目的に合わせて柔軟に変化する使いやすさ。従来のバッグ作りには無かった視点ですべてを再設計。ノートPCから一眼レフまでを収納できる、新時代のメッセンジャーバッグ

The EVERYDAY MESSENGER

New : 13インチMacBookに最適化した小型版を新たに追加しました! Link >>The EVERYDAY MESSENGER 13"

シックで落ち着いた色合いと、独特の良い風合いの素材を使ったメッセンジャーバッグです。外見はオーソドックス。しかしその機能性の高さ、使いやすさは、これまでのメッセンジャーバッグの概念をまったく変えてしまうでしょう。

サンフランシスコの新しいデジタルアクセサリーメーカーとして注目を集めている Peak Design。彼らが自分たちにとって「毎日の使用に耐えるバッグ」「毎日、本当に使いたいと思うバッグ」を求めて、バッグのあり方をゼロから考え直して作り上げました。

素材を吟味し、収納物や目的に合わせて柔軟に変化する使いやすさを持っていること。そして従来のバッグ作りには無かった視点で、オリジナルのロック機構や金具類も再設計。一般的な身の回りのものから、ノートPC、タブレットPC、スマートフォン、デジタルカメラとレンズ類、さらには三脚までの収納力を装備。それがこのPeak Design「The EVERYDAY MESSENGER」です。





この「The EVERYDAY MESSENGER」のために新たに作られた新機構のひとつは「MagLatch Locking System」。これはメイン収納の上蓋をロックさせるためのもの。ステンレス製の引き手を使い、バネとマグネットを使って片手で開け閉めができるだけでは無く、固定する位置でバッグの収納量の増減も可能にするというもの。

バッグの使い心地を大きく左右してしまうショルダーストラップは3つのモードで固定が可能。標準的な斜めがけに加えて、バイクや自転車で移動する時に重要なサブベルト。このサブベルトは腰に固定させることもできます。ショルダーパッドは贅沢にショルダーベルトと一体型で仕上げ、さらにお好みに合わせて、左右、どちらの肩に架け変えることができる機能を設けました。左利き、右利き、どちらの方のお好みにもしっかり答えます。





収納機能もしっかり作りました。ノートPCやタブレットPC、スマートフォンの収納機能はもちろん、デジタル一眼レフカメラとレンズ、アクセサリーの収納にも対応し、本格的なカメラバッグとしてもお使いいただくことができます。

カメラとレンズをしっかり守って、効率よく整理するために今回デザインされたのは「FlexFold」。これは日本の折り紙にインスパイアされた仕組みで、あらかじめ設けられた折り目を自由に畳みながら、用途に合わせて変化するデバイダーが付属しています。

大きなフロントポケットは小物類の収納のために、しっかり作りました。予備バッテリーやサングラス、イヤフォンなど細々としたものは、すべてこの収納ポケットへ。ポケットの区切りはメッシュの伸縮素材で、使い勝手の向上を測りました。






生活用品はもちろん、カメラやノートパソコンの持ち運びにも対応したバッグですから、安全に持ち運べることはもちろん、雨や水滴から守ることも重要な役割。本体に使用したのは、Kodraナイロンを使用。繊維の太さは500Dで、軽くて耐久性があり、擦れにも強い新素材です。この素材にさらに耐久性撥水ワックスコート加工を施しました。これによって、生地に独特の風合いもうまれ、さらに耐水性能も強化しています。

またバッグの底面部分は防滴機能を強化するために、900dのPVCコーティング済みのPOLY素材を使用してプロテクト。もちろんバッグの底面部を補強する機能も担っています。またバッグ底面の内部に入れたEVAフォームを使用した緩衝材がクッションの働きをして、収納物をしっかり守ります。










Capacity


15" MacBook Pro
(37×25×2.5cm)専用収納
タブレットPC専用収納
カメラ・レンズ専用収納



Sizes


30x43x18cm

Weight


1200グラム
容量:最大20.5リットル

Functions


本体素材は撥水性能
本体底面部は防水性能あり

Material


本体:Kodraナイロン(500d)
*超軽量・耐久性撥水ワックスコート加工済み

本体ボトム:PVCコーティング済み POLY素材(900d)

インナー素材:EVAフォーム
ジッパー:YKK製プレミアム止水ファスナー

ストラップ:強化ナイロン
*ストラップ長:78〜142センチ
ストラップ金具:アルミニウム
*サンドブラスト クリアコート塗装済み

Accessory


仕切り(FLEX-FOLD):3枚
マイクロアンカー:1本
三脚用固定バンド:1本

Brand Name


peak design(アメリカ)


















Movies


まずは、まとめをご覧ください。
「The EVERYDAY MESSENGER」と Peak Design について。









「The EVERYDAY MESSENGER」と Peak Design について。このデザインハウスとこのバッグがどのように生まれたのか。その概略を映像にまとめました。(英語の音声が出ます 4分47秒)










Material


手触りが良いのに強度が高く、撥水性のある本体素材。止水ファスナーと、オリジナルの金具。その素材ひとつひとつを吟味して作りました。












この「The EVERYDAY MESSENGER」は使いやすい形と機能性はもちろん、その素材ひとつひとつを吟味して作りました。

生活用品はもちろん、カメラやノートパソコンの持ち運びにも対応したバッグですから、安全に持ち運べることはもちろん、雨や水滴から守ることも重要な役割。本体に使用したのは、Kodraナイロンを使用。繊維の太さは500Dで、軽くて耐久性があり、擦れにも強い新素材です。この素材にさらに耐久性撥水ワックスコート加工を施しました。これによって、生地に独特の風合いもうまれ、さらに耐水性能も強化しています。















バッグ本体の底面部分にはこの防滴機能を強化。さらに雨や水滴から守るために、本体の生地の上からさらに900dのPVCコーティング済みのPOLY素材を使用してプロテクト。もちろんバッグの底面部を補強する機能も担っています。またバッグ底面の内部に入れたEVAフォームを使用した緩衝材がクッションの働きをして、収納物をしっかり守ります。








ジッパーにはYKK製プレミアム止水ファスナーを使用。外部からの水滴の浸潤を防いています。またジッパーの引き手もオリジナル。しっかり持って、開閉しやすいものにしました。








ストラップのベルトには自動車のシートベルトにも使用されているガラス繊維入りの強化ナイロンを使用。強度としなやかさ、そして手触りの良さを備えています。またストラップの長さを調節するロック機構の金具にはサンドブラストを施したオリジナルのアルミ製金具を使用しています。「The EVERYDAY MESSENGER」の使いやすさの大きな機構であるこのロック機構については、後述します。










Product Guide


ワンタッチで閉じてロック。フリップのロック機構にはオリジナルの「MagLatch Locking System」を採用しました。












簡単に開け閉めできるのに、不用意にバッグの上蓋が開いてしまうことは無い。一見、矛盾に思えるこの機構を実現したのが、PeakDesignがこの「The EVERYDAY MESSENGER」のために開発した仕組み、「MagLatch Locking System」です。

この引き手はステンレス製。マグネットとバネの力を利用して、留めたい場所に持って行くと「カチッ」と音がして、しっかり固定してくれる。開く時はこの引き手を少し下に引っ張ってやるだけでロックが解除される。ワンタッチで素早く使える開閉機構。もちろん片手でも操作することができるように作られています。








これが「MagLatch Locking System」を裏側から見たところ。引き手にはマグネットが組み込まれていて、さらにその下にはロック機構のための「ツメ」が組み込まれています。またこの引き手は上下と前後に可動するようになっています。








この機構の構造が分かるようにフリップの布を少し上げてみた様子です。引き手にはツメがあって、それがバッグ本体のステンレス製金具のミゾに組み込まれてロックされる状態がお分かりでしょうか。

このシステムの使い方はとても簡単です。バッグの上蓋を固定したい場所に置いて、手を離すだけ。マグネットがバッグ本体側の金具に「カチッ」と吸い寄せられて固定。この時点でさらにツメが組み込まれて、自動的にロックされる仕組みです。

バッグの上蓋を開きたい時のロック解除も簡単です。この引き手の「O型」のリングの中に指を差し込んで、少し上に持ち上げるだけ。これでロックが解除されて、そのまま上蓋を開くことが可能です。








このロック機構が働く金具はバッグ本体に4箇所備えられています。これはバッグの中に収納されるモノの量によって調節を可能にするためのもの。

下の写真のように、上蓋を固定する場所を上下させることで、収納容量の変化が可能。バッグの側面部分もジャバラ式になっていますので、その容量にあわせてバッグの横幅も可変式です。これによって、バッグのメイン収納部の容量は、最大20.5リットルから最小13.5リットルに変化させることができます。この「The EVERYDAY MESSENGER」は、あなたの持ち歩きたいモノの量によって自由にサイズの変化するバッグです。

















How to Use


たくさんの荷物を持ち運ぶ時も、しっかりサポートしてくれる。バッグの要とも言えるストラップも多機能です。












バッグの使いやすさを決めるストラップ。「The EVERYDAY MESSENGER」のショルダーストラップは、歩行時はもちろんのこと、自転車やバイクでの移動にも対応した補助ベルトも装備。さらにPeakDesignがカメラ用ストラップの制作で培ってきた先進的な長さ調節機能も装備。ショルダーストラップを斜めがけする方向も、左右、どちらのにもお好みで変更することが可能です。










「The EVERYDAY MESSENGER」の優れたショルダーストラップの機能説明です。まずは動画の解説をご覧ください。(英語の音声が出ます 8分14秒)










これが通常のショルダーストラップの使い方。ストラップはガラス繊維入りのシートベルト素材を使用し、横幅は5センチ。耐久性はもちろんのこと、たいへんしなやかで、歩行時にもしっかりとフィットしてくれます。

またこの写真のように、標準では左の肩に掛けるようになっていますが、利き手やお好みによって、右の肩に掛け変えることも可能。写真の中央にある金属製のフックを取り外すと、バッグ本体からストラップの取り外しができ、逆方向に付け替えて使用することができます。

















自転車やバイクに乗るときには、バッグ底面から、もう一本のベルトを引き出してご利用いただくことができます。この写真は脇の下をそのサブベルトで固定する方法。このように固定すると運転中に不意にバッグが動いたり、前面に回り込んでくることもありません。きちんと背面に固定してくれますので、運転時の安全性をしっかりと確保してくれます。
















さらにこのサブベルトはバッグの左右の底面にも装備されていて、腰のところで結合させることができます。このようにするとさらに「The EVERYDAY MESSENGER」が背面に固定されますので、例えば山登りの時、そしてカメラでの撮影時などにはバッグがバタついたりすることがありませんので、とても快適にご利用いただけます。もちろんこのサブベルトは長さ調節が可能です。


さらにこのサブベルトは上の写真のように、カートに「The EVERYDAY MESSENGER」本体を取り付ける場合もこのようにご利用いただくことができます。









一般的なメッセンジャーバッグのショルダーパッドは、たんに緩衝材入りのパッドをベルトに取り付けただけのものや、もしくはパッド自体が存在しないものすらあります。

この「The EVERYDAY MESSENGER」では、このショルダーパッドにも手を抜きません。ショルダーベルトと完全一体化。さらにパッドの内部には8ミリのEVA製緩衝材を充填し、肩に柔らかく、しっかりとフィット。さらに使用時にも滑りづらい構造にしました。









Product Guide


お好みの位置で、ピタリと調節が可能。自社のカメラストラップの技術を生かしたオリジナルのベルト調節機構を搭載しています。











収納する荷物の量や、サブベルトを使うかどうかといったことで、通常のバッグに比べて、メッセンジャーバッグはストラップの長さを調節する機会が多いものです。しかし一般的な製品では、その調節が面倒で、好みの位置にぴったりと固定することは難しいものでした。

この「The EVERYDAY MESSENGER」では、これまでPeak Designがカメラストラップの開発で培ってきた技術をそのまま投入。このアルミ製のD型レバーを使って、自由にベルトの調節ができるようにしました。









調節をしたい時は、このDレバーを引き上げるだけ。このパーツを指で引っ掛けて上下させることで、無段階にベルト長の調節ができます。ショルダーベルトはガラス繊維入りのナイロン素材ですから、とても滑らかに調節することができます。また特にベルトをロックしなくてもバッグの自重を使って、好みの位置に固定される、という仕組みになっています。









Product Guide


あなたの動きに合わせて、スイングするショルダーベルトです。











一般的なバッグ、そしてメッセンジャーバッグといえば、ショルダーベルトは本体に直付けされているもの。しかし荷物の量が増えた時や、カメラやレンズ、ノートパソコンなどの携帯物の重量が増えたときの負荷の分散と安定性の確保のためには、このベルトが可動式であること。つまりスタビライザー式のストラップにすることに意味があることをPeak Designのデザイナーたちは発見しました。

バッグのショルダーベルトの固定部分には削りだしの金属を使って、本体にしっかり固定。あなたの動きに沿って腰の周辺にぴったりフィットしてくれます。もちろんバッグ本体の裏側にはショックを吸収してくれるEVA素材の緩衝材を入れたパッドが貼れていて、さらにフィット感を保ってくれています。
















そしてこれも多くのメッセンジャーバッグには無い構造ですが、やはりバッグの上面部分にはハンドルを設けました。床から持ち上げる時、電車の中など肩からぶら下げることが困難な場合にも、手提げバッグとして機能させることができます。このハンドルはショルダーベルトと同じシートベルト素材を使い、内部にはEVA素材のクッション素材を組み込んでいますので、握った手にも優しい触り心地です。











Product Guide


たっぷりな収納スペースがある。必要なものがすぐ取り出せる。そしてカメラやノートパソコン、タブレットPC、カメラやレンズなどが、きちんと収納できる。その収納力の高さが自慢です。










収納サイズが変化するメイン収納部は、オリジナルのパッドが付属して、デジタルカメラやレンズの収納も可能。iPhoneなどのスマートフォンの収納にも便利なサイドポケット。小物を分類して収納できるフロントの小物ポケット。そして15インチのMacBookProまで対応したノートPC収納と、それとは別に収納できるタブレットPC収納部。さらに三脚の持ち運びにも対応。これが全て、この「The EVERYDAY MESSENGER」だけで出来ることです。










「The EVERYDAY MESSENGER」の収納性能の説明です。まずは動画の解説をご覧ください。(英語の音声が出ます 9分5秒)









「The EVERYDAY MESSENGER」の収納について、その細部についての解説の前に、バッグ全体の構造についてご説明しておきましょう。上の図はバッグの輪郭を記したもの。ここでも一般的なメッセンジャーバッグとは違い、バッグを上から眺めると「台形」のような形をしているのがお分かりでしょう。

背面の幅は広く、これはノートパソコンを収納するために横幅を確保するためのもの。メイン収納部の奥行きは13センチ。さらに前面には5センチの小物ポケットがあります。











Capacity


最大20.5リットルの収納力。スリムに見えて、たっぷりのモノが入るメイン収納部。














メイン収納部の横幅は42センチと、とても幅広サイズ。開口部が大きく開きますので、モノの出し入れは簡単。A4サイズはもちろん、大型の雑誌やファイルなども余裕で収納できる大きさです。

例えばA4サイズのコピー用紙でいたら、500枚入りのものが2巻、合計1000枚もの収納ができ、さらに両サイドには空間が空いていました。

















これがメイン収納部の内側。内部と底面にはEVA製の緩衝材がしっかりと組み込まれていて、収納物をきちんと守ってくれます。また内側には柔らかな poly-spun ファブリックを使用して、収納物を傷や擦れから守ります。










Product Guide


バッグ内部を自由な空間で切り取ることができる。PeakDesignオリジナルの「FlexFold」が3枚付属しています。













PeakDesign の「FlexFold」。これは彼らが日本の「ORIGAMI」にインスパイアーされた、と言っているオリジナルデザインの仕切り。これを使用して、「The EVERYDAY MESSENGER」のメイン収納部は、お使いになる用途に合わせて、内部を区切ってご利用いただくことができます。例えば一眼レフカメラやレンズ、ストロボなどを収納する時には付属の「FlexFold」をご利用ください。









この「FlexFold」は、横幅はもちろん、折り目に合わせて折りたたむことで、高さの違ったものに合わせて、柔軟にメイン収納部の空間を区切ることができます。

例えば上に写真は、左から大型のレンズ、中央はレンズが2本、右は一眼レフカメラ、これらを3列に並べた様子。これまでのカメラバッグでは実現できなかったフィット感と収納力の高さで、精密機器をしっかりと守ることができます。

この「FlexFold」はバッグ内側にベロクロで固定されますが、従来のベルクロとは違い、精密機器の本体を傷つけづらい新型ものもを装備。バッグ内部と同様に内側にはEVA素材の緩衝材が組み込まれているためソフトで、表面には柔らかな poly-spun ファブリックで覆っています。





















Capacity


どうしても増えてしまう小物類は、この前面ポケットにまとめて面倒を見ます。












身の回りの小物類。メモリーカードやイヤフォン、カードやリップクリームなどの小物から、カメラ用の予備バッテリーやフィルターなど。それらはすべてこの、前面ポケットに収納してください。

このポケットは前面に向かって大きく開く構造になっていて、これはバッグを身につけたままでも収納物が一望できるように工夫したから。例えばカメラを手に持ったままでも片手でこの収納部を開いて、アクセスしやすいように考えられたものです。また本体の上蓋を締めてしまえばこのポケットからモノの出し入れはできませんから安全性も高く、また雨水などの侵入も防いでくれます。









内部には合計8つのポケットを装備。このポケットはメッシュ素材のため、ポケットの外側からでも収納物が判別できます。ポケットに放り込んでから、「あれ、どのポケットに入れたっけ?」というトラブルも未然に防ぐことができます。またこのメッシュポケットはとても柔らかく、伸縮性に富んでいますから、収納品にきちんとフィットしてくれて、不意にポケットからものを取り落とすことも防いでくれます。











Capacity


貴重品はこちらへ。メイン収納部にも2つの小物ポケットがあります。











例えばパスポートや飛行機のチケットなどの貴重品。それらには専用のポケットを作りました。それがメイン収納部にある2つのポケットです。小物ポケットとは違って、上蓋の中に存在する内ポケットですから、さらに安全性が高く、またこれらを収納するために配慮した構造にしたのが、これらのポケットです。










まず上蓋を開いた内側にあるポケット。これは横長のポケットで、開口部が22センチ、深さは9センチ。背面部のパッドの近くにあるポケットですから、収納物が折れ曲がりづらいのが特徴で、上蓋をひらけば、すぐにアクセス可能。パスポートや飛行機のチケットなど、旅行や出張時に便利な収納です。もちろん通常はペンケースやカードケースを収納しておいても良いでしょう。









もう1つのポケットは上蓋の内側にあります。こちらはジッパー付きのポケット。29センチと幅広で8センチの奥行きが浅いポケットですから、パソコンやカメラ用のケーブル類の収納にも最適でしょう。









Capacity


バッグの両側面にはiPhoneやスマートフォン用の専用ポケットがあります。












バッグに中に収納してしまうと、電話がかかってきた時の着信音が聞こえない。イヤフォンのケーブルが引き出せない、などの問題がある、iPhoneやスマートフォン。そのために、「The EVERYDAY MESSENGER」は専用のポケットを装備しています。

バッグの両サイドに装備されたポケットですから、必要な時にすぐに取り出しが可能。もちろんキーホルダーやカードケースを収納しておいてもよいでしょう。またバッグの右側には、下の写真のようなキーストラップが付属。カギ類の置き忘れ防止にはもちろん、コンパクトカメラなどを装着しても便利に使えるストラップです。















Capacity


15インチのMacBook Proにも対応。さらに10インチまでのiPadや電子書籍端末も収納できる、それぞれ専用の収納ホルダーを備えています。














ノートパソコンの収納機能。もちろん「The EVERYDAY MESSENGER」には専用の収納ポケットを備えています。ユニークなのは本体のメイン収納部ではなく、外側に独立した収納を備えていること。これはノートパソコンやタブレットPCの取り出しやすさに配慮したもの。もちろんこの収納部の側面にはEVA製の緩衝材が入っていてクッション機能を果たし、開講部分も止水ファスナーを使うことで雨や水滴の浸潤も防ぎます。

対応しているノートパソコンは、最大サイズで、15インチMacBook Pro(37×25×2.5cm)。もちろんこれ以下の12インチ等のパソコンの収納も可能です。









さらにこの収納部分には内側にもうひとつのポケットがあり、そちらは10インチのiPadに対応した専用の収納ポケットが。ノートパソコンの収納とは独立したポケットですから、ノートパソコンとタブレットPCのどちらも持ち歩く方も、それぞれの本体がぶつかったり、擦れたりすることもありません。このタブレット収納には、タブレットPCの他にも、電子書籍リーダーを収納しておくことも可能。読みたい時にすぐ取り出すことができるポケットです。








ノートパソコン収納部の内側は、柔らかな poly-spun ファブリックを使用。メイン収納部同様に、収納物を優しく守ってくれる生地が使われています。

そしてこの収納部、ジッパーを開いた左右には小さなポケットがあります。実はこれ、ペン用のホルダー。一般的な筆記具はもちろん、少し太めの万年筆の収納も可能。この収納部分はモノの取り出しが簡単ですから、ペンが必要になったときにすぐに取り出して使用することができるでしょう。


















Product Guide


メイン収納部にさっと収納したい。その時には、こちらの隠しジッパーから。













バッグの上蓋を開けずに、ちょっとモノの出し入れをしたい。例えばカメラ本体を取り出したり、内ポケットからチケットを取り出したり。そんなあなたの素早い動きに対応できるよう、実は「The EVERYDAY MESSENGER」の上面部には、隠しジッパーが存在します。

ここを開けば、すぐにメイン収納部にアクセス。前面ポケットなどの部分には手は届きませんが、ここからカメラを出し入れしたり、レンズを交換したり、といった作業をこなすことができる、便利なポケットです。もちろん開け閉めするジッパーは止水ファスナーを使っていますので、水滴などが浸潤してしまうことも防いでくれます。


















Capacity


そしてさらに、三脚を持ち歩くための機能も装備しています。













あなたの一眼レフカメラとレンズの行くところ、当然、三脚も一緒に持ち歩きたいでしょう。この「The EVERYDAY MESSENGER」には三脚用のキャリー機能もしっかりと装備。一般的なサイズの三脚が固定できるよう、専用のキャリング機能を装備しました。










あなたの三脚は、まず「The EVERYDAY MESSENGER」の上蓋に脚をいっぽん通したら、付属のシリコンベルトを通して固定。これでしっかりと上蓋の上面に収まってくれます。


















How to Use


同じPeakDesignの「CAPTURE-Pro」と一緒にお使いいただくと、バッグ側面にカメラを装着させることが可能です。











PeakDesignがつくった「CAPTURE-Pro」があれば、この「The EVERYDAY MESSENGER」と連動して、バッグ側面にカメラを装着させることが可能となります。

この「The EVERYDAY MESSENGER」には「CAPTURE-Pro」を固定させるための専用のストラップが装備されていて、この場所にカメラの固定が可能。撮影が必要な時に、すぐにカメラを手にとって使用することができる、絶好のタイミングを逃すことは、もうありません。ぜひ合わせてご利用ください。








カメラを持ち歩く時のための、これまでに無かったまったく新しい、機能的で快適な道具。プロに絶賛された、ストラップでも無い、バッグ収納でも無い、第3の方法。「CAPTURE-Pro












Sizes


標準サイズに加えて、あらたにスモールサイズが仲間入りしました。












ご要望の多かった「The EVERYDAY MESSENGER」の新サイズ、スモールサイズが完成しました。機能はすべてそのまま、素材もそのまま。スモールサイズは、収納容量を1/4程度小さく、サイズもひとまわり小型化して、お好きな大きさからお選びいただけるようにしました。

通常版となるラージサイズは、MacBookProの15インチの専用収納を装備。一般的な15インチのノートパソコン(37×25×2.5cmくらい)の収納にも対応します。バッグのサイズは横幅が43センチ、高さが30センチ、厚さが18センチです。

スモールサイズはラージサイズをひとまわりだけ小型化したもの。サイズは横幅が40センチ、高さが29センチ、厚さが15センチ。大きは違いは横幅で、ラージサイズに比べて3センチほど小さくし高さと厚さも少し小型化しました。性能は同じですが、できるだけ小型のものを、ノートパソコンの収納は13インチで構わない、という方はこちらをお選びいただくと良いでしょう。

最大収納容量は、ラージサイズが20.5リットル、スモールサイズは14リットルです。















Variations


標準サイズのラージサイズ




The EVERYDAY MESSENGER チャコール

本体価格 ¥37,000 (税込価格 ¥39,960)

このアイテムの初回製造数はたいへん限られています。ご希望の方は早めにご注文・ご予約をお願いします。















The EVERYDAY MESSENGER ヘリテージタン

本体価格 ¥37,000 (税込価格 ¥39,960)

このアイテムの初回製造数はたいへん限られています。ご希望の方は早めにご注文・ご予約をお願いします。

















Variations


容量を1/4小型化し、13インチのノートパソコンに最適化したスモールサイズ








通常版のモデルをひと回り小型化し、13インチのMacBookに最適化したスモールモデル。

The EVERYDAY MESSENGER 13"

ご要望の多かった「The EVERYDAY MESSENGER」の新サイズ、スモールサイズが完成しました。機能はすべてそのまま、素材もそのまま。スモールサイズは、大きさだけをひとまわり小型化して、お好きな大きさからお選びいただけるようにしました。

このスモールサイズはラージサイズをひとまわりだけ小型化したもの。サイズは横幅が40センチ、高さが29センチ、厚さが15センチ。大きの違いは横幅で、ラージサイズに比べて3センチほど小さくし高さと厚さも少し小型化しました。性能は同じですが、できるだけ小型のものを、ノートパソコンの収納は13インチで構わない、という方はこちらをお選びいただくと良いでしょう。

最大収納容量は、ラージサイズが20.5リットル、このスモールサイズは14リットル。容量を1/4程度小型にしています。

Capacity


13" MacBookシリーズ
(32×22×1.8cm)専用収納
タブレットPC専用収納
カメラ・レンズ専用収納



Sizes


29x40.5x15cm

Weight


1100グラム
容量:最大14リットル


















The EVERYDAY MESSENGER 13" チャコール

本体価格 ¥33,000 (税込価格 ¥35,640)

このアイテムの初回生産数はたいへん限られています。ご希望の方は早めにご注文・ご予約をお願いします。















The EVERYDAY MESSENGER 13" ヘリテージタン

本体価格 ¥33,000 (税込価格 ¥35,640)

このアイテムの初回生産数はたいへん限られています。ご希望の方は早めにご注文・ご予約をお願いします。


















Recommendations


同じPeakDesignの「Field Pouch」とぜひペアでお使いください。












この「The EVERYDAY MESSENGER」と同じコンセプト、同じ素材で作られたのが「Field Pouch」。本体内部やフロントポケットへの収納に最適なサイズに計算して作られた新しいメッセンジャーバッグです。バッグインバッグとしての利用はもちろん、荷物を極限まで減らしたいときには「Field Pouch」のみの使用で。ぜひペアでお使いいただきたいバッグです。



いつもそばに置いておきたいスマートフォンから小物類、さらにはミラーレスカメラの収納にも対応。3つの形に変化して、使い方もいろいろの新型ポーチ。「Field Pouch
















Recommendations


組み合わせて使用すると、さらに便利に、快適に。同じPeak Designのカメラツール










一眼レフに、ミラーレスに。自由なモードチェンジと長さ調節、着脱自在の機能を装備した、これまでに無かった使いやすさのカメラストラップの誕生。「slideLite




カメラを持ち歩く時のための、これまでに無かったまったく新しい、機能的で快適な道具。プロに絶賛された、ストラップでも無い、バッグ収納でも無い、第3の方法。「CAPTURE-Pro









Brand Story







Peak Design について







Peak Designの考え方

私たちPeak Designのスタッフ自身が、世界をまわっている冒険家やトラベラー、都市を動き回るひとたちやデザイナー、そして写真家です。そして私たちは最新で高価な電子機器をそのへんにうっちゃってでも、たとえ危険な場所、母なる大地と大いなる自然の中に分け入って、美しい光景を撮影するのが大好きなのです。

私たちは適材適所という言葉を信じています。私たちの使命は、積極的で創造的な人々が、自分たちのまわりにある美しい世界を鑑賞し、よりよい写真として残すことができることを可能にすることです。カメラ、レンズ、双眼鏡、GoPro、ノートパソコンなど、私たちは創造的のための道具を持ち運ぶことを支援する道具を作り続けます。








創設者について

2010年、ミネソタ州生まれのピーター・ダーリンは3ヶ月間の世界一周旅行に旅立ちました。この旅行の中で彼は、デジタル一眼レフカメラを携えて旅行することは、かなりの危険と隣り合わせであることを知りました。

そこでサンフランシスコのアパートに戻った彼は、これをなんとかしたいと考えて、約10ヶ月をかけてその解決方法となる道具の設計に取り組んだのです。







どうやって起業することができたのか

そうやって作られた製品をピーターは、クラウドファウンディングのサイト、Kickstarterに発表したのが2011年5月のことでした。ここで発表したカメラ用のクリップはたちまち5500名の支持者を集め、このプロジェクトは成功に終わります。ここでたくさんの支持者を集めて立ち上がったのが、私たちPeak Designです。

現在では14人のスタッフが居て、IDEA賞などたくさんのデザイン賞を受賞し、現在でもKickstarterの歴史の中で最も成功したプロジェクトのひとつとなっています。







デザイン哲学

モノを作ることはとても楽しい、それは子供なら誰でも知っていること。私たちはそんな子供時代の気持ちを大切にしながら、その大人バージョンを実現したいのです。自分たちが良いと思った素材と道具だけ使い、現代におけるアーツ・アンド・クラフト運動となるようなデザイン事務所にしたいのです。モノはシンプルであることが最も素晴らしいことであって、結果的にはわれわれが想像もしなかったような使われ方をするような、そんな汎用性をもったモノを作りたいのです。

そして自分たちこそがそのモノたちのユーザーであり、常に改善の手を休めないことこそこが、良いモノをつくるための唯一の方法だと信じています。