冬の暮らしもアシストオン





開放感とフィット感、歩きやすさを両立させた、新しいカタチの室内履き。


「スリッパ」だと、歩くとパタパタして、足にフィットせず、脱げやすい。「ルームシューズ」だと、つま先の開放感が無くて、ちょっと窮屈。そんな、これまでの「室内履き」の困ったところを、新しい素材とデザインで考え直しました。本体の素材には、軽量で伸縮性と弾力性があり、しかし強靭な素材、ネオプレンを使用。スリッパのように足をそのまま入れた状態でもツマ先や足首にフィットして、パタパタせず、足を組んでも落っこちることもありません。また、カカトまで包んでしまうと、さらに足にしっかりフィットしてくれます。











2013年夏の新作、8柄を追加しました アシストオン先行発売です。暑い夏も心地よくしてくれる。21組のデザイナーといっしょに作った手ぬぐい


暑い夏の日には、水でぬらして堅く絞った手ぬぐいを首にあてると、すっと汗が引いてきます。これは日本人が先祖の時代から知っていた知恵。綿という素材のもつ風合いの良さと、ひとつあるだけで何でも出来てしまう合理性。そして、様々なデザインを施して楽しむという感性。そんな手ぬぐいの良さを見直しながら、手ぬぐいのこれからを楽しむ。








日本の「めでたい」をデザイン
紋きり遊び、お正月のお飾りやお正月やお祝いにつかえる、江戸時代の「めでたい」かたち






江戸時代から庶民の間で愛されてきた遊び、「紋きりあそび」をご存じでしょうか?

紙を折って、型通りに切り抜き、そっと拡げれば、そこに美しい紋の模様があらわれる。それが「紋きり遊び」です。

当時は着物や手ぬぐいなどの日常品、のれんや看板、そして長屋の障子にまで「紋」があしらわれていました。センスの良いデザインの紋は「粋である」と言われて評価され、評判の役者や遊女のトレードマークとしていた紋は何か誰もが知っている。そんなアイコンとして、生活の中に溶け込んだ、ひとつの「美のカタチ」でした。

そんな「紋」ですが、プロのでデザイナーだけではなく、一般の庶民も自分でつくってみたい。型紙にそって好きな色の折紙を切り抜くことで、誰もがたのしめる。そんなところから始まったのが、この「紋きり遊び」です。

年末、お正月のお祝いやご挨拶に添えてお使いください。江戸時代の「めでたい」形で手作りのご祝儀袋、ぽち袋をつくる方法も解説。

例えばこの下の図面、二つ重なった麻の葉、そして二対のヒョウタン。これは何を表しているか、お分かりでしょうか?



 border=


この二つの紋は、すくすくと元気よく育ち、繁栄する、という「めでたいもの」の象徴。麻の葉は一年で3メートルも成長することから、江戸時代は子供に麻の葉模様の産着(うぶぎ)を着せました。またヒョウタンも同じようにツルをのばしたくさんの実をつけることから、不思議な形をした実には心霊が宿ると考えられていました。

江戸の人々はこのように、福を招き、折々の祝いを喜ぶ気持ちをこのようなデザインに込めてきました。そんな「紋きり遊び」を、現代のみなさんにも楽しんでいただくためつくられたのが、このキット。

パッケージの中には、日本の「いわいごと」にちなんだ紋きり型紙、26種類を収録。


 border=










美しい切り絵が魅力 遊びながら魚の知識がふえる「お魚かるた」


お寿司のネタ。スーパーの切り身で名前は知っていても、姿は知らない。日本人にとって関わりの深い「魚」について深く知っていただくために作られました。綺麗なカルタで遊ぶうちに、名前、特徴、漢字の知識が身につく「魚魚あわせ」新バージョン。











これから絵筆を握る方の画材セットを90年の老舗と一緒につくりました


月光荘画材店の絵の具、そして道具たちは、ひとつひとつ、職人の手作りで作り上げられたものばかり。その品質の高さから画家からの信頼も厚く、長い歴史の中で月光荘の洋画材は、猪熊弦一郎や中川一政、小磯良平といった日本を代表する画家たちから愛され、彼らの作品づくりを支えてきました。月光荘の歴史は、日本の洋画の歴史そのものです。








新年はあたらしいお箸をご用意ください
卓上に置いた姿が美しい 箸置き要らずのあたらしいおはし

 

礼儀正しい、綺麗なおはしができました。

これまで、さまざまな色や柄、材質のお箸がつくられてきましたが、これはテーブルに「置かれたときの美しさ」をデザインしたもの。

そのまま卓上に置いても、食べ物でテーブルを汚してしまうことがありません。丸いくぼみのあるほうを上にしておくと、綺麗にバランスを取って、おはしの先端が浮き上がる。だから「ukihashi」。

  

箸置きを用意する手間も要らず、食卓でのマナー違反のひとつである「渡し箸(箸休めの時に箸を器の上で横にかける所作)をすることを避けることにもなります。

また、中央部分の面積が広く取られているので、お箸を持ち上げるときも指で摘みやすく、取りこぼしづらくなっています。

卓上に置いた時の様子が綺麗ですから、それを使う私たちも、お箸をきちんとそろえて机に置く。毎日くりかえされるこの、お箸を手に取る、そしてお箸を戻す、という動作を丁寧に行う。そんな意識を私たちに持たせてくれる、それが「ukihashi」。

携帯ケースとなるパッケージに収納されていますので、持ち運び用のお箸として、置き箸としてもご利用いただけます。職場でのお食事の時にも、机に箸先がつかず、とても清潔。


 









気象衛星ノアがとらえた実際の地球を高度な技術でボールに印刷しました


「宇宙飛行士達が見てきた美しい地球の姿を、私たちの手のひらに乗せ、地球を実感したい」そんな願いで創られたのが、この「青い地球のサッカーボール」です。











毎日の慌ただしいあなたの仕事机に、初夏の風を


のうえにおいたら、ゆらゆら。無垢のブナの木とおもりから生えたような、すっと伸びた「KUSA」は、人が通るたびに風を感じて優しくゆらゆら。毎日のあわただしい事務作業の机の上で初夏のような、すがすがしい風を運んでくれる。瀧ひろみ、大畑友則がデザインした「KUSA」です。








大切な方から届いたクリスマスカードや年賀状を飾ろう
写真に穴を開けずに奇麗に飾る小さなハンガー






思い出の写真を、ちょっと飾っておきたい。そんなときに便利な小さな小さな、手のひらに乗ってしまう「ハンガー」です。

デジカメからプリントアウトしたお気に入りの写真。あの時、撮影した思い出の一枚。そして友人が旅先からくれたポストカード。展覧会の案内状など。

ちょっと気楽に飾りたい。できればピンで穴をあけずにきれいに飾りたい。そんなときにあると嬉しい、クリップタイプの小さなハンガーが姜重太がデザインした、この「PhotoHanger」です。


 border=  border= 

写真やポストカードをこの「PhotoHanger」に軽くはさむだけ。フックになっている部分をピンに引っ掛ければ、写真自体に穴をあけてしまうことなくボードなどに固定ができます。 いつもはアルバムにしまってある写真も、この「PhotoHanger」があれば、穴をあけたり写真にセロテープの後が付いたりすることなく簡単に奇麗に飾ることができますね。

たとえば領収書やアイデアメモなど、未整理のちょっとした紙類をとめておくこともできます。もちろんピンにひっかけておけば、束ねたままで机の前にぶら下げておくことが可能。「あのメモ、どこにいった!」をなくすことができますね。

 border=










1920-40年代のホテルや航空会社、鉄道会社の旅行ステッカーを再現


昔の映画のシーンに登場するような、旅行トランクをあなたも再現して楽しむことができます。1920年代から1940年代に実際に配布されていた「Travel Sticker」や「Luggage Label」を復刻しました。綺麗な印刷で、ステッカー一枚、一枚の美しい色合いを再現。








休日の散歩に連れて行って
わずか3.5cmながら、ハーモニカ作りの伝統が全て凝縮されています







楽器や音楽がお好きな方なら、ドイツの楽器メーカーHohner(ホーナー)社のことをご存知ない方はいらっしゃらないでしょう。

創業は1857年。それまで時計職人たちが手作業で作っていたハーモニカ製造の工業化に成功。さらにアメリカ大陸での販売を開始。その素晴らしい音色と携帯性の高さから、この楽器は瞬く間に人々の心をとらえていきます。

その後このハーモニカという楽器は、ブルース、フォーク、カントリー、ロックの歴史そのものとなります。ハーモニカ奏者の巨匠トゥーツ・シールマンス("Midnight Cowboy"!)、そしてジョン・レノン、ジョニー・キャッシュ、スティービー・ワンダーからスティーブン・タイラー、プリンスまで。彼らが選んだハーモニカはすべてHohner社のものでした。

ブルースに無くては成らない楽器、10穴式ハーモニカの代名詞である「BLUES HARP」も、実はHohner社のハーモニカの製品名であり、同社の登録商標なのです。



 border=  border=


そのHohner社が手がけた同社の最小サイズのハーモニカ。それがこの「Little Lady」。横幅はなんと3.5センチ、重量はわずか7.5グラムと、万年筆のキャップより小さなサイズ。工業的に生産されている、世界で一番小さなハーモニカです。

しかしその「楽器」としてのクオリティーは、通常のHohner社のレギューラー・ハーモニカと劣るところはありません。本体部分にプラスチックを使用するハーモニカが増えてきた現在において、この「Little Lady」はきちんと木製。リードは真鍮でつくられています。

リード数は8枚の4穴式ダイアトニック・ハーモニカで、キーは「C」の固定調。1オクターブの音域を鳴らすことができます。さて、あなたならどんな曲をふいて楽しみますか?














天空から舞い降りる雪の結晶をみるためにつくられた、拡大鏡。雪降る季節のみの限定生産です。


天空から我々の世界へと舞い降りてくる雪の結晶は、一つとして同じ形はないといいます。ゆっくりと舞い降りては、一瞬のうちに消えてしまう。そんな存在の結晶を眺めるための、専用の拡大鏡。それが「雪眼鏡」。











フィンランドからやってきた2億年の地殻変動で生まれた石のアイスキューブ


2億年もの地殻変動の間に圧縮されて生まれた天然石、ソープストーンでできたアイスキューブ。さっと水で濡らしてから冷凍庫に入れると、周りに真っ白な霜がつき、とてもきれいで上品です。フィンランドのデザイナー、アリ・トゥルネンがつくりました。











時間の見やすい時計、いつまでもあきない腕時計をお探しですか?


1944年にデザインされ、時計の完成形として世界中で愛されてきた、スイス・デザインの歴史的代表作です。見やすい腕時計、いつまでも飽きのこない、TPOを選ばず、どんな服装にも合わせやすい。ペアウォッチとしてもお楽しみいただくことができます。











美術鑑賞や旅行に最適 手のひらサイズの中に拡大倍率8倍のドイツ製単眼鏡


美術館に出かけたときに、その作家の筆のタッチを細部まできちんと眺めたい。実物には近づくことができない、博物館や歴史的建造物で、細部に渡った鑑賞を行いたい。そんな美術観賞用としてつくられた首下げ式、モダンデザインの高倍率単眼鏡。








旅先での町歩きバッグにも最適!
スタイリスト向けに作られた機能的なGマーク受賞のウェストバッグ
 

コンサートや演劇、ファッションショーなど、華やかな舞台を裏から支えている、メイクアップアーティストやスタイリスト。彼らに要求されるのは、高度な技術はもちろん、迅速さと行動力です。

そんな彼ら、彼女らをサポートするため、ハサミやブラシなどの多彩で細かな化粧道具などを持ち歩きができるように。そして必要な時にすぐに取り出し、収納することができるように。そんな要求に応えるために開発されたのが、この「WW031」です。

高い収納性を持ちながらも、身体にそったラインで、歩いたり、身体を曲げたりといった動きを遮断することの無いように、考え抜かれたデザイン。

その使いやすさはプロの現場はもちろん、移動中にバッグで両手を塞ぎたくない方や、休暇の街歩き用バッグとして、多くのお客様からご支持をいただいています。アシストオン創業時よりずっと売れ行きの変わらないロングセラー製品。すでにたくさんの方にお使いいただいている、グッドデザイン賞受賞のウエストバッグ「WW031」です。

  

この「WW031」は、いわゆるアウトドアメーカーから多数発売されているヒップバッグとは一線を画した製品です。

その違いは、身体に沿ったデザインにすることで、しゃがんだり、腰を曲げたり、歩いたりといった、あなたの動きを阻害しない形状になっていること。さらに3つの収納部がそれぞれ適切な位置に配置されていて、欲しいモノを分類して、すぐ取り出せるようになっていること。通常の肩下げ式のバッグや、バックパックにはないこの使い勝手の良さが大きな特長です。

それでは8個ある各収納の仕組みをご説明しましょう。まず左側の収納部は、上の写真のように、身体の左側面に位置するようになっています。この収納部は外側には大型のポケットがあり、ジッパーを開けずにすぐに取り出したいものはここに入れます。内部にも細かな仕切が用意されていて、ペンやiPod、薄型のデジタルカメラなどを分類して収納可能。もともとこのポケットは、ヘアメイクさんはたくさんのヘアピンを挟んでおくためにつくられたものだそうです。


 









可愛い外見はそのままでスペックを一新、さらに使いやすく 生活の良き相棒に、防災用に 黒檀とアガチス材で出来た「木のラジオ」


ロングセラーの「木のラジオ」が最新の機能を搭載し、高性能に使いやすく。デジタルチューナーを搭載し、雑音にも強く。リチウムイオン充電池内蔵で、長時間の利用が可能に。木という素材の特性を研究して作られた、親しみやすくモダンなデザインのラジオ。











iPhoneやiPodで、ゆっくりのんびり楽しむときの、自然な音が楽しめるスピーカ 専用の超小型アンプも用意しました


自分だけの時間がとれた、ゆっくりとした休日。一日の疲れをいやすための、眠りの前のひととき。そんな時にお使いいただきたいのが「ひょうたんスピーカー」。お手元のiPhoneやiPodをつなぐだけ。特別なステレオ装置を使うことなく、あなただけの音楽をお楽しみいただけます。