premiumギフトコース





私が選ぶのは、アナログ。過ぎてゆく時間をゆっくり楽しむ生活。スイスで作られた、1日の時を感じるための、新しい腕時計。


人間の生体時計と同じように1日で1周の時を刻む。単に何時、何分、何秒を知るだけではない、ダイナミックに動いて過ぎてゆく、この自然の「今」を感じるための道具。それがこのまったく新しい腕時計「Slow Watch」。











新バージョンより、山形県米沢市で生産を開始。エアコンがきらいな方のために作りました。流体力学から学んだ自然の風。設計から生産まで日本で行われる、日本の扇風機。


自然の風は、とても心地がよい。自然の風の分析し、流体力学に答えを見つけました。従来の扇風機とは一線を画す、自然が創り出す風と、同じ心地よさ。エアコンはキライ。冷房は身体が疲れる。赤ちゃんや子供たちの健康が心配。とおっしゃる方へ。さらに電力消費量もわずか。通常の扇風機やエアコンに比べて、格段の省電力に貢献します。











ハッリ・コスキネンのデザイン デュアルタイム腕時計の傑作


世界的なガラス食器のメーカー、iittala(イッタラ)をはじめ、家具、照明、そしてGENELEC社のスピーカーシステム、そしてテキスタイルデザインまで。その活動の領域を広げている世界的なプロダクトデザイナー、ハッリ・コスキネンによるデザイン。彼の母国であるフィンランド語で「特別ではない、標準的であるもの」を意味する単語から名付けられました。北欧の工業デザインのベースとも言える、特別ではない、けれど美しく、長くあいされるデザインをコンセプトとし、ハッリ・コスキネンの独創性を形にした腕時計。それがこの「VAKIO」(ヴァキオ)です。











やさしい電球色の照明スタンド、音楽用スピーカー、iPhoneやiPadのドックシステム、USBチャージャーを直径16センチの置き場所でひとつに、快適に。


多機能でインテリジェント。けれど外見はどこか懐かしい傘付きの照明スタンドのよう。最新のテクノロジーを使用して、もっと日常を快適に、シンプルに。ベッドサイドやデスクサイドに置いてお使いいただく、ハイエンドスタンドライト。











これから絵筆を握る方の画材セットを100年の老舗と一緒につくりました。いつかは「油絵」とお考えの方に最適な、油絵の具セット。


いつかは油絵の具を使ってみたい。そうお考えの方にまず揃えていただきたい、長くお使いいただきたい油彩絵の具のセット。猪熊弦一郎や中川一政に選ばれた画材の逸品の中から、厳選したセットです。











優しい光を自由に調光ができ、電源ケーブルは要らず、コンパクトに収納し、携帯も出来る。従来の照明器具の課題を最新技術と、デザインの力で解決しました。


外見は一冊の書籍。手触りが良く、美しい木目の天然木、ウォルナットとメイプル材で出来ています。表紙を開けば光が点灯。高出力LEDを搭載し、500ルーメンの明るさ。大容量のリチウムポリマーバッテリーを内蔵し、連続8時間の使用が可能。全く新しい照明の誕生。











日本古来からあった「絞り出し」の構造を現代によみがえらせ、美味しく入って使いやすい急須を作りました。茶器の産地として知られる滋賀県、信楽より。


昔からあった構造を見直して、新しい茶器をつくりました。安定して持てて、美味しいお茶がいれられて、洗う時に茶葉が引っかかるイヤなカゴも無いから手入れも簡単。そしてコンパクト。「茶陶信楽」と茶人に愛されてきた陶器の里、信楽の職人が手作業で作っています。











豊かな音質を、シンプルな操作で。15年のロングセラーを続ける、FM/AMラジオ機能内蔵のサウンドシステム。Bluetoothモデル登場


スピーカーはたった1つ。出力はモノラル。大小の2つのダイヤルと、スイッチが1つ。上質な天然木のキャビネットに身を包んだ、落ち着いた筐体から再生される豊かなサウンド。超ロングセラーのサウンドシステムにBluetooth対応モデルが出来ました。











可愛い外見はそのままでスペックを一新、さらに使いやすく 生活の良き相棒に、防災用に 黒檀とアガチス材で出来た「木のラジオ」


ロングセラーの「木のラジオ」が最新の機能を搭載し、高性能に使いやすく。デジタルチューナーを搭載し、雑音にも強く。リチウムイオン充電池内蔵で、長時間の利用が可能に。木という素材の特性を研究して作られた、親しみやすくモダンなデザインのラジオ。











植物のかたちの不思議を、4センチの透明なキューブにとじこめました。宙キューブ9個を木製標本箱におさめた特別なセット。


手にして目の前にかざせば、植物の微細な毛先や、種子の形状のひとつひとつが、いつまでも変わらない姿で、浮かんでいます。わずか4センチの、驚くほど透明に形作られた正六面体のアクリルの中に、自然の不思議さ・強さ・美しさをとじこめました。











あなたのお帰りを光と音で優しく迎えてくれる、木でできた小さくて精密なロボットです。


玄関の靴箱の上に置いたり、靴を脱ぐ土間に座らせてあげてください。そうすれば、あなたがご自宅に帰ってきた時、ドアを開いて真っ暗な部屋を開けた時に、このロボットがご挨拶。ピポポッ、と可愛らしい音を出してご挨拶。まるで「お帰りなさい!」と言っているみたい。そして両目を明るく点灯させて、周囲を照らし出し、あなたを迎えてくれます。











時間の見やすい時計、いつまでもあきない腕時計をお探しですか?


1944年にデザインされ、時計の完成形として世界中で愛されてきた、スイス・デザインの歴史的代表作です。見やすい腕時計、いつまでも飽きのこない、TPOを選ばず、どんな服装にも合わせやすい。ペアウォッチとしてもお楽しみいただくことができます。











本当に美味しい「トースト」とは?想像したのは、表面はさくっと、中身はフワっとモチっとして、小麦の香りがすること。これを実現するため作った最高品質のトースター。


日本の家電メーカー、バルミューダの「The Toaster」。外見は2つのダイヤルを左右に備えただけのシンプルで落ち着いた色合いのオーブントースター。しかし内部には独自開発された最新テクノロジーを駆使し、豊かな香りと最高の食感の焼き上がりを、あなたの食卓へと運ぶ道具です。











良い素材と良いメカニズムを使い、ゼロから設計された新しい腕時計ブランド、デンマーク Bulbul の第一弾。


これまでの腕時計にはなかった表情です。バランスが良くて、はっきりと見やすい、時間を読み取りやすい単針と長針。つや消しの落ち着いた金属ベゼルはスチールコーティングとチタンコーティングを施しました。ベルトはイタリアの本革製。そして心臓部のクォーツメカニズムはスイス製。デザインはKiBiSiが担当。デンマークからBulbul Watchデビュー。











バックパックの動きやすさ。ショルダーバッグの出し入れのしやすさ。どちらの良さも兼ね備えた新しいバッグ。縫製と素材の良さで定評のある、あのブランドから。


両手があいて、歩行が自由になる。それがバックパックの嬉しいところ。必要なモノがすぐに取り出せる。それがショルダーバッグの便利なところ。この2種類のバッグの機能性と利便性の良さをどちらも併せ持ったバッグができないか。この視点から開発が始まったバッグ。











素材そのものと向き合うことから生まれた 吉岡徳仁デザインの腕時計


腕時計の形状からスタートするのではなく、つかう素材そのものの選択から、デザインをはじめる。そしてその素材と真摯に向き合い、その特性と素材の良さを引き出す。デザインの要素を極限まで削ぎ落す。このような吉岡徳仁のデザイン・アプローチから生まれました。











40年以上も変わらない品質 バウハウスの遺伝子をもった定番の万年筆


最高品質の万年筆として定評のある、このドイツLAMY(ラミー)社の「LAMY2000」が最適でしょう。デザインしたのはデザイン史に名を残すプロダクトデザイナー、ゲルト・アルフレッド・ミュラー。最初に発売されたのは1966年。40年以上も前から同じデザイン、同じ機能性で、世界中の筆記用具愛好者から絶賛され、使い続けられてきた筆記用具の銘品。それがこの「LAMY2000」の万年筆です。











全く新しい発想でつくられた、使いやすく、重量50グラムの二つ折り財布


あなたがこの財布を手にしたとき、一番最初に驚かれるのは、その軽さでしょう。革以外の素材を一切使用しない贅沢つくりですが、しかし重量は最新型の携帯電話の半分以下。わずか50グラムしかありません。











1958年、スイス・ネフ社の積み木の歴史はここからスタートしました


20世紀を代表する名作デザイン、名作玩具です。遊ぶほどに発見があり、成長とともに新しい遊び方ができる。そしていつまでの飽きない色合いと、美しいかたち。長く遊ぶことができる耐久性をもった自然素材を使用し、職人の熟練した極めて高い技術によってつくられました。











シンプルで、美しく、使いやすく、高い耐久性の歴史的名作イス


世界で最も有名なイス。そしてこれ以上にないシンプルさ、美しく、使いやすく、高い耐久性を備えた、名作家具。それがこの「artek "stool 60"」。つくったのは、歴史的なフィンランド建築家のアルヴァ・アールト。作られたのは、1933年のこと。なんと75年に渡って、今なお変わることなく作り続けられ、世界中の人々に愛用されています。これまでに作られた数は800万脚以上、といいます。