イッセイミヤケ「BAO BAO」を手がけ、機能的で革新的なバッグを作って来たデザイナー松村光。日本の皮革メーカーと組んだ、自由で大容量のビジネストート

TOMOE "BOLD TO"

TOMOE "BOLD TO"

本体価格 ¥59,000 (税込価格 ¥63,720)

ただいま即納

イッセイミヤケ「BAO BAO」など、常に自由で革新的、そして機能的なバッグのデザインを手がけ、常に最先端を走り続けてきたデザイナー、松村光が率いる「ヒカルマツムラデザイン」。

そしてハンドバッグの製造メーカーとして、創業以来、アパレルブランドの縁の下の力持ちとして数々の製品を作り出してきた「鬼燈屋」。1959年の創業以来、野球グローブなどスポーツ用革製品の生産で世界中のスポーツメーカーや選手たちから厚い信頼を得て、現在では皮革製バッグのメーカーとしても知られるようになった大阪の革製品メーカー「TRION」。

この3者が同じ志しのもとに集まって、ひとつのバッグブランドを作りました。それがこの「TOMOE」。ミニマルで機能的。システマチックで合理的。伝統に裏付けられた現代的なデザイン。それらの調和を目指し、三つ巴(みつどもえ)してバッグを作り上げる。それがこの「TOMOE」(ともえ)の考え方です。






この「TOMOE "BOLD TO"」は、極めて上質な2ミリのソフトシボレザーを贅沢に使い、その手触りの良さと、豊かな質感を実感していただけるように作った、これまでにない、まったく新しいビジネスバッグです。

何と言ってもユニークなのは、その形状でしょう。ビジネスの現場でお使いいただけるブリーフケースの外見を備えながらも、肩掛けができるストラップを装備し、自由に持ち歩きができるトートバッグの良さも併せ持った、新しいバッグのカタチの提案です。

たっぷりな16センチのマチ幅と大きな開口部で、たくさんの資料やモノ、さらには短期間の出張までを可能にする収納力を備えている、大収納のお仕事バッグ。しかし収納物が少ない時には広いマチ幅をベルトで絞って、型崩れを起こさせず、スマートに見せる機能を備えています。また、移動時にラクなショルダーベルトと切り替えて、本体内部に収納可能なハンドルも備えているため、ビジネス用ブリーフケースのような姿にも変身。移動する時、荷物の量に合わせ、2つのモードに切り替えることができます。

バッグとしてはあくまでも使いやすさと機能性を追求し、同時にモノとしての魅力である、素材の良さと美しさを併せ持つ。そしてそれらを最高の技術で作り上げ、まとめる。3者の三つ巴によって完成した、新しいバッグの形。それが「TOMOE "BOLD TO"」です。




Supported Products


MacBook、MacBook Air、MacBookProなど
13インチのノートパソコン(32×22×2cm)
15インチのノートパソコン(36×25×2cm)

*別途、クッションケースとの併用をお勧めします




Sizes


横42×高さ33×幅16cm

Weight


約1500グラム

Material


本体:牛革 (2ミリ・ソフトシボレザー)
ハンドル:TPU(ウレタン樹脂)

Manufacturer


鬼燈屋、TRION

Designer


松村光(ヒカルマツムラデザイン)

Brand Name


TOMOE


Notes


本品は天然の牛革を使用しており、表面には多少の皺やシミなどがあります。

これらは革本来のものであり避けられません。木でいう木目や節などと同様に革の持ち味としてご理解ください。

































Movies


TOMOEというブランドについて、動画で解説(1分33秒 音声が出ます)





















Product Guide


移動の方法と場所に合わせて、2種類の持ち方をお選びいただくことができます。













お仕事の持ち物が多くなってしまった時や、短期間の出張まで。仕事の準備のためのモノが多い方に最適な「TOMOE "BOLD TO"」。容量がたっぷりなバッグです。そのために2種類の持ち方ができるようにしました。

ひとつは一般的なブリーフケースのように、そのままハンドルを持って。そして2つめはトートバッグとして、肩掛けにして。この時の肩掛けのショルダーは短めに作ってありますから、あなたの行動を妨げてしまうことなく、とても移動が楽になるように作りました。一般的なブリーフケースのように、長すぎないショルダーベルト、これが「TOMOE "BOLD TO"」の大きな特徴と言えるでしょう。
















肩掛けハンドルの長さは55センチ。女性の方にも持ちやすい長さにしました。肩にしっかりフィットして、手を添えて動くことができる。幅は3.8センチ。肩に食い込みづらく、しかしハンドルを持って動き回るときにも邪魔にならないサイズと長さにしました。

素材には贅沢に皮革を二枚貼り合わせ、さらにコバを美しく、滑らかに磨き上げて作りました。固定はロック式の金具で行い、着脱も可能。しかしバネ式の機構でしっかり固定されていますので、不意に外れてしまうことはありません。
















そしてバッグのハンドル部分は、ユニークな収納可能式。この「TOMOE」シリーズの共通イメージにもなっています。素材には熱可塑性ポリウレタンを使用。高い耐久性を備え、そして手触りが良く、しっかり手にフィットしてくれることが、この新素材を使った理由です。従来の革バッグのハンドルの問題であったことをこの素材を使うことで、しっかりカバーし、より使い良いものとしました。

ハンドルの幅は1.8センチ。その構造と、弾性の高い素材を使ったことにより、通常は常にバッグの上に立ち上がっていますから、手を伸ばせばすぐにハンドルを握ることができる。一般的なブリーフケースやトートバッグの場合は、まずハンドルを上に立ち上げてから持ち直す必要がありますが、この「TOMOE "BOLD TO"」では、さっとハンドルを手にして動き出すことができます。








そしてユニークな収納が可能なハンドルの構造。バッグの内部に下の写真のような樹脂製の板を入れることで、可動式のハンドルを作り上げることにしました。ハンドルはこのスリットに沿って動くことができる構造で、例えばショルダーベルトをお使いの時には、するりと内部に収納させることが可能。あなたの行動を邪魔することなく、また必要な時にはすぐに引き上げて、ハンドルとしてお使いいただくことができます。
















Product Guide


たっぷりな容量と、広いマチ。その高い収納力を備えながらも、荷物の少ない時にもきちんと対応できます。












この「TOMOE "BOLD TO"」の魅力は、何と言ってもその収納力でしょう。マチ幅がたっぷりとあって、日常的なモノの持ち運びが多い、とお悩みの方にも最適なバッグです。

マチ幅はなんと16センチ。毎日の生活に欠かすことができない小物はもちろん、書類やファイル、書籍などもまとめて収納。さらにセーターの収納も可能。ちょっとした出張や短期の旅行でもこなしてしまうこともできる収納力です。








マチ幅はたっぷりの16センチ。正面のサイズは横42センチ、高さ33センチ。A3サイズの書類よりさらに高さがある大きさ。

その充実の収納力と十分なマチ幅を備えながらも、上層部に装備されたベルトを絞って鞄上面部のマチ幅調整も可能。この部分はバッグの内側から操作することができて、荷物の少ない時にはこのベルトを締めておけば、バッグ自体が引き締まってくれる仕組み。逆に荷物が多い時にはベルトを緩めれば、その分、容量が増えるという配慮で、持ち運ぶモノの容量に合わせてバッグの外見をきちんと整えてやることができます。さらにこの上面部を絞ることで、持ち物が少ない時にはショルダーベルトが使いやすくなります。















開口部が大きく開いてくれますから、モノの出し入れをとても楽に行うことができます。ご覧のようにA4サイズの大型ファイルを出し入れしても、さらに左右に余裕があります。

大型のバスタオルを巻いて縦に収納してみましたら、4本の収納が可能でした。短期の出張や、ちょっとした小旅行ならこれ1つで十分という方も多いでしょう。もちろん毎日の荷物が多い方にはとてもおすすめのバッグです。










Product Guide


バッグを開いて、きちんと中まで見渡せる。そして側面の小物ポケットも充実。












この「TOMOE "BOLD TO"」は、大容量の収納力が自慢のバッグですが、開口部を大きく開いて見渡せるから、収納したモノをすぐに見つけて、取り出すことができます。

またバッグの開口部のジッパーは閉じて、外から見えないようにすることも可能。例えばバッグを足元に置きたい時、雨が降り出した時に収納物を濡れないようにする時には、とても便利な開口部です。さらにこのジッパー部分を内側に折りたたんでしまえば、内部のものを出し入れする時はもちろん、開けたままにして持ち歩くこともできます。その時に使いやすい方法でお選びください。

















さらにバッグの両側面には小物ポケットも装備。すぐに取り出したいものを分類して収納しておくことができます。

側面の片方には、2つの小物ポケットがあります。こちらは上面が開放式で、スマートフォンや手帳類、名刺ケースといったものの収納に便利でしょう。ポケットは大小あって、片方は15センチの幅、もう片方は8センチ幅です。深さはどちらも12センチです。

もう一方の側面には、ジッパー付きの大型ポケットがあります。こちらは貴重品などの収納に便利でしょう。横幅は24センチ、深さは20センチのポケットです。


















Material


本体の素材はもちろん、ジッパーの引き手や、ショルダーベルトのロック金具、そして底脚も。パーツの細部にもしっかりと配慮をしました。












この「TOMOE」シリーズは、本体に最高品質のソフトレザーを使用し、高度で丁寧な縫製を施して作りました。

製造メーカーである「TRION」は1959年にスポーツ用品などの輸出貿易会社として大阪で設立されました。そして1975年には岡山県にある野球グローブの製造工場を取得して、メーカーへと転身。現在では世界有数のグローブ製造メーカーとして、国内外のさまざまなブランド、そしてプロフェッショナルからアマチュアの要求に答えることができる高度な技術を駆使して、OEM供給。メジャーリーグプレイヤー用の野球グローブ、そして、NHL用アイスホッケーグラブも「TRION」によって作られています。

そんな、世界中のスポーツ用品メーカーやプロ選手から大きな信頼を獲得してきた最高品質の皮革製品メーカーが、ひとつひとつ丁寧に作り上げた「TOMOE」シリーズ。本体の素材は2ミリの肉厚のソフトシボレザー。裁断する場所やサイズによって様々な表情を見せてくれる、このシボレザーを、熟練の職人が綿密に計算して、素材を組みあわせ、切断して作り上げます。









金属製ながら、滑らかな動きのジッパーは、YKKのものを使用。引き手は長さ5センチの使いやすいものを、オリジナルでデザインしました。この引き手は手に持って上下に引きやすいように、ゆっくりとしたカーブを持って作られています。








ジッパーの終点は両手で持って、しっかり使えるように、大型のタブを備えています。この「TOMOE "BOLD TO"」では、開口部にジッパーで開け閉めできるフタを備えていますが、ものの出し入れをじゃましないよう、また、開けたままでもお使いいただけるように、このフタになる部分は内側に折り返しておくこともできる仕様にしてあります。








たくさんの荷物がしっかり入る「TOMOE "BOLD TO"」ですから、ショルダーストラップの留め具も堅牢に作りました。金属のバネ式のロック機構を設けて、ショルダーストラップが不要な時は離脱も可能。さらにストラップと金具の接合部は革を上下から巻いて、しっかりと縫い付けてあります。またバッグ本体部分はDリングの金具で、固定側も本体と同じ厚さ2ミリの皮革で作りました。















バッグ底面の配慮もきちんと。バッグの底面部分もきちんと。4つの角には、ハンドルに用いたのと同じ素材、熱可塑性ポリウレタンを使って、底脚を装備させました。幅は1.5センチで、側面から底面にまで丸く包み込むように配置。底面部の滑り止めの機能を果たしてくれます。
















Brand Story









「TOMOE(トモエ)」が目指すのは、機能性とクラフトマンシップのバランスの取れたデザイン。それは日本の文化が長年育んできた調和(巴)のスピリットです。

ミニマルで機能的であること。システマチックで合理的なこと。伝統に裏付けられた現代的なデザインであること。そして、それぞれの要素が主張しすぎることなくバランスを保ち続けること。高度なテクノロジーを駆使することによって生活が便利になった一方で、身の周りのモノはより複雑化しているのではないか。そんな状況下で「TOMOE」はミニマルなデザインの中に、最大限の可能性を追求していきます。










「TOMOE」のストーリーは、2005年のこと。バッグを愛する3社の出会いから始まりました。ベースボールグラブの世界最大規模のファクトリーメーカーであり、道具に徹したシンプルなレザーバッグのブランドとしても知られる「TRION」 長年国内の最高峰バッグブランドを手がけてきた「ほおずきや」 そしてユニークなバッグのデザインを得意とする「ヒカルマツムラデザイン」

それぞれ独自のフィールドでバッグと関わりながら交流を続けてきた3社が、TRIONのもとに集まり、1つの目標を掲げて手を組みました。そのテーマは、今まで誰も見たこともない、日本的な哲学を備えた、モダンなレザーバッグ。プロダクトデザインとクラフトマンシップがハイブリットしてできたデザイン。

そして2年以上の試行錯誤を経て、2015年11月完成に漕ぎ着けました。世界レベルのグラブ作りで養われた職人たちの厳しい目。熟練の職人が持つ技術を惜しみなく注いで、高いクオリティーと限りなくミニマルで機能的なデザインを形にしました。「TOMOE」のバッグには、TRION、ほおずき屋、そしてヒカルマツムラデザイン、その3社の「三つ巴」による結果がそこにあります。














Brand Story





TRION



TRIONは、現在は野球グラブのOEM製造を主としているメーカーです。1959年に創業者 青木明生を中心とした、大阪外国語大学出身の仲間3名が集まり、大阪市東区において、一般雑貨・スポーツ用品・玩具等をアメリカ、アジアへと輸出することを目的とした貿易会社を設立しました。

TRIONは50年以上の歴史の中で、これまで独創的なアイディアと精度の高い生産技術を常に追求して、「No.1 Glove Maker」としての努力を続けてきました。現在はフィリピン、ベトナムの両国で日本人のモノ作りへの理念を継承して、野球グラブのみならず、ラクロスやアイスホッケーグラブの製造もしております。それらの商品は、数多くのスポーツを愛する子供たちからプロプレーヤーまで国内外を問わず幅広く使用して頂いております。これからもプレーヤーに愛されるモノ作りに専念していきたいと考えております。

またグラブOEM事業と並んでのバッグ事業では、ふたつのオリジナルブランドを展開しており、グラブレザーを中心とした「TRION」では、道具としてのBAGをコンセプトに機能性とデザイン性の両方を追求しております。また、レディースブランド「lapu-lapu」においては、天然素材を主としたバスケットと自然な風合いを持ったレザーバッグをご提案しております。

私たちは、これからも「The One & Only 1Bag Maker」として、独創的で付加価値の高い商品開発に取り組んで参ります。






鬼燈屋



鬼燈屋(ほおずきや)は創業以来、ハンドバッグの製造(OEM)を生業としてきました。
OEMですから、縁の下の力持ち。表に出ることは御座いませんでしたが、メイド・イン・ジャパンの誇りを持って、数え切れないほどのバッグを作ってきました。

材料を見極め、型紙を切り、試作品を作り、改良を加え、裁断・革漉き・コバ塗り・縫製、検品に至るまで。バッグを“作る”全ての工程に目を光らせ、たゆまぬ努力を続けてきました。








ヒカルマツムラデザイン




ヒカルマツムラデザインを率いる松村光は1964年、東京生まれ。87年、武蔵野美術大学を卒業後、渡仏し、92年に Ecole de la Chambre Syndicale de la Couture Parisienne(パリオートクチュール組合学校)を卒業。

1993年、三宅デザイン事務所に入社して、イッセイミヤケのパリコレクションに小物デザインで参加。2000年にイッセイミヤケに移籍して、「PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE」を担当した。さらに06年には「THE UNIQUE-BAG PROJECT」、07年に「HIKARU MATSUMURA THE UNIQUE-BAG」をスタート。

ナチュラルシュリンクを施した柔らかいヌメ革で仕上げたオールレザーシリーズ「R-SERIES」や、本体に強縒ナイロン高密度タフタと厚口の牛ヌメ革を使用した実用性の高いシリーズ「C- SERIES」。さらに中身に応じて自由に形が変わり、三角形のピースに当たる光の乱反射によってカラーが変化したように見える「BAO BAO ISSEY MIYAKE」など、常に革新的でユニークなバッグを作ってきた。









Recommendations








イッセイミヤケ「BAO BAO」を手がけ、機能的で革新的なバッグを作って来たデザイナー村松光。日本の皮革メーカーと組んだ、スリムなビジネスブリーフケース「TOMOE "SLIM A4"