奈良時代から高貴な素材として重用されてきた「本錫」のユニークさに注目。清潔で肌に優しい、自由にカタチを変えられる不思議な金属で作ったブレスレット。

tin breath

「スズ(錫)」という素材をご存知でしょうか。日本では奈良時代に茶器と共にもたらされたという記録があり、正倉院の中にもこの「スズ」製の宝物が存在しています。

酸化や腐食に強いことから、錆びない、朽ちない金属として、ながらく特権階級の人々だけが使うことのできる高級な酒器や茶器、飲食器として、そして神具のための素材として重用されていました。

このような歴史的な背景と優れた特徴を備えた金属、スズは、もうひとつの驚くべき性質を備えた素材です。通常、私たちは金属は「硬い」ものである、という先入観があります。しかしこの「すず」という金属は分子構造が粗いため、手でかるくひねっただけで、簡単に変形してしまうほど「やわらかい」素性を持っています。そのため、通常は合金として使うもの。

しかし私たちはこの「すず」が柔軟にカタチを変えてくれる金属であることに注目しました。従来のブレスレットでは、装着される方の手首のサイズに配慮する必要があります。しかし99.99%の純度をもつ本錫(ほんすず)でブレスレットを作れば、自由にお好みに合わせて調節が可能。装着するときも、手首にくるっと巻きつけて自由に固定したい位置で簡単に留めることができます。

さらに本錫は抗菌作用があり、金属アレルギーを起こしづらい、肌に優しい金属。錆びず、柔らかく、お手入れも簡単。これらのスズの大きな特徴と魅力に着目して作ったのが、この「tin breath」です。






この「tin breath」を製造しているのは、400年もの歴史を持つ日本有数の金属産業の町、富山県・高岡市。加賀百万石の庇護の下、銅器をはじめとする金属産業が発展し、その技はすぐれた伝統工芸品とともに育まれ、同時に世界の最先端技術を備えて、身近な道具や製品として、さらには多くの建築物を支える製品、部品を作り続けています。

この「tin breath」を作る「NAGAE+ 」ブランドも、実は60年以上の歴史を備えた金属加工メーカーと、世界有数の先端技術を備えた金属加工職人たちが、ひとつひとつ作り続けています。純度99.99%の本錫を溶かし鋳造し、薄いバングルにすることは、非常に高い技術が必要。今回の製品のために、新しい鋳造方法が職人によって考え出され、今回製品とすることができました。

この「tin breath」をゆっくりと折り曲げて、手首に巻きつけてみてください。その時、「ピキピキ」と小さな音がこのブレスレットから聞こえてくることがあるでしょう。実はこの現象も「すず」という素材が持っている特性のひとつです。これは古くから「スズ鳴き」という現象。カタチが変化させられた時にスズの分子同士が擦れ合って発せられる音です。

金属なのに人肌に馴染みやすく、やわらかな素材であることに加えて、不思議な音を発することから、それをスズの呼吸、その息と捉えて、「tin breath」という名前を付けました。

上品で美しい本錫という素材が持つ質感に加えて、表面の片面には越前和紙、もう片面にはイタリアの水彩紙を用いたテクスチャ処理を施して、リバーシブルでお楽しみいただけるようしました。

お好みで5つの幅からお選びいただけるようにしました。最も標準的なサイズは40ミリです。ぜひあなたの大切な方への贈り物にお役立てください。











Material


スズ(本錫 99.99%)

Country of Manufacture


日本製(富山県高岡市)

Designer


鶴本晶子

Brand Name


NAGAE+






































Product Guide


日本では奈良時代から使われている錫(すず)という素材、
そのすぐれた特性と質感の素晴らしさに着目してつくられました。














「tin breath」に使われているのは「スズ(錫)」という素材。日本では奈良時代に茶器と共にもたらされたという記録があり、正倉院の中にもこの「スズ」製の宝物が存在しています。酸化や腐食に強いことから、錆びない、朽ちない素材として、ながらく特権階級の人々だけが使うことのできる高級な飲食器の素材として重用されていました。

そして時代は下り、江戸時代には町民の間でも酒器や煎茶道の器、さらには神社で使われる神具として使われるようになっていきます。海外でも古代エジプト時代から知られており、中世ヨーロッパではこのスズを使った食器は貴重な高級食器として使用され、教会のパイプオルガンのパイプもこのスズを主な原料とした合金で作られます。

このような歴史的な背景と優れた特徴を備えた金属、スズ。もうひとつの驚くべき性質を備えた素材です。通常、私たちは金属は「硬い」ものである、という先入観があります。しかしこの「すず」という金属は分子構造が粗いため、手でかるくひねっただけで、簡単に変形してしまうほど「やわらかい」素性を持っています。酒器などを作るときはその柔らかさが欠点になってしまうため、スズは合金をつくる素材として利用されていました。








しかしこの「すず」が柔軟にカタチを変えてくれる金属である、そのことに私たちは注目しました。さらに抗菌作用があり、毒性も低く、金属アレルギーを起こしづらい性質があるということ。その身体にやさしいすぐれた金属である点が、アクセサリーを作るための大きな利点であると考えました。そこでこの99.99パーセントの本錫(ほんすず)を素材にして、ブレスレットを作りました。それがこの「tin breath」です。

従来のブレスレットでは、装着される方の手首のサイズに配慮する必要があります。しかし「tin breath」は、自由にお好みに合わせて調節が可能。装着するときも、手首にくるっと巻きつけて自由に固定したい位置で留めることが可能です。

もちろん贈り物としてお選びいただくときにも、精密な大きさを測る必要はありません。種類は5つ、横幅の違いだけですので、一般的には「40ミリ」のスタンダードをお選びください。









この「tin breath」をゆっくりと折り曲げて、手首に巻きつけてみてください。その時、「ピキピキ」と小さな音がこのブレスレットから聞こえてくることがあるでしょう。実はこの現象も「すず」という素材が持っている特性のひとつです。これは古くから「スズ鳴き」と呼ばれる現象。カタチが変化させられた時にスズの分子同士が擦れ合って発せられる音です。

金属なのに人肌に馴染みやすく、やわらかな素材であることに加えて、不思議な音を発することから、それをスズの呼吸、その息と捉えて、「tin breath」という名前を付けました。









この「tin breath」を製造しているのは、400年もの歴史を持つ日本有数の金属産業の町、富山県・高岡市。加賀百万石の庇護の下、銅器をはじめとする金属産業が発展し、その技はすぐれた伝統工芸品とともに育まれ、同時に世界の最先端技術を備えて、身近な道具や製品として、さらには多くの建築物を支える製品、部品を作り続けています。

この「tin breath」を作る「NAGAE+ 」ブランドも、実は60年以上の歴史を備えた金属加工メーカーと、世界有数の先端技術を備えた金属加工職人たちが、ひとつひとつ作り続けています。純度99.99%の本錫を溶かし鋳造し、薄いバングルにすることは、非常に高い技術が必要。今回の製品のために、新しい鋳造方法が職人によって考え出され、今回製品とすることができました。























Product Guide


表面はやわらかな光の中に浮かび上がる、つや消しの銀色。
上品で美しい、和紙と水彩紙の写し込んだテクスチャ処理を施しました。














多くの製品の場合、スズという素材は、合金の状態で使われるもの。しかしこの「tin breath」は、スズという素材そのものの素晴らしさ、面白さ、質感の良さに触れていただくために、99.99パーセントの「本錫」の状態で製品としました。

しかしこの平らで薄い板状のものを、本錫で鋳造することはこれまでに無かった経験。この「tin breath」のために開発された技術によってつくりだされています。

そして表面の美しい、優れた質感。本錫そのものが備える、つや消しの落ち着いた色合いに加えて、さらにブレスレットとしてお使いいただくために、特殊なテクスチャ処理を施しました。








この「tin breath」のテクスチャー処理、実は日本とヨーロッパの「紙」を使って作り出したもの。それぞれ片方ずつに、違ったテクスチャ処理を施しています。

上の写真は、日本の和紙、越前和紙を使ったサイド。そして下の写真はイタリアで700年前から使われているコットン100%を使用した、独特な表情を持つ水彩紙を使用した表面です。それぞれの面を違う表面処理をすることで、リバーシブルで使える。 腕に巻きつける方向によって、「tin breath」ひとつで違った楽しみ方ができます。このような楽しみ方ができるのも、好きなようにカタチを変えることができるという本錫を素材として使ったことによる大きなメリットです。お召しになるその日の気分はファッションによって、自由にお選びになってください。


















Package


あなたの大切な方への贈り物に最適。スライド式のパッケージに製品の使い方と背景が良くわかる解説書を同封してお届けします。













製品の中身が半透明で見えるスライド式化粧箱
製品についての詳細がわかる日本語解説書つき
パッケージサイズ:20.5×9×3cm










Variations


「tin breath」は合計5つの種類。
長さはすべて同じで、幅の広さからお選びいただくことができます。













tin breath 40mm スタンダード

本体価格 ¥5,000 (税込価格 ¥5,400)



5つのサイズのうち、最もお使いいただきやすい、標準的なサイズです。標準的なブレスレットとして使いやすい大きさですから、贈り物にされる時に、迷われたらこのサイズをおすすめします。

Sizes


幅4×長さ20cm

Weight


約71グラム








tin breath 50mm ワイド

本体価格 ¥5,500 (税込価格 ¥5,940)



標準サイズより10ミリ増やした、ちょっと幅広バージョンです。

Sizes


幅5×長さ20cm

Weight


約88グラム








tin breath 60mm ワイド

本体価格 ¥6,000 (税込価格 ¥6,480)



5つのサイズのうち、最も幅広の60ミリのバリエーションです。

Sizes


幅6×長さ20cm

Weight


約103グラム








tin breath 20mm スリム

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)



標準的なスタンダードバージョンより20ミリ狭いスリムなバリエーション。大きなサイズのものを好まない方にもつけやすい大きさです。

Sizes


幅2×長さ20cm

Weight


約35グラム








tin breath 10mm ナロー

本体価格 ¥3,000 (税込価格 ¥3,240)



もっとも幅の狭い、10ミリのタイプです。指に何度か巻きつけて、指輪のようにお使いいただくこともできます。

Sizes


幅1×長さ20cm

Weight


約17グラム










Interview


プロデューサー・インタビュー 鶴本晶子さんにうかがいました












女子美術短期大学卒業後、NYと東京を拠点に、現代美術家コラボレーターとして、作品制作、マネージメント、企画に携わる。

2007年から2014年まで「SUSgalleryブラン ド」マネージング&クリエイティブディレクター として、世界的に例を見ないチタンハイエンド テーブルウエアー「SUSgallery真空チタンカップ」のブランディング、商品開発、製造管理、から流通開発までをトータルで行い、日本国内のテー ブルウエアブランド、一流流通を作り上げる。 2015年より高岡の株式会社ナガエを母体とする「NAGAE+」の取締役ブランドマネージャーに就 任し、高岡の脈々と受け継がれて来た金属加工技 術を軸に、メイドインジャパンのプラットホーム ブランド創りをスタートさせる。



この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


金属の太く大ぶりなバングルが大好きなのに、硬くて重くて、大きさの調整も難しく、ぶつかると音がして、なかなか良いものが見つからない。

そんなことを考えていましたら、新ブランドの商品開発中に、金属なのにやわらかな錫の皿の開発をしていくなか、小皿のサンプルが仕上がってきた時、なにげなく腕にまきつけた時!!ハッとひらめき、金属でやわらかに腕にまきつけられるバングルの開発化を思いつきました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


錫を溶かし鋳造して薄いバングルにしていくのがとても難しく、新しい鋳造方法を職人たちに考えてもらえました。それでも金属の表面がなかなか美しく仕上がりませんでした。

そこで、ぼこぼこした紙のテクスチャーである日本の和紙とイタリアの水彩紙のテクスチャーを金属に付けてはどうかとひらめきました。形状はどんな年齢やスタイルにも合うように、ごくごくシンプルにしました。まるで金属なのに紙の破片をまとっているように!



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


99.99%本錫を使用しています。錫は酸化や腐食に強い為、古来より食器として重宝されてきました。そのやわらかさが特徴で、このブレスレットに生かされています。




AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


たくさんの偶然が重なり生まれた、今までになかった、メイドインジャパンの錫のブレスレットを様々なコーディネートに生かしてください。














Brand Story








2015年、風薫る新緑の季節、新たなるライフスタイルブランド、NAGAE+が誕生致しました。新ブランドは脈々と受け継がれてきた高岡の美を核に、日本の技術を結晶させ、世界へと羽ばたかせて行きたいと考えています。

NAGAE+の母体株式会社ナガエは、60年前、金属加工技術で名高い富山高岡の地で、4人の職人とわずかな工作機械で産声を上げました。戦後の厳しい時代を生き抜き、高度経済成長期に技術革新で大きく成長し、時代の変化に合わせ柔軟に舵取りを行いながら、現在まで日本の人々の生活を金属加工で支え、輝かせ続けてきました。

NAGAE+はナガエにポジティブな足し算で様々な、人・モノ・ことが大きく成長していくことをコンセプトに名付けられました。

日本のモノづくりを世界へと発信し続けてきた鶴本晶子をブランドマネージャーに迎え、高岡を象徴するキーワード『美』を核に本物の素材を生かし、日本の伝統の技に拘りながら、先端の技術も取り入れ、今とこれからのライフスタイルに向けて、デザイン性の高い、メイドインジャパンの製品を、日本のプラットフォームブランドに昇華させ、世界のブランドへと結晶させて行きたいと考えています。

























Recommendations







使いやすさはもちろん、お仕事場所、ベッドサイド、お風呂場に違和感なく置いていただけるマッサージツール。富山県・高岡の高度な技術から生まれました。「collinette