一眼レフに、ミラーレスに。自由なモードチェンジと長さ調節、着脱自在の機能を装備した、これまでに無かった使いやすさのカメラストラップの誕生。

PeakDesign "slideLite"

slideLite

本体価格 ¥7,000 (税込価格 ¥7,560)

これまでになかった、とても快適な使い心地のカメラ・ストラップが完成しました。従来のストラップの使いづらさを解決してくれる機能性を完備。カメラの持ち歩きをもっと楽にしてくれる、決定的瞬間に備えて準備しておくことができるカメラ・ストラップです。

その使いやすさの秘密は3つ。一つ目の特徴は、自在な装着スタイルが選べること。一般的なネックストラップモードだけでは無く、カメラを持って移動しながら、すぐにカメラを構えることができる、スリングストラップのモードが選べること。カメラストラップを使いながら、歩行時もカメラがバタつかず、安定したホールドができる快適なカメラの持ち方が可能に。

さらにカメラ本体の底面にある三脚穴を使用してストラップが固定できるプレートも付属していますので、さらにこのスリングストラップモードを快適に、より安定的にご利用いただくことが可能です。





2つ目は、ストラップの長さ調節が自由自在であること。持ち方のモードチェンジ時はもちろん、カメラやレンズ交換の時、季節によって変わる服装に合わせて、ストラップを装着したままでの長さ調節が自在。この「クイック・アジャスター」機能は、アルミ製のD型レバーを指で操作するだけなので、装着したままで調節、固定を繰り返すことができます。

そして3つ目はストラップの取り替え、取り外しが瞬時にして行える、「Anchor」システムを装備していること。着脱は一瞬、しかし引っ張り強度には極めて高い独自の仕組みを備えています。この「slideLite」を1本備えていただければ、複数台のカメラで共有することが可能で、持ち方のモードチェンジも素早くこなしてくれます。

ストラップ本体の素材にはガラス繊維を編み込んだ最新のシートベルト素材を採用。しなやかで絡まりづらく、極めて高い耐久性を備えています。また「Anchor」システムにはクラレが開発した高強力繊維「Vectran」を採用。90キロ以上の耐荷重に耐えることが可能。

あなたの一眼レフカメラに、ミラーレスカメラのために。この「slideLite」は、プライベートからお仕事にまでに対応してくれる、速写ストラップです。








Supported Products


一般的なカメラ、小型一眼レフ・ミラーレスカメラなどに対応

三脚穴取り付けプレート
:アルカスイス互換

Sizes


ストラップ長:103〜145cm
ストラップ幅:3.2cm

Weight


118グラム(本体のみ)

Accessory


三脚用プレート、アンカー(4ケ)、プレート取り付け具、収納袋


Brand Name


peak design(アメリカ)






















Movies


まずは、まとめをご覧ください。「slideLite」の特徴について。









「slideLite」の概略を映像にまとめました。その使いやすさの特徴を映像でご覧ください。(英語の音声が出ます 2分24秒)











Movies


他社製のカメラストラップと「slideLite」との違いについて動画解説。









「slideLite」の特徴解説、他社製品のカメラストラップとの比較編です。その使いやすさの特徴を映像でご覧ください。(英語の音声が出ます 4分39秒)











How to Use


斜めがけ、前かけ、肩かけ、お好みの装着スタイルに自在に対応することができるカメラストラップです。











「slideLite」はあなたのお好きな装着スタイルにきちんと答えることができるカメラストラップです。上の写真、左から「Sling strap」のモード。そのまま前面に回してきたのが、上の写真の中央。さらに右側は「Shoulder Strap」のモード。もちろん一般的な首から下げて前面にカメラを置いておく「Neck Strap」のモードにすることも可能です。









「Sling strap」のモードでは、カメラを未使用の時にはこのように背面に固定しておきます。撮影の時にはストラップを滑らせて、さっと前面へまわす。この「Sling strap」の表面にはシリコン加工が施されていますから、素早くカメラを回転させることができて、シャッターチャンスを決して逃すことはありません。









カメラの固定はPeakDesignのカメラ製品の独自開発の固定機能である「Anchor」をもちいる「クイック・コネクション・システム」によって行います。カメラ本体に装備されたストラップ用のDカンに固定し、通常のカメラストラップと同じように使用することができます。









さらにこの「slideLite」をご利用いただくときに強くお勧めしたいのが、カメラ本体の底面にある三脚ネジを使って取り付けることができる、付属の三脚用プレートを使用する方法。ストラップの片方はDカンに固定、もう片方はこの底面部分に「Anchor」付きの三脚用プレートに固定することで、しっかり安定した2点固定が可能になります。

この三脚プレートに取り付けるストラップはすでに発売されていますが、1点で吊るすために安定性に欠ける、という難点がありました。しかしこの「slideLite」は2点固定のため、歩行中も暴れが少ない、そしてカメラが必要な時にさっと手に取ることができる、優れた装着スタイルと言えるでしょう。









「slideLite」に付属の三脚用プレートは、このように三脚ネジ穴に取り付けて使用します。もちろんこのプレートには「Anchor」が1つ装備されていて、プレートは三脚ネジに固定したままでも、ストラップからの着脱は一瞬で行うことができます。








このプレートの取り付けは付属のレンチを使って固定します。緊急時は硬貨等を使って固定することも可能です。

またこのプレートはクイックリリース機構を採用した雲台、三脚の「ARCA SWISS(アルカスイス)」規格と互換性を備えていますので、この規格の雲台や三脚をご利用の方は、このプレートをカメラに固定したままで三脚をお使いいただくことが可能です。










Material


ワンタッチで着脱が可能、そして強靭な新素材「Vectran」を使った独自の固定方法「Anchor」システムを採用しています。











PeakDesignの開発した独自機構であり、この「slideLite」だけではなく、メッセンジャーバッグやポーチなどのバッグ類までにも採用しているのが、この「Anchor」システムです。構造は極めてシンプルで、誰にでも簡単に扱うことができますが、極めて強靭でしっかりした機器の固定が可能な仕組みです。

この「Anchor」に採用されている取り付けヒモは、日本のメーカー、クラレの「Vectran」を採用しています。この繊維は分子と分子の結びつきが非常に強い液晶ポリマーを原料としてクラレが世界で初めて工業生産を開始したもの。引っ張りに極めて強い高強力繊維で、水を吸いにくい(低吸湿性)、伸びにくい(寸法安定性)、摩耗に強い(耐磨耗性)といった優れた性質を備えています。

このヒモの取り付けられた樹脂製の円盤にしっかり固定されており、1個のアンカーの耐荷重は90キログラム。あなたの大切なカメラとレンズをきちんと固定することができます。









「Anchor」システムは、その着脱の簡単さ、そしていったん固定されると確実にロックされるという、優れた性能を備えています。

取り付ける時には、Anchorをストラップ側のミゾに滑り込ませるだけ。ストラップ側の内側には金属製のバネが装備されていて、このミゾに沿わせることで、バネが跳ね上がって、しっかりとロックされ、不意に外れてしまうことはありません。

取り外したいときには、指で軽く押し込んでバネを押し下げながら、引き抜くだけ。操作がなれると瞬時に取り付け、取り外しが可能になります。





















またこの「slideLite」にはこの「Anchor」が2本ずつ2セット、合計4本付属していますから、2台のカメラのDカンに事前に固定しておけば、自在にストラップを付け替えて、兼用でご利用いただくことができます。

無駄な出費を抑えることができるだけではなく、未使用のストラップがぶらぶらして撮影中に引っ掛けてしまう、ということもありません。また必要な時にだけさっと固定してご利用いただけますから、カメラをバッグに収納するときも、ストラップは取り外してしまえば良いでしょう。未使用のアクセサリーを収納しておくことができる専用の袋も付属しています。











How to Use


「クイック・アジャスター」を採用し、ストラップを取り付けたままで、必要な位置に調節、固定が瞬時に可能です。











この「slideLite」のもうひとつの大きな特徴は、自由自在の長さ調節機構、「クイック・アジャスター」を採用していること。ストラップを取り付けたままで、必要な位置に調節、固定が瞬時に可能です。

装着スタイルを変化させたいときにも、アルミ製のD型レバーを使って、自由にベルトの調節が完了します。









調節をしたい時は、このDレバーを引き上げるだけ。このパーツを指で引っ掛けて上下させることで、無段階にベルト長の調節ができます。ショルダーベルトはガラス繊維入りのナイロン素材ですから、とても滑らかに調節することができます。そしてもう一度このDレバーを元の位置に戻せば、しっかりとロックされて固定。不意にストラップが緩んでしまう、ということもありません。

















実際にストラップの長さを調節するときは、片方の手でストラップを握ったままにして、ロックを解除したアルミ製のDリングを指で挟んで、引っ張る、緩ませるだけ。とても微妙な調節ができるだけではなく、ストラップを装着したままでの長さ調節が可能。従来のカメラストラップの使いづらさを一挙に解決してくれる快適さです。











Material


強靭なガラス繊維入りの素材を使用、しなやかで絡まらない優れた装着感です。











「slideLite」の本体であるストラップには、ガラス繊維入りのシートベルト素材を使用しました。軽く、しかし強靭で、デリケートなカメラやレンズをしっかりサポートしてくれます。

横幅は3.5センチ。肩や首当たりが柔らかで、耐久性はもちろんのこと、たいへんしなやか。絡まりづらく、優れたフィット感のあるカメラストラップに仕上がりました。
















ストラップの表面は滑らかで、装着したままで自由にスライドさせることが可能。カメラを「Sling strap」モードにして、背面から前面にまわすとき、さらりと移動して、シャッターチャンスを逃すこともありません。

またストラップをしっかり固定したい時のための機能も装備されています。上の写真にある滑り止め加工を施した面に、くるりとひっくり返す。これによって、ストラップが固定されてズレにくくなってくれます。この滑り止め加工はロック機構と反対部分にありますので、慣れれば現在、どちらのモードにあるのかがすぐに分かるようになるでしょう。









Recommendations


組み合わせて使用すると、さらに便利に、快適に。同じPeak Designのカメラツール










カメラを持ち歩く時のための、これまでに無かったまったく新しい、機能的で快適な道具。プロに絶賛された、ストラップでも無い、バッグ収納でも無い、第3の方法。「CAPTURE-Pro




目的に合わせて柔軟に変化する使いやすさ。従来のバッグ作りには無かった視点ですべてを再設計。ノートPCから一眼レフまでを収納できる、新時代のメッセンジャーバッグ「The EVERYDAY MESSENGER




いつもそばに置いておきたいスマートフォンから小物類、さらにはミラーレスカメラの収納にも対応。3つの形に変化して、使い方もいろいろの新型ポーチ。「Field Pouch










Brand Story







Peak Design について







Peak Designの考え方

私たちPeak Designのスタッフ自身が、世界をまわっている冒険家やトラベラー、都市を動き回るひとたちやデザイナー、そして写真家です。そして私たちは最新で高価な電子機器をそのへんにうっちゃってでも、たとえ危険な場所、母なる大地と大いなる自然の中に分け入って、美しい光景を撮影するのが大好きなのです。

私たちは適材適所という言葉を信じています。私たちの使命は、積極的で創造的な人々が、自分たちのまわりにある美しい世界を鑑賞し、よりよい写真として残すことができることを可能にすることです。カメラ、レンズ、双眼鏡、GoPro、ノートパソコンなど、私たちは創造的のための道具を持ち運ぶことを支援する道具を作り続けます。








創設者について

2010年、ミネソタ州生まれのピーター・ダーリンは3ヶ月間の世界一周旅行に旅立ちました。この旅行の中で彼は、デジタル一眼レフカメラを携えて旅行することは、かなりの危険と隣り合わせであることを知りました。

そこでサンフランシスコのアパートに戻った彼は、これをなんとかしたいと考えて、約10ヶ月をかけてその解決方法となる道具の設計に取り組んだのです。







どうやって起業することができたのか

そうやって作られた製品をピーターは、クラウドファウンディングのサイト、Kickstarterに発表したのが2011年5月のことでした。ここで発表したカメラ用のクリップはたちまち5500名の支持者を集め、このプロジェクトは成功に終わります。ここでたくさんの支持者を集めて立ち上がったのが、私たちPeak Designです。

現在では14人のスタッフが居て、IDEA賞などたくさんのデザイン賞を受賞し、現在でもKickstarterの歴史の中で最も成功したプロジェクトのひとつとなっています。







デザイン哲学

モノを作ることはとても楽しい、それは子供なら誰でも知っていること。私たちはそんな子供時代の気持ちを大切にしながら、その大人バージョンを実現したいのです。自分たちが良いと思った素材と道具だけ使い、現代におけるアーツ・アンド・クラフト運動となるようなデザイン事務所にしたいのです。モノはシンプルであることが最も素晴らしいことであって、結果的にはわれわれが想像もしなかったような使われ方をするような、そんな汎用性をもったモノを作りたいのです。

そして自分たちこそがそのモノたちのユーザーであり、常に改善の手を休めないことこそこが、良いモノをつくるための唯一の方法だと信じています。