リビング関連





ご自宅の廊下に、玄関に、階段脇に。これまでの「常夜灯」の問題点を考え直し、回路を設計。天然木を使い小型・軽量で家庭の安全を守る照明装置。


1日12時間、連続点灯させて1ヶ月のバッテリー寿命。わずか6.5センチ四方の木の素材の中に組み込みました。最新技術から生まれたこれまでに無かった、上質な常夜灯。お部屋の雰囲気を乱さず、ご家庭の安全を守ります。











観葉植物の鉢の管理をもっとカンタン、便利に。日光管理やお掃除の時の鉢の移動をラクに。業務用で培った台車やドーリーの技術を生かしました。


観葉植物の大きな鉢や、お部屋の植木鉢の管理をもっと手早く、安全にします。これまで移動がたいへんだったこと。水やりや土や肥料が床を汚していた問題、そして床暖房による根の心配を一挙に解決します。











鉱物のかたちの不思議を、5センチの透明なキューブにとじこめました。あなたの手のひらに乗る、小さな宇宙。Sola Cubeの新シリーズです。


美しい輝きと独特なかたち、色合い。ある時は宝石として、ある時はIT技術に欠かすことのできない工業製品として形を変える、鉱物。「Sola」の新シリーズとして、自然の造形物「鉱物」をテーマに、透明なアクリルキューブに閉じ込めました。











ミクロの生物のかたちの不思議を、5センチの透明なキューブにとじこめました。顕微鏡写真を基にミクロ生物を3Dモデリングし、ガラスキューブにレーザー彫刻。


Sola cubeの新シリーズ登場。私たちと同じこの自然界にありながら、実際には決して目にすることのない多種多様な生物が暮らす「ミクロの世界」を、手のひらに乗るキューブの中に閉じ込めました。3次元で眺めることができるミクロの世界。











ミッドセンチェリー、アメリカの名作デザイン。「食器」のあり方を変えた名品、誕生60年を紀念して復刻。ユニバーサルデザインの元祖を現代の食卓に。


モダンデザインの逸品のひとつです。デザインしたのはアメリカを代表するプロダクトデザイナー、ラッセル・ライト。デザイン哲学「Easier Living」の集大成。小さなお子様からお年寄りまで、みんなが使いやすい食器を、あなたの食卓にも。











野山のトリたちと話をするための道具。北海道で冬に多く見られ、雪の妖精とも呼ばれる「シマエナガ」を模して、新しい素材で作ったバードコール。


コツをつかんで鳴らし方を習得してください。モデルにしたのは、北海道で冬に多く見られ、その愛くるしい姿から雪の妖精と呼ばれる、シマエナガ。日本の技術と新しい素材でつくりました。











軽く触ってフタを開け閉めできる。お部屋にあって、出しゃばらない。心地よく使えるカタチを追求したら、こんな綺麗なゴミ箱ができました。


天然木でできたフタに触れると、軽く持ち上がって開くゴミ箱です。ゴミを捨てた後は、心地よい音を残して、パタンと正確に閉まる。その規則正しい動作が見たくなって、何度でも触れたくなる。高度な日本の製造技術が可能にした、まったく新しいゴミ箱です。











小型サイズながらパワフルに風を作り出す。さらに充電バッテリー内蔵でどこへでも持っていける。二重反転羽根メカニズムの、USBパーソナル扇風機。


航空機や船舶のプロペラで使われてきた構造に学びました。同軸上の2枚の羽根を相互、逆回転させることで生まれる豊かな風力の省エネ性能。さらに最長約5時間ものバッテリー駆動も可能にした、これまでになかったUSB給電式パーソナル扇風機です。











お風呂上がりのぬれた脚の裏を、さっと気持ち良く拭ってくれる。天然の珪藻土でできた新しいバスマット。素材を見直して、軽く・強く、さらに使いやすくなりました。


秋田産の珪藻土を使い、石川県の高度な左官技術によって作りました。これまでの布製のパスマットの問題点を解消してくれる、清潔で心地よいバスマット。最新版では素材をさらに見直すことで、割れづらく、薄く、軽くなりました。ご要望の多かった専用カバーもできました。











クローゼットやロッカーの中の荷物の大混乱の面倒をみます。帽子やバッグ、ベルトやマフラーなどの小物をらくらく。タテにひっかけて整理整頓。


タテの空間を使って、賢くクローゼットの収納を行ってくれる、新しい収納道具ができました。フックに小物を引っ掛けて使うだけなので、取り出し・収納が簡単。モノが一目で見えるので、あなたのコーディネートも助けます。











季節感のある、ゆっくりと煙が立ち上ってゆく風景。風情のある、蚊取り線香の良さを活かしてくれる、使いやすい蚊やり器を新しくつくりました。


蚊取り線香は火を入れて使用するもの。不安定でお手入れが面倒だった従来の蚊やり器を、根底から考え直しました。「蚊取り線香は使いづらいから」と避けてこられた方にぜひご利用いただきたい、新しい夏の道具をつくりました。











部屋の中を、さわやかな風が通り抜けてゆく。その風の動きを知るために、感じるために作りました。江戸ガラスでつくった、4つの音の「房」


日本の四季は暑さ寒さだけではなく、その風の様子も変化させます。そんな季節ごとの風の移り変わりを、さわやかな音色にします。風が触れて揺らしてゆくガラスの「房」。高度な伝統技法を受け継いできた江戸ガラスで作りました。











直径5センチ。独自技術による開放型直水・空気排出システムを使用。お気に入りのコップに浮かべて使う、あなた専用のパーソナルな加湿機です。


空気が乾いたなと感じたとき、気軽にお使いいただける加湿機です。サイズは直径、わずか5センチ。重量は30グラム。独自技術による開放型直水・空気排出システムを使用した、まったく新しい加湿機です。











使う人に優しい。取り付ける壁にも優しい。使う場所を選ばず、いろいろなものを「引っ掛けて」おける、壁用シリコン製フック。


これまでのフックの概念を大きく変える「やわらかい」フックです。手が当たっても優しく、色もカラフル。さらに特殊なピンで固定ができますから、マンンションなどの壁にも大きな穴を開けてしまうこともありません。











あなたの大切な鉢植え植物に、いつお水をあげれば良いかを賢く教えてくれる。世界初、電池を使わず誰にでも使える待望の水分計、できました。


適切な水やりで、植物は驚くほど元気になります。せっかく良かれと思ってお水をあげたのに、根腐れでダメにしてしまった。鉢植え植物を育てる時に最も多いトラブルを解消。日本の最新技術を使い、プロの栽培農家と共同開発された、全く新しい植物用水分計。











優しい光を自由に調光ができ、電源ケーブルは要らず、コンパクトに収納し、携帯も出来る。従来の照明器具の課題を最新技術と、デザインの力で解決しました。


外見は一冊の書籍。手触りが良く、美しい木目の天然木、ウォルナットとメイプル材で出来ています。表紙を開けば光が点灯。高出力LEDを搭載し、500ルーメンの明るさ。大容量のリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、連続8時間の使用が可能。全く新しい照明の誕生。











部屋にお好みの良い香りを。電気や火を使わず、安全で手間のかからない、小さな新しいアロマポット。400年の歴史ある焼き物の産地、肥前吉田より。


しっとりと優しい質感を持った、手のひらに乗る小さな香りのポットを作りました。焼き物でありながらミクロの細かい穴が無数に開いた新素材、多孔質磁器を使用。電気やキャンドルを使わず安全で、置き場所を選ばず、お好みのアロマの香りを楽しむことができます。











ポケットの中のコインの整理から、あの夢を叶えるための軍資金の調達まで。佐賀県有田焼でつくった、真っ白な貯金箱。


貯金箱といえばプラスチック製の玩具のようなものが、一般的。でも大人だって貯金を楽しみたい!そこで、艶消しの白いボディーが美しい、上品な貯金箱をつくりました。縦横が9センチの小さなボディーで、500円硬貨なら最大で300枚、15万円の軍資金蓄積が可能!











必要な時にすぐとりだせて、さっと収納ができる。粘着式クリーナーの形を見つめ直したら、もっと便利で使いやすい道具になりました。


まるでコップに木製の棒を添えたような、優しいたたずまいですが、これがあたらしいローラークリーナーの形。手にしてすぐに使え、コップ型のスタンドにおさめれば、すぐ収納。クリーナーと持ち手の角度が絶妙で、使いやすく、衣類のお掃除にも使いやすい。もちろんスーパーや量販店で手に入る、市販のテープカートリッジもそのまま使用可能です。











ティッシュの置き場所に自由と美しさを与えてくれるこれまでに無かったケース


コの字型に織り込まれたステンレスによって、ティッシュの出口は中央から少しずれた方向にやってきます。一見単純なこのデザインが、私たちの日常生活で、ティッシュボックスに置きやすさと使いやすさを追加してくれます。











やさしい履き心地と風合いのある、新しい和紙でつくったルームシューズ


安時代中期、和紙の量産が可能になった時代より、日本では「紙衣(かみこ)」と呼ばれる和紙製の衣服が、武士や僧の間で愛用されていました。これは和紙の持つ軽量性と風合いの良さに着目したもので、一般の和紙とは違い、紙衣用としてさらに高い耐久性を持った和紙が当時の人々によって開発され、素材として使われていました。この紙衣の考え方を現代の私たちの暮らしに生かしたのが、この「SIWAスリッパ」。











開放感とフィット感、歩きやすさを両立させた、新しいカタチの室内履き。


「スリッパ」だと、歩くとパタパタして、足にフィットせず、脱げやすい。「ルームシューズ」だと、つま先の開放感が無くて、ちょっと窮屈。そんな、これまでの「室内履き」の困ったところを、新しい素材とデザインで考え直しました。本体の素材には、軽量で伸縮性と弾力性があり、しかし強靭な素材、ネオプレンを使用。スリッパのように足をそのまま入れた状態でもツマ先や足首にフィットして、パタパタせず、足を組んでも落っこちることもありません。また、カカトまで包んでしまうと、さらに足にしっかりフィットしてくれます。











毎日の慌ただしいあなたの仕事机に、初夏の風を


のうえにおいたら、ゆらゆら。無垢のブナの木とおもりから生えたような、すっと伸びた「KUSA」は、人が通るたびに風を感じて優しくゆらゆら。毎日のあわただしい事務作業の机の上で初夏のような、すがすがしい風を運んでくれる。瀧ひろみ、大畑友則がデザインした「KUSA」です。











独バウハウスの建築、デザイン教育に使われた積み木を名門naef社が復刻


ドイツ、ワーマールにつくられた、デザイン、写真、工芸などの芸術と建築の総合教育を行った「Bauhaus(バウハウス)」。そのバウハウスで創られた「Bauspiel」という玩具。22個のピースから成り立つ積み木で、立方体や直方体、円柱、そして舟形などのカタチをもったパーツの組み合わせから「モダンデザイン」の基本的な考え方を学習するために創られました。











フィンランドで30年以上も創りつづけられている、ゾウさんの貯金箱


1970年代から今日まで30年間にも渡って作り続けられ、フィンランドの家庭で愛されてきた、ゾウの貯金箱がやってきました。 まるっこいゾウさんのデザイン、プラスチックのカラーの発色、素材感は70年代の北欧の雰囲気がそのまま凝縮されたアイテムです。











横に長いという発想 仕切を変えて文具を自由に収納できる便利な整理箱


横長式のスタンドをつくりました。机の奥を有効活用することができる、横幅約60センチと30センチの整理スタンド。倉田裕之がデザインしました。仕切は自由に移動することができ、ペン類はもちろん、カードやメモ帳、工具類、CD、電卓、名刺、色見本、素材見本、iPhoneなどのスマートフォンといったものをすっきりと立てて収納することができます。











木の優しさと携帯性を備えた スエーデンのらくちん座椅子


スエーデンからやってきた「ERGOLIFE "Stol"」です。一脚といっても「脚」はついていませんが、この形状でもしっかりとした「座椅子」。樺(かば)とコットンでできた北欧デザインの美しいスタイルが特徴。とてもシンプルな構造ですが、なんと耐荷重は280kgもあり、さっと広げてすぐにお使いいただける、どこでも座椅子です。











最小限のエネルギーで、効率よく部屋を暖めるお手伝いをします


従来のサーキュレーターの問題点を克服し、効率よくお部屋の空気を整えるために作られたのが、この「GreenFan Cirq」。室内にできてしまう温度差を均一に保ち、ご自宅のエアコンの性能を確実に引き出す。これによって、冬は暖かく、夏は涼しさのある快適な生活を、そして光熱費のムダを最小限に押さえるお手伝いをします。