10000くらいのギフトアイデア






「植物のかたちの不思議」を透明なキューブに閉じ込めた「宙(そら)」 その世界をもっと楽しむための3個の木箱セット「花」「実」「種」が完成。


「宙」ファンのみなさんからのリクエストも多かった、小型の特別ボックスが完成。3つのSOLA Cubeを収納できる木枠に真鍮材をはめ込んだ専用木箱が付属。そしてテーマは花・実・種の3種類。贈り物にも最適なセットです。











新色が追加になりました。書類をきちんと持ち運ぶ、という機能性能に加えて重量がわずか172グラム。1000年の歴史のある和紙の産地から。


ベストセラーのSIWA・紙和ブリーフケース。コンパクトに見えて、500枚入りのA4コピー用紙が2巻も入るたっぷりな容量、そして素晴らしい質感。何よりの人気の秘密はその重量で、わずか172グラムと、スマートフォン1台ぶん。荷物の重さが気になる方に最適。











部屋の中を、さわやかな風が通り抜けてゆく。その風の動きを知るために、感じるために作りました。江戸ガラスでつくった、4つの音の「房」


日本の四季は暑さ寒さだけではなく、その風の様子も変化させます。そんな季節ごとの風の移り変わりを、さわやかな音色にします。風が触れて揺らしてゆくガラスの「房」。高度な伝統技法を受け継いできた江戸ガラスで作りました。











たっぷりな収納力に加えて、モノの出し入れがしやすい3つのモード切り替えで変化するバッグ。風合いの良いパラフィン加工のコットン100%、新形状のトート。


バッグを肩に掛けたままで、モノの出し入れも自由自在に。わざわざバッグを床に下ろす必要はありませんからお買い物に、カメラ用のバッグに、マザー&ファーザー・バッグに。あるようで無かった使い勝手の良さが自慢です。











人気の今治タオル・マフラーの心地よい肌触り、ふんわりあたたかく、お洗濯がしやすくて、いつも清潔。この使いやすさ、やわらかさを生かしてつくった新しいブランケット。


最高品質のスーピマ・オーガニックコットンを使用しました。軽くて、肌にやさしく、あたたかく、しっかり汗も吸い取ってくれる。ふっくらとしたタオル素材の良さをそのまま生かしました。毎日の生活の中で、そして季節を選ばずいろいろな使い方ができるブランケットです。











水のカタチ、透明な時を刻む 水を身に纏う腕時計


テーマは水のかたち。透明な時を刻む時計。透明で柔軟性に富み、なおかつ強さも備えている水という存在を形にする。ムダな装飾を一切排し、水という存在を身にまとう、それを目指して。吉岡徳仁のデザイン、セイコーインスツルの高度な技術、そして新素材とのコラボレーション。











コンパクトなショルダーバッグから、大容量のトートバッグに変身 ヨーロッパの郵便配達バッグの形から学んだ形です


コンパクトなショルダーバッグながら、必要なときは収納サイズを大きく。いつもは両手を塞ぐことが無いアクティブな形状ながら、ジャケットで出かける時には持ち手の付いたバッグに。生活の中で良くあるバッグの両方のニーズに答えます。重量は580グラムと超軽量。











スリムな形状ながら、外見以上にしっかりとモノが入る。そしてモノの出し入れがしやすい。さらに長さの違う2本のハンドルが使い易い新型トート。


使い勝手の良さに加えて、素材の良い風合いが自慢したいコットンバッグです。79A番という薄手の帆布を2枚貼り合わせ、さらにパラフィン加工を施したことで、独特のシワ感とハリのある、いつも側に置きたいバッグが出来ました。











アイデアメモの断片、いただいた名刺、未清算の領収書、招待状など紙の断片情報をまとめて「見える」ようにする情報ホルダー


紙のメモはデジタル時代でも価値は高いもの。しかし散逸してしまったり、役立てなければ意味が無い。アイデアと情報をきちんと見せて、まとめるところまで持ってゆくためのツール。











携帯しやすく必要な時にペンの取り出しがすぐ出来るペンケースの新しい形


ペンを3本収納できて、それぞれのペンの取り出しが簡単で、机の上に置いたときにはペントレーのような感覚でも使用可能。さらに携帯時には、3本のペンを単に束ねた感覚のサイズながら、それぞれのペン同士を擦れやキズから保護することができます。











40年以上も変わらない品質 バウハウスの遺伝子をもった筆記具の銘品


つや消しの黒色のペン軸と、ヘアライン仕上げを施したステンレス素材との美しいコントラスト。ペンの中央部分のゆっくりとした膨らみ。そして手にしたときのざらっとした手触りと、なめらかなペン運びを助けてくれる絶妙な重量バランス。40年前のデザインなのに一切の古さを感じさせない、モダンデザインの打表作。











お気に入りの太軸の万年筆にも対応 能率手帳とペンケースをひとつに。


ビジネスマンに絶大な人気のある「能率手帳ウイック」のリフィルサイズに完全対応。さらに側面にはあなたの愛用のペンをホールドできるペン差しを3つ装備しました。万年筆など太軸のペンにも対応。素材には、上質な皮革をオリジナルの撥水仕上げでオーダー。革手袋などの精密な革小物の仕上げで知られている四国、東かがわ市でつくりました。あなたのお気に入りのペンの指定席を、能率手帳のカバーにご用意いたしました。











赤ちゃんが最初に出会う、「スプーン」の理想を追求。ひとつひとつ、石川県輪島の木工職人の手作り。古くからの日本の技法で新しくつくりました。


離乳食をスタートさせた赤ちゃんが使う、おさじ。赤ちゃんが元気に育つための栄養源を、口元まで運ぶための道具。使うのは、離乳食を食べる赤ちゃん、それを手助けする大人。赤ちゃんにとっても、大人にとっても、大切な道具をきちんとした素材と形で、作りました。











iPhoneやiPodで、ゆっくりのんびり楽しむときの、自然な音が楽しめるスピーカ 専用の超小型アンプも用意しました


自分だけの時間がとれた、ゆっくりとした休日。一日の疲れをいやすための、眠りの前のひととき。そんな時にお使いいただきたいのが「ひょうたんスピーカー」。お手元のiPhoneやiPodをつなぐだけ。特別なステレオ装置を使うことなく、あなただけの音楽をお楽しみいただけます。











澄川伸一デザイン 玄関におく、まるで彫刻のような靴べら


玄関におく「靴べら」は、生活の必需品にもかかわらず、どちらかというと「隠して」おく存在だったかもしれません。靴べらとして心地よく使える機能を保ちながら、ヒトを招き送り出す、そして自らが帰ってくる大切な場所、「玄関」にふさわしいデザイン性を持たせることができたら。ソニーでウォークマンや「My first SONY」などの製品を手がけてきた、澄川伸一のデザインによるこの「AQUARIUM」は、玄関に置いておく彫刻のような靴べらです。











木の優しさと携帯性を備えた スエーデンのらくちん座椅子。


スエーデンからやってきた「ERGOLIFE "Stol"」です。一脚といっても「脚」はついていませんが、この形状でもしっかりとした「座椅子」。樺(かば)とコットンでできた北欧デザインの美しいスタイルが特徴。とてもシンプルな構造ですが、なんと耐荷重は280kgもあり、さっと広げてすぐにお使いいただける、どこでも座椅子です。











お弁当をお菓子を、おつまみを お花のかたちで美味しく引き立てます


樹齢200年の天然の秋田杉を素材に、17世紀後半から秋田県、大館で培われた「大館曲げわっぱ」の技術を使い、今の私たちの生活に使いやすい。そんなことをテーマに、建築家、田中行(たなかゆき)と、曲げわっぱの専門メーカーである大館工芸社が一緒につくりました。