2000年原宿生まれのa++なショップ、アシストオン












太陽工房(日本)


2001年グッドデザイン賞特別賞受賞
(中小企業庁長官賞)

誰もが気軽に使える、ポケットサイズの小さな、太陽光発電システム

Violetta Solargear

毎日の日常生活の中で、誰にでも安全で簡単に使える太陽光発電装置の登場です。どこにでも連れてゆけるポケットサイズの小さくてカワイイ装置ですが、ここからクリーンな自然エネルギーを自らの力で作り出します。

「ソーラーギア」は空からふりそそぐ太陽光から、単三電池、単四電池を一度に2本充電。さらには、携帯電話やiPod、携帯ゲーム機などのモバイル機器をUSBケーブルを介して電源の供給が可能。たいへん実用的な携帯型電源装置です。

使い捨てられる乾電池のゴミを作らず、無駄な出費もおさえてくれます。専用電池、もしくは専用ケーブルをセットし太陽に向けるだけで、どなたにも簡単に使っていただくことができます。


この「ソーラーギア」は誰にでも手軽に使えるだけではなく、最低10年は使用できるよう、細部にまで気を配ったデザインがなされています。例えば断線などで故障の原因となりやすいリード線は使わず、太陽電池パネルと充電器部分はすべて直付けで接続されています。

また落下しても作動に支障をきたさないよう、パネルには傷がつきにくい特殊ポリマー樹脂と衝撃に強いポリカーボネートの一体構造になっています。

今日わたしたちは、地球温暖化防止、省資源、環境汚染物質低減といった環境保全への取り組みと循環型社会への転換が強く求められています。

その一方小型情報機器などの普及により小型電池の需要が急速に拡大しています。またこれらの通信機器や携帯電話、さらにはLEDライトなど、緊急時に必須の電源を供給するすべを平時から整えておく。これもたいへん大切なことです。

これらの要求に答えをだすのが、わずか128グラムの小さな太陽発電装置。グッドデザイン賞受賞の「バイオレッタ・ソーラーギア」です。







ソーラーパネルは自由な位置でピタリと固定が可能 太陽光から降り注ぐソーラーパワーを受け止めます




本体左側のボタンは電池の残量を確認します 簡単な操作で誰もが太陽光発電ができる それがソーラーギアです






バイオレッタ電池が2本、本体に装着可能 単四型の場合は付属のアダプターを使用します




ストラップ固定用のピンを装備 自由な使い方が可能です





幅5.75×高さ12.2×奥行き2.7.cm


125グラム


単四型電池アダプター


最大出力: 750mW(4.8V 155mA)


通常のニッケル水素電池でも充電は可能ですが、太陽光充電に最適化された「バイオレッタ電池」をご使用になられることをおすすめします

ポケットに入る太陽発電所。携帯電話の充電も可能

バイオレッタ ソーラーギア 本体

本体価格 ¥5,000 (税込価格 ¥5,400)

バイオレッタ電池単三型が2本セットになりました!

パネルのなかの深い紫色の物体は、市販品最高水準のエネルギー変換効率を誇る「単結晶シリコンセル」。この半導体が太陽の光を効率的に電気に変え、モバイル製品や、ライト、ラジオなど緊急用品に電源を供給してくれます。

専用のバイオレッタ電池(単三・単四型)を使えば、電源が切れる度に増え続ける有害な電池ゴミの山を作らず、無駄な出費もおさえてくれます。

本体の重量はわずか125グラム。どこにでも持ち運ぶことができますから、毎日の生活にはもちろん、災害時や、アウトドアや旅行中の電池確保にも最適です。





グッドデザイン賞の特別賞を受賞したこの「ソーラーギア」の大きな特徴は、その使いやすさ。複雑な操作は必要無く、場所もとらず、誰もが簡単に太陽光発電を気軽に行うことができるデザインです。

スタンバイはこの「ソーラーギア」に専用のニッケル水素電池「バイオレッタ電池」を装着するだけ。一度に2本ずつの充電が可能。あとは窓の近くなど、太陽の光が当たる場所に置くだけ。

効率よく充電をするためには「ソーラーギア」の太陽電池パネルの角度を入射光と垂直になるように調節します。このソーラーパネルは180度、自由な位置に角度を調節できるようになっていて、ネジなどで留めることなく、固定したい位置できちんとストップできる、すぐれた仕組みになっています。

ソーラーパネルを太陽光に向けたら、本体、右側のボタンを押してみましょう。これが発電表示用のランプ。このLED表示が赤く光ったら、充電が可能な状態であることを「ソーラーギア」が教えてくれています。これで太陽光発電のスタンバイが完了。そのままの状態にして、存分に太陽の光を浴びさせてください。





さて、充電ができたかどうか、確認するには、今度は本体、左側のボタンを押します。これが電池残量の表示ランプ。黄色になったら短時間の使用が可能。そしてこれが緑色に変わったら使用可能になったサインです。

専用の「バイオレッタ電池」を使用した場合、容量が空の場合からスタートしたとき、単4形は約5時間程度、容量の大きな単3形は日射約14時間程度で満充電が完了します。

「ソーラーギア」本体には発電した電機を保存にしておくための「バイオレッタ電池」を2本収納。単三型を入れる場合はそのまま、単四型の場合は付属のアダプターを取り付けて使用します。

太陽エネルギーはご存じのようにモノの温度を上げるパワーを持っていますが、この「ソーラーギア」と「バイオレッタ電池」は高温にも強い、タフな設計。さらに「ソーラーギア」本体は、耐紫外線加工を施したポリカーボネートを使用して、最低でも10年間は使用できることを配慮した設計。もちろんアウトドアでの使用にもしっかり答えてくれます。

また本体にはストラップ用の固定ピンも装備しています。アウトドアでぶら下げて使用したり、バックパックの水筒用のポケットに差し込んだりと、様々なスタイルで使用を考慮したデザインになっています。

さらに別売の「USB PowerAdapter」があれば、USBからの電源のアウトプットが可能。市販のUSB充電ケーブルをそのままご利用になって、携帯電話や携帯ゲーム機などの充電に使用したりと、さらに「ソーラーギア」を使った太陽光発電の可能性が広がります。


くわしい操作説明を解説した「取り扱い説明書」はこちらをごらんください LINK>>「ソーラーギア 取扱説明書」







「ソーラーギア」で効率よく太陽光発電をするための方法











「ソーラーギア」で太陽光発電をするのは、とても簡単。本体に充電式ニッケル水素電池「バイオレッタ電池」を入れ、太陽電池パネルに太陽光をあてるだけです。

効率よく充電をするためには、太陽電池パネルを太陽の方向に向け、パネル面の角度を入射光と垂直になるように調節してください。太陽電池パネルの方位と角度については、常に太陽光の入射角と垂直にするのが理想ですが、日本国内で1日以上放置して充電する場合には、真南に向け、パネル角度を30度程度にしておくのが良いでしょう。

また、窓ガラスを通すと、一部光エネルギーが遮断されてしまうため、発電量が3割から5割方落ちてしまいます。薄曇りのときと同様に、充電に時間がかかります。











太陽電池は、温度が高くなればなるほど出力が低下します。発電に利用するのは、あくまでも太陽の光エネルギーであり、太陽熱エネルギーは、むしろ悪影響を与えます。また、充電式電池も、温度が高くなればなるほど充電効率が低下します。これは、高温に強い「バイオレッタ」電池でも同様です。

ですから、夏より冬のほうが、むしろ効率的に充電できます。直射日光に当てて充電するので、ある程度の温度上昇はやむを得ませんが、風通しの良いところで充電するなど周囲温度を低くすることが肝心です。夏場は、焼けた砂浜やアスファルトの上に直接置くのは避けましょう。 特に、炎天下の車内に放置するのは危険でもあり厳禁です。

太陽光エネルギーは、空気中の塵や埃、スモッグ、水分などにも影響を受けますので、空気が澄み、気温が低く乾燥した高山などで「バイオレッタ ソーラーギア」は、理想的に動作します。














製品と製品解説を確認することができる透明パッケージ 日本語解説書つき
パッケージサイズ:12.2×5.7×2.8cm








全2種類
単三型、単四型


各4本セット


容量
 単3型 min1600mAh
 単4型 min780mAh

500回の繰り返し使用が可能


通常のニッケル水素電池でも充電は可能ですが、太陽光充電に最適化された「バイオレッタ電池」をご使用になられることをおすすめします。

ポケットに入る太陽発電所。携帯電話の充電も可能

バイオレッタ電池

電池 単3形4本組

本体価格 ¥1,200 (税込価格 ¥1,296)

電池 単4形4本組

本体価格 ¥1,000 (税込価格 ¥1,080)

太陽光充電のために特別に開発された充電式ニッケル水素電池です。

過充電耐性にすぐれ、太陽光による温度変化にも強い設計になっています。市販品最 高水準の単3形min1600mAh、単4形min780mAhの高容量を誇る、優れたニッケル水素電池。500回も繰り返し使用できますので、とても経済的で、使い捨て電池のように有害ゴミの山をつくりません。さらにカドミウム、鉛、水銀などの環境汚染物資を含まない、地球にやさしい電池です。

ソーラーギアに装着した場合、単3形は日射約14時間、単4形は約5時間程度で満充電されます。









ケーブルの長さ:1.5m


最大接続台数:4台まで



この極性表示のついた機器で使用可能

ポケットに入る太陽発電所。携帯電話の充電も可能

DCパワーケーブル

本体価格 ¥500 (税込価格 ¥540)

この「DCパワーケーブル」の機能は2つ。まずひとつめは、複数台の「ソーラーギア」を接続して、急速充電させるためのもの。2台の接続では電流量が倍増しますので、1台の半分の時間で充電が可能となり、最大4台までの接続が可能になります。

もう一つの使い方は、DC3Vの機器と「ソーラーギア」を直接接続し、電源供給するためのもの。極性表示で中央のピンがプラスになった機器で直接充電を可能にします。











52.0X26.3X16.6mm 約10g


最大出力 2.5W(5.0V 500mA)

汎用のUSB式充電ケーブルとの組み合わせによって、携帯電話やiPod、携帯ゲーム機などの充電が可能



くわしい操作説明を解説した「取り扱い説明書」はこちらをごらんください LINK>>「USBパワーアダプター 取扱説明書」

ポケットに入る太陽発電所。携帯電話の充電も可能

USB PowerAdapter

本体価格 ¥1,500 (税込価格 ¥1,620)

「ソーラーギア」と「バイオレッタ電池」、そしてのこの「USB PowerAdapter」を組みあわせることにって、携帯電話やiPod、携帯ゲーム機など、USBケーブルからの充電が可能な機器へ、太陽光発電によってそれらの機器の電池を充電します。

わずか5cmほどの「USBパワーアダプター」の中には、超小型高効率昇圧レギュレーターを搭載。使用機器を保護する出力電圧・出力電流制御回路および充電式ニッケル水素電池「バイオレッタ」を保護する過放電防止回路も内蔵しています。

また事前に「バイオレッタ電池」に充電しておけば、太陽光のないところでも充電を可能にします。



「USB PowerAdapterの使い方」










実際に使用する場合には、以下のステップで使用を行います なお各モバイル機器のUSB対応充電ケーブルは、別途ご用意ください。


STEP 1.ソーラーギアにバイオレッタ電池を入れて、太陽の下で充電を行います
STEP 2.ソーラーギアに新発売の「USBパワーアダプター」を装着
STEP 3.充電したいそれぞれの機器と、それら専用の充電用USBケーブルを選んで接続


これによって、いったんバイオレッタ電池に蓄えられた電力をつかって、機器へと充電が開始されます。日中にソーラーギアの充電が完了していれば、機器への充電は必要な時に応じてユーザーが自由に選択することが可能。そのため、旅先や出先で、携帯電話やデジカメの電源が急に必要になったときも対応ができます。またバイオレッタ電池は適度に充電できていれば、満充電でなくても使用可能です。













太陽工房 アシスタントマネージャ 山本愛さんにうかがいました






AssistOn Webを御覧のみなさま、はじめまして。太陽電池ツールの開発、製造を行っている会社、太陽工房の山本です。みなさまへのメッセージを、AssistOn原宿のほんのちょっと先にあるこじんまりとしたカフェのテラスで書いています。ここは日当たりがよいので、ソーラーギアをお供に、テーブルの上で充電しながら何を書こうか考えているところです。

ソーラーギアに惹かれて太陽工房という会社で働くようになった私は、日々ソーラーギアの素晴らしさをみなさまにお伝えすべく奔走しています。昨年の4月頃には、ソーラーギアはまだ現在の形とは程遠い姿のプロトタイプでしかありませんでした。適当につくられたという感じのする、白いプラスチックのボディにバイオレッタ太陽電池がはめこまれただけの、"工作品"のようなソーラーギアの試作品。

しかしこの時の出会いが、私をこの道に引き込んだのです。簡単な 言葉ではうまく言えませんが、とにかくソーラーギアにはなんともいえない魅力があるのです。このプロトタイプが、これからどんな形に仕上がるのだろうと胸をワクワクさせていたのですが、こんなに素敵になりました。ですから、私の秘蔵品、ソーラーギアをみなさまにご紹介できて大変嬉しいです。

ソーラーギアはポケットサイズなので、どこにでも持ち運ぶことができます。そして太陽光さえ浴びていれば、いつでも電気をつくってくれます。ソーラーギアの構造は、大変シンプルで、太陽光をまっすぐ電池に溜めることをコンセプトにしているので、余計な電力は一切使わないよう、無駄と思われる機能や装置はみんな省いてしまいました。
そしてリサイクルが容易にできるように、解体や組み立てができる簡単構造になっています。

私たちは太陽光で充電をするために特別に専用のバッテリーも開発しました。それが「バイオレッタ電池」ですが、このニッケル水素電池は非常に丈夫に設計されていて、1年間もの間、直射日光下に放置したとしても過充電を起こさない、大変タフな電池です。高温対策も施されているので暑い日の充電も安心です。

わずか重量125グラムのスケルトンボディのソーラーギアは一見オモチャのようですが、NASA(米国航空宇宙局)の採用している最高性能の太陽電池半導体である単結晶シリコン太陽電池を搭載するなど、この小さなボディに最新技術をぎゅっと凝縮した構造なんですよ。


わたしなりのソーラーギアの上手な使い方をご紹介しますね。ソーラーギアに電池を2本セットして、日の当たるところにポンとそのまま置いておきます。あとはお日様がソーラーギアに光を降り注ぐだけで、ホットでパワフルな電池がいつのまにか出来あがっています。バイオレッタ電池の容量は単三型で1600mmAhと、とても大きいので満充電しなくても使えますから、必要に応じて適度に充電された電池を好きなときに取り出して使ってください。そして取り出した電池と交代で、空の電池をセットして置いておくのです。フフ、そしてまた気がついたら電池の出来あがり。

ソーラーギアにはストラップを通す穴もついていますので、携帯ストラップやキーホルダーを付けておくこともできます。これはみなさんにソーラーギアをいつでも持ち運んでいただきたいという願いを込めてつけたものです。バッグやジーンズのポケットにも差し込んで持ち運ぶこともできるデザインになっています。私自身、BOBLBE-Eのネットに挟んだりして、休日のお出かけにもソーラーギアを持ち歩いています。
そしてカフェでひと休みするときも、ちょっと充電。みなさんも毎日の生活のお供に、出張や旅行、キャンプにと、気軽にソーラーギアを連れていってくださいね。

私は目覚し時計やリモコンの電池が切れてしまうとひどくガッカリしてしまいます。それはモノが動かないことへの苛立ちと、自然でないゴミの発生への無念さから生じる落胆とでもいうのでしょうか。私にはどうしてか、乾電池は無機質で、手におえないゴミであるような気がしてならないのです。ところが予備のバイオレッタ電池があれば、その場ですぐ交換ができて、電池もゴミにならなくて済むという、なんともスッキリした満足感を得ることができるのです。このスッキリ感が私には嬉しいのです。

ソーラーギアは、電気代や充電のし過ぎによる過充電を気にせず、いつのまにか電池が使えるようになっていて、好きなときにいつでも電池が使えるというハッピーな電池ライフを実現してくれます。(ちょっと大袈裟かな?)継ぎ足し充電によるメモリー効果も生じないので、安心して使ってくださいね。

あなたのアイディアで、楽しくソーラーギアライフを満喫していただけたら、私もとても幸せです。ソーラーギアに関する質問や疑問などは、お気軽にAssistOnや私宛てにメールしてくださいね。ソーラーギアで自家発電の楽しみを味わってくださいますように!