SIWA・紙和

SIWA・紙和


甲斐の国、市川大門。

気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られてきました。

和紙のメーカー、大直の歴史は市川大門の紙業の歴史と歩みをともにしてきました。近年は伝統の中に新しい技術を盛り込んで、インテリアや雑貨にも利用できる紙を開発しています。

今回はそれらの開発から生まれた新素材のやぶれにくい紙「ナオロン」を用いた商品を、山梨県出身の工業デザイナー深澤直人さんと共につくりあげました。

それがこの「SIWA・紙和」の製品です。



メーカー・ロングインタビューはこちら Link >> AssistOn inFocus









SIWA ブリーフケースの使い勝手の良さはそのままに、容量を1/3にした、小型サイズをつくりました。わずか84グラムと軽量。カジュアルからフォーマルな装いにもご利用できる、新しい和紙でできたハンドバッグ。


驚くほどの軽さと、上品な和紙の風合い。1000年の歴史をもつ和紙の産地と、深澤直人がいっしょにつくったSIWA・紙和の新作は、ハンドバッグ。とても軽快で、収納力もあって、カジュアルからフォーマルな装いまで、幅広くお使いいただけます。











新色を追加しました。1000年の歴史のある和紙の産地から。耐久性のある新しい和紙でつくった、皺の綺麗な手提げバッグ。バージョンアップでより軽く、より強く。


深澤直人と山梨の和紙のメーカーがつくった「SIWA・紙和」シリーズ、そのアイコンな基本モデルであるSIWAバッグ。軽くて、肌触りがよく、さらに強靱で、水に濡れてもへっちゃら。そんな新しい和紙の特徴を最大限に生かしたバッグがバージョンアップ。素材を見直して、さらに使いやすく。











あなたのとっておきの筆記具だけを選んで、持ち運んでいただくための、専用のペンケース。とってもスリムでわずか9グラムです。


新しい和紙、ナオロン素材を、ひとつひとつ職人がミシンで縫製してつくりました。太軸の万年筆なら1本とカートリッジ、一般的なボールペンなら2本から3本、鉛筆なら3本程度の収納ができます。











改良してさらに使いやすく。海外にお出かけの時のパスポートやチケットなどの収納。普段の通帳やカード類のお金まわりの整理整頓に便利でスリムなホルダー。


スリムでわずか50グラムと軽量ながらも、使いやすくデザイン。内側を開くと10個のポケット。豊富なカードポケット、チケットやメモ類の収納に対応した大型ポケット、ペンホルダーを装備。海外旅行からお金まわりの管理、多機能のお財布にも。











毎日の生活に便利に使えて、3つのサイズから選べるSIWA・紙和トート


1000年もの歴史のある紙の産地のメーカー大直と、同じ山梨県出身のプロダクトデザイナー、深澤直人がいっしょにつくりました。耐荷重は10キロ、雨濡れに強い。そして和紙独特の風合いの良さを引き継ぎました。











あなたなら何を入れますか?おやつや水筒から、読みかけの書籍、手帳などの持ち物一式に。新しい和紙を使った、これまでに無かったモノ入れ


今日の飲み物を入れた水筒やおやつ。お仕事に必要なメモや筆入れ、名刺ケース。そしてちょっと街歩きにお供させたい読みかけの本。そしてペットのお散歩に。バッグやカバンとも違う。紙袋のようなスタイルの、これまでに無かったモノ入れ。深澤直人デザイン。











軽くて、使いやすくて、肌触りの良い SIWA・紙和のお財布にコンパクトな二つ折りのお財布とコインケースが仲間入りしました


人気の「SIWA・紙和 二つ折り財布」とペアでお使いいただいたり、内部に組み込んでもご利用いただけるコインケースを作りました。いつもは「二つ折り財布」と合体、ちょっとしたお散歩の時にはコインケースを分離して使い分けも可能。











日ざしが強い日にうれしい あたらしい和紙でつくった軽快で心地よい帽子


和紙のもつ風合いの良さ。そして軽くて、さらっと肌触りが素晴らしいこと。日本では古くから和紙が衣服や被り物として使われていたこと。そしてSIWAが素材として使っているナオロンの耐久性と水濡れに対する強さ。これに着目して、SIWAの帽子をつくりました。ハット、チロル、ハンチングの3種類、男女・年齢に関わりなくお使いいただけます。











これまでの財布の概念を変える、軽くてスリムな新しいお財布


風合いの良さはそのままに、強さを兼ね備えた新しい和紙、ナオロンの特徴を最大限に生かしながら、スマートに紙幣、カード、そして硬貨までを整理して収納し、取り出すことができる、オーソドックスな形状をしたお財布。深澤直人デザイン。











しっかり守って、40グラムという軽さ 深澤直人デザインのiPadケース


人気のデジタルデバイス、iPadの専用ケースとして作られた、「SIWA iPad2 Case」。iPadの携帯に最適化するよう、特別にデザインされたSIWAシリーズの収納ケース。毎日の生活の中でもう手放すことができなくなったあなたのiPadをより快適にお使いいただくために作りました。優しい手触りと上品な風合いを持ちながらも、耐久性のある新しい和紙、ナオロンを使い、職人が手作業で1つづつ作っています。さらに大型の液晶パネルとアルミの本体を傷や擦れから守り、出し入れをスムーズに行えるようにするため、内側にはコットン100%の柔らかな裏地を貼ってあります。











やさしい履き心地と風合いのある、新しい和紙でつくったルームシューズ


安時代中期、和紙の量産が可能になった時代より、日本では「紙衣(かみこ)」と呼ばれる和紙製の衣服が、武士や僧の間で愛用されていました。これは和紙の持つ軽量性と風合いの良さに着目したもので、一般の和紙とは違い、紙衣用としてさらに高い耐久性を持った和紙が当時の人々によって開発され、素材として使われていました。この紙衣の考え方を現代の私たちの暮らしに生かしたのが、この「SIWAスリッパ」。











まるで一冊の本のように持ち歩くことができるiPad専用ケース


リビングでのご利用はもちろん、iPadをバッグに入れて携帯する時にも、液晶面をしっかり保護。そして使いたい時に、すぐに開いて、使うことができる。毎日の生活の中でもう手放すことができなくなったあなたのiPadをより快適にお使いいただくために、この「SIWA iPadケース」を作りました。(初代iPad専用です)











書類を整理しておけるヒモ付きの封筒を、耐久性のある和紙でつくりました


ヒモどめ式の書類封筒。資料や雑誌などをまとめておくことができ、そのまま持ち歩いたり、バッグの中に入れて、書類整理にお使いいただくことができます。A4の用紙はもちろん、それより少し大きめの「AXIS」(29.7×22.8cm)などの雑誌の収納ができます。マチは3.3センチあって、最大で「AXIS」誌なら3冊ほど、A4のコピー用紙にして500枚ぶんの収納力があります。











毎日の生活に便利に使えて、3つのサイズから選べるSIWA・紙和トート


1000年もの歴史のある紙の産地のメーカー大直と、同じ山梨県出身のプロダクトデザイナー、深澤直人がいっしょにつくりました。耐荷重は10キロ、雨濡れに強い。そして和紙独特の風合いの良さを引き継ぎました。











化粧品からカメラ、文房具まで きちんとまとめて安全に持ち運ぶ 新しい和紙で出来た、SIWA・紙和のポーチ


バッグの中でちらかりがちな小物を綺麗にまとめます。ジッパー付きのポーチ型ケースが新登場です。バッグの間にはクッション素材が入っていて、収納したものを優しく守ります。パソコンの周辺機器や、通帳や両替金を入れてお店や会社のお金用バッグとしても重宝します。











11/13インチのMacBookに完全対応した、クッション入り軽量携帯ケース


耐久性があり、肌触りのよい新しい和紙、ナオロンを使ったジッパー付きの収納ケース。ナオロンを二重にして、その間に柔らかで軽量なクッション素材が入っています。そのため、収納品をやさしく保存、収納し、携帯することが可能。バッグの中に散らかってしまう文具や小物の収納ケースとして。携帯用のノートパソコンの整理ケースに。本体はわずか78グラムと、たいへん軽量ながら、収納品をまとめてきちんと整理でき、キズからしっかり守ってくれます。











手にしたときの肌触りがよくて、長く使える 新しい和紙でできたブックカバー。


その肌触りの良さ。あなたの生活にかかすことができない、たのしい読書の時間を、もっと贅沢にしてくれる、心地のよい柔らかさ。1000年の歴史を持つ山梨の和紙メーカーと、デザイナー深澤直人がいっしょにつくりました。











風合いの良い新素材の和紙でつくりました。文具まわりのケースとして、携帯用のメガネケースとしても。iPhone6の収納にも対応しています。


ご愛用の眼鏡やペン類などの身のまわりの小物類を収納しておいて、傷や擦れから守るために作りました。そのまま胸ポケットに入れたり、バッグに入れたり。衝撃を吸収することはできませんが、繊維のやわらかな和紙が眼鏡のレンズやフレームを守ります。