美しく使いやすくMacBook Pro/PBユーザーのための卓上システム

BALMUDA design "X-Base"

「X-Base」があなたのMacBook Pro / MacBookにもたらしてくれるものは、-7度の冷却効果という安心感と、入力のしやすさやディスプレーの見やすさという効率性。そして削りだしの金属パーツの高い質感が保証してくれる安定感と、デスクトップ環境にスタイリッシュな持ち。

あなたのMacBookを美しく、そして機能的に使いこなすためのアクセサリーが登場しました。







「X-Base」の、無垢のアルミニウムとステンレスからの削り出しパーツによって構成された優雅な曲線美をご覧ください。超高精度機械加工によって削り出されたパーツと、デザイナー寺尾玄の作り出したフォルム。細部にまで手を掛けてつくられた無垢のアルミニウム天板とそれを支える4つの脚部は、その精度の高さから、机に載せたときのガタつきは一切ありません。

冷却台としての性能も優れています。電動ファンなしで平均して約-7℃もの冷却効果を得られるその秘密は、冷却プレート部が傾斜しながら机の天板面から浮いている構造にあります。熱は温度の高いところから低いところへ移動しようとする性質を持っていますから、「X-Base」は熱のこの性質を利用してMacBookの発した熱を受け取ります。

底面から放たれた熱は、温度の差によって発生する空気の対流を発生させます。そのためプレートが熱を持てば持つほど机の天板面との間に空気の対流が生まれ、より効率的に底面から放熱をする事ができるのです。さらに底面に空気の対流の通り道である部分にはヒートシンクが取り付けられており、冷却効果を更に高める役割を果たしています。


MacBook自体の発熱上昇や、気になる内蔵ファンの騒音。長時間のレンダリングをしている時も、プラグインを多用したミックスダウン時にも、「X-Base」はあなたのMacBookを確実に冷却します。

ステンレスのピンで固定されたアルミニウムの脚部は、2度から最大8度までの傾斜角度調節が可能。ご自身が一番使いやすいと思われる傾きを自由にお選びください。さらにこの脚部と机上がふれ合う部分にも「X-Base」の使いやすさの秘密があります。

前面の2つの脚には滑りにくいウレタンのストッパーを、後面には滑りやすいポリアセタールのスラーダーが組み込まれています。「X-Base」の前面裏側には手をひっかける窪みがデザインされていますから、前面を少し持ち上げれば、デスクトップ上でMacBookの向きを自由に移動させることができます。







背面にはケーブル類を美しく束ねておくためのオーガナイザーを装備。一番大きな穴はディスプレイ用のDVIネクターをぴったり通すことができ、左右の小さい穴はUSBや外部モニターのコネクタに最適化されています。MacBook本体を移動させる場合に、頻繁に脱着させることが多いケーブルの後処理も、これなら美しく行うことができます。抜いた後のケーブル類が机の裏側に落下してしまうこともありません。プレートの左右にある切り欠き構造は、MacBookと「X-Base」を同時に持ち上げる時に、ご自身の指でしっかり支えることを配慮したデザインです。

MacBook Pro / MacBookを使うユーザーが美しく、自然な動作で使えるように。それが「X-Base」が製作される上で目指したものです。

















前面の接地部分には滑り止め効果のあるパーツを 後方には滑りやすいポリアセタールのパーツが装着されています そのため、PC使用中にはしっかりと机に固定されていますが、前面を少し持ち上げてやると、机上を自由に移動させることができます

Material


プレート、脚、ケーブルオーガナイザー、ヒートシンク
:アルミニウム(アルマイト酸化皮膜処理)

ジョイントシャフト ステンレスボルト
:ステンレス

接地部分
:ウレタン、ポリアセタール

Country of Manufacture


日本製

Designer


寺尾玄

Brand Name


バルミューダデザイン(日本)


Notes


こちらの製品は手作りによる少量生産のため、お届けまでにお時間が掛かる場合がございます。あらかじめご了承ください。

















Product Guide


X-Base 13 Plus の冷却性能をサーモグラフィーで調べてみました









「X-Base」の冷却機能が実際にどれくらいあるのか、熱を色で知ることの出来るサーモグラフィーを使用して計測してみました。

動作動作条件は、起動時よりiTunesでビジュアライザを表示(ディアルコアをフル可動させる状況)させ、温度を測定。室温条件は24℃、測定時間はそれぞれ約1時間です。



木製の机に直接置いた場合







画像は左がキーボード、右が底面です。10分で上面最高温度部が45℃に、底面最高温度部が56℃まで上昇しました。11分過ぎから、CPUのリミッターが作動、処理速度が低下しました。以後、測定終了までプロセッサ速度が低下したままでの稼働が続きました。







X-Base Plusに置いた場合







30分かかって上面最高温度部が42℃、底面最高温度部が52℃まで上昇しましたが、温度上昇範囲が少ない事がわかります。この後、測定終了まで、温度に変化はありませんでした。また、測定開始から終了までプロセッサ速度に変化はありませんでした。








Product Guide


できるだけ長く「X-Base」を使い続けていただくために











「X-Base」はユーザーを対象としたアップグレードのサービスを行います。もしあなたがMacBook Pro / PowerBookをサイズの違うバージョンに買い換えた場合も、プレート部分を購入するだけで、機種にジャストフィットした「X-Base」を使い続けていただくことができるのです。

LINK >> アップグレードサービスの詳細をみる








Variations








MacBook Pro 15インチ専用

X-Base 15 wide for MacBook Pro

本体価格 ¥36,800 (税込価格 ¥39,744)

Supported Products


MacBook Pro 15"
(Retinaディスプレイモデルを含む全機種)

Sizes


W388×D286×H46~38mm
プレート:350×250mm

Weight


1.6kg








MacBook Pro 17インチ専用

X-Base 17 wide for MacBook Pro

本体価格 ¥37,800 (税込価格 ¥40,824)

Supported Products


MacBook Pro 17"
PowerBook G4 17"

Sizes


W420×D286×H47~39mm
プレート:392×265mm

Weight


2.2kg








MacBook 13インチ専用 シルバーモデル

X-Base 13 wide for MacBook Silver

本体価格 ¥34,800 (税込価格 ¥37,584)

MacBook (13”)モデルに最適化された最新バージョン。

ホワイトモデルのMacBook本体との組み合わせが美しいシルバーバージョンです。

Supported Products


MacBook

Sizes


W358×D276×H46~38mm
プレート:330×230mm

Weight


1.5kg









MacBookAirでの使用に最適な、熱伝導性を高めたバージョン

X-Base 13 Plus

本体価格 ¥36,000 (税込価格 ¥38,880)

ヒートシンク上に3M製熱伝導シートを追加し、MacBook Air底面の密着性、熱伝導性を高めたモデルです

Supported Products


MacBook Air

Sizes


プレート:330×230mm

Weight


1.5kg




Interview


X-Baseのデザインについて  バルミューダデザイン寺尾 玄


















日々のデスクワークの事を忘れて考えてみてください。あなたのコンピューターで出来る事を。私たちバルミューダは、コンピューターをただの仕事の道具だとは思っていません。そこには使用する人の知識の何パーセントかが詰め込まれていて、家族との思い出の写真や好きな曲も入っています。そして何より、自分の夢を実現する時に役に立ってくれる、とてもロマンティックな道具だと考えています。そんな道具を、例えば自動車のように、愛着を持って使うのはおかしい事でしょうか?

X-Baseは一つ一つ無垢の金属から削り出したパーツを使っています。削り出しという加工方法は金属加工の中でもコストがかかる部類に入り、大量生産には向いていません。例えば試作品などの少ロットの物、または高い精度が必要とされる物の製作に向いていますが、X-Baseがなぜこの方法で作られているかというと、その精度ゆえの線の美しさと、金属のかたまりであるという冷却性を考えた時の利点の両立が可能だったからです。薄い鉄板による板金加工品やプラスティック製の物があふれている中、X-Baseは一目見ただけでわかる質感の高さを目指しました。

もちろん格好だけではありません。X-Baseの独特の形状は多くの試作品の後に出来上がったものです。ハイパフォーマンスノートブックコンピューターを効率的に冷却するためプレート部は浮かせました。傾斜角度を調整するためにはボルトを締めるという原始的な方法をとっていますが、これは他に様々な方法が検討された結果、採用した仕様です。もっと手軽に角度を変えられるようにする事は可能ですが角度を決めた後の安定感という点で、この原始的な方法に勝るものはありませんでした。またケーブルをまとめるオーガナイザーに開いている5つの穴。これの一番大きなものはディスプレイ用のDVIコネクタがぴったり通る大きさ、左右の小さい方の穴はUSBやFirewireのコネクターが通るようになっています。さらにコンピューターを少し手前に、奥にと片手で移動させられるようにしたスライド機能、構造を脚とプレート部に分けた事によって実現したサイズ変更など、一つの形はそれぞれ他の目的のためにも機能するようになっています。

X-Baseを初めてお使いになっていただく時、まずはコンピューターの載せやすさにお気付きになるはずです。人がノートブックコンピューターを持った時の指の位置が、プレート部分の左右のくびれのような切り欠きになっているからです。とても簡単な事ですが、X-Baseはコンピューターを載せる時、持ち上げる時の事まで考えて設計されているという事を付け加えさせていただきます。一目みて分かるスタイルと質感。単純ながら新しい機能の数々。バルミューダのアイディアとクオリティーをぜひ、お確かめください。









Brand Story










バルミューダデザインは、「特別なもの」を作るために2003年に東京で設立されたプロダクトメーカーです。身の回りに大量生産品があふれる中、素材、製造方法、品質に徹底的にこだわった製品を作っています。また、全ての製品が日本国内で熟練の職人の手を経て製造されているということも特徴の一つになっています。その製品群はコンピューター周辺機器からペーパートレイまで多岐にわたりますが、ある一貫したテーマのもとに作られています。

それは、すべての製品が私たちの夢や思想から作られているという事。そして、それがどこにもない唯一のものであるという事です。私たちは、小さく、軽く、便利なものだけが優れた製品だとは思っていません。手に取った人が大切にしたいと思える製品、「特別な」ものと思っていただける製品を目指して、私たちはこれからももの作りを続けていきます。







inFocus


バルミューダデザイン 寺尾玄さん ロングインタビュー













製品をつくるとき、必ず何らかのビジョンを思い描いています。

それは、ただの意見や漠然とした夢だったり、具体的な景色や空気感だったりします。実際に自分で見た事がない、想像の世界を思い描いている事もあります。そして、その見えたものに向かって、まっすぐに進む。いかにそれに近づけるか、ビジョンと同じような空気感を出せるか、それしか考えていません。

夢の景色が持つ空気感や、雰囲気。そういったことを、バルミューダデザインの製品を実際に使っていただいた時、ブランドとして眺めていただいた時に感じてもらえるようにするのが、自分の最も重要な仕事だと思っています。最初に見た夢の風景にいかに近づけるか。それがテーマです。



このインタビューの続きを読む