iPhone電源アダプターをそのまま使ってDockステーションに。ケーブルを引き出して、PCのと接続にも。応用力の高いiPhone専用アクセサリー。

Rolio

Rolio

本体価格 ¥1,409 (税込価格 ¥1,522)

発売以来、好評をいただいている「MiniDock」。iPhoneの純正電源アダプターを最小限のカタチでiPhone用の充電Dockにしてくれる装置。この基本コンセプトは同じながら、さらにケーブルの巻き取り機能を追加。「MiniDock」と同じ使い方が可能ながら、さらにケーブルを引き出してお使いいただけます。

iPhoneに付属しているLightningケーブルと電源アダプターをそのまま使用でき、ケーブルをきちんと巻き取ることができ、アダプターをさせばワンタッチでDockに早変わり。ケーブルの混乱を防ぎながら、快適にiPhoneの充電が可能になります。





直径はわずか6センチと、ポケットにも入ってしまう大きさで、iPhone付属の純正Lightningケーブルをきちんと、綺麗に巻き取ることができます。ケーブルは「Rolio」内部にすべて収納されますから、移動中にあやまってケーブルを傷つけてしまうこともありません。

ケーブル巻き取り機能を備えながらも、コンセントに接続すればDockになってしまう。Apple純正パーツを使用するため、まったく無駄が無く、動作の不安もありません。すべてのiPhoneユーザーにぜひお供えいただきたい、便利で小さな専用アクセサリーができました。










Supported Products


iPhone 7、7 Plus、iPhone 6s/6/5/5s/SEに付属の純正Lightningケーブルと電源アダプター



Sizes


幅6.3×縦6.3×奥行き1.3cm

Weight


22グラム

Weight


ABSプラスチック

Designer


Dominic Symons

Brand Name


BlueLounge


Notes


本製品にはLightningケーブルおよび電源アダプターは付属していません















Product Guide


iPhoneに付属の純正電源アダプターと純正ケーブルがそのままご利用いただけます












「Rolio」直径はわずか6センチ。重量は22グラムと、ポケットにも入ってしまう大きさで、iPhone付属の純正Lightningケーブルをきちんと、綺麗に巻き取ることができます。ケーブルは「Rolio」内部にすべて収納されますから、移動中にあやまってケーブルを傷つけてしまうこともありません。

ケーブル巻き取り機能を備えながらも、コンセントに接続すればDockになってしまう。Apple純正パーツを使用するため、まったく無駄が無く、動作の不安もありません。

コンセントに差し込む時には斜めにiPhoneが固定できる仕組みで、安定してご利用いただくことが可能。さらにノートパソコンなどに接続する際にも、必要なケーブルだけを引き出してご利用いただけるため、ケーブルがこんがらがってしまうこともありません。



























How to Use


ケーブルが綺麗に巻き取ることができて、すぐにご利用いただけます





















Recommendations
















micro-Suction テクノロジーを採用した、シンプルなiPhoneスタンド
Milo







Interview


デザイナー・インタビュー Dominic Symonsさんにうかがいました







この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


既存のミニドック(30ピン)が非常に人気のある製品として活躍している中、Apple社がライトニングコネクターを採用し始めたのを皮切りに、私たちはすぐにエンジニアのシステムをライトニング版にアップデート、ライトニング対応のミニドックの制作に着手しました。

「Mini Dock」は30ピンの時と同じく便利な製品に仕上がりましたが、ライトニングコネクターを採用した分のコストがかかり、製品自体の値段をあげざるを得ない状況になってしまいました。なんとか手頃なドックを作りたい、と考えたとき、Apple社純正のライトニングケーブルとアダプターを使って壁に浮かせる充電ステーションが作れないか、とデザインを考案し始めました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


この「Rolio」を完成させるためには、様々な困難がありました。まず一つはライトニングコネクターがしっかりと固定されつつ、製品本体を持つのにライトニングコネクターに触れないようにすること。

ケーブル自体がぐちゃぐちゃでねじれたり、切れたりするのを防ぐため綺麗に巻き付けられる機能を備えること。最後はケーブルを「Rolio」内に巻き付け、最後USBポート部分をアダブターに挿入することで充電ステーションとしてコンセントにさしたときに安定すること。壁のコンセントにさしたときにデバイスが少し斜めになりつつ、左右に振れないように全体の形を考えるのに苦労しましたが、全てを考え抜いたベストの形ができあがった「Rolio」です。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


「Rolio」は、非常にシンプルな製品なのでその分、強靭で正確な金型を作る必要がありました。また、お手頃なドッキングシステムを作るというのが最初に決めた目標だったので、ABS樹脂を起用しました。



アシストオンのお客様にメッセージをお願いします


この「Rolio」は出張の多いビジネスマン、さらにはカフェなどでお仕事をされる方に必ず便利な小道具になってくれると確信しています。ぜひ日本のみなさんにご利用いただきたい製品です。








Brand Story






"Everything should be made as simple as possible, but not simpler."

「すべてのものを、それ以上できないほど、シンプルに」

これがBlueLounge(ブルーラウンジ)の目指していること。

1999年、創設者でありデザイナーであるドミニク・シモンズとメリッサ・サンジャヤと共にロサンゼルスで設立。彼らが創り出すものは家具、靴、メガネ、そしてかゆいところに手の届くアクセサリーなど、多岐にわたります。そして、その考え抜かれたデザインによって、私たちの身の回りにある小さな問題の解決策を提案し、可能な限りシンプルな製品作りへの努力を続けています。







inFocus



BlueLounge 創立者兼デザイナー、ドミニク・シモンズさん
ロングインタビュー








iPadはまさに画期的な製品で、私自身スタンドの必要性を確信していました。
ところが、市場には「スタンド」が溢れているにもかかわらず、デスクや
テーブルの脇にiPad専用のスタンドを置くと言うアイディアがどうしても
気に入りませんでした。というのも、スタンドを置いていても常に使うわけ
ではなく、邪魔になってしまうことが多いからです。そこで、iPadを置いた
時にはスタンドとなり、iPadを置いていない時には何か他の機能持つような
製品を作ろうと思いついたのです。
iPadを置いていない状態でも、見た目に美しい製品を作ろうと。



このインタビューの続きを読む