起きる、暮らす、寝る あなたの生活の側にある谷川俊太郎の「詩」2編

oblaat "wearable"

詩は、本に記されていなければならない。それは誰が決めたのでしょうか?

詩はおそらく私たち、人々の歴史の古くから身近にあって、ある時は声で唱えられ、そしてあるときは歌となった。文字が発明されると、手で記されるようになり、そして本が発明されると、詩集となった。

けれどもしかしたら、詩は、もっと自由になりたがっているのかもしれません。もっと自由になって、誰かに読まれたい、あなたの側に居たいのかも。

2010年につくられた「oblaat」(オブラート)は、もっと詩を自由にしてあげる活動。そして詩が私たちにとって、「口に苦い良薬」であるなら、オブラートのように飲みやすくするモノでありたいと思っています。

このoblaatシリーズ「wearable」(ウエアラブル)は、マイケル・ジャクソンも愛した、世界最高品質の日本製Tシャツメーカーとのコラボレーション。あなたが身につける詩集。朝起き、ご飯を食べ、お家のことをしたり、仕事をしたり。そんな、あなたといつも一緒、一番近くにある存在が「Tシャツ」なのではないでしょうか?

そんな「Tシャツ」に詩をのせてみたら。遠くから分からなかった模様が、近づいてみたら、小さな文字で出来ていて、さらにそれは、詩になっている。

たんに詩がTシャツの生地に印刷されている、というのではなく、その小さな文字たちがカタチをつくって、それが何か意味を持っている。そんなイメージがズームインし、ズームアウトしてゆく面白さと、不思議さ。そしてあなたにまとわりついて、どこへでも出かけてゆく。そんな、これまでの詩集には無かった楽しさ、おかしさがある。それが「wearable」です。





今回作られたのは2編の詩。どちらも谷川俊太郎さんがこの「wearable」のために書き下ろしたもの。

ネイビーブルーのTシャツの「読唇術」は、それぞれの文字たちがまるで汗染みのようなカタチになって、あなたの胸のあたりに取り付いたよう。「詩を贈ることについて」はビンテージ調のTシャツから浮かび上がる、「3」そして「5」という文字。これが意味するものは。

あなた自身が詩を読む。あなたが着ている詩を、あなたの目の前にいる誰かが読む。着たままで読む。脱いだものを読む。これまで詩集の中に閉じ込められていた詩が、あなたの生活の中に入り込み、溶けこんでくる。谷川さんの詩とあなたの、不思議な化学変化が生まれるかもしれません。





この「oblaat "wearable"」がこだわったのは、たんにデザインされたTシャツであるということではありません。きちんと着心地の良い、最高品質のTシャツの上に、詩の居場所を探し出す、ということ。

その素材に選んだのは、75年以上もの歴史を持つ東京・墨田区のTシャツメーカー、久米工業。Tシャツ好きならよくご存じのこのメーカーは、まだ日本で「Tシャツ」という呼び名が知られていなかった時代から、熟練の職人たちが国産の最良の生地だけを選び、最高の技術で半世紀以上に渡ってTシャツを創り続けてきました。

開発は綿花の厳選からはじまり、紡績、編みたて、染色、裁断、縫製と、各工程で試作と検証を重ねた上で、ひとつひとつ仕様を決定し、全体の調和を求めていくという手間と時間を惜しまない手法でつくられました。また染色には環境負担の少ない水性インクを採用しています。

生地には伸縮性のある、フライス編みされた100%コットンを使用。立体裁断を施すことで、素肌にきちんとフィットしてくれます。また日本人の普通の体型の方に合いやすいカタチ。首回り、衿のバインダーが少し太い、ちょっと懐かしく、可愛らしい雰囲気をもったスタイルのTシャツです。






















Author


谷川俊太郎(たにかわしゅんたろう)


松田朋春(まつだともはる)

Designer


則武弥
(のりたけわたる PAPERBACK)
石神正人(いしがみまさと)

Manufacturer


久米繊維工業(東京都 墨田区)

Material


コットン100%

Country of Manufacture


日本製

Sizes


S・M・Lサイズの3種類






撮影/深堀瑞穂





Product Guide


「wearable」は、あなたといっしょに生活し、仕事をし、暮らす あなたの「身につける詩集」です











詩は、本に記されていなければならない。それは誰が決めたのでしょうか?

詩はおそらく私たち、人々の歴史の古くから身近にあって、ある時は声で唱えられ、そしてあるときは歌となった。文字が発明されると、手で記されるようになり、そして本が発明されると、詩集となった。

けれどもしかしたら、詩は、もっと自由になりたがっているのかもしれません。もっと自由になって、誰かに読まれたい、あなたの側に居たいのかも。

この「oblaat」(オブラート)のシリーズは、もっと詩を自由にしてあげる活動。そして詩が私たちにとって、「口に苦い良薬」であるなら、オブラートのように飲みやすくするモノでありたいと思っています。






このoblaatシリーズ「wearable」(ウエアラブル)は、あなたが身につける詩集。朝起き、ご飯を食べ、お家のことをしたり、仕事をしたり。そんな、あなたといつも一緒、一番近くにある存在が「Tシャツ」なのではないでしょうか?

そんな「Tシャツ」に詩をのせてみたら。遠くから分からなかった模様が、近づいてみたら、小さな文字で出来ていて、さらにそれは、詩になっている。

たんに詩がTシャツの生地に印刷されている、というのではなく、その小さな文字たちがカタチをつくって、それが何か意味を持っている。そんなイメージがズームインし、ズームアウトしてゆく面白さと、不思議さ。そしてあなたにまとわりついて、どこへでも出かけてゆく。そんな、これまでの詩集には無かった楽しさ、おかしさがある。それが「wearable」です。






今回作られたのは2編の詩。どちらも谷川俊太郎さんがこの「wearable」のために書き下ろしたもの。

ネイビーブルーのTシャツの「読唇術」は、それぞれの文字たちがまるで汗染みのようなカタチになって、あなたの胸のあたりに取り付いたよう。「詩を贈ることについて」はビンテージ調のTシャツから浮かび上がる、「3」そして「5」という文字。これが意味するものは。

あなた自身が詩を読む。あなたが着ている詩を、あなたの目の前にいる誰かが読む。着たままで読む。脱いだものを読む。これまで詩集の中に閉じ込められていた詩が、あなたの生活の中に入り込み、溶けこんでくる。谷川さんの詩とあなたの、不思議な化学変化が生まれるかもしれません。

この「oblaat "wearable"」は続編も予定されていますので、ぜひご期待ください。







Product Guide


「oblaat "wearable"」には、日本製の最高品質のTシャツが使われています










この「oblaat "wearable"」がこだわったのは、たんにデザインされたTシャツであるということではありません。きちんと着心地の良い、最高品質のTシャツの上に、詩の居場所を探し出す、ということ。

その素材に選んだのは、75年以上もの歴史を持つ東京・墨田区のTシャツメーカー、久米工業。Tシャツ好きならよくご存じのこのメーカーは、まだ日本で「Tシャツ」という呼び名が知られていなかった時代から、熟練の職人たちが国産の最良の生地だけを選び、最高の技術で半世紀以上に渡ってTシャツを創り続けてきました。





肌触りが良く、耐久性がある。この久米繊維工業のTシャツは、半世紀にわたってTシャツを作り続けてきた経験をもとに、素材選びから、染色、カッティング、縫製、仕上げまで、熟練した職人ならではの、きめ細やかな心配りが各所に施されています。

例えばTシャツの裾や袖口部分に用られている「天地引き」という製法。これは、生地を折り曲げて1本針オーバーロックミシンで縫い付ける方法。現在、量産されている安価なTシャツは、平2本針を使用をしており、これに比べると一見、頼りなく見える製法です。

しかしこの「天地引き」はその外見に比べて、Tシャツの着脱時に生じる、瞬間的な引っ張り強度が非常に高いのが大きな特徴です。

この「天地引き」の製法は、縫製は、縫製時の手加減などにより縫いはずれや、逆に深く入り過ぎるということが起こりやすく、非常に熟練した技術の要る製法です。しかしあえてこの製法を取ることによって、ほつれや、糸切れの可能性が低減し、1枚のTシャツを長く着ていただく事ができます。





開発は綿花の厳選からはじまり、紡績、編みたて、染色、裁断、縫製と、各工程で試作と検証を重ねた上で、ひとつひとつ仕様を決定し、全体の調和を求めていくという手間と時間を惜しまない手法でつくられました。また染色には環境負担の少ない水性インクを採用しています。

生地には伸縮性のある、フライス編みされた100%コットンを使用。立体裁断を施すことで、素肌にきちんとフィットしてくれます。また日本人の普通の体型の方に合いやすいカタチ。首回り、衿のバインダーが少し太い、ちょっと懐かしく、可愛らしい雰囲気をもったスタイルのTシャツです。

マイケル・ジャクソンも愛したという、この最高品質の、久米繊維工業の定番Tシャツ。谷川俊太郎の詩とともに、ながくご利用ください。











Variations







谷川俊太郎「読唇術」

Smallサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Mediumサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Largeサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Supported Products


Sサイズ:
 適応身長:155〜165cm
 適応胸囲:78〜86cm
 身丈:64cm

Mサイズ:
 適応身長:160〜170cm
 適応胸囲:84〜94cm
 身丈:69cm

Lサイズ:
 適応身長:165〜175cm
 適応胸囲:90〜98cm
 身丈:72cm

Material


コットン100%

Country of Manufacture


日本製












谷川俊太郎「詩を贈ることについて」

Smallサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Mediumサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Largeサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Supported Products


Sサイズ:
 適応身長:155〜165cm
 適応胸囲:78〜86cm
 身丈:64cm

Mサイズ:
 適応身長:160〜170cm
 適応胸囲:84〜94cm
 身丈:69cm

Lサイズ:
 適応身長:165〜175cm
 適応胸囲:90〜98cm
 身丈:72cm

Material


コットン100%

Country of Manufacture


日本製










Special


Wearableの新コレクションは、
人気の「ことばあそびうた」の中の詩をモチーフにしました!












1973年に刊行以来、現在では76刷。40年に渡ってたくさんの子供たち、そして大人になった子供たちに読み続けられている、谷川俊太郎さんの「ことばあそびうた」。

ついつい何度も、声に出してしまう、日本語そのものが持つ音韻を楽しさをもった15編の詩。そして瀬川康男さんによる美しいイラスト。だれもが学校の教室で、図書館で一度は出会い、その中の不思議で楽しい詩にであった、親しんだことがあるでしょう。

この「oblaat "wearable"」ではその中から、特に人気の高い2つの詩、「かっぱ」と「いるか」をモチーフにしたコレクション、3作を制作しました。

特に「かっぱ」バージョンは通常版と、くわえて「俊太郎手書き」版の2種類を制作。谷川俊太郎さんに描いていただいた手書き文字をそのままデザインに起こして、Tシャツに印刷しました。









谷川俊太郎「いるか」

Smallサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Mediumサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Largeサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Supported Products


Sサイズ:
 適応身長:155〜165cm
 適応胸囲:78〜86cm
 身丈:64cm

Mサイズ:
 適応身長:160〜170cm
 適応胸囲:84〜94cm
 身丈:69cm

Lサイズ:
 適応身長:165〜175cm
 適応胸囲:90〜98cm
 身丈:72cm

Material


コットン100%

*本製品は「久米繊維工業」のTシャツではありません














谷川俊太郎「かっぱ」

Smallサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Mediumサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Largeサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Supported Products


Sサイズ:
 適応身長:155〜165cm
 適応胸囲:78〜86cm
 身丈:64cm

Mサイズ:
 適応身長:160〜170cm
 適応胸囲:84〜94cm
 身丈:69cm

Lサイズ:
 適応身長:165〜175cm
 適応胸囲:90〜98cm
 身丈:72cm

Material


コットン100%

*本製品は「久米繊維工業」のTシャツではありません














谷川俊太郎「かっぱ 俊太郎手書き」

Smallサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Mediumサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

注文不可 現在品切れ中

Largeサイズ

本体価格 ¥3,333 (税込価格 ¥3,600)

Supported Products


Sサイズ:
 適応身長:155〜165cm
 適応胸囲:78〜86cm
 身丈:64cm

Mサイズ:
 適応身長:160〜170cm
 適応胸囲:84〜94cm
 身丈:69cm

Lサイズ:
 適応身長:165〜175cm
 適応胸囲:90〜98cm
 身丈:72cm

Material


コットン100%

*本製品は「久米繊維工業」のTシャツではありません







ファンの方はご注目ください!この「かっぱ 俊太郎手書き」は、「かっぱ」の詩を谷川俊太郎さんの手書き文字をそのまま印刷した、特別バージョンです!








Message


谷川俊太郎より デザインレーベル「oblaat」について








撮影/深堀瑞穂



 詩は石に彫られたり、紙に刷られたり、声で唱えられたり、歌になって歌われたりして、人々のもとに届けられるのですが、さまざまな技術が開発され、いろんなメディアで詩を読み聞くことができるようになった今、詩を形成しているコトバが、身軽にどこへでも飛んでいけるような気がしています。

 詩のコトバは昔から「狂言綺語」などと言われていました。つまり人間の現実生活で使われるコトバとはちょっと次元の違うところで、人々の魂の深いところに訴えかけるものだという暗黙の了解があったのでしょう。

 私たちが世に出したいと思っているコトバも、実用には適さないコトバ、意味だけで勝負しようとしないコトバ、理解する前に味わってほしいコトバ、遊ぶ楽しさを知っているコトバ、もしかすると少々狂っているかもしれないコトバです。そんなコトバのデリケートなエネルギーを受け取ってもらえれば、私たちは幸せです。








谷川俊太郎 詩人

1931年 12月15日、東京生まれ。詩集「二十億光年の孤独」でデビュー。詩作品に「生きる」「朝のリレー」、アニメ「鉄腕アトム」主題歌作詞など。「マザー・グースのうた」「スイミー」、スヌーピーの翻訳者としても知られる。読売文学賞、日本翻訳文学賞、萩原朔太郎賞ほか受賞多数。近著に、恋愛詩ベスト「私の胸は小さすぎる」がある。デザインレーベル「oblaat」同人。





Interview


プロデューサー・インタビュー 松田朋春さんにうかがいました









グッドアイデア株式会社 代表取締役社長
1964年東京生まれ 東京都立大学人文学部卒

地域開発やイベント、商品開発、広告企画などに携わる 2005年愛・地球博公式アートプログラムでプランニング担当 「ランデヴー プロジェクト」「ダイアログ・イン・ザ・ダーク・タオル」でグッドデザイン賞、「ピノキオプロジェクト」「はっぱっぱ体操」でキッズデザイン賞、グッドデザイン賞受賞。著書「ワークショップ-偶然をデザインする技術」(共著・宣伝会議)

「わたしの犬退治」(新風舍) 立教大学観光学部非常勤講師  (株)ワコールアートセンター/スパイラル チーフプランナー 典型プロジェクト代表 Oblaat(オブラート)世話人 




この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください

谷川俊太郎さんと、ポエミクロという「顕微鏡で読むガラスの詩集」の企画を進める中で、メディアと詩を同列に考えて創作していくような活動を考えるようになりました。詩を本の外にひらくデザインレーベル「oblaat(オブラート)」と名付けて、いくつかのアイテムを並行して開発することになりましたが。その中のひとつがこのTシャツのシリーズです。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください

詩の刷ってあるTシャツというと、非常に素直というかよくある発想なのですが、単にグラフィックとして詩を載せるだけでなく、Tシャツそのもののデザインに詩を用いるスタンスで、オブラートの方向性がわかりやすく出ているアイテムだと思います。一見ビンテージのスポーツTシャツですが、近寄って見ると数字は詩でものすごく文系な感じだったり。

「35」でなくて、3と5の間にあるものというダジャレにもなっているんですが発案したデザイナーの則武弥さんは自分で照れて、あんまり言いたくないみたいです。

もうひとつのネイビーのTシャツには、襟元に「読唇術」というかなりセクシーなニュアンスのある詩が汗染みのようにレイアウトしてあります。女性に着てもらって胸元をじっくり見ながら読むという設定で、人間がTシャツを着た状態をメディアと考えたデザインです。

・・・・とか言ってますけど、まあ、割と遊びながらやってるだけですけどね。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?

国産Tシャツの草分け的存在の久米繊維工業さんと「典型プロジェクト」という別のプロジェクトで開発したボディと使っています。100%コットンのフライス地で、伸縮性があってフィットするタイプのTシャツです。久米繊維工業のロングセラーモデル(マイケル・ジャクソンが東京公演のときに着たそうです)を、普通の体型の人でも着やすいようにアレンジしました。

皮膚の弱い人から「このTシャツなら着れる」と言われたこともあって、たしかに着心地はすばらしいです。首周りはもともとの極太仕様を残していて、いまどきはまず見かけませんがそれがかっこいい感じです。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします

Tシャツは今後もシリーズとして続けて行くので、ぜひ全部揃えて「着る詩集」みたいに楽しんでください。

ウェアラブル、ということでTシャツに限らずジュエリーやタトゥーシールなどの身につける作品を考え中です。詩が書いてあるけど内容よりデザインが好きで買ったけど読んでいない、みたいな楽しみ方をされたらそれは詩として自由で開放的だなあ、なんて思っています。自由に楽しんでください。












Brand Name







oblaatは、詩を本の外にひらくデザインレーベルです



「oblaat」は、メディア自体を詩的な操作対象にしたデザインレーベルです。
本の世界に閉じ込められていた詩の仕事を、プロダクト、空間、情報技術の場で展開します。


「oblaat」は、一連のナンバーを付された作品をプロデュースします。
単純に、詩を本以外の場所で鑑賞させることを指向するのではなく、言葉を用いて(あるいは用いないで)物質や空間を詩的な存在に書き換えていくようなデザインを指向します。「oblaat」の活動は、詩の持つイメージ喚起力をデザインの領域に応用するだけでなく、本の外での「詩的なもの」との出会いが、未来の詩の読者と書き手を新たに生み出すことにつながればよいと考えています。


「oblaat」は、様々なジャンルの同人からなる組織で、同人名は個々の作品制作に関わった作家名として公表されます。しかし、柔軟で自由な集まりでありたいと考えており、固定的なメンバーのようなかたちでの同人リストは公表しません。


「oblaat」は、そのもの自体の存在はきわめて無に近いが、飲み込む手助けをするというところがメディアに類似していると思います。詩が口に苦い良薬であるとするなら、「oblaat」はそれを飲みやすくするインターフェイスの開発をしたいと考えています。





Product Guide






谷川俊太郎さんといっしょに作りました。紙の本を愛する方のために。あなたの一番お気に入りの本のために。透明な一冊の本に、谷川さん書き下ろしの新作を加えた、特別なギフトセット。「Book on Book







ぜひあわせてお楽しみください 同じoblaatシリーズ 鉛筆に隠れている谷川俊太郎の「詩」1ダース「oblaat "poepencil"