21組のデザイナーといっしょに作った、夏をテーマにした手ぬぐい

夏の 「てぬコレ」

「手ぬぐい」の道具としての使い心地の良さは、みなさんよくご存じの通りでしょう。

ぬれた手をふいたり、汗をぬぐったり、台拭きにしたりといった使い方はもちろん。ランチマットとして敷いたり、お弁当のつつみにしたり、荷物が重い時には袋の持ち手に巻いたり。さらには使い古した手ぬぐいは、最後は細く切って棒の先に取り付け、掃除用のはたきとして最後まできちんと使われていました。

綿という素材のもつ風合いの良さや吸水性の良さ。ハンカチよりたっぷりの面積があるのに、タオルのように分厚くならない。手ぬぐいの「ちょうど良いサイズ」は、これひとつあるだけで何でも出来てしまう、という日本人の合理的な生活にふさわしい道具といえるでしょう。

また手ぬぐいは、それを持つ人の美意識やセンスを象徴するものでもあります。自由な服装が選べなかった江戸時代においても、手元にから趣味の良い色柄を取り出す。そして縁起の良い意匠を入れることで、幸運を祈る願いを込めるものとして、手ぬぐいは用と趣味を兼ねた日用品でもありました。







古くは平安時代から神事で使われていたと言われ、鎌倉時代からは一般庶民の生活の必需品として、使い続けられてきた、手ぬぐい。

必要最小限のシンプルなカタチに様々な色柄をあしらうことで、長い歴史の中でずっと、庶民がデザインを楽しんできた持ち物。そんなふうに考えた時に、手ぬぐいを題材に新しいデザインの試みができるのではないだろうか。そんなことを考えました。

そこで出来上がったのが、この「てぬコレ」です。

デザインデレクターの萩原修さんと、100年以上続く奥多摩の呉服屋、栗原呉服店のブランド「きれ屋」、デザイナーのみなさん、そしてアシストオンで企画しました。手ぬぐいのこれからを考えるから、「てぬコレ」です。

2008年の夏からシリーズを開始。グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、そして建築と、その最前線で活躍している36組のデザイナーと一緒に、これまでに68種類の「てぬコレ」を作ってきました。

そのコレクションの中から、このページでは暑い季節、汗をぬぐうのに最適な「てぬコレ」、夏をテーマにしたデザインをご紹介します。あなたにピッタリな、そしてあなたの大切な贈り物に最適な1枚をぜひ見つけてください。








今回の手ぬぐい制作の染色に使用したのは「注染」(ちゅうせん)という技法。染色の職人さんがひとつひとつ手作業によって染色を行うもので、一般的な印刷などでは表現することのできない、ボカシを基調とした特殊な技法。綿という素材を生かし、独特の風合いをもった色柄に染め上がります。

今回の「てぬコレ」に参加したのは、現代、日本のグラフィックデザインの最先端で活躍されているデザイナーばかり。そんなみなさんとこの「注染」による染色をおこなう手ぬぐいを制作しました。

染色に使用される型紙も、出来上がりの良さや染色の味わいを出すために、手掘りによるものとしました。出来上がったデザインの版下を、そのデザインも持ち味を崩さないよう、伊勢の型紙職人さんが、丁寧にひとつひとつ手作業で彫り上げてくださいました。







もちろん、これら職人さんたちの伝統技法によって手ぬぐいを作る、ということは、Macでデザインした原画をカラープリンターからプリンターで印刷する、といったふうにはなりません。

どのような色合いや意匠が使用できるのか、逆に手作業による型紙の制作や、染色ではどのような表現が可能であるのかを、手ぬぐい制作の現場と対話しながらデザインしました。

また、昨今流行の「和物っぽさ」といった表現にとらわれることなく、「手ぬぐい」という表現手段、「注染」という染色の方法を使って、新しい表現に挑みました。







ポケットやバッグに入れておく手ふき、汗拭きとして。吸湿性が良く、水にぬらしてもさっと乾いてくれる。そして使い込むほどに、独特の柔らかさと風合いが生まれてくる。これまでハンカチやタオルしかご利用になってこなかった方には、ぜひお試しいただきたい使い勝手の良さ、それが手ぬぐいです。

そしてもちろん、時と場所、気分にあわせて自分の好きなデザインが選べるたのしさ。ポケットから、綺麗なデザインを取り出して、さりげなく使う。これは男性のみなさんにもぜひ体験していただきたいこと。こんな行為を江戸時代の人々は「粋」と考えていたのかもしれませんね。

大切な方への贈り物としてもご利用いただけるよう、製品のパッケージもきちんと作りました。綺麗な半透明のトレーシングペーパーでつくった、短冊風「てぬコレ」オリジナルの化粧パッケージに入っています。綺麗な絵柄が下から透けているパッケージですから、ラッピングをせずにそのままお渡しするのが楽しいでしょう。

また、手ぬぐいは日本の伝統的な生活用品。ということで、ぜひ海外の方への贈り物、手土産としてもご利用いただけるように、と考えました。そのため、パッケージの中にはデザイナー自らの作品解説と、手ぬぐいを使用するときの注意事項を日本語と英語で記載し、しおりにして同封しました。

製品はこのパッケージに入った状態でも、わずか50グラムと軽く、薄型ですから、バッグやスーツケースに入れてもかさばりません。日本の手作業による工芸品の品質の高さを知っていただく製品、日本の今のデザイナーによるデザインを感じていただけるアイテム、としてぜひご利用ください。








21組のデザイナーといっしょに作った、「夏」をテーマにした手ぬぐいです








Producer


企画:萩原修、中村幸代、のぐちようこ
企画 協力:アシストオン

Designer


グラフィックデザイン
:のぐちようこ、中村幸代

Sizes


90×34cm

Weight


約36グラム

Material


綿100%(総理生地)
染色方法:注染(ちゅうせん)技法

Country of Manufacture


日本製

Manufacturer


てぬぐい制作:きれ屋
染色:武藤染工(浜松市)


























Package


贈り物に最適な美しいパッケージにはいっています
さらにそれぞれのデザイナーからのメッセージが記された日本語と英語の解説も付属













トレーシングペーパー製の化粧パッケージ つり下げヒモつき
日本語と英語による、製品の解説とデザイナーの紹介を書いた「しおり型」の解説同封
パッケージサイズ:26×9.5cm  約46グラム









パッケージの中にはデザイナー自らの作品解説と、手ぬぐいを使用するときの注意事項を日本語と英語で記載し、しおりにして同封しました。「てぬコレ」は海外の方への贈り物、手土産にも最適です。












Variations






てぬコレ「梅の実 黄色になるころの雨」by 波多野光

本体価格 ¥1,800 (税込価格 ¥1,944)

Designer


波多野光


Message


自身の生まれ月にちなんだ、七十二候の言葉をデザインしました。

黄色に熟した梅の実に、しとしとと細い雨が降り、甘く酸っぱい、いい香りが立ちこめる。そんな風景です。




Profile


イラストレーター

京都市生まれ 東京在住
野菜や植物をモチーフにイラストレーションを数多く描き、書籍や雑誌などエディトリアルを中心に活動中
ギャラリー tray 代表













てぬコレ「さかな・ゆらゆら」by ユルリク

本体価格 ¥1,800 (税込価格 ¥1,944)

手ぬぐいの中を一方向に向かって元気に泳いでゆく、魚、魚、魚。まるでカーテンのようになって泳いでいる小さな魚たちの楽しげな一枚です。

Message


水族館で。巨大な水槽を見上げると、色鮮やかな魚が、群れをなして泳いでいます。まるで魚でできたカーテンのように。。。

風に揺られるよう、自由に泳ぐ魚に、ちょっとした憧れを込めてデザインしました。なかには、気まぐれな魚もいるかもしれません。


いつの頃からか、ハンカチの代わりに手ぬぐいを使うようになりました。

季節や行事、その時の気分に合わせて、柄を選んでいます。真夏の暑い日用、お祝いの席用、ちょっと元気がない時用・・・そんな具合に、たくさんの手ぬぐいの中から、「今日の、この一枚」を選びます。

ユルリクの手ぬぐい「さかな・ゆらゆら」が、みなさんにとっての「その日の一枚」になれたら嬉しいです。


Designer


ユルリク


Profile


オオネダキヌエとバナナオによるクリエイティブユニット。

暮らしの中で見つけた「小さなユーモア」を大切にしながらデザインに取り組んでいます。

www.yuruliku.com/










てぬコレ「北の国」by 中村幸代

本体価格 ¥1,800 (税込価格 ¥1,944)

手作りによる少量生産のため、ご希望の方はお早めに!

海を自由に泳ぎ回るイルカ、クジラ、そしてペンギンや白クマ、うさぎたち。そして雪の結晶、海原の水の流れ。

寒い地方に暮らす動物たちをモチーフにした、とても涼しげな、中村幸代デザインの一枚です。

Message


地球温暖化は北の国の動物たちの暮らしを脅かします。気温や海水温は少しずつ高くなっています。

氷河がなくなり、彼らが暮らせる場所がなくなっています。どうか彼らが心地よく暮らせる地球に、冷たい北の国に戻ることを願った柄です。

私自身もなかなかエコな生活を送ることができないのですが、少しでも地球の温暖化が止まって、北の国で生きる動物たちが心地よく暮らせるようになるといいなと願って今回の柄を起こしました。



Profile


WEBデザインを中心にグラフィックデザインなども手掛けています。 富士通デザインセンターにてWEBデザイン、情報端末のインターフェイスなどを手掛ける。

転職後、ソフトバンクコンテンツ事業部にてWEBアートディレクターののち退職。現在はフリーランス。

手ぬぐいのデザインはライフワークとなっています。


Designer


中村幸代











てぬコレ「天の川」 by 芳賀八恵

本体価格 ¥1,800 (税込価格 ¥1,944)

「てぬコレ」3回目の登場となる、絵本作家、芳賀八恵のデザインは「天の川」。

星々の集まる天空を仰ぐ、大きな川の両岸に黄色く輝いているのは、織り姫と、彦星です。

今回の「てぬコレ Vol.6」7月の回、七夕の月ということで、とてもロマンチックなこの柄が出来上がりました。

Message


7月発売のてぬぐいということで、七夕にちなんで「天の川」をモチーフにしました。

星好き且つ星柄好きなので、いつか星のてぬぐいをつくれたらいいなと思っていましたが、実現できて嬉しいです。
星をちりばめた図案は、夜空に花が咲いたようにも見えます。

ぜひ、たまには夜空を眺めて、星をさがしてみてください。
夏の日、涼しげな「天の川」てぬぐいを、花火大会や夕涼み、はたまた銭湯や農作業のお供として使っていただけると幸いです。


Profile


絵本作家・デザイナー
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。2000年より個人出版社8plusを主宰し、絵本を中心とした出版物の刊行を行なう傍ら、オリジナル雑貨も制作。小さなレーベルならではの考え方を持った本づくりを目指している。絵本『THE NIGHT BOOK』に続き、2009年には『Harmony』のフランス版が出版。


Designer


芳賀八恵













てぬコレ「足場からの風景」by エマニュエル・ムホー

本体価格 ¥1,800 (税込価格 ¥1,944)

東京の空を切り取る、建物と電線、そして工事現場の足場をイメージした、フランス人建築家、エマニュエル・ムホーのデザイン。

8色もの色を組み合わせることで、これまでにない斬新な手ぬぐいができました。

Message


足場からの風景
初めて東京を訪れた時、
街に溢れている色に衝撃を受けた。

鮮やかな色が重なったり、混ざり合ったり。
ボリュームの異なる建物、電線が織りなすレイヤー、
そのスキマに切り取られた空。
石造りの町で育った私の目には
絵のように美しく見えた。

この手ぬぐいは、私のデザインに大きな影響を与えた
東京の「色」と「重ね」を表現しています。
通常手ぬぐいの色数は限れていますが今回美しい8色も使っています。
この色風景を眺めながら、東京の重ね、色を想像していただければ嬉しいです。



Profile


1971年フランス生まれ。

1995年フランス国家建築家免許取得。1996年より東京在住。2003年エマニュエル一級建築士設計事務所設立。色彩と日本の間仕切りの発想を組み合わせた「色切/shikiri」を編み出す。

その「空間を色で仕切る」というコンセプトから、色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱い、建築(巣鴨信用金庫常盤台支店 他)、インテリア(ABCクッキングスタジオ他)、プロダクトデザイン(stick chair他)まで幅広く手掛ける。

2005年デザインタイドBest Installation Award、2007年・2008年度「BEST STORE OF THE YEAR」優秀賞、2007年香港Perspective誌「40 Under 40」賞、2008年度「CSデザイン賞」受賞他。2008年より東北芸術工科大学プロダクトデザイン学科准教授に就任。2009年emmanuelle moureaux architecture + designに改称。


Designer


エマニュエル・ムホー













てぬコレ「静岡の景色 - 春の霞」by スイッチデザイン

本体価格 ¥1,800 (税込価格 ¥1,944)

Message


わたしのそだった静岡は、
のんびりしていて
ほのぼのしていて
なんだかゆっくりしている。

いつ帰ってきても
あたたかく穏やかに、
変わらずゆったりかまえている
ひろい駿河湾と山と空を、
昔ながらの模様で表現しました。

Designer


瀧ひろみ、大畑友則
switch design


Profile


大畑 友則と瀧 ひろみによるデザインユニット
SWITCH (切り換える) をコンセプトとして、
様々な角度から物事を捉え、発信していきます。
使う人の心を動かす「SWITCH」になることを目指します。











てぬコレ「風と水のある家柄」by 中村幸代

本体価格 ¥1,800 (税込価格 ¥1,944)

Designer


中村幸代


Message


高い山の上から吹く風は大地の植物を揺らし、
たくさんの種を飛ばします。
風は命を運びます。

水のある場所で植物はどんどん育ち、
大地が肥えていきます。

風と水のある場所には幸運が集まってきます。
この柄はそんなところに暮らすことを願う柄です。



Profile


WEBデザインを中心にグラフィックデザインなども手掛けています。 富士通デザインセンターにてWEBデザイン、情報端末のインターフェイスなどを手掛ける。

転職後、ソフトバンクコンテンツ事業部にてWEBアートディレクターののち退職。現在はフリーランス。

手ぬぐいのデザインはライフワークとなっています。
















Recommendations


「てぬコレ」はこのページ以外にも沢山のバリエーションがあります

その魅力を以下のカテゴリーにわけて紹介しています
あなただけの1枚、あの方に差し上げたい1枚を見つけてください















あわせてお楽しみください、8人のデザイナーといっしょに作った、「くだもの」をテーマにした手ぬぐい「てぬコレ「くだもの」」もお勧め








14人のデザイナーといっしょに作った、贈り物に最適な「めでたい 「てぬコレ」」もお勧め








9組のデザイナーといっしょに作った、動物モチーフの手ぬぐい「動物の 「てぬコレ」」もお勧め








9組のデザイナーといっしょに作った、お花や植物をモチーフにした手ぬぐい「お花の 「てぬコレ」」もお勧め











Options



取り付け簡単 てぬコレをきれいに飾る専用ハンガー

てぬコレハンガー

本体価格 ¥3,800 (税込価格 ¥4,104)

注文不可

メーカー欠品中

てぬコレ・ファンのみなさんから特にご要望が多かった、てぬコレ専用のディスプレイ・ハンガーができました!

留め具はマグネット式になっていて、取り付けも簡単。さらにてぬコレ本体を傷つけることもありませんから、気軽に取り替え、飾りかえができます。

吊り下げ用のヒモは自由な位置で結んでご利用いただけます。

Sizes


幅34×高さ9×厚さ0.6cm
ヒモの長さ約27cm

Weight


32グラム

Material


シナベニア(クリアワックスシアゲ)
磁石、ひも

Country of Manufacture


日本製

Designer


製品:フルスイング
(佐藤界、大野雄二)
パッケージ:のぐちようこ















Notes






本製品は伝統的な手法によって、手染めによって染色されています。染色工程についても何度も染色を繰り返して制作されるものもあるため、多少版がズレたり、柄によっては染まりずらいものがあります。

またデザイン上、あえてぼかしの手法を使用したものがあります。これらについては初期不良ではありません。あらかじめその点をご理解いただき、伝統技法による染め上がりをお楽しみください。

また、使い始めの際には色落ちが大きいため、必ず手洗いをして使い始めるようにしてください。詳しくは「お手入れ方法」をご覧ください。











Maintenance Guide


てぬコレのお手入れ方法について













本品は伝統的な染色方法を用いていますので、使い始めの際には色落ちが激しく発生します。特に黒や紺色のものについておろしたてのジーンズを洗濯したときのように、たくさんの色落ちが発生します。

他の洗濯ものとは一緒にせず、単独で、手洗いをして使い始めるようにしてください。何度か洗ううちに色落ちは落ち着いてきます。その場合は、洗剤やお湯を使うと染料がにじみ出てしまうことがありますので、たっぷりの水の手洗いが良いでしょう。

また、陰干しをすることで色の鮮やかさが長持ちします。軽くシワを伸ばしてから干してください。手ぬぐいは陰干しでも早く乾きます。なお絶対に濡れたまま放置しないようにしてください。

製品の「端」は切りっぱなしとなっています。これは製造上の乾きをよくするためのもので、解けてくる場合はハサミで切り整えてください。端から数ミリのところで自然にほつれは落ち着いてきます。










Material


てぬコレでは古来からの日本の技術をつかい、
日本の職人さんによって、手作業でつくられています













染色方法について

本製品は「注染」(ちゅうせん)という技法によって染色が施されています。特に染色を担当している静岡県浜松市の「浜松注染め」は県郷土工芸品に指定されており、ボカシを基調とした両面染が実現できる特殊な技法をもちいます。

本染めである注染めはすべて手作業で行われるため大変難しく丁寧な作業が求められる染色方法であり、繊細な色彩を表現することが可能な技法です。




生地について

一般の手ぬぐいとして使われる総理生地(文生地)を指定しています。手拭の生地は、両側がミミになっている、巾33~37cmの小巾木綿生地を使用します。

総理生地は厚手で吸水性に優れています。はじめは生地が硬いように感じますが、使っていくうちに柔らかくなっていきます。















Product Guide


この手ぬぐいが出来上がるまで












この「てぬコレ」の手ぬぐいが、どのような行程で出来上がってゆくのか。実際にてぬコレが制作される日程にあわせて、アシストオンのスタッフが制作を引き受けてくださった静岡県浜松市の武藤染工におじゃまをして取材をしてきました。

こちらか、上のイラストをクリックすると拡大します














Product Story







てぬコレ


てぬぐいとコレカラ何しよう?
てぬコレは、てぬぐいのコレカラを楽しむ場です。

伝統的で日本的な『てぬぐい』の良さを活かしながら、
新しい時代の『てぬぐい』を提案していきます。

つくる現場を見つめ、くらしに寄り添いながら、
クリエーターの創造力で生まれる新しいてぬぐいのデザインを
手にとってもらえるとうれしいです。

プロデュースに萩原修、中村幸代、のぐちようこ、
制作にきれ屋、
企画協力にアシストオン、
そしてデザイナーのみなさんで
力をあわせてつくっています。










Producer








東京奥多摩、五日市に明治35年に創業、100年以上続く呉服屋、栗原呉服店。

その栗原呉服店が築120年の町屋をいかし、人が集える場所として2003年に和小物とカフェを扱うお店としてできたのが、きれ屋である。

1980年代ころまでは五日市に4、5件あった呉服屋も、着物の需要も減ったことから現在は栗原呉服店の1軒残すのみ。そこで栗原呉服店の4代目である安藤諭(下の写真・右側)が「着物をはじめ日本の伝統的ものをもっと身近に感じ、親しんでもらいたい。呉服やの敷居を低くしたい」という思いから作られた。

2004年にはデザイナーと組んで、オリジナルのてぬぐいを作り開始。現在では、五日市の中心に、作り醤油屋やパン屋といった地元のお店や企業の個性を引き出し、PRとなるようなてぬぐい制作を行っている。www.kireya.com














Producer



萩原修





デザインディレクター 家具や日用品、生活の中のさまざまな展覧会のプロデュース、そしてデザインに関する本の執筆や編集などもされ、東京都の国立市にある「つくし文具店」の店主でもある。

日本を代表するデザイナーから若手デザイナーまで、皆を巻き込んで新しいことを企画している。著書に「9坪の家」「デザインスタンス」「コドモのどうぐばこ」などがある。










Product Guide


手ぬぐいの歴史と使い方      text by 中村幸代











手ぬぐいのことを古語で「太乃巳比」(たのこひ)といい、古くは古墳時代にまでさかのぼります。当時は神事のひとつとして、絹や麻でした。古墳から発掘された埴輪にも鉢巻きとして使われているものが見られます。お祭りにさらしを使っているのは昔も同じです。その後は安土桃山時代〜江戸時代にかけて広く使われていた方法として、武士がカブトの下に汗止めとして使っていたようです。

江戸時代に入り、綿の栽培がさかんになると手ぬぐい文化が花開きます。歌舞伎役者が自分の名前を入れた手ぬぐいが流行して、庶民は憧れの歌舞伎役者の手ぬぐいを持つことがステータスとなりました。もちろんこれは歌舞伎役者のよいプロモーションになりました。

当時は女性の髪型は高島田、男性の髪型は銀杏髷(いちょうまげ)など風で崩れやすかったので、頭にかぶって髪型を保護したり。これは流行のファッションでもありました。こうした様子はよく浮世絵にも描かれています。

また、旅に出る人にとっての必需品であったのも、手ぬぐいでした。二本以上持っていくのが常識で、傘の下に被るのを「ふきかけ手ぬぐい」といって、日よけや腰巻、道中差し(護身用の小刀)の柄に巻いたり、振り分けの荷物の紐、急場の包帯、目印の旗にもなりました。

鼻緒が切れたときに応急処置として、手ぬぐいを切って(切り易いように端がきりっぱなしなのは、このためでもあります。)使っていました。「鼻緒が切れてよろめいたご婦人を、たまたま居合わせた殿方が助けて、2人の間に恋が芽生える…」というのは、昔のお話にもありますね。

きりっぱなしにはほかにも理由があります。端を縫っていないことでかわきが早いのです。現代とちがってまだまだ綿の貴重な江戸時代は、庶民はそれほど綿を持っておらず、すぐに乾くことが重要でした。また、もともと手ぬぐいは古くなった浴衣を切っていました。人々は浴衣を1年表で着て、1年裏で着ていたそうです。 そのため裏表がまったく同じに染まる注染(ちゅうせん)という技法が生まれたようです。






江戸時代には山東京伝(さんとうきょうでん)という絵師であり、戯作者がいました。

天明四年(1784)、江戸で売れっ子の戯作者謙浮世絵師・山東京伝がシャレた会を開き、わが国初めての「たなくひあはせ」というコンテストを開催しました。絵師や戯作者、妓楼の楼主、おいらん、そして大名まで・・・、身分も職業も超えて一堂に会し、それぞれ自分でデザインしたてぬぐいを持ち寄りました。上野のお寺で開かれたそうです。

手ぬぐいはそれまでは反物として売られていました。お客さんの要望に応じて切り売りされていたようです。それをはじめから切り売りしたのはこれが初めて。山東京伝の粋なデザインに江戸っ子っが飛びつき、これも手ぬぐいブームの火付け役となりました。

この展示会は戦争が始まるまで続いていたようです。戦争によって綿をすべて軍に支給しなければならなくなったため、中止にせざるを得なくなったということです。

戦後、綿が庶民のもとに戻り、再び手ぬぐいが使われるようになりました。この時代の手ぬぐいは実用的な使い方をされていて、新年のご挨拶としてお店からいただく→お店の名前が入っているものなので家庭で使う(デザインもいまいちなものが多い)→ふきん、おしめ、ハタキなどに多く使われていたようです。