身近な「モノと紙」の情報をデジタル整理。iPhoneを使って、手早く綺麗に。これまで遠い存在だったドキュメントスキャナーを身近にする、新しいデジタル装置。

SNAPLITE

PFU "SNAPLITE"

本体価格 ¥11,852 (税込価格 ¥12,801)

仕事や生活の中にあふれる、さまざまな情報。インターネットからやってくるデジタルな情報だけでは無く、私のまわりには書類やメモなど、たくさん紙の情報があります。これをもっと効率よく保存し、必要な時にすぐ取り出して使えるようにと考えられたのが「ドキュメント・スキャナー」という装置です。

この分野で全世界のなんと50%を誇るシェアを持ち、先進的な技術で知られる日本のメーカー、PFUがもっと家庭でもこのドキュメントスキャナーの便利さを知ってもらえたらと、これまでに無かった不思議な道具を作りました。

この新しい道具作りに一緒に取り組んだのは、AssistOnの取り扱い製品でも人気のデザインユニット、TENTの2人。

例えば学校から子どもたちが持ち帰った絵や習字の作品をデジタルで読み取って、メールでご家族やお爺ちゃんお婆ちゃんに伝える。整理のまだ付かないアイデアメモやレシート、名刺をデジタルでまとめておく。そんな作業を、特殊な機材を使うのではなく、いつも身近に置けて、簡単な手順で行える装置を作ることができないだろうか?

そうやって生まれたのが、この「SNAPLITE」(スナップライト)。シンプルで、簡単、綺麗に使える、新しい道具です。






注目したのは、iPhoneの存在でした。高性能のカメラを搭載し、アプリでのコントロールが可能なiPhoneと親密に連動できる道具を作れば、これまでのような大きくて、難しくて、パソコンが必要だった装置をもっとスマートにすることができるのではないか。

そこで完成したのが、この「SNAPLITE」。その形は卓上で使う、デスクライト同じ形。高輝度のLEDを搭載し、そのままライトとして使えて、狭い場所にも設置することが可能。

しかしその灯りが点灯するヘッド部分にiPhoneをセット。すると、この両者が力を発揮して、高性能のスキャナとして威力を発揮。気軽で、だれにでもお使いいただける、これまでになかったドキュメントスキャナに早変わりします。






目指したのは、iPhoneユーザーなら誰にでも使える装置であること。専用アプリを起動すれば、iPhoneと「SNAPLITE」は無線接続され、ワンタッチで取り込みが可能。内蔵されたLEDライトが動作し、最適で美しい色合いを保ってくれます。

専用に開発したiPhone用のアプリケーションは、すべてが簡単に、手間なしで使えることを目指しました。タッチセンサーに指で触れると、ワンタッチで取り込みが完了。取込んだ書類や写真の傾きは自動的に補正。複数の名刺を一度にスキャンすれば、それを判別して、1枚ずつの画像に分離して保存。

これまで面倒だと思っていたデジタル保存術を手軽に、簡単に、そしてリーズナブルに。その新しい扉を開くのが、この「SNAPLITE」。ご家庭で、お仕事で、その使い方を見つけるのは、あなたです。




















Supported Products


iPhone 6s/6s Plus/SE
iPhone 6/6 Plus
iPhone 5/5s/5c
iPod touch 第6世代、第5世代

*iOS 6.0以降 iOS9対応



Sizes


高さ36×奥行き15.8×幅7.5cm

Weight


650グラム

Specifications


iPhone間通信:Bluetooth 4.0

撮影範囲表示:レーザー(Class 1)

LED照明:LED x 2個
(黄:2700K・白:5000K)

USB給電:1個(5V 2.1A)
*iPhone/iPad急速充電に対応


読み取り範囲:210 x 297mm
出力ファイル:JPEG

撮影機能
:自動台形補正
:自動傾き補正
:自動トリミング
:自動マルチトリミング
:自動A3合成
:自動色味補正
:ライティング
:レーザーガイド

タイマー(撮影時)
:0秒、0.5秒、1秒、2秒、3秒

その他のアプリ機能
:プレビュー、保存、シェア、編集、照明設定

Accessory


ACアダプタ:電圧:12V・電流:1.5A

Country of Manufacture


日本製

Designer


TENT(治田将之 青木亮作)

Brand Name


PFU(日本)

Award


2014年グッドデザイン賞受賞

Product Guide


このアイテムはアシストオン原宿店の店頭でデモンストレーション中です。その使いやすさをぜひ実物で体験してください。








Product Guide


「SNAPLITE」はこれまでになかった、あなたの生活とデジタルの世界を繋ぐための装置です












普段は高輝度のLEDデスクライト。ヘッド部分にiPhone 5シリーズを置いて、専用アプリを起動すれば、高性能スキャナに変身。デスクの場所を占有せず、気軽に、簡単な操作でお使いいただくことができる。これまでに無かった、まったく新しいデジタル機器ができました。

未整理のアイデアメモや、領収書。保存して持ち歩きたいA4書類や、お子様の描いた絵画や習字など。簡単な操作で、さっとiPhoneに保存して、メールやSNSで誰かに伝えることができる、使いやすい専用のiPhoneアプリと連動して動作します。それが「SNAPLITE」。









本体の内部には、最新のBluetooth接続機能と、照明の機能。Bluetooth 4.0を搭載して、無線接続でiPhoneとの相互コントロールが可能になっています。

ヘッドの部分には、2種類の高輝度LEDを内蔵。白色LEDはデスクライトとして機能するだけではなく、紙のスキャンや、モノの撮影に最適化されています。例えば夜の書斎など、少し暗い場所でも、美しい色合いで撮影が可能です。さらに赤色のレーザー光の投影機能も備えていて、取込みたいモノを置く位置の境界を教えてくれます。








LED光を切り替えると、リビングやベッドサイドでお使いいただくのにちょうど良い、リラックスした雰囲気をつくってくれる、優しい灯りに。明るさを5段階で調節することができ、本体は650グラムと軽量ですから、書斎からリビングへ、ベッドサイドへと移動してご利用いただくこともできます。








設置面積は横幅7センチ、奥行き16センチ。これまでドキュメントスキャナの便利さを知っていても、ご家庭で置き場所が見つからなかった、という方も、いつもの机の上を少し整理すれば、置き場所を作ることができるほどのサイズです。

通常はデスクライトとしてご利用いただくことができ、iPhoneを乗せれば、高性能のスキャナに変身する。すでにScanSnapなどのドキュメントスキャナを便利にお使いの方にも、非破壊式の簡易スキャナとして併用してご利用いただくことができる大きさです。










How to Use


毎日の生活の中で、お仕事で。手元にあると便利。
気楽に、ちょっと使える読み取り装置です。














毎日の生活の中で、お仕事で。手元にあると便利。気楽に、ちょっと使える読み取り装置です。例えばこんな時。iTunesで音楽を取込んでいる時、アルバムジャケットの画像をスキャンしたい。それなら「SNAPLITE」。

iPhoneを「SnapLite」に置いて、アプリを起動、その後ボタンを押す。その間、約3秒で画像の読み込みは終了しています。








「SNAPLITE」本体の撮影ボタンを押すと、Bluetoothで連動したあなたのiPhoneが動作し、このように画像を読み取ってくれます。もちろん画像は自動補正、自動トリミングされ、ちょうど良い大きさ、適切な色合いで周囲の画像を自動的に切り取って、このように最適な画像として読み込みをしてくれます。








これが実際に「SNAPLITE」で読み取った、CDの紙ジャケットの画像。パソコンで画像補正や、余白などの切り取りは一切していません。

この気軽さと、速度。フラッドベッドのスキャナまで歩いて行って、場所を調節して、フタを閉め、またデスクに戻って、パソコンの画像ソフトを起動して、読み取りをして、手間を掛けて画像のゆがみを調節、またスキャナまでもどってジャケットを取りに行って・・・と、これまでのこのような面倒な手間と時間はもう必要ありません。








雑誌の気になる記事を発見。けれど雑誌の切り抜きはしたくない。そんな時にも「SnapLite」があれば、デジタルスクラップを瞬時に行って、iPhoneで持ち歩くことができます。

雑誌の所定のページを開いて、「SNAPLITE」の前にセット。iPhoneを設置して、ボタンを押すとこの通り。








「SNAPLITE」のアプリが、きちんとブラウンの背景の色を読み取って、自動切り取りをしてくれましたよ。もちろん、自動トリミングをオフにすれば、最大、A4サイズの切り取りも可能。雑誌の片面をそのままデジタルスクラップして、保存することができます。雑誌の他にも、新聞や、フリーペーパーなど、生活に役立つ、記録を取っておきたい記事のスクラップが可能です。








これが実際にデジタルスクラップした画像です。自動トリミングで右側の部分、ページの段差が少しだけ入ってしまっていますが、問題ない範囲でしょう。さらに「SNAPLITE」は内蔵ライトで対象物を適切な明るさで照らし、適切で美しい状態で読み取りを行ってくれますので、画面の発色も自然で、良い状態で取り込みができます。

もし同じことをiPhoneだけで行おうとすれば、手ぶれを注意しながらシャッターを押し、取込んだ後の画像補正やトリミングなども行う必要がありますね。もちろん撮影する場所の明るさやライティングも必要。ライティングの加減では、自分の影も入ってしまう。たいへんな手間がかかります。

しかしこの「SNAPLITE」が手元にあれば、ほんの数分で完了です。










How to Use


それでは実際に「SNAPLITE」を使ってみましょう













それでは実際に「SNAPLITE」を使って、小さなパンフレットをデジタルスクラップしてみましょう。あなたのiPhoneをご用意ください。「SNAPLITE」に対応しているiPhoneは、iPhone6、iPhone6PLUS、iPhone5、iPhone5s、iPhone5cです。iOSは6.0以降の対応です。








AppStoreから「SNAPLITE」をダウンロードしてインストールしてください。ダウンロードが完了したら、iPhoneのBluetoothをオンにしておきます。「SNAPLITE」とあなたのiPhoneはBluetoothで自動接続され、「SNAPLITE」からコントロールされます。








さて使用を開始します。まずiPhoneから「SnapLite」のアプリを起動。するとiPhoneと「SNAPLITE」はネゴシエーションされ、自動接続されます。iPhoneアプリの画面が切り替わって、イラストで「iPhoneを置いてください」という指示がでます。








指示に従って「SNAPLITE」のヘッドにiPhoneを置きます。iPhoneの液晶画面が見える側に向けて、置くだけです。iPhoneはケースに入っていてもそのままご利用いただくことができますので、取り外す必要はありません。

iPhoneが「SNAPLITE」の上に置かれると、傾きセンサーの情報を読み取り、自動的にアプリが「撮影モード」に切り替わります。これで準備が完了しました!








「SNAPLITE」が取込むことができるサイズは、最大で横幅21センチ、縦が29.7センチ。つまりA4サイズの書類の範囲が一度に読み取ることができます。

「SNAPLITE」が撮影モードに切り替わると、上の写真のように「SNAPLITE」から赤色のレーザー光が出て、撮影範囲を教えてくれます。そのため、撮影のための位置合わせも、たいへん簡単です。








位置合わせができたら、あとは「SNAPLITE」のリスのアイコンに軽く触れるだけ。するとiPhoneがワイヤレスで連動して、シャッターが押され、画像の取り込みが行われます。

「SNAPLITE」本体には、ライトモード用の電源オン・オフ、撮影モード用のスイッチ、この2つがあるだけ。どちらもタッチセンサー式のスイッチですから、軽く触れるだけで反応します。これ以外のスイッチや操作パネルは一切ありません。また「SNAPLITE」の撮影モードが動作している時だけ、このリスのアイコンが光って教えてくれますから、今どのモードであるのか、どのスイッチを押すべきかを的確に教えてくれます。








「SNAPLITE」はアプリの画面もきちんとデザインされています。左の画面は、iPhoneと「SNAPLITE」とがBluetoothで接続中のもの。くるくると光が回って、無線接続の状態であることがわかります。数秒で接続が完了して、次に右側の画面に切り替わります。このように、アプリを起動したら次になにをしたら良いのか、的確に、きちんと教えてくれる。この使いやすさが「SNAPLITE」の大きな特徴です。








「SNAPLITE」に設置されたiPhoneの画面をちょっとのぞいてみましょう。リアルタイムで今回とりこむ小型リーフレットが見えていますね。「SNAPLITE」のヘッドの傾きぶんだけ撮影される像が台形に歪んでいるわけですが、これはアプリに組み込まれた自動補正機能が認識して、正しい形状として読み取りを行ってくれます。








これが実際に読み取りが行われたリーフレットの画像です。自動的に「台形補正」が行われ、さらに余分な部分が自動的に切り取られているのがお分かりでしょう。少し意地悪をして、リーフレットを傾けて置いてみましたが、きちんと正しい位置に補正して、読み取ってくれました。








実際に読み取った画像が、こちら。「SNAPLITE」に組み込まれた高輝度の白色LEDが適切な量で発光していますので、美しい色合いで取り込みができました。さらに手動でiPhoneで撮影を行った時のような、影の映り込みもありません。文字のにじみなどもなく、きちんと再現されていますね。

この画像の自動処理や自動補正は、テーブルの色が木目だったり、白いテーブルの上に白い紙を置いた場合のように輪郭が明瞭でない場合は、正しく動作しないこともあります。その場合は「SNAPLITE」のiPhoneアプリの画面から編集が可能。タッチスクリーンの画面から、画面の切り取りや、方向を自由に補正してください。








こちらが「SNAPLITE」アプリの設定画面です。それぞれの自動補正などのオン・オフが可能になっていますので、必要に応じて使い分けてください。

さらに取り込みのボタンは、タイマー動作が可能です。0秒に設定すると、スイッチにタッチした瞬間にシャッターが切られますので、手を引っ込めるのが遅れると、指が映り込んでしまう時があります。その場合は0.5秒、1秒など、すこし遅れてシャッターが押されるよう、このタイマー機能を設定すると良いでしょう。











How to Use


取込んだ画像で、何しよう?
「SNAPLITE」は保存からシェアまでが、ワンタッチです









「SNAPLITE」を使って、さっとiPhoneに取込んだ画像。iPhoneに保存しておくだけではもったいない。アプリの「シェアボタン」を使って、すぐに次のアクションに移すことができます。

FacebookやTwitterでの共有、メールでの送信。お子さんが自由に描いた絵をお爺ちゃんやお婆ちゃんに見せたい。ノートに記したとっておきのアイデアスケッチを仕事仲間に報告する。次に何をするかまでが、さっと準備ができる。それが「SNAPLITE」を使ったデジタルスクラップです。

さらに「SNAPLITE」を使って撮影した画像は、そのままiOSの「写真」に保存されていますので、いつもの写真を扱うのと同様に、iCloudを使って共有・保存をしたり、MacのiPhotoで画像処理をしたり、といったふうにご利用いただくことができます。「SNAPLITE」で取込まれた画像データはJPEGフォーマットですから、もちろんさまざまな画像ビューワーや、画像処理ソフトでの閲覧、加工が可能です。


















Product Guide


お子様の大作絵画の取り込みにもしっかり対応! 大型サイズの自動合成機能を搭載











お子さんの描いた大作のお絵描き。その大迫力をそのままご家族やお友達に発表したい!鮮やかな色のままで保存しておきたい。そんな時にも「SNAPLITE」がお役にたちます。

この「SNAPLITE」では、一枚の画像に収まりきれない、A4サイズの画像を保存したい時のために、「合成モード」を装備しています。このモードを使えば、たとえばA3サイズの大きな絵なら、2度に分けて取り込みを行い、後から自動的に画面合成をすることができます。これまでPFUが「ScanSnap」の技術で培ってきた優れた画面合成の技術が、いかんなく力を発揮されます。







それでは実際にこの「合成モード」を使ってみましょう。用意した絵はちょうどA3の大きさ。これを2回に分けて撮影をします。









まずiPhoneアプリの画面から「合成モード」を選択。そのまま「SNAPLITE」の動作ボタンを押し、絵をずらしてから、もう一度ボタンを押します。







これは、あえて「通常モード」で撮影したもの。A4サイズで絵が取込まれています。また、どうしても絵を動かした時に、位置が上下にぶれてしまっていますね。








これが「合成モード」を使って、「SNAPLITE」で画像の自動合成を動作させた状態。2枚の画像で、重なっている部分をアプリが分析し、きちんと合成をしてくれました。継ぎ目も目立たず、とても綺麗に合成が完了しました。

この合成モードの操作方法についても、具体的な使い方はiOSアプリで説明してくれます。また画面合成後に、編集画面から、取込んだ画面のトリミングや方向の変更も可能です。

















How to Use


レシートや名刺など、小さな紙片は、まとめて一度に取り込みが可能です











こまごまとしたアイデアメモ。なかなか時間が無くて家計簿に入力ができずにいるレシート。机の上に散らばっているこまごまとした紙片も、「SNAPLITE」があれば、さっとiPhoneに取込んで、持ち歩きが可能。時間があるときに、ゆっくりとまとめや入力の作業を行うことができます。

いただいた名刺やネームカードも、「SNAPLITE」をしておけば、画像として取り出して、確認をすることが可能。名刺のデザインそのままで持ち歩きができて、画面の拡大を使って文字を大きく見ることもできますね。

「SNAPLITE」は、名刺やメモ、レシートの取り込みが、得意です。1枚、1枚、取込みボタンを押す必要もなく、複数枚を並べて、1度に取込みが可能。赤色のレーザーガイドの範囲内なら、それぞれが重ならないよう置けば、まとめて一度に取込みが可能です。










これが名刺を取込んだ後の画面。自動的に1枚1枚の画像として分解された画像として、iPhoneのカメラロールへと保存されました。

このように、「SNAPLITE」があれば、机の上の紙類を、手間をかけずに一時保存が可能。Post-itに書いたメモはノリがあるためそのままではローラーに取込む「ScanSnap」でスキャンすることはできませんが、この「SNAPLITE」なら簡単にデジタル化が可能。取込んだメモはそのままEVERNOTEなどのクラウドに入れてしまいましょう。

iPhoneと「SNAPLITE」だけの組み合わせで、短時間で素早く、さっと作業が完了する。デジタルドキュメントの便利さは分かっていても、これまでご家庭ではなかなか時間が取れずにいた、という方はおすすめの、新しい方法ができました。










How to Use


「SNAPLITE」は紙以外のものの読み取りも、大活躍します











「SNAPLITE」ができるのは、紙類の読み取りだけではありません。たとえばネイルの撮影や、美味しくできたお料理、お弁当の記録にも最適。撮影用のライトが内蔵されていますから、最適な色合いで取り込みが可能。影が映り込んでしまうこともありません。

タイマー機能も備えており、カメラを持つ必要もありませんから、これまでは一人で撮影が難しかった料理の様子の撮影も、ネイルを両手まとめて撮影することも簡単・綺麗に行うことができます。

手作りアクセサリーの記録やネットストアでの販売用の画像制作。毎日のお弁当の記録に。もっと趣味や生活を楽しむために。「SNAPLITE」がそのおてつだいをします。













How to Use


こんな使い方も、楽しみ方も。
「SNAPLITE」があれば、iPhoneが高性能スキャナに早変わり。













子どもたちの作品は、学校から持ち帰ったら、とりあえず「SNAPLITE」しておきましょう。絵画作品や習字、日記帳や学習ノートなど。退色する前に取込んでおけば、今この時の作品をいつまでも保存して、いつでも取り出すことができますよ。









子どもたちの嬉しい!の共有にも「SNAPLITE」が大活躍。賞状やテストの結果なども、すぐにご家族や離れて暮らすお爺さんやお婆さんにも伝えることができます。









アルバムの中で未整理の貴重な写真。「SNAPLITE」があれば、それらをデジタル化も手早く行うことができます。あなたや、あなたの大切な人の大切な記録である紙のプリントの写真もデジタル化をしておけば、現在のデジタル写真といっしょにiPhotoなどに整理することができます。








手書きのレシピも「SNAPLITE」でデジタルクリップして、お店のブログで公開してみましょう。さらに、旅先で見つけた小物や切符などの記念の品をつくってデジタルアルバムにしたり。FacebookやTwitter、Instagramで公開するための素材も、「SNAPLITE」があれば綺麗に、簡単に。「SNAPLITE」は、あなたの工夫次第でお仕事や毎日の生活に役立つ、便利なツールになってくれます。













Product Guide


「SNAPLITE」は最新の高輝度LEDを搭載。デスクライトとしての性能にも優れています。











この「SNAPLITE」は最新の高輝度LEDを搭載。デスクライトとしての性能にも優れています。明かりの種類は2つ。ベッドサイドやリビングでのご利用に最適な電球色に近い暖色系の色合い。そしてデスクワークや勉強机で使用にぴったりな白色と、この2つの色を切り替えてご利用いただくことができます。

「リラックス」と「集中」、1台のライトでこの切り替えが出来るライトであること。これは使用場所を選ばない、ということ。重量はわずか650グラムと軽量ですから、ご利用になる場所へ自由に持って移動することができます。

本体にある電源ボタンに1度触れると暖色にライトが点灯。もう一度ふれると白いに変化、さらに触れると消灯します。








さらにこのデスクライト・モードでの「SNAPLITE」は、iPhoneからのコントロールが可能。「SNAPLITE」アプリから、ワイヤレスで照明の設定を行うことができます。

2色の切り替えと消灯はもちろん、アプリのスライダーを指で左右させることで、明るさの調整を5段階に調整することができます。お仕事や勉強中は白色モードで一番明るく、リビングやベッドでのくつろぎの時間には間接照明として。「SNAPLITE」はこれまでに無かった多機能な照明装置としても実力を発揮してくれます。






















Product Guide


背面に5V、2.1AのUSBポートを装備しています












お仕事用のライトとして事務机の上で。くつろぎのため、読書用のライトとしてベッドサイドでお使いいただくために。机上やサイドテーブルにあると嬉しいUSBの充電コネクタを、「SNAPLITE」の背面に備えました。

出力は5V、2.1Aですから、iPhoneはもちろん、iPadの充電が可能です。ケーブルはiPhone、iPadに付属のものをご利用ください。













Package


iPhoneをお使いの方への贈り物に最適。ギフトにも最適なボックスに入れてお届けします。














紙製ギフトパッケージ 日本語の簡易説明書 マスコットシール
パッケージサイズ;42.5×21×10cm

ACアダプター:電圧:12V・電流:1.5A
アダプターのサイズ:8×4×2.5cm





















Interview


デザイナー・インタビュー TENT(治田将之・青木亮作)にうかがいました











治田将之と青木亮作によって2011年に結成されたクリエイティブユニット

太陽の光が似合う楽しく元気なモノづくりで、人と人、人とモノ、人と動物、人と自然、それぞれの点と点をつなぐ線をつくっていきます。
http://www.tent1000.com/index.html





この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


AssistOnの紹介でPFUとお話をする機会があり、全く新しいスキャナ開発への参加依頼が入った事がきっかけです。

デスクライト型で、iPhoneを上に乗せるタイプのスキャナという事は既に決まっていたのですが、今までに見た事のないこの行為を自然に、生活に馴染むものにするため、本体のプロダクトデザインはもちろん、アプリのUI、パッケージ、そしてプロモーションの世界観に至るまで一環してクリエイティブディレクターとして関わらせて頂きました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


ただ格好良い形を作るのではなく、「SNAPLITE」を使う行為そのものが、できるだけ自然で楽しくなるように注意して全体をデザインしました。

たとえば本体上面はiPhoneを乗せるための台座になっているのですが、デスクライトとして使用するときにもできるだけ違和感のないように、段差を少なくしエラストマーを使用するなどの工夫を行いシンプルにまとめています。

またiPhoneを乗せるだけで自動的にスキャンモードに切り替わったり、スキャンモードの時だけリスのマークが光るなど、行為の流れに沿ったUIを設計しました。

「まいにちの小さな幸せを集めて仲間とシェアする」象徴として、ドングリを集める習性を持つリスをモチーフにしたマークもつくりました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


「SNAPLITE」はスキャンする被写体、つまり使う人の「まいにち」を引き立てる道具であるべきだと考えたので、本体の形状やUIなどは、極力シンプルに、綺麗な脇役に徹するように考えデザインしました。

また、初めて使う人でも迷い無く使えるように、本体の形状、操作ボタン、アプリのUI、そしてパッケージのシンプルな構造と、使い方がわかるムービーなど、全てを一環してデザインしています。

1つの大きなアイデアで突破するのではなく、一つ一つ細かな工夫を丁寧に積み重ねた結果、シンプルで気持ちのよい使い心地が実現できました。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


スキャナというと書類をスキャンしたり、ビジネスで使う道具だと思いがちなのですが、我々は日常的に手描きのスケッチや木目などのテクスチャーをスキャンするなどしていたため、スキャナはクリエイティブな事にも使える道具だと感じていました。

「SNAPLITE」が便利なのはもちろんなのですが、沢山のご家庭で、このようなクリエイティブな道具としても使って楽しんでもらいたいと考え、紹介ムービーでは、イラストと食材を使った招待状を作るなど、スキャナの新しい使い方提案も行っています。

普段の生活に寄り添うクリエイテイブで楽しい道具として、
まいにちの生活の中で使っていただけると嬉しいです。











Recommendations








ご家庭で、仕事場で、わずか400グラムのドキュメントスキャナの最高コンパクトモデルを。WiFiとバッテリーを搭載し、この軽快さが、そのまま使いやすさの理由です。
ScanSnap iX100









Recommendations


おなじデザイナーがつくりました










ページの無い、一冊の本。あなたの一番お気に入りの本のために、つくられた本。それは透明な、一冊の本。
Book on Book





あなたのお帰りを光と音で優しく迎えてくれる、木でできた小さくて精密なロボットです。
OKAERI Robot





あなたのiPadやiPhoneといつもご一緒する とても賢いワンちゃんです
TOUCH DOG






パソコンやiPadなどのタブレット、スマートフォンの画面を、手早く綺麗にします。その使いやすさを追求したら、このかたち。
Display Cleaner