iPhone6s/6s Plusを持ちやすく、使いやすく。最小限の構造で最大限の効果が生まれるよう、建築学の視点で設計されました。

The Radius

iPhoneはずっとカバーを付けずに使い続けてきた。けれど、iPhone6sではその主義を変えなければならない、とお考えの方は多いかもしれません。

大きくて見やすい液晶画面に加えて、なめらかで手触りの良い本体、そしてパワフルな速度を手に入れたiPhone6s。けれど画面サイズが大きくなったぶん持ちづらい。側面のエッジがなくなったことで、手から滑り落としやすいのでは、と心配になる。

洗練されたiPhoneのボディーの形、そして美しく仕上げられたアルミニウムの手触りを失ってしまう。さらには重量が増し、やぼったく、大きくなってしまうiPhone用のプラスチックやシリコン製のケースは、できるだけ避けたい。

けれど手のひらのなかで、iPhone6s本体を持ちやすく、しっかりサポートしてくれる。そして机の上に置いた時には擦れを防いでくれる。さらには可能な限り軽く、iPhoneのかたちを乱すことがない。最小限のパーツで、これらの最大限の効果を発揮してくれる。それがこの「Radius」です。





「Radius」は剛性の高い6061アルミニウム製。iPhoneの4つのカドをカバーするパーツと、それを繋ぐ「X」のバーから出来上がっていて、ステンレス製のビスでそれぞれのパーツがしっかり固定されています。

「Radius」をお使いいただく大きな意味は、iPhoneをしっかり手にフィットさせ、持ちやすく、しっかり握りやすくすること。

結局、「面」でiPhoneを覆うのであれば、滑りやすい本体の上に、またさらに滑りやすい面を加えるだけになってしまい、単にケースぶんだけ重量が増えるだけです。





そこで「Radius」は、できるだけ指や手のひらの中に引っかかりが生まれる箇所を増やしてやることで、しっかりと持てること、滑り落としづらくなるように、4つのカドのパーツとX字の梁がストッパーとしての役割を果たすよう、建築学の視点からその構造を作り出しました。

もちろんすべてのスイッチやコネクタに覆いをかけてしまうこともなく、電波を遮断することもありません。さらに重量はわずか5.7グラムと極めて軽量。デリケートなカメラの周辺を守り、机の上に置いた時に背面パネルや液晶面を擦れから守ることも可能。

もちろんiPhone6sのなめらかな液晶パネルの側面の仕上げに指先で触れる時の心地よさも、決して妨げることはありません。







Supported Products


iPhone6s 専用
iPhone6s Plus専用


*それぞれの機種、専用のものを用意しています。そのほかのiPhoneではお使いいただくことはできません




Weight


for iPhone6s:5.67グラム
for iPhone6s Plus:8グラム


Material


本体:6061アルミニウム
ネジ:ステンレス

Country of Manufacture


アメリカ製

Accessories


レンチ(取り付け・調整用)
予備用ネジ:1個

Designer


Hendra Bong

Brand Name


mod-3(アメリカ)

この製品はKickStarterの支援で生まれました


























Product Guide


「面」ではなく「梁」の構造で守る。「Radius」は最適な素材を厳選し、
極めて高い精度で作り出されるパーツを使用して作られています。














「Radius」は素材に6061アルミニウムを使用しました。この素材は強度が高く、耐食性が良好なことから、建築物や車両、船舶の構造体にも使われている素材。このアルミニウム合金を使用して、一般的なiPhoneカバーとは違い、「面」ではなく「梁」構造にして、可能な限り細く、しかし耐久性を失わない構造として完成させたのが「Radius」です。

重量はわずか5.7グラムと極めて軽く、装着していることを忘れるほど。しかし精度高く製造することによって、iPhoneに取り付けた時には、机の上に置いてご利用いただくときにも、ガタついたりすることはありません。










カドを守るパーツはiPhone6sの曲面に沿ってしっかりとフィットするように作られています。また手にしっかりフィットさせることができるよう、あえてエッジを残して、持ちやすく仕上げてあります。

さらにiPhoneを充電する時や、イヤフォン用のコネクタ周りも完全開放。ケースが邪魔して、ケーブルがうまくささらない、などということもまったくありません。電源スイッチやボリュームスイッチも同様で、ミュート用のスイッチも完全開放です。










iPhone6sの大きな魅力は、液晶画面の側面の、極めてなめらかな仕上げ。画面をスクロールさせる時など、指を上下にさせる時は心地よいほどの触感で、これは従来のiPhoneとは一線を画すもの。Apple純正を含めて一般的なiPhone6s用ケースはこの部分にも覆いをかけてしまいますが、「Radius」ではまったく影響を与えることはありません。液晶画面のつるっとした心地よい触り心地は、そのままで毎日お使いいただくことができます。

もちろんスクリーンを下向きに置いた時にも液晶画面が直接、接地面に触れることがないよう作られており、一般的な液晶保護フィルムと併用していただくことも可能です。










高度な機能が搭載されているために心配なカメラのレンズ周りは、あえてこの部分を守るパーツを大きくして、しっかりと保護します。手が触れづらい構造にもしてありますので、あやまってレンズを汚してしまうことを防いでくれます。









4つのアルミパーツを固定し、さらにiPhoneの背面を守る放射状(Radius)の「X」字のパーツも、極めて高い精度で作られています。本体には完全に密着することなく、1ミリほど浮き上がるように作られています。さらにiPhoneをテーブルに置いて使用する場合にもガタつきが発生しないようになっています。

女性の手にも馴染み、iPhoneのデザインを損なうことのない、しかし高い強度と精度を備えたこの「梁」の役割を果たしているパーツの幅は、わずか2.5ミリ。製造から組み立てまで、アメリカ、カリフォルニア州の工房で、熟練工によって丁寧に製造と仕上げが行われています。

またiPhone6sの本体カラーに合わせてお選びいただけるよう、ブラック、鏡面仕上げのシルバー、つや消しのゴールドと、3つのカラーを用意しています。



























Product Guide


最小限のパーツを使いながら、手に馴染んでiPhone6sを持ちやすくしてくれる。
これがこの「Radius」の最大の特徴です。















結局、「面」でiPhoneを覆うのであれば、滑りやすい本体の上に、またさらに滑りやすい面を加えるだけになってしまい、単にケースぶんだけ重量が増えるだけ。そこで「Radius」では、iPhoneを手にした時に、できるだけ指や手のひらの中に引っかかりが生まれる箇所を増やしてやることで、しっかりと持てること、滑り落としづらくするためのストッパーとして各パーツが働くような構造を作り出しました。この構造体の重量は、わずか5.7グラム。装着していることを忘れるほどです。









iPhoneを持った時に、「X」字のパーツには自然と指先が添えられ、背面からしっかりとiPhoneを支えることができます。









iPhoneの底面部分は、同じくアルミパーツが滑り止めとなって、手のひらの中と指先にフィットします。iPhone6sでは本体の側面が丸くなっていて滑りやすく不安定になりますが、このパーツがあることで指に引っかかりができて、安定が生まれます。








上面部分は親指と人差し指がアルミパーツに沿ってホールドすることができます。








このように、最小限のパーツだけを使用し、その構造を工夫して、最大限の効果を上げるよう考えられたのが「Radius」。建築家である Hendra Bongが、ミニマリズムの考え方を応用してiPhoneを保護する、使いやすくするモノを作ることができないだろうか、という発想がその原点です。



















Product Guide


「Apple純正シリコーンケース」と「Radius」の違い














まず「Apple純正シリコーンケース」をiPhone 6に取り付けてみました。ケースの重量は17グラムで、単体だと軽いのですが、iPhone本体に装着すると、重量が増えたような感触が残ります。また横幅も広がり底面も膨らみますので、iPhone 6のスリムなイメージは失われ、ひとまわり大きなサイズになったように思います。

両サイドのボタンは上からカバーで覆われ、また、ミュートスイッチも小さな窓からの操作になりますので、残念なことに操作性は少し失われてしまいます。また背面もすべてシリコンで覆うカバーですから、使ううちにホコリが付着し、定期的なお手入れの必要があるでしょう

最も残念なことは、iPhone の液晶画面の側面が覆われてしまうこと。iPhone 6はガラスの側面が滑らかに美しく仕上げられ、たいへん指感触がよくなっているという大きな特徴があります。しかし純正のシリコーンケースを使用するとこの縁の部分がケースで覆われてしまい、この感触のよさがまったく失われてしまうのです。















今度は「Radius」を取り付けました。背面はきちんと「X型」のアルミニウムで守られているため、テーブルに置いたときにも一切、接触することは無く、擦れてしまうこともありません。iPhone6では特に、少し前面に飛び出しているカメラのレンズが気になりますが、「Radius」はこの部分のパーツを大きくして、しっかりとレンズとフラッシュまわりを保護します。

液晶面を下に伏せて置いた場合にも、液晶ガラスが接地面に接触してしまうことを防ぐ構造になっています。もちろんお好みの液晶保護シートとの併用も可能です。

四方のアルミ製バンパーは、4つのカドを保護するだけではなく、手に持った時に持ちやすく、滑り落としづらいように、引っかかりをつくってくれます。

さらに「Radius」装着時は、3つのボタンはもちろん、カメラのレンズ、イヤフォンやLightningコネクタ、スピーカーなど、すべての部分が露出しています。iPhoneをカバーなどで覆ってしまった状態とは異なり、これらスイッチの使用やコネクタに接続する時などの、カバーが存在することによる煩わしさからも一切解放されます。

また、iPhone 6はたいへん薄型のボディーのため、テーブルに置いた時に持ち上げづらいものですが、この「Radius」装着時はテーブルから2ミリほど浮き上がり、隙間ができます。そのためこの部分に指先が入ってiPhone6を持ち上げやすくしてくれます。

















Package


贈り物にも最適なパッケージでお届けします。













製品はブック型の紙製パッケージに入っています。また日本語の製品解説入りで、組み立てとメンテナンス用のレンチも付属しています。

パッケージサイズ:18×9.5×2 cm
日本語解説書付属

















iPhoneへの取り付けは簡単です。まず組み立て済みになっている「Radius」の上面の2つのパーツを取り外します。付属のレンチによってネジを緩め、iPhone本体にはめ込んだ後に、上部のアルミ製パーツを再び元にもどします。それぞれのパーツ、4つのネジをしっかり締め直すと作業は完了です。






















Product Guide


「The Radius」は、iPhone6s 用と iPhone6s Plus用、
2つのサイズのiPhone それぞれに専用のバリエーションを用意しています。




















Variations


iPhone 6s の本体の色にあわせ、3つのカラーからお選びいただくことができます。













The Radius for iPhone6s ブラック

本体価格 ¥8,800 (税込価格 ¥9,504)

NEW>> 最新の iPhone6s 専用です。

Weight


5.67グラム

Supported Products


iPhone6s 専用


*そのほかの機種ではお使いいただくことはできません















The Radius for iPhone6s シルバー

本体価格 ¥8,800 (税込価格 ¥9,504)

NEW>> 最新の iPhone6s 専用です。

Weight


5.67グラム

Supported Products


iPhone6s 専用


*そのほかの機種ではお使いいただくことはできません















The Radius for iPhone6s ゴールド

本体価格 ¥9,800 (税込価格 ¥10,584)

NEW>> 最新の iPhone6s 専用です。

Weight


5.67グラム

Supported Products


iPhone6s 専用


*そのほかの機種ではお使いいただくことはできません











Variations


iPhone 6s Plus用は3つのカラーからお選びいただくことができます。




















The Radius for iPhone6s PLUS シルバー

本体価格 ¥9,800 (税込価格 ¥10,584)

NEW>> 最新の iPhone6s Plus 専用です。

Weight


8グラム

Supported Products


iPhone6s Plus専用


*そのほかの機種ではお使いいただくことはできません















The Radius for iPhone6s PLUS ゴールド

本体価格 ¥10,800 (税込価格 ¥11,664)

NEW>> 最新の iPhone6s Plus 専用です。

Weight


8グラム

Supported Products


iPhone6s Plus専用


*そのほかの機種ではお使いいただくことはできません















The Radius for iPhone6s PLUS ブラック

本体価格 ¥9,800 (税込価格 ¥10,584)

NEW>> 最新の iPhone6s Plus 専用です。

Weight


8グラム

Supported Products


iPhone6s Plus専用


*そのほかの機種ではお使いいただくことはできません










Options










The Radius for iPhone6/6 Plus ステンレスネジ・セット

本体価格 ¥300 (税込価格 ¥324)

注文不可

輸入代理店欠品中

「The Radius for iPhone6s」もしくは「The Radius for iPhone6s Plus」用のステンレスネジセット。1セットで5個のネジ入りです。万が一、紛失した場合は、こちらのパーツを使用してください。

Supported Products


The Radius for iPhone6s
The Radius for iPhone6s plus



Quantity


5個セット










Interview


デザイナー・インタビュー mod-3 の Hendra Bong さんにうかがいました








mod-3は2012年に設立され、サンノゼに拠点を置いているデザインチームです。「Radius」はミニマリズムとアーキテクチャーの融合から発想された製品で、KickStarterでプロジェクトは発表され、目標の2倍の支援を受けて製品化を成功させました。

デザイナーでありmod-3の設立者でもあるHendra Bongは、ハーバード大学で建築の大学院学位を取得。その後、工業デザインと建築、都市計画に携わり、大手の建築事務所でカリフォルニアや中国の教会から、貿易センターの建築物まで、多くのプロジェクトに関わり、10年の経験を積んできました。









この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


「Radius」の始まりは、販売されているほとんどすべてのiPhoneカバーが、iPhoneの美しさを覆い隠してしまっていることにmod-3のデザイナーが気づいたことからでした。

大きなケースで覆ってしまうことなく、iPhone本来のデザイン/質感を維持しながら、本体も保護するという選択肢があるという我々のビジョンを共有したかったのです。




最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


「Radius」はデザイナーがもつ建築デザインの経験と「ミニマリズム」の信念に大きく影響されています。20世紀のモダニズム建築を代表するドイツの建築家 ミース・ファン・デル・ローエ による「より少ないことはより豊かなことである(Less is More)」という言葉がデザインプロセスの出発点でした。

「ミニマリズム」とは過剰や不必要な装飾をすべて除いて機能を実現することです。

「Radius」は最小限の素材で、出来る限りシンプルに、必要最低限の4角をカバーすることで本体を保護しています。「Radius」には余計な部品やカーブやラインなどはありません。そうすることでiPhoneをシンプル且つ美しく引き立たせることができたのです。




この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


我々は、iPhoneに関連することはどんなものでも、iPhoneと同じように美しく、優雅なもので有って欲しいと考えています。

ケースはiPhoneにマッチするべきであるので、素材にもこだわっています。軽くて丈夫な航空機の一部にも使用される品質のアルミニウムとステンレス製のネジ。仕上げとカラーリングもiPhoneとのコントラストを楽しんでもらえるよう最高品質のものを選択しています。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


「Radius」は我々のデザインへの情熱とクラフトマンシップの結晶です。

些細なディテールにも、デザイン、製造工程において細心の注意が払われています。「Radius」はひとつひとつ職人が手で研磨しており、その輝きはまさにアートです。「Radius」はただiPhoneを保護するということ以上に、デザインとクラフトマンシップを大切にするというライフスタイルの表明でもあるのです。







Recommendations









身近な「モノと紙」の情報をデジタル整理。iPhoneを使って、手早く綺麗に。これまで遠い存在だったドキュメントスキャナーを身近にする、新しいデジタル装置。「SNAPLITE」もお勧め