北欧のデザイン





アルネ・ヤコブセンによるデザインの、20世紀を代表する名作灰皿


20世紀を代表する、北欧デザイン、名作デザインのひとつです。アントチェアやセブンチェアなど、現在でも人気のイスをデザインした建築家、アルネ・ヤコブセンが手掛けた、シリンダー型のこの灰皿。











シンプルで、美しく、使いやすく、高い耐久性の歴史的名作イス


世界で最も有名なイス。そしてこれ以上にないシンプルさ、美しく、使いやすく、高い耐久性を備えた、名作家具。それがこの「artek "stool 60"」。つくったのは、歴史的なフィンランド建築家のアルヴァ・アールト。作られたのは、1933年のこと。なんと75年に渡って、今なお変わることなく作り続けられ、世界中の人々に愛用されています。これまでに作られた数は800万脚以上、といいます。











スウェーデン軍によって開発された、現代の火打ち石


長さ17.5センチのカギほどの大きさ。リュックに取り付けたり、防災用品ケースに入れてもかさばることもないサイズ。スウェーデン軍によって開発された、現代の火打ち石。スターター(黒い棒)にストライカー(金属の板)をこすりつけることによって火花をつくります。発火回数はおよそ3000回。耐久性があり、濡れや寒さにも丈夫と、マッチやライターにくらべて、万が一の場合の使用に備えることができます。











木の優しさと携帯性を備えた スエーデンのらくちん座椅子


スエーデンからやってきた「ERGOLIFE "Stol"」です。一脚といっても「脚」はついていませんが、この形状でもしっかりとした「座椅子」。樺(かば)とコットンでできた北欧デザインの美しいスタイルが特徴。とてもシンプルな構造ですが、なんと耐荷重は280kgもあり、さっと広げてすぐにお使いいただける、どこでも座椅子です。











フィンランドからやってきた2億年の地殻変動で生まれた石のアイスキューブ


2億年もの地殻変動の間に圧縮されて生まれた天然石、ソープストーンでできたアイスキューブ。さっと水で濡らしてから冷凍庫に入れると、周りに真っ白な霜がつき、とてもきれいで上品です。フィンランドのデザイナー、アリ・トゥルネンがつくりました。











フィンランドで30年以上も創りつづけられている、ゾウさんの貯金箱


1970年代から今日まで30年間にも渡って作り続けられ、フィンランドの家庭で愛されてきた、ゾウの貯金箱がやってきました。 まるっこいゾウさんのデザイン、プラスチックのカラーの発色、素材感は70年代の北欧の雰囲気がそのまま凝縮されたアイテムです。








薫り高く美味しいコーヒーを手早く簡単につくる デンマークの方法



毎日たのしむのもだから、コーヒーはできるだけ簡単に入れることができて、さらに美味しくいただきたい。デンマークのeva solo社がつくった「CafeSolo」は、そんな期待にしっかり応えてくれるコーヒーメーカーです。

テーブルやキッチンに置いて、周囲を引き立たせる美しいスタイル。18もの国際的なデザイン賞を受賞しているデザインユニット「tools」によるデザインです。

しかし「CafeSolo」は単にスタイリッシュなだけで使いづらいキッチン用品とは一線を画します。ヨーロッパスタイルのカフェで楽しむのと同じ、薫り高く、美味しいコーヒーを、とても手軽で簡単に、ご家庭や仕事場で楽しむことができる。さらに電気もつかわず、フィルターなどの使い捨ての消耗品も必要ありません。そんなデンマーク流の、美味しいコーヒーを入れる「秘密」がこのデザインに隠されているのです。

さて、その秘密とは? ¥12,600.から)