身近な文房具やモバイル用のコードから、ヨガマットまで。きちんと束ねて、取り外しも簡単。新しい「モノを束ねるための」道具ができました。

"Pixi" Multi-purpose Ties

モノやケーブル類を束ねておくための、道具。すでに市場にはたくさんの種類のものが出来ています。例えばベルクロで出来たものや、ナイロン製のもの。しかしそれらの製品には利点を持ちながらも、同時に欠点も備えていました。

例えばナイロン製の結束ベルト。価格も手頃で、しっかり固定できますが、一度しか使うことができません。またベルクロ製のものは繰り返しの使用は可能ですが、固定する力が弱いという面があります。

しっかり固定ができて、取り外しも瞬時にできる。そして束ねた後から調節も可能。さらに束ねたモノを吊り下げて保存・管理することもできる。

これまでに無かった、モノを束ねるための小さな道具。ゴムバンドとTPU素材のロック機構を備えた BlueLoungeデザインの新しい道具、それがこの「"Pixi" Mulit-purpose Ties」です。






例えば携帯用のモバイル機器のための電源ケーブルを束ねる。ヨガマットをくるっと巻いて固定する。工具や家電のコードまとめ、アウトドア用品にも。ゴムでくるりと巻いた後にミゾに通して固定。その後に再びゴムを引っ張ることで調節も可能。もちろん取り外して、何度もお使いいただくことができます。

ゴムが伸び縮みする、という機能性を利用して、首から下げる社員証用のネックホルダー。カギやお財布とバッグを繋いで、落下防止用のコードとしても利用できます。

ゴムの太さと長さが違う、3つのサイズを用意しましたので、束ねたいモノの大きさに合わせて自由にお選びいただくことができます。







Quantity


スモール:8本入り
ミディアム:6本入り
ラージ:4本入り

Material


ゴム、TPU

Designer


Dominic Symons

Brand Name


BlueLounge
































Movie


「Pixi」の使い方を動画で解説します。(1分20秒 音声が出ます)






















How to Use


束ねたいモノにくるりと捲きつける。
そしてゴムを引っ張りながらミゾに落とし込んで固定。それだけでしっかり留まります。














「Pixi」の使い方は、まず束ねたいものに、くるくると捲きつける。その後、ゴムを引っ張りながら細くなったゴムをロックパーツのミゾに落とし込む。それだけです。引っ張られたゴムがミゾを通過したあと、再び元の太さに戻ることでミゾの隙間が無くなり、しっかりロックされます。

2本のゴムが同時にミゾに入らない時には、1本ずつミゾに固定すれば良いでしょう。何度か着脱を繰り返して、コツをつかんでください。

「Pixi」の特徴は、お好きな場所で固定ができること。さらに2本のゴムが左右に並んでミゾに落ちていれば、そのまま引っ張ることで、束ねた後から締め付け具合を調節することも可能です。









先端にあるプラスチックのパーツはこの調節の時にロック機構からゴムが抜け落ちるのを防いでくれる機能を持っています。またロックを外す時も、このチップの部分に指を引っ掛けて、ゴムを引き上げてると取り外しができます。ゴムを引っ張って伸ばしながら行うと、取り外しやすくなります。







「Pixi」の取り付け方は2種類あります。そのまま固定する方法と、いったんロック機構の間を通してから固定する方法。そのまま取り付けると束ねたいものにロック機構が沿った位置に。くぐらせると上面に浮き上がった位置になります。

たとえばロックした後にできた輪っかを使って束ねたものをぶら下げたい場合には、くぐらせる方法を使うとゴムが外れづらくなります。お使いになるモノや場所に合わせて使い分けてください。














Product Guide


3つのサイズを用意しました。
1つのサイズにつき、短長、2種類の長さのものがパックになっています。














「Pixi」では、お使いいただく場所とモノに合わせて、3つのサイズを用意しました。また、スモール、ミディアム、ラージ、3つのサイズに2種類の長さをセットにしています。カラーもサイズごとに取り揃えることで、固定していただくモノに合わせて分類をしていただけるように配慮しました。








上の写真の最上段がスモールサイズ。下段・右がミディアムサイズ、左がラージサイズです。さらにサイズにあわせてゴムの太さも変化させてありますので、身近なコードから、ヨガマットやキャンプ用品などの大型サイズのものを束ねるための強度を増やしています。





















Variations


スモールサイズ










身近なケーブル類を固定するのに最適なサイズです。iPhoneのコードをまとめたり、ヘアドライヤーのコードを束ねたり。食べかけのスナック菓子の袋を留めたり。さらに配線用のコード固定にも便利でしょう。

長さは12センチと20センチのものが4本ずつ、合計8本が1袋に入っています。またグレーとブラック、ブルーとオレンジ色の2つのカラーバリエーションを用意しています。










Pixi スモール グレー&ブラック

本体価格 ¥1,700 (税込価格 ¥1,836)

Quantity


合計本数:8本セット

グレー(12cm):4本
ブラック(20cm):4本




Pixi スモール ブルー&オレンジ

本体価格 ¥1,700 (税込価格 ¥1,836)

Quantity


合計本数:8本セット

オレンジ(12cm):4本
ブルー(20cm):4本







Variations


ミディアムサイズ










少し太めの電源コードや園芸用のホース、アウトドア用品などを束ねるのに便利なサイズです。長さは32センチと44センチのものが3本ずつ、合計6本が1袋に入っています。カラーはグリーンとブラックです。










Pixi ミディアム

本体価格 ¥1,700 (税込価格 ¥1,836)

Quantity


合計本数:6本セット

グリーン(32cm):3本
ブラック(44cm):3本




Variations


ラージサイズ










「Pixi」のシリーズの中で大型のものを固定するのに最適なサイズと太さです。大型のコードや工具用、電気工事などのゲーブルや機材の固定にも最適。持ち歩きに困ったヨガマットの固定もこのサイズをご利用ください。

長さは56センチと84センチのものが2本ずつ、合計4本が1袋に入っています。カラーはレッドとブラックの2色です。










Pixi ラージ

本体価格 ¥1,700 (税込価格 ¥1,836)

Quantity


合計本数:4本セット

レッド(56cm):2本
ブラック(84cm):2本










Interview


デザイナー・インタビュー Dominic Symonsさんにうかがいました







この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


ブレインストームセッションで、我々はユニバーサルな製品をデザインしたい、とムキになっていました。

例えば、ペーパークリップのように誰もが様々な目的で使えるようなものです。セッション中、あらゆるものを留める道具に会話が及び、ジップタイが出てきました。ジップタイは優れもので、ユニバーサルな製品、そして誰もが使っている、と気付いたのです。ですが、ジップタイにはちょっとした問題が2つあるのです。

1. 一度しか使えない
2. 固いので切るのが大変

これが出発点となり、すべてが始まりました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


ラッキーなことに、オフィスのデスクのすぐ後ろに3Dプリンターがあるのです。完璧なフィット感と機能を持つ形になるまで、あらゆる選択肢をテストし、ほんの僅かな寸法も何度も変更しなければならなかったので、3Dプリンターなしでは、この製品や機能を実現することは出来ませんでした。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


この製品で一番重要な素材はゴムひも部分で、決して他の素材に変えることは出来ませんでした「Pixi」のヘッド部分は、ソフトな触り心地でありつつ、ゴムひもをしっかり固定できるよう丈夫なものにしたかったのです。



アシストオンのお客様にメッセージをお願いします


自分たちで実際に「Pixi」を使ってみると、この製品の使い道はいく通りも思いつきます。シャワーを浴びるときに娘の髪を結んだり、鉛筆を束ねたり、たまった名刺をまとめたり、キッチンでポテトチップスの袋をとめたり・・・。

この製品の多用途は本当に素晴らしく、みなさんがどのような使い方をするのか、興味津々です。









Brand Story






"Everything should be made as simple as possible, but not simpler."

「すべてのものを、それ以上できないほど、シンプルに」

これがBlueLounge(ブルーラウンジ)の目指していること。

1999年、創設者でありデザイナーであるドミニク・シモンズとメリッサ・サンジャヤと共にロサンゼルスで設立。彼らが創り出すものは家具、靴、メガネ、そしてかゆいところに手の届くアクセサリーなど、多岐にわたります。そして、その考え抜かれたデザインによって、私たちの身の回りにある小さな問題の解決策を提案し、可能な限りシンプルな製品作りへの努力を続けています。







inFocus



BlueLounge 創立者兼デザイナー、ドミニク・シモンズさん
ロングインタビュー








iPadはまさに画期的な製品で、私自身スタンドの必要性を確信していました。
ところが、市場には「スタンド」が溢れているにもかかわらず、デスクや
テーブルの脇にiPad専用のスタンドを置くと言うアイディアがどうしても
気に入りませんでした。というのも、スタンドを置いていても常に使うわけ
ではなく、邪魔になってしまうことが多いからです。そこで、iPadを置いた
時にはスタンドとなり、iPadを置いていない時には何か他の機能持つような
製品を作ろうと思いついたのです。
iPadを置いていない状態でも、見た目に美しい製品を作ろうと。



このインタビューの続きを読む