良い素材と良いメカニズムを使い、ゼロから設計された新しい腕時計ブランド、デンマーク Bulbul の第一弾。KiBiSiがデザインした「小石」という名前の腕時計。

Bulbul Watch "Pebble"

本体価格 ¥32,000 (税込価格 ¥34,560)

これまでの腕時計にはなかった表情です。バランスが良くて、はっきりと見やすい、時間を読み取りやすい単針と長針。つや消しの落ち着いた金属ベゼルはスチールコーティングとチタンコーティングを施しました。ベルトはイタリアの本革製。そして心臓部のクォーツメカニズムはスイス製。

すでに成熟した腕時計産業において、これまでに無かった腕時計づくりのあり方、そしてデザインを模索するために、Jacob Juulがゼロからスタートさせた、デンマークの新しい腕時計ブランド、Bulbulからの第一弾モデルです。

使いやすい大きさで、男性にも、女性にも、そして年齢を越えて長くお使いいただける形です。非対称な形状は、デンマークの海岸の美しい風景を作り出していることで良く知られている平坦な小石がモチーフ。「Pebble」(小石)という名前のこれまでに無かった腕時計ができました。






デザインを手がけたのは、北欧のデザインユニットとして、今、世界から最も注目を集めている、KiBiSi。建築から家具、自転車、そして音響製品などを手がける彼らがデザインを担当し、2年の開発期間をかけてゼロから作り上げた新しい腕時計です。

サファイヤガラスやベルトの素材、そしてバッテリー寿命10年を誇るスイス製メカニズムの使用など、良い素材選びはもちろん、消耗の大きいベルト留めにはシリコン素材を使って、耐久性を高めています。





Product Guide



誤作動を起こさないよう、竜頭のロックは深くなっています。時間合わせを行う際には竜頭をしっかりと摘んで上方に引き上げてください。

保証期間は2年間です。添付の保証書を必ず保管してください。





Sizes


本体:3.7×4×0.8cm
ベルト長:24.5cm

Weight


46グラム

Specifications


クオーツ式
バッテリー寿命:約10年間
3気圧防水
保証期間:2年間

Material


316Lスチールケース
(スチールコーティング・チタンコーティング)
クリスタルガラス
本革製ベルト

Country of Manufacture


ムーブメント:スイス
ベルト:イタリア

Designer


KiBiSi(デンマーク)

Brand Name


Bulbul(デンマーク)

































Package










パッケージサイズ:29×6.5×2cm 紙製のギフトパッケージ
日本語の保証書同封(2年間)








Colors














Bulbul Watch "Pebble" Black

本体価格 ¥32,000 (税込価格 ¥34,560)

Material


316Lスチールケース
(スチールコーティング)
クリスタルガラス
本革製ベルト






Bulbul Watch "Pebble" Black/White

本体価格 ¥32,000 (税込価格 ¥34,560)

注文不可

販売終了しました

Material


316Lスチールケース
(スチールコーティング)
クリスタルガラス
本革製ベルト





Bulbul Watch "Pebble" Brown/White

本体価格 ¥32,000 (税込価格 ¥34,560)

注文不可

販売終了しました

Material


316Lスチールケース
(スチールコーティング)
クリスタルガラス
本革製ベルト






Bulbul Watch "Pebble" Grey

本体価格 ¥32,000 (税込価格 ¥34,560)

注文不可

販売終了しました

Material


316Lスチールケース
(チタンコーティング)
クリスタルガラス
本革製ベルト

















Interview



プロデューサー・インタビュー bulbul 設立者 Jacob Juul さんにうかがいました








新しい時計ブランドをスタートさせるというアイデアはどうやって思いついたのでしょうか?


私の中では長い間あたためてきたアイデアだったのですが、具体的にそのプランを実行に移した2010年のことでした。2011年3月にはスイスで開かれる有名な時計の業界見本市である「バーゼル・ワールド」に出かけた時のことでした。実際に会場をまわってみて、腕時計の技術はこれ以上ないと思われるほど成熟した市場や文化をもつものの、そのデザインにおいては極めて保守的で、あまりにも男性的である、と感じました。100年以上の伝統と基礎技術を土台にしながらも、もっと新しいデザインの取り組みは行われても良いだろう、と。

もちろんその例外はたくさんあった訳ですが、それが当時、私が感じた腕時計業界についての印象でした。そこで私は伝統的な手法も用いながらも、新しいブランドを独自に作り出すことができるのではないかと思った訳です。デンマークに帰った私はすぐにデザイングループのKiBiSiに連絡を取り、私のアイデアについて話をしました。彼らはとても前向きで、すぐにそのプランに取りかかりました。



この「Pebble」のデザインについて教えてください


「Pebble」という名前の腕時計はすべてゼロの段階から設計し、開発をはじめてから2年間で完成しました。その名前からもお分かりかもしれませんが、デンマークの海岸にある小石(pebble)がデザインのモチーフです。非対称で有機的な丸みを帯びたカタチで、クラシックな北欧デザインの雰囲気も備えていることも大きなデザインのポイントです。

内部のメカニズムはスイス製で、ベルトの皮革はイタリアで制作しました。通常、ベルトを固定するループは耐久性が劣って、すぐに壊れてしまいます。そこで私たちはこのループの部分を耐久性のあるシリコン製にして、そこの部分だけにひっそりとブランド名を入れることにしました。良いアクセントになったと思います。



なぜ「Bulbul」という名前をブランド名に選んだのですか?


発音がしやすくて、エッジが効いていて、誰にでも覚えてもらえるような、そんな名前を探していました。この「Bulbul」という名称はデザインチーム、KiBiSiのメンバーの一人のリストにあった名前だったのです。英語で、ヒヨドリ、という意味ですが、もともとはアメリカ先住民のモーホーク族の言葉であり、エゴの強い人という意味も持っています。自意識が強くて、自信家で、というような、皮肉に満ちた意味を持った言葉をブランド名にするのはとても愉快だと思ったのです。

またこの「Bulbul」が示すものは、中東やインドでは「ナイチンゲール」を意味することも分かりました。ナイチンゲールは古くから詩や文学、映画で使われるキーワードになる言葉ですから、これは良いと思いました。我が国、デンマークの作家である、ハンス·クリスチャン·アンデルセンのおとぎ話である「ナイチンゲール」(日本語題「小夜啼鳥」)も世界中で良く知られているようですね。



これから「Bulbul」に何が期待できますか?

この「Pebble」は私たちのブランドの第一弾ですが、これからも厳選されたデザイナーと強力して、さまざまな腕時計を作っていこうと思っています。どんどんと時計の世界を探検して、クロノグラフや、自動巻き、機械式時計、さらには新素材についても取り組んでいきたいと思っています。



あなたにとっての、腕時計とはどのような存在ですか?


私にとって腕時計とは、大きな世界を探検するための扉であり、この時間や世界を感じるための道具であり、機械技術そのもののひとつの象徴であると考えています。私自身、洋服を着替えるようにその服装に合わせてさまざまな時計を取り替えて使うのが好きですし、その素材やメカニズムの動き、そしてその時計の背後にある物語や、作った人たちの哲学にずっと魅せられてきました。



あなた個人としては、どのような腕時計が好きですか?

私自身のコレクションは小さなブランドのものが好きです。例えば、Uniform Waresや、Void Watches、それからMichael Youngですね。あと、古いセイコーの日本製のクロノグラフが一番のお気に入りなんです。








Profile













KiBiSi は現在の北欧デザインの最前線で活躍する、デンマークを代表するデザインユニットです。メンバーは、Lars Larsen、BIG、Jens Martinの3名。建築、空間、プロダクトデザイン、家具、家電、乗り物からロゴデザインなどの幅広いデザインを手がけています。この「KiBiSi」というユニット名は、Kilodesign、Big、Skibstedisという3名それぞれのデザイン事務所の名前を合わせたものでもあります。

http://www.kibisi.com