深澤直人デザイン、あたらしい和紙を使った軽快で心地よい帽子

SIWA 帽子

手にした時の独特の肌触りと、眺めた時のやさしい風合い、美しさ。古く奈良時代から私たち日本人の生活とともにあった「和紙」という素材の素晴らしさは、みなさんよくご存じの通りでしょう。

軽くて風合いの良い和紙の良さはそのままに、和紙の産地、山梨県市川大門の和紙メーカー、大直(おおなお)が、紙の可能性を広げる、新しい和紙をつくりました。それが「ナオロン」。和紙のしなやかさを持ちながらも、耐久性があり、水に濡れても破れない特徴を持っています。

これまでデリケートだった紙を、いっそう私たちの身近な素材にしてくれて、いつもそばにいてくれる道具をつくることができる。この優れた和紙、「ナオロン」を使って身のまわりのものを作り出すシリーズが、「SIWA・紙和」。

1000年もの歴史のある紙の産地のメーカー大直と、同じ山梨県出身のプロダクトデザイナー、深澤直人がいっしょにつくりました。





和紙のもつ風合いの良さ。そして軽くて、さらっと肌触りが素晴らしいこと。日本では古くから和紙が衣服や被り物として使われていたこと。そしてSIWAが素材として使っているナオロンの耐久性と水濡れに対する強さ。これらの特徴から「身につけるもの」に着目し、完成したもの。それがこの「SIWA 帽子」です。

素材にはこれまでバッグや小物類などのSIWA製品と同じソフトナオロンを使用。製造には、有名帽子ブランドの製造も一手に引き受ける、日本国内にある帽子専門の工場で、ひとつひとつ、手作業によって作られています。

形状はチロル、ハンチングの2種類。男女、年齢に関わり無くお使いいただける、ベイシックな形に仕上げました。深澤直人デザインによる形の美しさはもちろん、帽子としての完成度の高さも一般的な布製の帽子になんら譲るところはありません。和紙の持つ上質で軽快な質感をぜひお楽しみください。







この素材に使われているナオロンは、紙というより、まるで布や革のようにもみえる味わいのある素材。繰り返しお使いいただくことができて、使う度ごとに、ますます風合いが増してきます。

帽子はすべてひとつひとつ、ミシンで丁寧に縫製が施されていて、縫い目が目立たない仕上げになっています。また、ナオロンという素材の持つ独特の「シワ感」も、実はデザインの段階できちんと検討され、加減され作り出されたもの。

自然に囲まれた山梨県、市川大門で漉かれた和紙を使い、同じ土地の小さな工場で、ひとつひとつ丁寧に縫製して仕上げられます。

あなたが毎日の生活でお使いいただくうち、これらのシワは少しずつ増え、もっと柔らかな風合いに変化してきます。この変化を味わっていただくことも、この「SIWA」の製品をお使いいただく楽しみ。ぜひあなただけの「SIWA・紙和」を仕立てていってください。
















Material


ソフトナオロン(和紙)
裏地:綿 100%

Country of Manufacture


日本製

Manufacturer


大直(おおなお 山梨県)

Brand Name


SIWA・紙和

Designer


深澤直人














Product Guide


風合いのある素材を使い 縫製もひとつひとつ手作り、
高級帽子の専門工場で丁寧に作られています














「SIWA」の製品はそのひとつひとつが手作り。素材の和紙は、緑に囲まれた自然豊かな山梨県市川大門で漉かれたもの。帽子の製造は、有名帽子ブランドの製造も一手に引き受ける、日本国内にある帽子専門の工場で、ひとつひとつ、手作業によって作られています。

深澤直人デザインによる形の美しさはもちろん、帽子としての完成度の高さも一般的な布製の帽子になんら譲るところはありません。和紙の持つ上質で軽快な質感をぜひお楽しみください。












Product Guide


「SIWA 帽子」の内側と、サイズと調節方法について












この「SIWA 帽子」はコットン100%の裏地を貼りました。また側面にはナイロン製のテープを巻いて仕上げてあります。かぶった時にフィットしやすく、汗止めの役割を果たしてくれます。

「SIWA 帽子」はどちらのタイプも、フリーサイズになっています。一般的なフリーサイズの帽子を目安にお考えください。ナイロン製のテープの周囲は約57センチになっています。








ナイロン製のテープの内側には、サイズの調整用のバンドが仕込まれています。最大サイズ約57センチですが、このバンドを締めることで、さらに頭の大きさにフィットさせる事が可能。バンドはベルクロで固定をして、ナイロンテープの中に収納しておきます。











Material


手にすると肌触りが良くて、軽くて風合いのある、そして強い
あたらしい和紙、「ソフトナオロン」を使っています











山梨県市川大門の和紙メーカー大直が、和紙漉きの製法で作った新しい紙、それが「ソフトナオロン」です。手にすると肌触りが良く、軽くて、柔らかくしなやかな紙質ながら、大変強度があります。さらに水にも強く、破れにくいのも大きな特徴特徴です。燃やしても有毒ガスは発生しません。








使用方法・使用年数によって限度が変わってきますが、(財)QTEC生活用品試験センター調べで、なんと10kgという耐荷重のテストにも合格しました。また、傘などの濡れたものを入れても破れる心配もありません。

下のグラフは、一般的な紙袋に使われているクラフト紙と、ソフトナオロンの強さを比較したもの。みなさんよくご存じのように、一般的な紙は水に濡れるとたいへん弱く、簡単に裂けてしまいます。クラフト紙では実際、引っ張りにおいても引き裂きにおいても水に濡れた場合(WET)は弱くなってしまったことがグラフにあらわれています。

しかしソフトナオロンではその逆。水に濡れた場合むしろ強度が増し、引き裂き試験ではWETの場合の強度が著しく増加していることがお分かりでしょう。








ソフトナオロンの原料は木材パルプとポリオレフィン繊維。この素材を和紙の手法で漉き、70度から80度の高温でドラム乾燥させ、パルプとポリオレフィンの接合を密にして、紙自体の強度を高めてあります。

下の写真は、毎日毎日、6ヶ月間使用した「SIWA」のバッグ。使い込むほどに柔らかく、手に馴染んできました。ぜひあなたも、独特のシワの風合いと、柔らかな手触りを楽しんでください。

















Variations


SIWA 帽子 チロル




















SIWA 帽子 チロル ブラック

本体価格 ¥8,000 (税込価格 ¥8,640)


Sizes


奥行き約18cm
幅:約22cm
高さ:約12cm

Weight


約65グラム






Variations


SIWA 帽子 ハンチング





















SIWA 帽子 ハンチング ブラック

本体価格 ¥7,500 (税込価格 ¥8,100)

お取り寄せ商品


Sizes


奥行き約22cm
幅:約23cm
高さ:約11cm

Weight


約40グラム






Recommendations







やさしい履き心地と風合いのある「SIWA スリッパ」もお勧め

毎日の生活に便利に使えて、3つのサイズから選べる「SIWA トートバッグ











Brand Story


「SIWA・紙和」について















甲斐の国、市川大門。

気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られてきました。

和紙のメーカー、大直の歴史は市川大門の紙業の歴史と歩みをともにしてきました。近年は伝統の中に新しい技術を盛り込んで、インテリアや雑貨にも利用できる紙を開発しています。

今回はそれらの開発から生まれた新素材のやぶれにくい紙「ナオロン」を用いた商品を、山梨県出身の工業デザイナー深澤直人さんと共につくりあげました。それがこの「SIWA」の製品です。







Message


「SIWA・紙和」について   プロダクトデザイナー 深澤直人












伝統的な和紙をつくってきた大直と一緒に、その歴史と技術を生かしたものづくりができるのが嬉しいです。

和紙というとどうしても工芸的な製品をイメージしがちですが、むしろインテリアや雑貨にあった一つの素材としてこれを捉え、その風合い優しさを生かした日常品をデザインしたいと思っています。

和紙というイメージにこだわり過ぎない方がかえってその素材のもつ機能や味わいを現代の生活にあった製品に生かせるのではないでしょうか。









Interview


プロデューサー・インタビュー
大直「SIWA・紙和」チームリーダー 一瀬愛さん












この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


弊社のある山梨県市川大門は千年前から続く和紙の産地です。特に江戸時代には幕府のご用紙産地として大いに栄えました。
     
昭和35年ごろから手漉き生産から機械生産に移行し、現在の主産品は障子紙で全国の約50パーセントを当産地で生産しております。しかし、住宅環境の変化により障子紙の需要は年々縮小し地場産業としての和紙の生産は年々減少傾向になっています。私たち大直は、和紙という古くて新しい素材をもっと暮らしの中に取り入れていきたいと考えています。

この「SIWA 帽子」は、ナオロンの素材が生まれて、SIWAブランドを作り始めた当初から身に着けるものをやりたい!という案はずっとありました。2010年に出展したパリの展示会で試作を持って行き展示をしたところ、フランスやイタリアのバイヤーからも絶大な支持をいただけた実感がありましたので、本格的に取り組みました。

帽子専門に作っていただけるつくり手さんとの出会いもあり、共同開発することで、完成することが出来ました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


「SIWA・紙和」は工業デザイナーの深澤直人さんとの協働作業による商品開発です。そのため、深澤さんのデザインをいかに再現し、商品に出来るかが一番気をつけた点です。

深澤さんからのデザインは、紙に長い間携わってきた人間にはない斬新なアイデアばかりでした。ですから、私たちにとって、とにかく全てが初めてのことでしたので、深澤さんを信じて、何度も何度も改善を重ねていったという感じです。

「SIWA 帽子」は、頭にかぶるという目的の帽子にするため、紙を丸くさせるという部分が非常に面白い挑戦でありました。帽子専門メーカーさんの知恵を借りつつ、出来上がっていきました。紙ですと、どうしても角が立ってしまいがちで頭にフィットするものがなかなか出来にくいのですが、非常に立体的に仕上げることが出来ました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


「SIWA・紙和」の素材には弊社の開発した「ナオロン」という新素材を使用しています。

ナオロンはパルプとポリオレフィン繊維で出来ています。和紙の持つ手触りや素材感を保ち、生活用品として支障のない強度を出すために改良し、開発をしました。

もともとナオロンは純白の素材であるため、「SIWA・紙和」の製品にするためには、ナオロンに染色を施しています。それまでナオロンを染めたことが無かったので、深澤さんの指定色を再現するのに何度もトライしました。新素材なだけに、染色も思いも寄らないことが何度もおきました。

その後は、生産ラインに乗せる為の最適な生産方法や生活品としての強度に対しての最適な生産方法、ナオロンにあった生産方法の模索をしました。作ってみなければわからない点はたくさんありましたのでデザイン、生産、を両方クリアするために試行錯誤しました。







「SIWA・紙和」のほとんどの製品は縫製によって作られていますが、縫い目がわかりにくい縫い方を施しています。ひとつひとつが手作業による縫製です。

また、シワひとつに対しても「シワ見本」があって、それを元にして生産されています。シンプルなデザインなだけに洗練されているため、デザインを忠実に再現するように心がけています。

この「SIWA 帽子」のチロルでは、帽子の丸みをつけるために熱プレスをかけています。そのため、形状記憶の布を中に縫い付けて立体的な形状に仕上げています。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


まずは手で触れてみてください。
そして、使ってみてください。

非常に軽く、独特の風合いのある帽子になりました。ぜひ、被ってみていただきたく願います。














inFocus


大直 一瀬美教さん、一瀬愛さん ロングインタビュー














日本では生活様式が洋風に変わってきて、昔に比べたら、障子紙を使う機会もだいぶ減ってきました。

それでも、日本人なら、触覚や視覚といった感覚の中で、「和紙」の良さを知らず知らずのうちに体感しているのではないかと思っています。光で透けたり、気配を感じたり。そういった障子や行灯といったものといっしょにある和紙のイメージですね。また、和紙に指先が触れた時の、柔らかい風合い。機会こそ減ったものの、そういった感覚は、わたしたちの体験の中にある共通のものなのではないでしょうか。

「SIWA・紙和」という製品は、ある意味、あっけないほど地味でシンプルなものばかりで、そのことによってむしろストレートに「和紙」という素材の本質が引き出された。そして、みなさんが共通して持っておられる「和紙の心地よさ」の感覚と、直に通じ合うことができた。そういうことなのかもしれません。

ナオロンという新素材から生まれた「SIWA・紙和」というブランドを育ててゆくことで、私たちはもっともっと和紙という素材の魅力を探り、可能性を見つけてゆきたいと思っています。それが結果として、次の時代に向けて和紙の伝統を引き継いでゆく、ということになるでしょうから。



このインタビューの続きを読む