バッグのハンドルに、バックパックに、ベルトループに。お水やお茶のペットボトルを固定して、着脱も簡単。使い良いカラビナ型のロックシステムとヌメ革で作りました

moca "Pet bottle Holder"

外出時に、街歩きに、お仕事場へと向かう途中に。ノドを潤すために、市販のお水やお茶のボトルを持ち運ぶ方は多いでしょう。

そんな時のために便利な、ペットボトルホルダー。ケース式のものやボトルホルダー、ハンガーと、いろいろなものが出ていますが、使いやすいと思えるものにはなかなか出会えませんでした。

そこで作られたのが、このmocaのペットボトルホルダー。発売以来、たいへん人気のあるキーホルダー、「moca "Bicycle Keyholder"」の基本構造をそのままに。バッグのハンドルや、バックパックのハーネスに取り付けたり、さらにズボンのベルトループに固定して、いつでもさっと使えて給水できるホルダーを作りました。





500ミリリットルのペットボトルのお水やお茶のボトルの首に取り付けることが可能。少し斜めにスライドさせて、しっかりと固定させることができます。

そしてこの「moca "Pet bottle Holder"」の大きな特徴は、バネを使った着脱式のロックシステム。大きくて、指先で摘みやすいフックの形状。ロック機構になっているバネを開け閉めしやすく、しっかり操作できます。お水を飲むときはその都度、引っ掛けた場所から取り外す必要がありますから、この着脱がすぐにできることは、ボトルホルダーとして、とても重要な機能でしょう。

さらにロック部分の扇型のユニークな形状は、ズボンのベルトループのような細いものから、バックパックのハーネスのDカン、さらにはある程度の太さのあるバックパックのハーネスなど、様々な形状の場所にも固定しやすくするためのデザイン。不意に外れてしまわない配慮も行われています。





この「moca "Pet bottle Holder"」は、革と金属、どちらも品質の良いものだけを選んでつくりました。

本体の革のパーツはヌメ革を使用。兵庫県、たつの市のなめし工場で作られたオリジナルのタンニンなめしの革。長く使っていただくために、あえて縁取りを糸で縫ったりせず、1枚革で仕上げて、破損や劣化してしまう箇所が無いよう、配慮してデザインされています。

金属のパーツは京都の金属加工工場で4ミリのステンレス板と真鍮からレーザーカッターで切り出されたもの。その後、バレル研磨をかけて、表面を滑らかに、風合いのあるように加工してあります。

革、そして金属と、どちらも関西のそれぞれの地場産業を支える高度な技術を備えた町工場で作られた、丁寧で高い品質を備えた素材を使用してつくられました。長くお使いいただくことで、革も金属も少しずつ変化して、さらにモノとしての味わいが増してきます。






Supported Products


一般的なペットボトルの飲料

*500ミリリットルサイズまで
*多くのボトルに対応していますが、すべてのボトルでの取り付けを保証するものではありません



Sizes


12.5×3.4×厚さ0.4cm

Weight


27グラム

Material


ステンレス・タンニンなめしヌメ革

Accessories


キーリング(2ケ)

Country of Manufacture


日本製(兵庫県・京都府)

Designer


成田吉宣

Brand Name


moca(日本)




Notes


製品の皮革はタンニンなめしのヌメ革を使っています。天然の皮革ですから元々ある小さなキズ、シワ、血筋や色むらがそのまま製品に現れることがありますが、革本来の風合いを最大に生かすためにそれらを隠す加工は行っておりません。























Product Guide


すべらせてしっかり固定する。500ccサイズの多くのペットボトルに対応します。












厚さ4ミリのアルミニウムのフックで、しっかり固定してお使いいただくペットボトルホルダーです。ペットボトルの首の部分に差し込んで、滑らせながらロック。いったん差し込んでしまうと移動中も外れづらいサイズになっています。

固定部分は硬質で、さらにある程度の厚さがありますので、親指で支えながら差し込んでください。最初、慣れるまで少し硬く感じますが、力加減などを調節しながら、差し込み方を工夫してみてください。

対応しているペットボトルは、500ミリリットルの多くのお水やお茶、ドリンク類ですが、こちらで試したところ、ほとんどのボトルで使用することができました。(例外・規格外がある可能性はあります)























Product Guide


取り付けやすく、勝手に外れづらい。
性能に定評のあるmocaのロック機構をそのまま使用しています。













カラビナ型のキーホルダーの場合、カギの着脱がとても簡単なのが利点でしょう。しかしベルトループからキーホルダーを取り外す時に、カギまで外れてしまうというトラブルに見舞われてしまうことがあります。これを防ぐため、「moca "Pet bottle Holder"」ではその形状に特別なデザインを施しました。

ロック機構の部分は、バネ式になっていて、革製のベルト部分を手で握ってやれば、指で簡単に押し開くことができ、バネが戻るとしっかり固定される構造になっています。ですから、例えばボトルをつけたままでの固定も手早く行うことが可能。お水を飲むときはその都度、いったん取り外す必要がありますから、この着脱がすぐにできることはとても重要なポイントです。

さらにロック部分の扇型のユニークな形状は、ズボンのベルトループのような細いものから、バックパックのハーネスのDカン、さらにはある程度の太さのあるバックパックのハーネスなど、様々な形状の場所にも固定しやすくするためのデザインです。









このロック機構の部分は固定用としてのご利用以外にも、キーリングを2つ付属させていますので、これを使ってキーホルダーとしてもご利用いただくことも可能です。

また同じ機構を備え、同じアルミ素材とタンニン染めのヌメ革を使った「moca "Bicycle Keyholder"」(下の写真・左側)こちらのキーホルダーもぜひ合わせてご利用ください。


















Material


厳選された良い素材だけを使い、
日本の製造技術て丁寧に、長くお使いいただけるようにつくりました













この「moca "Pet bottle Holder"」は、革と金属、どちらも品質の良いものだけを選んでつくりました。

本体の革のパーツはヌメ革を使用。兵庫県、たつの市のなめし工場で作られたオリジナルのタンニンなめしの革。長く使っていただくために、あえて縁取りを糸で縫ったりせず、1枚革で仕上げて、破損や劣化してしまう箇所が無いよう、配慮してデザインされています。

金属のパーツは京都の金属加工工場で4ミリのステンレス板、もしくは真鍮からレーザーカッターで切り出されたもの。その後、バレル研磨をかけて、表面を滑らかに、風合いのあるように加工してあります。

革、そして金属と、どちらも関西のそれぞれの地場産業を支える高度な技術を備えた町工場で作られた、丁寧で高い品質を備えた素材を使用してつくられました。長くお使いいただくことで、革も金属も少しずつ変化して、さらにモノとしての味わいが増してきます。




















Package


贈り物にも最適なギフト用の化粧箱に入れてお届けします












こちらの製品は紙製のパッケージに収納されています。
紙製の化粧箱入り 日本語の使用解説書 パッケージサイズ:13×6cm










Variations







moca "Pet bottle Holder" ブルー

本体価格 ¥3,400 (税込価格 ¥3,672)












moca "Pet bottle Holder" レッド

本体価格 ¥3,400 (税込価格 ¥3,672)












moca "Pet bottle Holder" ブラウン

本体価格 ¥3,400 (税込価格 ¥3,672)












moca "Pet bottle Holder" キャメル

本体価格 ¥3,400 (税込価格 ¥3,672)












moca "Pet bottle Holder" ナチュラル

本体価格 ¥3,400 (税込価格 ¥3,672)












moca "Pet bottle Holder" ブラック

本体価格 ¥3,400 (税込価格 ¥3,672)














Recommendations





新バージョンでさらに使いやすく。ベルトループにしっかり固定ができて、取り外しも素早く。使いよいカラビナ型のキーホルダーを良い素材だけを使ってつくりました。「moca "Bicycle Keyholder"





自転車に乗る時に必要な、ズボンの裾止め。スマートに着脱ができるよう、置き忘れや紛失を防いで、気持ちよく使えるようにしました。同じブランドの「moca "Bangle"」もお勧め





アクティブに動きたい時、身軽にしたい時にはユニットの分離が可能。贅沢なヌメ革と強靭なCORDURAナイロン、2つの素材を適材適所で使用した、新しいお財布。 「moca "CoinCase & Wallet"」もお勧め









Interview


デザイナー・インタビュー 成田吉宣さんにうかがいました









1979年 富山県出身
大阪デザイナー専門学校プロダクトデザイン科卒
モート商品デザイン入社

デザイン事務所として自転車パーツをはじめとしたスポーツプロダクト、家電、雑貨等を手がけてきた経験と、社員全員が自転車好きということもあり、2008年、自転車周辺アイテムを中心としたオリジナルブランド「moca」の制作、販売を開始




この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


従来のペットボトルホルダーはアウトドアテイストが強くスポーティな雰囲気なものが多いので、もっと日常にも溶け込むような雰囲気の商品が欲しいと思ったのがきっかけです。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください

ペットボトルが取り付けられるという便利機能に引っ張られすぎず、手にとった時の質感、重量感いったモノとしての完成度と身に着けた際に普段着になじむ納まりに配慮しました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


当初、金属部分は真鍮材を検討していましたが、使用を重ねていくと変形してゆるみが見られたので、最終的にはステンレス材を採用しました。

厚み4mmの板材をレーザーカットで切り出し、その後バレル研磨(大きな洗濯機のような機械に研磨剤といっしょに入れて、回転させて角をとる加工です)を施しています。

ステンレスは耐久性が高く、使っていくうちに擦れる部分は程よくツヤが出てきます。革はエイジングが楽しめるタンニンなめしのヌメ革で、兵庫県たつの市のタンナーさんにお願いしているオリジナルのものです。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


お客様それぞれのライフスタイル_服装、バッグ、持ち物に合わせてご使用いただければ嬉しいです。その上で日々の生活に溶け込むような日用品になれれば幸いです。