあわせ、時間をかけて創り上げました。


この「優凜」では3つのバリエーションを用意しています。
ぜひあなたのこの「優凜」の音、そして鳴り終わった後の余韻をたのしんでください。









Product Guide


この「優凜」は、富山県高岡市の400年もの歴史に支えられた職人の
経験と技術力によって、ひとつづつ手作業で作られています











この「優凜」が作られているのは、富山県・高岡市。この地で培われた400年もの鋳物生産の技術が惜しみなく注ぎ込まれています。

高岡で作られる銅器の製造方法はいくつかありますが、この「優凜」で使われている技術は、「生型(なまがた)鋳造法」というもの。

まず、木製や金属製の上下、対になった型枠の中に、水分を含んだ砂で鋳型をつくります。そしてその中に高温で溶かした銅合金を流し込む、というもの。砂型を高温で焼いた後に銅を流し込む「焼型(やきがた)」と言われる方法ではなく、砂型を焼かずに鋳造を行うため「生型」と呼ばれています。

この方法はひとつの型枠をつかって、何度でも短時間に製造を行うことができるため、工芸品や仏具を作るのに適した鋳造法、と言われています。

型から取り出された鋳物は、ヤスリや鏨(たがね)などの道具を使って、手作業で仕上げられ、完成します。このように、鋳造の原型の製造から、熱く溶けた金属の流し込み(注湯・ちゅうとう)、型から取り出す作業(型ばらし)、手仕上げと、すべてが長い年月の中で蓄積され、経験に裏付けられた、鋳物職人たちの手作業によって、ひとつひとつの製品が完成します。






富山県、高岡市。アルミサッシの生産額が日本一で知られる、産業都市。富山県の北西部に位置する自然に恵まれたこの地で鋳物づくりの歴史が始まったのは、今から400年も前のことでした。当初は鉄鋳物が中心で、生活必需品である鍋や釜まどの日常品、そして、すき、くわなどの農機具が製造されていました。

銅鋳物の生産が行われるのは、江戸の中期頃から。一般家庭でのニーズが広がった仏具の生産拠点として知られるようになり、江戸後期にはすでに問屋のシステムなど流通形態も確立。火鉢や花瓶などの製品も作られるようになり、高岡で生産された銅鋳物製品は、日本全国でその名を知られるようになりました。







Package


贈り物に最適な、上質なパッケージにはいっています










この「優凜」シリーズは、上質なパッケージに、丁寧に収められています。

パッケージ本体は少し光沢を抑えた、銀色のメタリックパーパーを使用。その上から半透明のトレーシングペーパーが重ねられており、白色の波の模様が綺麗です。

この白い模様は五線譜をモチーフにしたもの。「凜」とした優しい音と、その音のゆらぎをあらわしています。





パッケージの内部には、小型のリーフレットが製品と一緒に入っています。このリーフレットでは「優凜」のお手入れ方法はもちろん、どのように愉しんでいただくのかが詳しく記されています。

あなたの大切な方への贈り物、記念品に、ぜひ「優凜」をお役立てください。









Variations



「優凜」まわりん









この「まわりん」は手のひらの上にも乗せることができる、ちいさな「りん」。

起き上がりこぼしのようなカタチで、ゆりかごに包まれた「りん」。その上には「音と自然」をモチーフに考えられた5種類のアイコンが付いていて、音が鳴り出すと、音と一緒にゆらゆらと揺れます。

ツヤ消しで上品な質感を持ったアルミ製の本体、小さな「りん」は銅合金。少し低い、澄んだ響かせてくれる振り子は真鍮製。パーツひとつひとつが、富山県高岡市の高度な職人技術によってのみ、作ることができたものです。







「優凜」の楽しみ方、音の出し方に決まりはありません。特にこの「まわりん」は楽器を習得するように、鳴らし方を工夫することに楽しみがあります。激しく振るのではなくて、軽い力を上手に加えることで、心地よい音が響きます。






本体を持って、回転させる方法。置いた場所の素材や硬さによっても回り方が違ってきますので、いろいろ試してみてください。






持ち上げて本体全体を振る方法。






本体の上に付いているアイコンを指で軽く触る方法。鳴らし方になれないうちは、この方法が一番簡単です。なおこの真鍮製のパーツはデリケートな部分なので、優しく触るようにしてくだいね。





Product Guide


「まわりん」のてっぺんのアイコンは5つの種類があります





「まわりん」のてっぺんに付いているのは、自然と音をモチーフにした5つのアイコン。とても小さな部品ですが、どれも真鍮製で、極めて高い技術を駆使して、丁寧に作られています。お好きなアイコンからお選びください。 *「葉」は販売終了いたしました。






まわりん「鳥」

本体価格 ¥8,000 (税込価格 ¥8,640)

Sizes


本体:幅5.5×奥行き5×高さ10cm

Weight


約105グラム

Material


おりん:銅合金
振り子:真鍮
フレーム:アルミニウム
飾り:真鍮


まわりん「蝶」

本体価格 ¥8,000 (税込価格 ¥8,640)

Sizes


本体:幅5.5×奥行き5×高さ10cm

Weight


約105グラム

Material


おりん:銅合金
振り子:真鍮
フレーム:アルミニウム
飾り:真鍮


まわりん「花」

本体価格 ¥8,000 (税込価格 ¥8,640)

Sizes


本体:幅5.5×奥行き5×高さ10cm

Weight


約105グラム

Material


おりん:銅合金
振り子:真鍮
フレーム:アルミニウム
飾り:真鍮


まわりん「実」

本体価格 ¥8,000 (税込価格 ¥8,640)

Sizes


本体:幅5.5×奥行き5×高さ10cm

Weight


約105グラム

Material


おりん:銅合金
振り子:真鍮
フレーム:アルミニウム
飾り:真鍮






Variations



「優凜」どありん




どありん

本体価格 ¥6,000 (税込価格 ¥6,480)

こんにちは。いってらっしゃい。玄関のドアに取り付けておくことで、心地よい音が響く「優凜」のドアベルです。

お客様がいらっしゃったことを教えてくれるだけではなく、お客様を心地よい音とともにお招きする。そして出かける家族を、綺麗な音が見送ってくれる。そんな役割をもった「どありん」。

新築やお引っ越しのお祝いにも最適です。

Sizes


幅3×奥行き5×高さ9cm

Weight


71グラム

Material


おりん:銅合金
振り子:真鍮
フレーム:アルミニウム

Accessories


マグネット(本体に取り付け可能)






この「どありん」は、高さ9センチと小さなボディー。本体背面には強力な2つのマグネットが組み込まれていて、金属製のドアに簡単に取り付けることができます。

音は大きくなりすぎず、けれど遠くまでしっかりと響き渡る、綺麗な余韻をもった音になるよう、チューニングされています。






木製のドアの場合には、金属プレートが付属していますので、このプレートをまずドアに固定した後、「どありん」を取り付けます。










Variations



「優凜」ことりん




ことりん

本体価格 ¥11,000 (税込価格 ¥11,880)

かわいい、とりの形をした「ことりん」。本体がゆらゆらと揺れて、涼しい音を聴かせてくれます。

「優凜」シリーズではもっとも大きな「りん」を備えていて、振り子には天然石が使われています。

少し距離のあるところにも音を届けてくれます。大きな音ではありませんが、余韻のある心地よさが特徴。

たとえばペンションや旅館などのロビーやお客様窓口に置いて、呼び鈴としてもご利用いただけます。

Sizes


幅13×奥行き5×高さ7cm

Weight


173グラム

Material


おりん:銅合金(金メッキ仕上げ)
振り子:ヘマタイト(天然石)
フレーム:アルミニウム





「ことりん」は頭か尻尾を指先で触るだけで、揺れて「りん」を鳴らすことができます。「優凜」シリーズの中では、最も音が出しやすく、どなたでも簡単にお使いいただくことができるでしょう。





この「ことりん」には、クチバシにカードを挟むことができる機能性を備えています。親しい友人から届いたポストカードを挟んでみたり、メッセージカードを挟んで家族の伝言の運び役になってくれたり。みんなが集まるリビングの机において、心地よい「音」と共に、家庭みんなで楽しんでください。





ペンションなどの呼び鈴は、どこか物々しくて、鳴らすのに抵抗がある。そう思われる宿泊のお客様も多いようですが、この「ことりん」なら外見も可愛らしく、また鳴らした音も美しいため、呼び鈴としてのご利用には最適でしょう。






Interview


デザイナー・インタビュー 磯野梨影さんにうかがいました







武蔵野美術大学工芸工業デザイン科卒
ソニーデザインセンター、PSD associates(英)を経て、2000年よりフリーランスに。
工業製品から日用品まで、くらしに心地良いモノづくりを心がけてデザインにとりくむ毎日。
2006年から「コド・モノ・コト」運営メンバー。多摩美術大学非常勤講師。
pear-ds.com





この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


ある方から「音にこだわっているメーカーさんのデザインをしませんか?」とのご紹介がありました。
とても難しい仕事になりそうで、最初は尻込みをしていましたが、「日常のくらしの中で、いい音を楽しんでいただきたい」という山口社長の強い想いを伺い、また「久乗おりん」の温かみのある響きを聴いているうちに、これをかたちして伝えることができればとはじめたのがきっかけです。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


まず美しい音であること。その条件をクリアするために「りん(ベルの部分)」の形状や各部の仕上げに制約がたくさんありました。

「りん」の形状は、山口社長の長年の経験やノウハウに基づきデザイナーが線を引き、試作品の音を評価した上で、さらに形状を選び込んでいます。また、音の高さにも配慮をしていて、「てのりん」は高低響き合う2音、「どありん」「ことりん」は小さな音量でも遠くまで通る音、「まわりん」は落ち着きを出すためにやや低めの音など、用途に合わせたチューニングもなされています。

音という無形のモチーフ。それも楽器ではなく「日常のくらしの道具」としてどうデザインするかが、さらに課題としてありました。

風鈴でなく、おもちゃでなく、楽器でもない。

試作を繰り返し、紆余曲折しながらも「自分のくらしの中にこの音を取り入れるならどうするだろう?」と自問自答しながら進めてきました。

最後まで心がけたのは、手元に置いておきたいと思えるような「やさしく温かい音」をかたちにすることでした。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


素材や仕上げはいい音を出すための制約が多く、頭を悩ませた要素のひとつでした。

いい音のする「りん」の材料は、ある特殊な真鍮と決まっていました。さらに仕上げは振動を妨げないよう薄膜のメッキや漆などが音によいこともわかっていました。結局、これらの条件を生かした「素」の色が一番よく合うデザインにしました。

音の「あたり」も「優凜」には大切な要素です。「りん」を打つ「振り子(球の部分)」次第で、音の印象がずいぶん異なります。「あたり」を澄んだいい音にするために「優凜」の「振り子」は天然石や真鍮を選んでいます。

また音によい素材や仕上げを選ぶだけでなく、高岡の鋳物技術を生かしたものづくりをしたかったので、フレームなど他の部分も真鍮やアルミの素材感を生かす仕上げにしています。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


「優凜」はこころにやさしい音を楽しむ道具です。しかし鳴らし方にはきまりがありません。
力のかけ方、振り方、回し方で音の表情はすこしずつ違ってきます。
自分に心地よい鳴らし方をどうぞ探してみてください。










Interview


デザイナー・インタビュー スワミヤさんにうかがいました








武蔵野美術大学視覚伝達デザイン科卒業後、ソニーデザインセンター、 ソニープラザを経て、単身渡欧。スイスBODUM本社で数年勤務後、ロンドンに滞在、帰国。
現在はフリーランスデザイナーとして、パッケージデザインを中心にさまざまなジャンルで活動中。
www.suwadesignstudio.com





この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


磯野さんからある日電話で相談を受けました。なにやらこの世にあまり存在していないような不思議な商品をつくっているとのこと。

この商品群の社名ロゴはどういうものがいいか、デザインをどうしたらより魅力的にできるか、個々のネーミングはどうするか、それを包むのはどんなものがいいか、宣伝は誰にむけてどうやっっていったらいいか、、などなどその後長い時間をかけて一緒にブランドづくりを試行錯誤することになりました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


本体に関しては、ぱっと見たときに単純に「可愛い」「これは何?」と思わせるキャッチーなものがあったほうがいいだろうと磯野さんと考えました。そうでないといくらいいものでも手にとってもらえないかもしれない。ということで、まわりんの頭部など、グラフィック的な魅力のあるものを目指しました。

全体グラフィックに関しては、この商品の一番の強みは楽器にもなり得るような音の良さにあるのだと考えたので、楽譜をモチーフにしました。五本の線は五線譜で、美しくゆらいだ音の余韻をイメージしています。

パッケージについては商品の性格からしてギフト需要が多いのではないかと思い、もらったときに嬉しいと思われそうな高級感のあるシルバーのメタリックペーパーを選びました。縦に筋押しのある紙なので、光の反射が柔らかく品良く仕上がっています。帯には白い五線譜を印刷したトレペを使い、その紙とシルバーの紙の間のわずかな厚みによる透明感や奥行き感がでています。贈るお相手によって、金や赤の細いリボンなどをかけても華やかな印象になると思います。

久乗おりんのロゴについては、アルファベットのQは久乗おりんの”久”で、仏具でない音楽性の高いおりんにつける社名ロゴとしています。クラシカルな音楽記号風にしたかったので、線の強弱をつけたり端っこに点を打ったりしてそれっぽく見えるように工夫しました。右下の小さな点はおりんの振り子です。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


優凜シリーズに興味をもっていただいてありがとうございます。

とてもきれいな音の鳴る「鈴」ですから、日常的にお茶でも飲みながらでもちょこっと揺らしていただけると嬉しいですね。

不思議なもので、穏やかな気持ちで鳴らさないと良い音がでないようです。ゆったりした時間の中で何度も鳴らしてみてくださいね。