コウモリをモチーフにしたお財布。コイン、カード、紙幣などをたっぷり収納可能。羽を閉じたらしっかり収納物を守ってくれて、尻尾のカラビナで固定できます。

Bat Wallet

Bat Wallet

本体価格 ¥5,800 (税込価格 ¥6,264)

3月中旬頃入荷予定

モノを「パクっ」と食べてしまう感覚で持ち運ぶことができるモバイルバッグ、Setoの「Eater」シリーズ。そのコンセプトそのままに、紙幣やコイン、カードなど、お金まわりの収納に対応したバリエーション。コウモリをモチーフにしたお財布が、この「Bat Wallet」です。

お口はコインの収納。翼を開くと、クレジットカードやポイントカード、そして紙幣の収納部分が現れます。ユニークな形状ですが、収納量はたっぷり。さらにゴムバンドでしっかり閉じて、安全に持ち運ぶことができます。尻尾はカラビナの装着ができて、バッグに取り付けたり、ベルトループからぶら下げてお使いいただくことができます。







クレジットカードの収納ポケットは2つ。ここに3枚ずつ重ねて6枚。さらにその下の大型ポケットには、ポイントカードなどたくさんのカードを重ねて収納しておくことができます。さらに紙幣の収納場所も大きめになっていますから、千円札など、枚数が増えてしまった時にもしっかり対応し、未整理のレシートや領収書を収納しておくことができます。

お口はコイン用のポケット。YKK製の樹脂製ジッパーを装備していて、開け閉めも簡単。さらに2つの目は実はボタン。内側に短いベルトがあって、キーホルダーのリングを固定しておくことも可能です。そして両方の羽を閉じたらゴムバンドで固定。ジーンズのポケットなどにも入ってしまうサイズになります。



Sizes


閉じた時:10×17cm

Weight


65グラム

Material


ポリエステル

Accessories


カラビナ

Country of Manufacture


日本製

Brand Name


Seto(日本・鎌倉)


























Product Guide


形はユニークですが、お財布としての使いやすさを追求しました。













クレジットカードの収納部分は2つ。1つのポケットに3枚ほどのカードを重ねて入れることが可能ですから、合計6枚までの収納が可能。

さらにそのカードポケットの下には大型のポケットがあります。こちらにはクレジットカードサイズのものよりも1つ大きなポケットですから、チケット類なども入れておくことができます。さらにポイントカードなども重ねて、たくさん入れておくこともできます。

















紙幣の収納ポケットは大型です。たくさんのお釣りが発生した時にも安心な設計です。上の写真のように紙幣の頭の部分だけを覗かせておくこともできますし、完全にポケットの中に収納させてしまうこともできます。未整理のレシートや領収書もたっぷり入る容量です。








コインを収納するのか、お口の中。YKK製のプラスチックジッパーで、大きな引き手が付いていますから、開け閉めも素早く行うことができます。

さらに目になっているのは、実はボタン。裏側な短いベルトになっていて、目と目を固定しておくことができます。このベルトにはキーリングを通しておくことができ、不意に落下してしまうことを防いでくれる機能を備えています。








羽を閉じてゴムバンドでしっかり固定。これによって、カードや紙幣を安全に守ることができます。そしてそのままジーンズのポケットなどに収納できるサイズになってくれます。ゴムバンドは本体に固定されていますから、抜け落ちてしまうこともなく、プラスチック製の引き手も装備していますから、取り外しも楽に行うことができます。

さらに尻尾の部分は、付属のカラビナで固定が可能。バッグやストラップなどに通して、しっかりと固定させることができます。
















Recommendations


同じコンセプトで作られたSetoのモバイルケース








自由学園生活工芸研究所とSetoのコラボレーション。バウハウスの基礎を築いた色彩学からデザインされた、高品質なオリジナル生地を使って作りました。「Le plein ete + seto





あなたのスマートフォンを食べるのが大好きな生き物。パクッと食べてお腹の中でしっかり守ってくれる。手はしっかりフックで、バッグや腰に固定可能。「Seto Mame-sagari






生き物みたいなかたちのポシェットです。お出かけに最適。身のまわりのものを「バクッ」と食べる感覚で入れておいて、あなたの身体にくっつきます。「Seto Eater-sagari






setoの一番小さな仲間、コイン入れやキーホルダーに使える「お豆」くん「Eater-bean











Brand Story





「セト」は、生き物が大好きな瀬戸けいたと、縫うことが大好きな瀬戸なおよの二人組です。

わたしたち「セト」のものづくりのコンセプトは、『Think Creatures./生き物に学ぶ』です。日本および東洋では古くから生き物及び自然は、身近でかつ尊いものとして大切にされ、そのなかからひとは様々な知恵を授かり、生活に活かしてきました。わたしたち「セト」も、昔から普通におこなわれてきたその行為を、現代の生活のなかで、『見立て』の手法によって考え、作品として表現していきたいと思っています。また、わたしたちの作品作りは、道具と生き物、アートとデザイン、古いと新しい・・いろいろなものの中庸にあることを目指しています。

「セト」の定番製品は、オンラインショップ、鎌倉の直営店、正規取扱店で販売しています。また、ファブリックに限らない他社へのデザイン提供、アートワークの提供、展覧会参加など、幅広くコンセプトに沿ったデザイン活動をしています。

2008年までは「9brand /九印」の名前で活動してきましたが、現在は「seto」と改名しました。






inFocus


Seto 瀬戸けいたさん、なおよさん ロングインタビュー





みんなが楽しくなったり、笑顔になったり、嬉しくなったり。そういうことが、遊ぶことから始まってゆく、みんなを平和な気持ちにしてゆく。

だから、おもちゃはとっても「嬉しいプロダクト」なんだと思う。年齢も性別も関係なくて、みんなが楽しめるものを作りたい。ユニバーサルなものを作っていきたいですね。



このインタビューの続きを読む