小さくても本格派 デザイン史に残る目覚まし時計の決定版が、ドイツ製精密ムーブメントを搭載して、よみがえりました

BRAUN QuartzTravel AlarmClock

プロダクトデザイン史に残る、目覚まし時計の名作「BRAUN AB1」。トラベル用の目覚まし時計として作られた、小型、軽量モデル。目をやるだけではっきりと時針と分針を読み取ることができ、確実にアラームの設定が分かる、一切のムダを省いた機能美あふれるデザイン。

ディートリッヒ・ルブスによってデザインされ、1987年の発売以来、その使いやすさを追求したデザインが大きく評価され、MoMAをはじめとする世界中の美術館に収蔵。多くのデザイン書籍でもその姿が記録されて、その後の壁掛け時計に多くの影響を与えた銘品としてロングセラーとなっていました。

数年前まではアシストオンでも販売していましたが、その後、販売が終了。長らくお買い求めいただくことができなくなっていました。その名作デザインのシルエットはそのままにして、内部にはドイツ製のムーブメントを搭載。外装の質感も従来品よりさらにアップして蘇ったのが、この「BBRAUN QuartzTravel AlarmClock」です。






重量はわずか44グラム。文字盤のサイズは直径5センチと、たいへんコンパクトで、ベッドサイドの空いた場所、書斎のデスクの片隅に置いてご利用いただいけるサイズ。しかし時間の経過とともに音量や鳴る間隔が変化する4段階のステップ電子アラームを搭載した、本格的な目覚まし時計です。

目覚まし時計としての機能は、すべて緑色のサインで統一。一目で、そして触感でオン・オフが確実に判別できる大型のアラームスイッチ。そしてあえてカバー類は排除し、しかし誤作動を無くすようにデザインされた背面パネルなど、この小さなボディーの中にも、ブラウン社のデザイン哲学がしっかり生きています。

Product Guide


ドイツBRAUN社の時計類は一時期、生産を終了していましたが、2012年にイギリスの老舗時計メーカーであるZeon社がライセンス契約を締結。BRAUNの商標を受けながら現在の最新技術を使い、70年代、80年代のテイストを活かしながら再生産を開始しました。










Sizes


幅5.7×高さ5.7×厚さ2.7cm

Weight


44グラム

Material


プラスチック

Specifications


クォーツ式
電子音のアラーム
(4段階のステップアラーム)
単三乾電池1本により作動
1年間の国内保証

Country of Manufacture


ムーブメント:ドイツ製

Designer


ディートリッヒ・ルプス

Brand Name


ブラウン(ドイツ)


背面から見ても機能美あふれる美しいデザイン。実際に手にすると柔らかなカドがあり、優しく手に馴染みます。そして背面に向かってわずか2度ほどの傾きが設けられており、文字盤が見やすく、アラームスイッチが使いやすくなっています。









Product Guide


置き場所を選ばない、たいへんコンパクト設計です











1辺がわずか5.7センチの、とってもコンパクトなアナログ時計。ベッドサイドはもちろん、机の上やリビングで置き場所を取らない、とても小さな置き時計です。時計の文字盤はちょうど5センチ。はっきりと時間を読み取ることができる。アラームをワンタッチでセット。視認性の良さ、扱いやすさと、デジタル時計にはない、アナログ時計の良さを小さなボディーにぎゅっと圧縮したのが、この「BRAUN QuartzTravelAlarmClock」です。

重量はわずか45グラムと軽く、さらにカドのアールも優しい、ジャケットのポケットにも簡単に入ってしまう大きさです。旅行バッグの片隅に入れて、どこへでも持って出かけてください。いつもの目覚まし時計がそのままで、旅行用目覚まし時計としてもお使いいただける、どこでも役に立つ、可愛いアナログ時計です。

動作は単3乾電池1本で、1年ほどのご利用が可能。世界中でもっとも手に入りやすい単3電池というもの嬉しい設計です。
















Product Guide


毎日使う、そして信頼できる目覚まし時計として











確実にアラームの鳴る時間に設定できるか?アラームがきちんとセット出来ているか?デジタル時計の場合、ちょっとしたアイコンの変化や、小さな表示マークだけで判断しなけらばならい。これはたいへん不安です。

この「BRAUN QuartzTravelAlarmClock」では、まず目覚まし時計としての機能はすべて「緑色」に統一されています。まずアラームのオン・オフのスイッチ、アラームを鳴ら時間を設定するダイヤル。そしてアラームの設定時間の針。この3つ。







まずアラームのオン・オフスイッチは、本体の上面に。押し上げることでスイッチがオンになり、一目で分かりやすく、もしくは指先で触っただけでもはっきりとアラームが設定されていることを確認することができます。また押し上げ、押し下げには大きな触感が残り、「カチッ」とした音が出るよう設計されていますので、スイッチの動作が確実になされているかも分かるようになっています。







背面には2つのダイヤル。このダイヤルは実はほんの少しだけ筐体からは凹んだ位置にあり、持ち運んだり、触ったりしただけでは回転しないようになっています。ダイヤルを動かす時には、指の腹で少し押すようにして回すと、時針と分針、もしくはアラームの針が回転をします。

それぞれのダイヤルは黒色と緑色。時間を設定するダイヤルは利用頻度が少ないため黒色。そしてアラームの設定は統一された緑色になっています。

あえて時間設定のダイヤルを覆うムダなカバー類は取り付けない。必要な時にすぐに取り出して、しかし誤作動は未然に防止する。この小さな目覚まし時計にも、ブラウン社のデザイン思想がしっかりと生きています。
















Product Guide


はっきりと、きちんと起こしてくれる、そして4段階で音量と間隔の変化する電子アラームを搭載しています











お目覚めのアラーム音はまずは小さな音からスタートします。そして少しずつ大きくなり、さらにそれでも起きない場合は最大音を間隔を短くならして起こしてくれる、4段階のステップアラームを搭載しています。

それでは実際のアラーム音をご確認ください。(こちらをクリック QuickTime形式 音が鳴りますのでご注意ください)










Package




紙製のパッケージ 日本語解説書と国内の保証書入り
パッケージサイズ:6×10×3cm







Colors



BRAUN QuartzTravelAlarmClock ホワイト

本体価格 ¥4,300 (税込価格 ¥4,644)








BRAUN QuartzTravelAlarmClock ブラック

本体価格 ¥4,300 (税込価格 ¥4,644)
















Brand Story





BRAUNについて

ブラウン社は1921年にドイツのフランクフルトで電機機器の製造と修理の会社として創業を開始し、1929年にはラジオやレコードプレーヤーなど電化製品一般の生産を始めました。1951年に創始者の子息が経営を引き継いだときより、過剰な装飾の一切を排除し、斬新で妥協のないミニマルアートの価値観を持った新しいデザインによる製品を作り出してきました。

1956年に発売されたレコードプレーヤー「SK4」は当時木製ケースに収められていた蓄音機の殻を脱ぎ捨て、真っ白なプラスチックケースのボディーをもち、ガラスの蓋をかぶせたものとしました。今の時代でいえばコンピュータ界のiMacのような存在ですが、この成功以降、ハンス・グーゲロット、ディーター・ラムス、ゲルト・アルフレード・ミシューラーといったプロダクトデザイナーを配し、白や黒を基調としたシンプルで使いやすい製品を作り続けています。

トースターやコーヒーミル、目覚まし時計といったブラウン社の代表的な製品のデザインを行ってきたディーター・ラムスは、自分の設計した製品を優秀なイギリス人の執事になぞられて、こういっています。「今では召使いを使えるのは大金持ちだけど、ブラウンの製品が今日の執事代わりなんだよ。必要な時はすぐそばにあって、いらないときには目立たない姿をしている」




ディーター・ラムス グッドデザインの10原則





1.良いデザインは、革新的である
2.良いデザインは、製品を有利にする
3.良いデザインは、美的である
4.良いデザインは、押し付けがましくない
5.良いデザインは、製品を分かりやすくする
6.良いデザインは、誠実である
7.良いデザインは、恒久的である
8.良いデザインは、あらゆる細部まで一貫している
9.良いデザインは、環境にやさしい
10.良いデザインは、できるだけ少なく





Recommendations








プロダクトデザインの基本形ともいえるBRAUN社の魅力をまとめました
書籍 BRAUN Exhibition



アナログ式時計の良さを追求し、内部には最新のメカニズムを搭載した、最も新しいブラウン社の置き時計
BRAUN RadioControlled AlarmClock