革製品をたのしむ





イッセイミヤケ「BAO BAO」を手がけ、機能的で革新的なバッグを作って来たデザイナー松村光。日本の皮革メーカーと組んだ、自由で大容量のビジネストート


極めて上質な2ミリのソフトシボレザーを贅沢に使い、その手触りの良さと、豊かな質感を実感していただけるように作った、これまでにない、まったく新しいビジネスバッグ。たくさんの荷物の持ち運びにもしっかり対応してくれる新しいスタイルです。











イッセイミヤケ「BAO BAO」を手がけ、機能的で革新的なバッグを作って来たデザイナー村松光。日本の皮革メーカーと組んだ、スリムなビジネスブリーフケース


上質な1.3ミリのソフトレザーを贅沢に使い、その手触りの良さと、豊かな質感を実感していただけるよう、スリムなブリーフケースのカタチにまとめました。薄くても収納力が高く、13インチのノートパソコンにも対応。2つの持ち方が可能です。











持ち物を最小限にしたい方へ。ただ薄いだけではありません。必要な時にスマートに取り出すことができる。新しい生活のことを考えた、これが新しい財布。


決済方法が多様化する中で、支払いまわりのものをまとめる究極の形です。現代における「財布のあり方」を見つめて、ゼロから再設計。カードと名刺と紙幣をまとめて、薄く軽く、わずか16.5グラムの財布ができました。











出張が多くて、パスポートを手放すことができない、という方へ。豊富なカード収納、航空機のチケット、パスポートからペン、SIMを1つに、コンパクトに


海外への出張が多い方のためにゼロから作りました。豊富なカードケースと航空機のチケット、パスポート、さらにはスマートフォンのSIMカードと、小型ボールペンの収納。手元で一冊にまとめ、軽くてスマートにした、旅のための財布。











クレジットカードや交通カード、さらには現金と、さまざまな決済が増えた現在。スマートに支払いを行うために、機能を考えたら、コンパクトな財布になりました


決済方法が多様化する中で、支払いまわりのものをスマートにまとめる。現代における「財布のあり方」を見つめて、ゼロから再設計。出来上がったのは、必要なカードがすぐ取り出せて整理がしやすく、薄く軽く、わずか40グラムの財布でした











スマートに使える、クレジットカードや交通カードはもちろん、紙幣や硬貨もしっかり入る。使いやすさはもちろん、よりコンパクト、薄く・軽くを追求した財布


現代における「財布のあり方」を見つめて、ゼロから再設計。出来上がったのは、必要なカードやコインがすぐ取り出せて、整理がしやすく、薄く軽い財布でした。カードだけではなく、紙幣もコインもしっかり持ち歩きたい方はこちら











スリムに、シンプルに。身のまわりの小物も書類も、スマートに整理して持ち歩く。手触りがよく耐久性のあるグローブレザーを使った本革製ブリーフケース。


手になじみ、高い質感を備え、収納物をしっかり守ってくれる、上質な牛革製のグローブレザーを使用して作りました。持ち物の数をできるだけ減らして、必要なものだけをスマートに持ち運びたいと考えておられる方のために作ったブリーフケースです。











書類と小物がきちんと入って、持ちやすいハンドル。しっかりした風合い、落ち着いたデザイン。ブリーフケースの基本性能を考えて作った本革製のバッグ。


書類バッグのアイコンのような、オーソドックスな形状と、カバンとしての使いやすさ。書類や資料はもちろん、身のまわりにいつもおいておきたい小物を持ち運んで、すぐに取り出すことができる。上質な牛革製のグローブレザーを使用して丁寧に作ったブリーフケースです。











業界屈指の野球グローブメーカーだからできました。秘密は素材と製造方法に。牛革のもつ風合いと、耐久性、しなやかさを備え、使いやすくてリーズナブルな本革製トートバッグ。


開口部が大きく開き、モノの出し入れと整理が簡単。A4ファイルや13インチのノートパソコンの収納にも対応できる便利なトートバッグ。素材には牛革のグローブレザーを使用。そしてこのパッチワークの構造に、このバッグの大きな秘密がありました。















「絵に描いたような普通の鞄」をコンセプトにつくった本革製ブリーフケース。ワンタッチで背中に背負うことができる、リセバッグにもなります。


作ったのは創業大正12年の東京下町の革小物メーカー。デザインしたのはプロダクトデザイナーの酒井俊彦。素材の良さを引き出しながら、リュックにもなる、使いやすい、普通の形のブリーフケースを作りました。通常版のサイズとA3図面が収納できるラージサイズの2種類を用意。











小柄な方も持ちやすい、ヨコ型も新登場! 業界屈指の野球グローブメーカーだからできました。秘密は素材と製造方法に。牛革のもつ風合いと、耐久性、しなやかさを備え、使いやすくてリーズナブルな本革製トートバッグ。


開口部が大きく開き、モノの出し入れと整理が簡単。A4ファイルや13インチのノートパソコンの収納にも対応できる便利なトートバッグ。素材には牛革のグローブレザーを使用。そしてこのパッチワークの構造に、このバッグの大きな秘密がありました。











手と手を繋いでお出かけしましょう。小さなお子様にお使いいただく、本格的な革製バッグ。墨田区の革職人が作りました。ペアの大人バッグもあります。


お子様にお使いいただく、本格的な革製バッグを作りました。普段のお散歩はもちろん、おしゃれをして出かける時、家族そろってのお祝いの席など、フォーマルな場面でもお使いいただけます。そしてご家族で一緒に使えるペアのバッグもご用意。











紙幣を折りたたむことなく、さっと確認して、取り出すことができる。必要なカードを見渡すことができる。「長財布」ならではの使い良さを活かして、hmnyがつくりました。


とても軽くてスマート。風合いの良い国産の上質な革を使い、年齢や性別を超えてお使いいただける、hmnyのカジュアルシリーズ。香川県東かがわ市の革小物の職人の手で丁寧に作られるこの人気のラインアップに、みなさまからご要望の多かった「長財布」を加えました。











新色できました。荷物を手に持たず、出来るだけ身軽にして出かけたい時。小物類をまとめて収納し、腰に装着できるポーチ。


荷物を手に持たずに出来るだけ身軽にして出かけたい時。ジャケットやズボンのポケットを膨らませずに、いつも手元において置きたいものだけを持ち歩きができるように。付属のカラビナを使って、ベルトループに装着してお使いいただける、軽快なポーチを作りました。











よい革を使い、しっかりシンプルに作った、使いやすいペンケースです


シンプルで出しゃばらないデザインのペンケースです。飽きのこないシックな外観で、たっぷり筆記用具が入る。よい革を使って、丁寧にしっかり作りました。フタの固定にはジッパーやボタンなどは使わず、本体と同じ革製のヒモでくるっと巻いて固定します。フタが大きく開いてペンの出し入れがしやすい。全ては使いやすさと、長くお使いいただけることを目標に考えられたデザインです。











カード類とカギを一緒に、コンパクトにまとめる。あるようで無かったケースを日本製の牛革で作りました。大きく開いて取り出しやすく、わずか40グラム。a++オリジナル。


カード類とカギ、そして非常時のための紙幣を少々、それらをコンパクトにひとつにまとめる。そしてジッパーを開けると内部が見渡しやすく、必要なものがすぐに出てきて、レジ前や玄関先でまごまごしない。そのようなひとまとまりに出来る携帯ケースです。











常備薬からiPad、ノート、筆記具、そしてMacBookまで。身の回りの小物からデバイスまでの収納袋。良いものが無かったので国産革でつくりました。


小物ポーチというと箱形、マチのあるものがほとんどですが、モノの小型化にあわせて、あえて薄い封筒状にして、しかし開口部が大きく開くようにしました。サイズはA6サイズから、A5、A4、そしてMacBook13インチに最適化されたPC用の4つの種類を用意しました。











全く新しい発想でつくられた、使いやすく、重量50グラムの二つ折り財布


あなたがこの財布を手にしたとき、一番最初に驚かれるのは、その軽さでしょう。革以外の素材を一切使用しない贅沢つくりですが、しかし重量は最新型の携帯電話の半分以下。わずか50グラムしかありません。











携帯しやすく必要な時にペンの取り出しがすぐ出来るペンケースの新しい形


ペンを3本収納できて、それぞれのペンの取り出しが簡単で、机の上に置いたときにはペントレーのような感覚でも使用可能。さらに携帯時には、3本のペンを単に束ねた感覚のサイズながら、それぞれのペン同士を擦れやキズから保護することができます。











いつも手元にあるiPhoneのために、どんなケースが理想なのかを考えました。最新のiPhoneにもフィット。iPhone 7/6s/6sとPlus 対応版


薄く洗練されたボディーと、大きく、美しい液晶ディスプレー。あまりにも魅力的なiPhoneをカバーで覆ってしまうのは勿体ない。しかし持ち運んでいるときには、キズをつけないようカバーしたい。0.5ミリまで牛革を薄く漉すいて貼り合わる「ベタ貼り」手法をつかったiPhoneケースの最新版。











電子マネーの時代に 上質な革製キーホルダに硬貨を2枚の収納機能を


手ぶらでカギだけ持って出かけた、犬の散歩の時に、ちょっと自販機で買い物をしたくなったとき。出勤時に駅でパスケースを忘れたとき。そんな緊急時に、この「"clipon" CoinHolder」に忍ばせておいた2枚の500円硬貨が、しっかりあなたの役に立ってくれます。











ICカード、名刺、メモカードとペンに対応したミニマルなカードケース


余計な情報は持ち歩かない、毎日の生活に不必要なモノは身につけない。一見すると、革を二つ折りにして縫い上げただけの、なにも変哲もない簡素なデザイン。しかし、意匠的なポイントであるステッチで、カードとペンの収納に対応したスリーブです。この「Lim Card Sleeve」のシンプルな構造こそが使いやすさの秘密です。











モールスキンの外観を損ねず、ペンホルダーの機能をプラス


モールスキンをはじめとしたハードカバーの手帳を愛用されている方に、ペンと名刺やメモ片をスマートに収納できる「rethink "Lim BookMark Sleeve"」。贅沢な手揉みシボ加工を施したキップレザーを使用し、本革製なのに薄くて張りがあり、しかも軽い。独自のノウハウと高い精度が必要とされる、高度な職人技があってこそ、実現した製品です。











コインとクレジットカードを最小限のサイズで持ち歩く 革製パース


これまでのコインケースに無かった、使いやすさを斉藤義幸がデザインし、自らが製作した、カードが2枚まで収納できるコインパースです。素材には天然タンニンなめしを施したイタリア製のヌメ革、最高級皮革「Buttero」を使用。上質のヌメ革が持つ独特の肌触りと風合いをお楽しみください。











アイデアメモの断片、いただいた名刺、未清算の領収書、招待状など紙の断片情報をまとめて「見える」ようにする情報ホルダー


紙のメモはデジタル時代でも価値は高いもの。しかし散逸してしまったり、役立てなければ意味が無い。アイデアと情報をきちんと見せて、まとめるところまで持ってゆくためのツール。











名刺交換とメモの筆記を1冊でスマートにこなす、人気のぬめ革ホルダー


何の変哲もない、革製の名刺ケースにみえるもの。しかし、ここには、あなたのお仕事のコミュニケーションを円滑にすすめ、さらに様々な情報やアイデアをしっかり受け止め管理するための「機能」を装備。











さっと出してすぐ使える。スマートな動きをデザインした、ヌメ革ペンホルダ。


手にした時に丁度良い大きさで、シャツの胸ポケットにも入ってしまう大きさです。毎日の生活で、いつも手元に置いておきたい愛用のペン類の収納に最適で、必要なときにすぐに取り出しができ、またペンを傷から守ることができます。











大切なメモの散乱をふせいでくれるメモパッドホルダー&スタンド


電話の用件を書き取ったり、思いついた発想を写し取ったり。仕事や生活の中でメモを取る機会は多いものですが、書き残したメモの散乱や、大切なメモの紛失は誰にでも経験があるはずです。それならメモの置き場となるメモホルダーと、メモを留めておくメモスタンドをいっしょにしてしまったら。すぐにメモができて、そのまま掲示ができる。机上の最小限の面積しか使わず、大切なメモの紛失も防ぐことができる、スリムなメモホルダー。











手首が固定できて疲れづらく、使うほどになじんでくるヌメ革マウスパッド


日本製のヌメ革を日本の革職人でありデザイナーである斉藤義幸が丁寧につくりました。一番良い素材をつかっただけではなく、手首をしっかり固定して疲れづらい構造。その使いやすさから、アシストオンで発売以来、10年以上のロングセラーとなっている製品です。











毎日使うものだからパスケースは使いやすくて、肌触りのよいものを。カードの出し入れ方向も手触りだけで判別する機能を搭載。東かがわの本革ケース。


上質な皮革をオリジナルの撥水仕上げでオーダー。カードが取り出しやすく、Suicaなどのタッチ式の交通カードの方向も指先だけで確認ができる。さらにカードポケットも装備して、機能と品質の両方を兼ね備えました。











質のよいヌメ革でつくった、使いやすい大人のため携帯ティッシュケース


使う段になって、バッグやポケットの中でしわくちゃになってしまって、用を足さない。もしくは広告が入っているため、人前では使うのがどうもはばかられる。 そんな方のために、大人がきちんと使える、ポケットティッシュ専用のケースを、ヌメ革でつくりました。