カメラを持ち歩く時のための、まったく新しい、機能的で快適な道具。プロに絶賛された、ストラップでも無い、バッグ収納でも無い、第3の方法です。

PeakDesign "CAPTURE-Pro"

CAPTURE-Pro

本体価格 ¥10,800 (税込価格 ¥11,664)

カメラを持ち歩く時のための、これまでに無かったまったく新しい、機能的で快適な道具ができました。2011年の登場以来、多くのプロカメラマンに絶賛された道具、それがPeak Designの「CAPTURE」。その後、プロユーザーからの声を反映させながら何度かの改良を重ねて、その決定版として完成したのがこのモデル「CAPTURE-Pro」です。

これまでカメラを持ち歩く方法といえば、ネックストラップを使うか、バッグの中に入れてしまうか。撮影者はどちらか一方を選ばざるをえませんでした。

ストラップの使用は、瞬時にカメラを構えることができるため、シャッターチャンスを逃す心配は減りますが、移動中にストラップ自体が邪魔になったり、さらに身体への固定が確実でないことに不安が残ります。移動中にカメラが暴れて、レンズやカメラをどこかにぶつけて傷つけてしまった、という経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

しかし安全性に配慮してカメラバッグに収納してしまうのでは、カメラを取り出すまでの時間がかかりすぎ、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまうことにもなります。

これらの悩みに応えるべく、新しい解決方法として考えられたのが、この「CAPTURE-Pro」。バックパックのハーネスに固定したり、腰のベルト、メッセンジャーバッグ、ショルダーバッグに固定して使う、新しい道具です。





「CAPTURE-Pro」はカメラ底面にある三脚穴に固定して使う「クイックリリースプレート」と、バッグやベルトに固定するために「クリップ」の2つのパーツによって構成されています。この2つのパーツは独自のロックシステムを備えており、着脱が可能。カメラ本体をワンタッチで固定することができ、リリースボタンを押すことで、瞬時に取り外しも可能。

もちろん不意に外れてしまわないようロックを掛けることも出来、耐荷重は90キロ。しっかりとあなたのカメラとレンズを支えてくれます。

本体は軽くて高い精度を備えたアルミニウム素材を使用。不意にロックが外れてしまわない二重ロック機構や、「ARCA SWISS」規格や一部の「マンフロットRC2プレート」規格のクイックリリース機構を備えた三脚や雲台にも取り付け可能な構造にもなっています。プロの現場で鍛えられてきた道具です。プロフェッショナルはもちろん、写真撮影が趣味の方にもぜひお使いいただきたい逸品です。










Supported Products


一般的な三脚ネジ穴(直径1/4インチ)がついている全てのカメラ
*フルサイズ一眼レフ、ミドルクラス、ミラーレスカメラ、コンパクトカメラなど

三脚穴取り付けプレート
:アルカスイス互換
・マンフロットRC2互換

Sizes


10.4x5.2x2.8cm

Weight


140グラム

Material


クイックリリースプレート
:CNC削りだし
クリップ:アルミニウム

Brand Name


peak design(アメリカ)












Movies


まずは、まとめをご覧ください。「CAPTURE-Pro」の特徴について。









「CAPTURE-Pro」の概略を映像にまとめました。その使いやすさの特徴を映像でご覧ください。(英語の音声が出ます 1分54秒)












How to Use


これまでに無かった、カメラを持ち歩く方法。それが「CAPTURE-Pro」の役割です。











これまでカメラを持ち歩く方法といえば、ネックストラップを使うか、バッグの中に入れてしまうか。撮影者はどちらか一方を選ばざるをえませんでした。

ストラップの使用は、瞬時にカメラを構えることができるため、シャッターチャンスを逃す心配は減りますが、移動中にストラップ自体が邪魔になったり、さらに身体への固定が確実でないことに不安が残ります。移動中にカメラが暴れて、レンズやカメラをどこかにぶつけて傷つけてしまった、という経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。しかし安全性に配慮してカメラバッグに収納してしまうのでは、カメラを取り出すまでの時間がかかりすぎ、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまうことにもなります。








これらの悩みに応えるべく、新しい解決方法として考えられたのが、この「CAPTURE-Pro」。バックパックのハーネスに固定したり、腰のベルト、メッセンジャーバッグ、ショルダーバッグに固定して使う、新しい道具です。

「CAPTURE-Pro」はカメラ底面にある三脚穴に固定して使う「クイックリリースプレート」と、バッグやベルトに固定するために「クリップ」の2つのパーツによって構成されています。この2つのパーツは独自のロックシステムを備えており、着脱が可能。カメラ本体をワンタッチで固定することができ、リリースボタンを押すことで、瞬時に取り外しも可能。

もちろん不意に外れてしまわないようロックを掛けることも出来、耐荷重は90キロ。しっかりとあなたのカメラとレンズを支えてくれます。








この「CAPTURE-Pro」があれば、レンズの交換も簡単。カメラ本体を取り付けたままで、安定してレンズ交換やカメラのメンテナンス、操作設定、さらに撮影した画像の確認もできるでしょう。また、大型のトレッキングバッグを使う時には腰ベルトにこの「CAPTURE-Pro」を取り付けておくことで、腰への負担も最小限にしてくれます。
















How to Use


「CAPTURE-Pro」は同じPeakDesignの「The EVERYDAY MESSENGER」と連動して、バッグ側面にカメラを装着させることが可能です。











PeakDesignがつくった、高機能のカメラバッグ、「The EVERYDAY MESSENGER」。この「CAPTURE-Pro」はこのバッグと連動して、バッグ側面にカメラを装着させることが可能です。

「The EVERYDAY MESSENGER」には「CAPTURE-Pro」を固定させるための専用のストラップが装備されていて、この場所にカメラの固定が可能。撮影が必要な時に、すぐにカメラを手にとって使用することができる、絶好のタイミングを逃すことは、もうありません。
















Material


本体には高い強度を備えたアルミニウム素材でできています。











「CAPTURE-Pro」の本体はアルミニウム製。精度が高く、さらに高い強度と耐久性を備えています。

内部にはクイックリリースプレートは溝の間に滑られせてしっかりと固定するためのロック機構が組み込まれていて、2つのピンで固定します。また底面からの受け皿になるバックプレートは同じアルミニウム素材を使いながら、軽量性を増すために肉抜き加工が施されています。


























Movies


「CAPTURE-Pro」の具体的な使い方についての動画をご覧ください。











「CAPTURE-Pro」の具体的な使い方の動画解説です。(英語の音声が出ます 4分9秒)









How to Use


「CAPTURE-Pro」をハーネスやベルトに固定する方法をご説明します。











それでは具体的に「CAPTURE-Pro」をベルトに固定してみましょう。この「CAPTURE-Pro」は、カメラの三脚穴に取り付ける「クイックリリースプレート」と、バッグやベルトに固定するために「クリップ」の2つのパーツによって構成されています。まずこのクリップ部分をベルトに固定する方法を説明します。

取り付け可能なベルトやハーネスの最大幅は7.6センチです。









このクリップは、左右、2つの大型のネジでしっかり固定されてる仕組みになっています。この2本のネジを1/3程度の長さまで緩めてやると、クリップを底面で支えているバックプレートが持ち上がってくれます。









左右2本のネジのうち、赤色のイジェクトボタンがあるほうのネジ側からバックプレートが開いてくれます。もう片方のネジは内部にバネが仕組まれていて、軽く緩めるだけで上下に動いて、この2本のネジを本体から抜き去ることなく、またバックプレートを完全に取り外すことなく、ベルトへの取り付けが可能になっています。

外出先での取り付けの場合も、ネジやバックプレートを落下させたり、紛失させてしまうことのないよう、きちんと配慮されています。








この後、バックプレートとクリップの間にベルトを通したら、しっかりと2本のネジを締めてやります。この2本のネジが均等に締まっていることを確認しながら締めていきます。これで取り付けは完了です。










How to Use


「CAPTURE-Pro」は安心の二重ロック機構を装備。さらに必要な時は、すぐにカメラを着脱させることができます。











「CAPTURE-Pro」は安心の二重ロック機構を装備。さらに必要な時は、すぐにカメラを着脱させることができます。

カメラをクリップから取り外すには、側面の赤いボタンを指で押し込んでやるだけ。これによって、スムーズにクイックリリースプレートが外れて、カメラの取り外しが可能になります。













そして、移動中や不意にこのリリースボタンが押されてしまい、カメラがクリップから抜け落ちてしまわないよう、その防御の仕組みもしっかりと考えられています。まず1つ目は、この赤いリリースボタンを回転させること。このボタンは片方の先端が尖ったデザインになっていますので、指先で摘むだけで、簡単に90度回転してくれて、ロック、ロック解除させることが可能です。

なおこのクイックリリースプレートは、4方向、どの方向からもクリップに固定させることが可能です。そのためカメラ本体を好きな位置に固定させることができます。








もう1つのロック機構は、この側面のネジ。これを回転させることで、クイックリリースプレートのロックになって、外れ防止を行います。このネジによるプレートロックになった状態では、赤色のイジェクトボタンが押されてしまっても、プレートの取り外しはできません。しっかりと固定したい時には、このネジを使ってロックをしておくことをお勧めします。








クイックリリースプレートのカメラへの取り付けは、付属のレンチを使って行ってください。大型のマイナスドライバーやコインで代用することも可能です。

収納、持ち運びには専用の袋を付属させましたので、こちらにどうぞ。マイクロファイバーでできた「CAPTURE-Pro」用の専用袋です。




















Product Guide


「CAPTURE-Pro」は三脚に取り付けて使用することも可能です。またクイックリリースプレートはアルカスイス仕様の三脚にも取り付け可能です。












この「CAPTURE-Pro」の底面には三脚用のネジ穴が装備されていますので、そのまま三脚に固定させることが可能です。この1/4"ネジを利用してやることで、クイックリリース機構を備えていない三脚を簡易クイックリリースとしてお使いいただくことができるようになります。












さらに「CAPTURE-Pro」のクイックリリースプレートは、クイックリリース機構を採用した雲台、三脚の「ARCA SWISS(アルカスイス)」規格と互換性を備えています。そのため、この規格の雲台や三脚を現在ご利用の方は、クリップから取り外したカメラをお使いの三脚の雲台にそのまま取り付けて使用することができます。

また、付属のパーツをクイックリリースプレートに取り付けることで、一部の「マンフロットRC2プレート」対応雲台にも取り付けることができます。対応一覧表はこちらをご覧ください。







Recommendations


組み合わせて使用すると、さらに便利に、快適に。同じPeak Designのカメラツール










一眼レフに、ミラーレスに。自由なモードチェンジと長さ調節、着脱自在の機能を装備した、これまでに無かった使いやすさのカメラストラップの誕生。「slideLite




目的に合わせて柔軟に変化する使いやすさ。従来のバッグ作りには無かった視点ですべてを再設計。ノートPCから一眼レフまでを収納できる、新時代のメッセンジャーバッグ「The EVERYDAY MESSENGER




いつもそばに置いておきたいスマートフォンから小物類、さらにはミラーレスカメラの収納にも対応。3つの形に変化して、使い方もいろいろの新型ポーチ。「Field Pouch










Brand Story







Peak Design について







Peak Designの考え方

私たちPeak Designのスタッフ自身が、世界をまわっている冒険家やトラベラー、都市を動き回るひとたちやデザイナー、そして写真家です。そして私たちは最新で高価な電子機器をそのへんにうっちゃってでも、たとえ危険な場所、母なる大地と大いなる自然の中に分け入って、美しい光景を撮影するのが大好きなのです。

私たちは適材適所という言葉を信じています。私たちの使命は、積極的で創造的な人々が、自分たちのまわりにある美しい世界を鑑賞し、よりよい写真として残すことができることを可能にすることです。カメラ、レンズ、双眼鏡、GoPro、ノートパソコンなど、私たちは創造的のための道具を持ち運ぶことを支援する道具を作り続けます。








創設者について

2010年、ミネソタ州生まれのピーター・ダーリンは3ヶ月間の世界一周旅行に旅立ちました。この旅行の中で彼は、デジタル一眼レフカメラを携えて旅行することは、かなりの危険と隣り合わせであることを知りました。

そこでサンフランシスコのアパートに戻った彼は、これをなんとかしたいと考えて、約10ヶ月をかけてその解決方法となる道具の設計に取り組んだのです。







どうやって起業することができたのか

そうやって作られた製品をピーターは、クラウドファウンディングのサイト、Kickstarterに発表したのが2011年5月のことでした。ここで発表したカメラ用のクリップはたちまち5500名の支持者を集め、このプロジェクトは成功に終わります。ここでたくさんの支持者を集めて立ち上がったのが、私たちPeak Designです。

現在では14人のスタッフが居て、IDEA賞などたくさんのデザイン賞を受賞し、現在でもKickstarterの歴史の中で最も成功したプロジェクトのひとつとなっています。







デザイン哲学

モノを作ることはとても楽しい、それは子供なら誰でも知っていること。私たちはそんな子供時代の気持ちを大切にしながら、その大人バージョンを実現したいのです。自分たちが良いと思った素材と道具だけ使い、現代におけるアーツ・アンド・クラフト運動となるようなデザイン事務所にしたいのです。モノはシンプルであることが最も素晴らしいことであって、結果的にはわれわれが想像もしなかったような使われ方をするような、そんな汎用性をもったモノを作りたいのです。

そして自分たちこそがそのモノたちのユーザーであり、常に改善の手を休めないことこそこが、良いモノをつくるための唯一の方法だと信じています。