読みかけのページに貼る。チェックしたい場所を覚えておく。注意箇所をマークしておく。すると、ページの上には楽しいこと。ひとつの街の風景ができあがります。

sticky page markers

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)

あなたが今よみかけの本、勉強用のノート、そしてお仕事の資料の上から立ち上がる、街の風景。そんな楽しい「付箋」。日本在住の英国人デザイナー、ダンカン・ショットンがデザインしました。

読みかけのページに貼る。あとからチェックしたい場所を覚えておく。注意箇所をマークしておく。すると、ページの上には楽しいことに、ひとつの街ができあがります。「TOKYO」のシリーズにはおなじみの建物に加えてゴジラが。「NewYork」には摩天楼に登ったキングコングがいますよ!

あなたが貼る位置でその風景は変わります。お気に入りの風景になるように、位置を工夫して楽しんでくださいね。もちろんノリは再剥離タイプで、繰り返し貼り付けることができます。

ひとつのパックには4つから8つの建物や風景が入っていて、20シートの重なりです。本体は紙製ですから、自由にメモを書くことも可能です。ちょっとした贈り物やお土産としてもご利用ください。




Sizes


パッケージ:13.5×6cm

Weight


約10グラム

Quantity


ひとつのアイコンにつき、20シートいり(パッケージごとに、4つから8つのアイコンが入っています)

Material


本体:紙製 再剥離可能

Designer


ダンカン・ショットン


















Variations






sticky page markers Tokyo

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers NewYork

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers London

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers HongKong

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers Polar

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers Forest

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers Ocean

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers Sky

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers Desert

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)










sticky page markers Mars

本体価格 ¥720 (税込価格 ¥778)









Interview


デザイナー・インタビュー 
Duncan Shotton Design Studio ダンカン ショットンさんにうかがいました










最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


印刷されたページマーカーは、ほとんどが人の目視にて確認しながらの切断によって生産されます。一般的に大量の紙を切断する際に3mmほどのズレが生じてしまうため、人の目が必要になるのです。またそれでも生じてしまう少しのズレを考慮し、普通は外側3mm幅にはデザインが印刷されないようシンプルにするのが暗黙のルールとなっています。

ですが、僕はどうしても自分のデザインの 細部まで、思う通りに印刷された商品を作りたい気持ちでした。工場に相談し、ギリギリの外側1mmまでデザインが印刷できるような切断方法をお願いすることができました。もちろんその分費用はかかりますが、僕のページマーカーは、思い描いていた通りの完璧な商品に仕上がりました。




AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


日本に住み始める以前に、ふとしたことからAssist-Onのお店を見つけました。 初めてこのお店に足を踏み入れた時から、「いつか僕の商品が ここに並んだら」と夢見ていました。そして今、僕のデザインした商品たちが実際に店頭に並んでいます。AssistOnにお立ち寄り頂き、僕の商品を手に取ってくれた皆さんに感謝の気持ちで一杯です。

「つまらない日常の出来事も楽しく!」そんな僕の商品が、皆さんのお役に立てますように。
















Recommendations





同じデザイナーがつくりました。使ううちに、あら、こんなところから、きれいな7色の虹が浮かび上がる。使うのが楽しくなる。とってもハッピーな鉛筆ができました。「Rainbow Pencils」もお勧め