日本で最高水準の機械編みメーカーがつくった、水筒専用カバー 綺麗に着飾って、保温・保冷効果もアップ。

Knit Bottle Sweater 冬バージョン

精密な磨き上げ技術により、高い精度を持ち、保温・保冷機能を備えた SUSgallery の水筒「Cafe Trunk」。このボトルをしっかり守って、さらに柔らかな暖かみを備えてくれる、専用のボトル・セーターを作りました。

素材はアンデス山脈の厳しい風土で育った、上質なウール100パーセント。一級品の糸を毛糸にし、さらに高度な技術で編み上げました。あなたのボトルをキズから守り、保温・保冷機能もさらにアップ。もちろん装着したままでお使いいただけるよう、3種類の容量にあわせてピッタリのサイズで製作しました。

製造は山形県河江市、新潟県長岡市、そして燕市。日本各地のそれぞれの技術に長けた専門の工場が最高の技術を結集してつくりあげました。一般的な水筒・ペットボトル用の収納ケースとしてもご利用いただくことができます。





素材となる毛糸を作ったのは、山形県河江市にある、佐藤繊維株式会社。創業は1932年、80年もの歴史をもつ紡績ニット会社です。 自ら羊を飼育し紡績業をおこした創業者、佐藤長之助の志を継ぎ、原料選び、糸づくり、ニット製品まで一貫して、自社工場における Made in JAPAN のものづくりを大切にしてきました。

毛糸を編んで形にしたのは、白倉ニット。100年以上の歴史ある繊維産地、新潟県長岡市栃尾にて、1985年に法人化。栃尾では300軒もあった繊維工場がオイルショック後には30軒ほどに減少してしまいましたが、この白倉ニットはニット専門の工場として様々な工夫を凝らし、高度な技術によって現在もオリジナリティーの高い製品を作りつづけています。

そしてボトル本体、「Cafe Trunk」が作られているのは、新潟県・燕市。極めて高い技術力を持った350年に及ぶ金属加工の歴史を持った街で製造。山形と新潟、日本のものづくりを支える高い技術を備えた3つのメーカーによって企画されて、完成したボトル・セーターです。





くるりと返せば、裏側からもう一つ、別の表情があらわれます。この「Knit Bottle Sweater」は、実は贅沢な二重構造。2重に生地を組み合わせることで、よりソフトに、よりしっかりとボトルを包み込んでいます。

模様も両面、それぞれで気分を変えてお楽しみいただけるように、表情を変えてみました。片側はすこしPOPで元気な縞模様。もう一方は上品なケーブル・アラン。夏はPOPなボーダー柄、冬は暖かみのあるケーブルステッチ側と、切り替えてお使いいただいてもいいですね。







「Cafe Trunk」にすっぽりと被せてあげてください。この「Knit Bottle Sweater」は上質の毛糸を使い、たいへん精密に編み上げています。手触りがとても良く、びっくりするほど軽量。着脱は簡単で、しかしボトルにしっかりと密着します。

高い保温・保冷機能が自慢の「Cafe Trunk」ですが、この専用のセーターを着せてあげることで、さらにその機能がアップ。手にして優しく、そしてあなたのボトルをしっかり守ってくれます。

バッグにボトルを入れた時もこの専用のセーターが緩衝材となってボトルを傷つけることなく、またバッグの中の持ち物を傷めません。もちろんこのボトル専用のセーターを着せたままでお水をいただくことができます。そして手に持った時に滑りづらく、しっかりボトルを握ってお使いいただくことができます。

またボトルの側面側は厚手に、底面のみは薄手に編み上げてあります。そのためボトルを立てておくことが可能です。汚れた場合は洗って、いつでも清潔にお使いいただくことができます。



















Material


ウール100%

Country of Manufacture


日本製

Manufacturer


毛糸:佐藤繊維(山形県寒河江市)
製造:白倉ニット(新潟県長岡市)

Designer


鶴本晶子

Brand Name


SUSgallery





Product Guide


山形と新潟、日本のものづくりを支える高い技術を備えた
3つのメーカーが力をあわせて作りました








精密な磨き上げ技術により、高い精度を持ち、保温・保冷機能を備えたSUSgalleryの水筒「Cafe Trunk」。このボトルをしっかり守って、さらに柔らかな暖かみを備えてくれる、専用のボトルセーターを作りました。

素材はアンデス山脈の厳しい風土で育った、上質なウール100パーセント。一級品の糸を毛糸にし、さらに高度な技術で編み上げました。製造は山形県河江市、新潟県長岡市、そして燕市。日本各地のそれぞれの技術に長けた専門の工場が最高の技術を結集してつくりあげました。








素材となる毛糸を作ったのは、山形県河江市にある、佐藤繊維株式会社。創業は1932年、80年もの歴史をもつ紡績ニット会社です。 自ら羊を飼育し紡績業をおこした創業者、佐藤長之助の志を継ぎ、原料選び、糸づくり、ニット製品まで一貫して、自社工場における Made in JAPAN のものづくりを大切にしてきました。

糸づくりにおいて、原料の特性を最大限に活かすことを心がけています。創業以来変わることのない原材料に対するこだわりは、現社長兼・テキスタイルデザイナーである佐藤正樹自らが、 南アフリカ、ペルー、アルゼンチン、モンゴル、中国など、世界中の農場へ赴き、その放牧環境や毛を自分の目で確かめる、買い付けの姿勢へも受け継がれています。そして新しい希少な原料との出会いが、常に新しい糸づくりの可能性をつくりだします。







毛糸を編んで形にしたのは、白倉ニット。100年以上の歴史ある繊維産地、新潟県長岡市栃尾にて、1985年に法人化。栃尾では300軒もあった繊維工場がオイルショック後には30軒ほどに減少してしまいましたが、この白倉ニットはニット専門の工場として様々な工夫を凝らし、高度な技術によって現在もオリジナリティーの高い製品を作りつづけています。








そしてボトル本体、「Cafe Trunk」が作られているのは、新潟県・燕市。極めて高い技術力を持った、金属加工の街として、世界中に知られています。特に金属洋食器、スプーンやフォークなどのカトラリーの産地としてはは国内生産シェアは90パーセントを超え、日本が世界に誇る地場産業として注目を集めています。

この燕市の金属産業は、古くは江戸時代の初期に、農家の副業として行われた和釘作りに始まるといわれます。農業の閑散期に、銅器、キセルなど、多くの製品が作られるようになり、それを基に近代的な金属加工技術を発展させ、世界に誇る金属加工技術を生み出しました。

最近ではこの技術を応用し、iPodなどのデジタル製品のアルミ、チタンなどの金属部品の加工など、先進的な分野にも進出。最新のデジタル製品も燕市、350年にも及ぶモノ作りが支えています。

この「Café Trunk」の自慢は、保温・保冷の役割を果たしている真空層。この製造には日本国内で3社しか保有しない、この高温真空炉によって作られます。創業1965年のメーカーでは国内の自社工場にこの真空炉を2基備えています。

また本体に使用されている素材は、SUS304というステンレス合金。とても丈夫でサビにくく、上品な色合いが特徴で、高級品のナベなどに使われているものです。






さらに木製のボトルキャップのバージョンは、石川県加賀市で製造しています。

石川県は漆器の産地としてたいへん良く知られていますが、漆器のベースとなるこの木地、木製品の製造を担ってきた「木地の山中」(旧山中町、現在は加賀市山中温泉塚谷町)。その歴史は古く、今から400年以上前、16世紀末にはこの場所では挽物職人がロクロ技術をもって生計を立てていました。

この山中木地挽物の作業工程は、木の素材そのものの特色をどのように生かしてゆくか、ということに最も大きな力が注がれます。木目が縦に入る「縦木取り」、 横に入る「横木取り」の2つの技法を使い分け、素材の切り出し・製材・木取・荒挽き・乾燥・ならし・中挽き・乾燥・ならし・仕上げ挽き・加飾挽き・拭き漆、という行程を経て完成します。

特に「縦木取り(木口取り)」をする産地はほとんどなく、これは山中木地挽物の大きな特徴と言えます。そしてさらに、木地の表面に鉋を当てて細かい模様を付ける「加飾挽き」は、そのパターンが20種類以上あります。

またその模様ごと使用するカンナもそれぞれで異なったものが使用され、そのカンナ自体も挽物職人自らが独自作ったもの。「山中木地挽物」の技術は歴代の職人たちによって磨かれ、その長い歴史の中で築きあげられた技術で作られています。














Product Guide


生地は二重構造でしっかり作り、表と裏、2つの表情をお楽しみいただくことができます












くるりと返せば、裏側からもう一つ、別の表情があらわれます。

この「Knit Bottle Sweater」は、実は贅沢な二重構造。2重に生地を組み合わせることで、よりソフトに、よりしっかりとボトルを包み込んでいます。

そして模様も両面で、表情を変えてみました。片側はすこしPOPで元気な縞模様。もう一方は上品なケーブル・アラン。夏はPOPなボーダー柄、冬は暖かみのあるケーブルステッチ側と、切り替えてお使いいただいてもいいですね。








「Cafe Trunk」はボトルのカラーがたくさん揃っています。さらに直飲み式のボトルはキャップの色を黒色から、レッド、ホワイトと交換していただけるキャップパーツを別売しています。お好みのボトルの色、そしてこの「Knit Bottle Sweater」の柄に合わせてその組み合わせをお楽しみください。特にセーターの上から覗いて見えているキャップの色の組み合わせは楽しいですよ。


















Sizes


ボトルをしっかり守って、保温・保冷機能をさらにアップさせます











あなたの「Cafe Trunk」にすっぽりと被せてあげてください。この「Knit Bottle Sweater」は上質の毛糸を使い、たいへん精密に編み上げています。手触りがとても良く、びっくりするほど軽量。着脱は簡単で、しかしボトルにしっかりと密着します。

高い保温・保冷機能が自慢の「Cafe Trunk」ですが、この専用のセーターを着せてあげることで、さらにその機能がアップ。手にして優しく、そしてあなたのボトルをしっかり守ってくれます。







バッグにボトルを入れた時もこの専用のセーターがあることで緩衝材となってボトルを傷つけることなく、またバッグの中の持ち物を傷めません。もちろんこのボトル専用のセーターを着せたままでお水をいただくことができます。もちろん手に持った時に滑りづらく、しっかりボトルを握ってお使いいただくことができます。

またボトルの側面側は厚手に、底面のみは薄手に縫い上げてあります。そのためボトルを立てておくことが可能です。また汚れた場合は洗って、いつでも清潔にお使いいただくことができます。ぬるま湯に中性洗剤を入れて3分から5分つけて置き、軽く干してあげてください。








「Cafe Trunk」のボトルなら、金属のコップ式、木製のコップ式、そして直飲み式と、すべてのバリエーションに対応しています。サイズも3種類揃えていますので、スモール、ミディアム、ラージ、それぞれのボトルのサイズにジャストフィットします。

















Sizes


3つのサイズを用意しています










この「Knit Bottle Sweater」は収納するボトルのサイズにあわせて、3つのサイズを用意しています。SUSgallery製のボトル「Cafe Trunk」のスモール、ミディアム、ラージ、3つの容量にジャストフィットするように製作しています。

また伸縮性がありますので、一般のペットボトルや水筒を入れてお使いいただくこともできます。カラーはそれぞれのサイズに2種類ずつあります。








こちらがもっとも小型のスモールサイズ「Cafe Trunk」のボトルなら、もっとも小さなサイズ、スモールサイズの200ミリリットル用に最適な大きさでつくってあります。

ペットボトルを収納する場合は280ミリリットルの小型のものがちょうど良い大きさです。(セーターの大きさ:長さ17×幅8cm)








中型のミディアムサイズ「Cafe Trunk」のボトルなら容量が270ミリリットル用に最適な大きさでつくってあります。

ペットボトルを収納する場合は標準サイズの500ミリリットルのものがぴったり納まります。(セーターの大きさ:長さ20×幅8cm)








最大サイズのラージサイズサイズ「Cafe Trunk」のボトルなら容量が360ミリリットルにぴったりな大きさです。

もちろん折り返して使えば、すべてのサイズのボトルを収納することができます。(セーターの大きさ:長さ25×幅8cm)











Product Guide


ペットボトルの保冷、保温にも









この「Knit Bottle Sweater」はCafe Trunkのボトル以外にも、一般的なペットボトルの持ち運びにも最適です。夏場だと水滴が付いてバッグをぬらしてしまうのを防いだり、自販機で買ったホットのお茶や紅茶の暖かさを保ちたい時には効果があります。

また保温機能の無いボトルでの使用にも最適。ボトルのサイズとしては、直径7センチ程度のものまでにご利用いただくことができます。







Variations


サイズは3種類、柄はそれぞれ2種類、表と裏で合計12のパターンが楽しめます

















Knit Bottle Sweater S-size A

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)

Supported Products


Cafe Trunk 200ml のスモールサイズ全種類 >>LINK

Cafe Trunk "Tsu Tsu" スモール
Café Trunk カップ付き スモール
Cafe Trunk "Mokuneji" スモール

小型ペットボトル(280mlくらい)

Sizes


長さ17×幅8cm

Weight


21グラム










Knit Bottle Sweater S-size B

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)

注文不可

販売終了しました

Supported Products


Cafe Trunk 200ml のスモールサイズ全種類 >>LINK

Cafe Trunk "Tsu Tsu" スモール
Café Trunk カップ付き スモール
Cafe Trunk "Mokuneji" スモール

小型ペットボトル(280mlくらい)

Sizes


長さ17×幅8cm

Weight


21グラム












Knit Bottle Sweater M-size B2

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)

注文不可

販売終了しました

Supported Products


Cafe Trunk 270ml のミディアムサイズ全種類 >>LINK

Cafe Trunk "Tsu Tsu" ミディアム
Café Trunk カップ付き ミディアム
Cafe Trunk "Mokuneji" ミディアム
Cafe Trunk レース柄
Cafe Trunk medium

通常のペットボトル(500ml)

Sizes


長さ20×幅8cm

Weight


24グラム










Knit Bottle Sweater M-size A

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)

注文不可

販売終了しました

Supported Products


Cafe Trunk 270ml のミディアムサイズ全種類 >>LINK

Cafe Trunk "Tsu Tsu" ミディアム
Café Trunk カップ付き ミディアム
Cafe Trunk "Mokuneji" ミディアム
Cafe Trunk レース柄
Cafe Trunk medium

通常のペットボトル(500ml)

Sizes


長さ20×幅8cm

Weight


24グラム












Knit Bottle Sweater L-size A2

本体価格 ¥3,500 (税込価格 ¥3,780)

注文不可

販売終了しました

Supported Products


Cafe Trunk 360mlのラージサイズ全種類 >>LINK

Cafe Trunk "Tsu Tsu" ラージ
Café Trunk カップ付き ラージ
Cafe Trunk "Mokuneji" ラージ

通常のペットボトル(500ml)

Sizes


長さ25×幅8cm

Weight


28グラム

Material


100%ウール











Knit Bottle Sweater L-size B

本体価格 ¥3,500 (税込価格 ¥3,780)

Supported Products


Cafe Trunk 360mlのラージサイズ全種類 >>LINK

Cafe Trunk "Tsu Tsu" ラージ
Café Trunk カップ付き ラージ
Cafe Trunk "Mokuneji" ラージ

通常のペットボトル(500ml)

Sizes


長さ25×幅8cm

Weight


28グラム











Recommendations


直径5.5センチのスリムボディーに、保温・保冷性能を持たせた携帯ボトル「Café Trunk」












こわだりのお店の、あの焙煎の豆で煎れた自分だけのコーヒーをいつでもどこへでも。お好きな銘柄のお水やお茶をいつでも楽しむ。毎日の生活の中で、一瞬のホッとしたいひとときですから、一番好きなコーヒーが飲めるのは嬉しいこと。同じように、飲み慣れたお水や、お茶を好きな場所にいっしょに連れてゆけたら。

そんな想いからつくられたのが、この「Café Trunk」(カフェ・トランク)。いつものお水やコーヒーをどこででもお楽しみいただけるために作ったボトル。

大切にしたのが3つのポイント。ひとつ目は、温かいものはできるだけで温かいまま、冷たいものは冷たいままでいただけること。

2つ目の条件は、スリムでコンパクト、手軽に持ち運べるサイズにすること。そして3つ目の条件は毎日使うものだから、使いやすく。もちろんシンプルで綺麗な形状であること。

これらの条件をすべて備えて出来上がったのが、「Café Trunk」。金属加工で世界的にその名を知られている新潟県・燕市(つばめし)の熟練の職人さんが、その技術を惜しみなくつぎ込み、完成させました。








そのままお水をいただくことができる 直飲みタイプ Cafe Trunk "Tsu Tsu"








キャップを開けてそのまま飲める、直飲みバージョン・レース柄 Cafe Trunk *medium *Lace








直飲みバージョンはキャップの色を変えて楽しむことができます SUS ボトルキャップ








カップつきのスタンダード・バージョン Café Trunk カップ付き








山中木地挽物のケヤキ製ボトルコップを装着した特別バージョン Cafe Trunk medium