持ち歩くときは最小限のカタチ。使うときは最大限の使いやすさを。高度な革職人の「べた貼り」手法を用いて作った筆記具のためのケース。

Lim Pen Sleeve

本体価格 ¥12,800 (税込価格 ¥13,824)

NEW >> 2017年秋、ユーロキップレザーを使った新素材、新作バージョンができました。

「Lim Pen Sleeve」の「Lim」とは、よく知られている「Less is more」を略したネーミング。簡素な意匠など必要最小限の仕様で、より豊かで独自な使い方ができる、このコンセプトに沿って製品を作りました。

金具などは一切つかわない。最小限の形で、最大限の機能性を備えたペンケースです。「べた貼り」という特別な革工芸の手法を使用し、その厚さは2.5ミリ。驚く薄く、軽く、そして筆記具を使いやすく持ち運ぶことができます。

必要な時に必要なペンをすぐに取り出すことができる。そして、持ち歩く時にはお気に入りのペンが擦れたり傷つくことがないように安全に。さらに胸ポケットに入ってしまうほどコンパクトに。重量はわずか28グラムしかありません。

これまでのペンケースの常識を破ったデザインで、製作を始めて10年のロングセラー、アシストオンの定番ペンケースです。今回はそのバージョンアップとして、繊細な質感と強度を兼ね備えながらも、薄くしなやかさを持った、革小物などに最適なこの素材、ユーロキップレザーを使って、新色も加えました。






移動時には筆記具をきちんと束ねてくれて、キズをつけないように。しかし、ペンが必要になった素早く取り出したい。

複数のペンを収納できる一般的なペンケースはボタンやジッパー、ヒモなどで固定されているため、必要な時にこのいったん留め具を外して、さらにペンケースを開く。このアクションを起こしてからでしか最初のペンを使用することができません。

しかし「Lim Pen Sleeve」では使用頻度の高いペンは、一番外側に。この位置は最もペンが取り出しやすく、必要な時にさっと取り出すことができる。そしてこの位置のペンが「Lim Pen Sleeve」自体の「留め具」として機能し、このペンホルダーが内側から開く、というアクションに繋がってくれます。

あとの2本のペンは内側に。袋状のペンケースとは違い、きちんと所定の位置を決めて置くことができる。お互いにペンが擦れ合ってペン本体を傷つけてしまうことを防いで、さらに欲しいペンをすぐに見つけ出すことができる。例えば万年筆で外見は同じで、ペン先の太さが違う、インクの色が違うものでも、収納の位置が決まっていることから、瞬時に判断してお使いいただくことができるでしょう。

今回、素材に選んだユーロキップレザー。その工程はヨーロッパ産の肌理の細かな原皮と南アフリカ産のミモザから抽出されたタンニンをベースにし、国内有数のピット槽の設備を持つ姫路のタンナーでじっくりと鞣された、本ヌメ革です。堅牢度が高く型崩れしにくい特性と、染料仕上げならではの透明感のある表情を備えています。そして色の濃淡や斑、 筋やシワの痕など、あえて顔料などで隠さず素材の持ち味として活かしています。

なお、本製品にはたいへん高度な技術を使い、革の貼り合わせから製造まで職人による手作業のため、一度にたくさんの生産ができない製品です。そのためご注文からお届けまで少しお時間をいただく場合がございますので、その点はご了承ください。









Capacity


内側
:直径16mmくらいまでのペン2本
外側
:直径12mmくらいまでのペン1本




Sizes


高さ15.4×幅12.8(4.6)×厚さ(3)cm
*カッコ内は丸めた状態のとき

Weight


約28グラム

Material


牛革(ヌメ革・ユーロキップレザー)


Country of Manufacture


日本製

Designer


守川武 (rethink)

Package


紙製化粧箱
パッケージサイズ:17.2×14.2×2.4cm



Notes


本品はヌメ革を植物性タンニンで鞣したものを使用しており、表面には多少の皺やシミなどがあります。

これらは革本来のものであり避けられません。木でいう木目や節などと同様に革の持ち味としてご理解ください。


写真で使用例として登場しているペンはLAMY 2000です。本体には付属していません。

また、本製品はひとつひとつが手作業によるものであり、大量生産はできません。そのためご注文が多数の場合はお時間をいただく場合があります。あらかじめご了承ください。















Material


素材には最高のものを。オリジナルのユーロキップレザーを使って作りました。













「Lim Pen Sleeve」はその使いやすさ、機能性だけではなく、その素材選びにも細心の配慮を行いました。「Lim Pen Sleeve」が素材に選んだのはユーロキップレザー。使うにしたがって、手によく馴染み、愛着が増してきます。繊細な質感と強度を兼ね備え、薄くしなやかさを持った、革小物などに最適なこの素材を選びました。










今回選んだユーロキップレザーは、その工程はヨーロッパ産の肌理の細かな原皮と南アフリカ産のミモザから抽出されたタンニンをベースにし、国内有数のピット槽の設備を持つ姫路のタンナーでじっくりと鞣された、本ヌメ革です。堅牢度が高く型崩れしにくい特性と、染料仕上げならではの透明感のある表情を備えています。そして色の濃淡や斑、 筋やシワの痕など、あえて顔料などで隠さず素材の持ち味として活かしています。

「Lim Pen Sleeve」では、rethinkオリジナル色で染められたブルー、そしてグレーは時と共に豊かな色艶の変化が楽しめます。一般的にヌメ革が生成りから飴色になるようにブルーはより深く艶やかに、グレーはは一般的なグレー系からセピア色にと、それぞれ独自の経年熟成をしていきます。これらはヌメ革と染料仕上げならではの自然作用であり、表面を塗布する顔料仕上げでは味わえません。










How to Use


持ち歩くときは最小限のカタチ。使うときは最大限の使いやすさを。










この「Lim Pen Sleeve」の「Lim」とは、よく知られている「Less is more」を略したネーミング。簡素な意匠など必要最小限の仕様で、より豊かで独自な使い方ができる、このコンセプトに沿って製品を作りました。

金属製のパーツなどは一切使わず、極薄に貼り合わせた革を折りたたみ、縫い上げるシンプルな手法でデザインされています。一般に革製品は薄く、軽く作ろうとすると、素材自体が伸びたり歪んだりで、なかなか形になりずらいものです。そこでLim Seriesの各アイテムでは、きめが細かく張りのあるヌメ革を、0.5 mmまで漉き、表裏を貼り合わる「ベタ貼り」という手法を選択しました。この独自のノウハウと高い精度に加え、より多くの革も必要なこの手法により、革自体に弾力性をもたせ、歪みや型くずれを解消し、薄くしなやかな製品が生まれます。







移動時には筆記具をきちんと束ねてくれて、キズをつけないように。しかし、ペンが必要になった素早く取り出したい。複数のペンを収納できる一般的なペンケースはボタンやジッパー、ヒモなどで固定されているため、必要な時にこのいったん留め具を外して、さらにペンケースを開く。このアクションを起こしてからでしか最初のペンを使用することができません。この点をその構造面から考え直したのが、「Lim Pen Sleeve」です。

持ち歩くとき、バッグに収納するときはこの状態に。「Lim Pen Sleeve」を筒状にした状態でもペンのクリップが干渉し合わないだけの、ほんの少しの距離を保ちながら、3本のペンが綺麗に束ねられます。

コンパクトにペン類は束ねられますから、ペンを入れた状態でもジャケットの胸ポケットにそのまま入ってしまうほどコンパクト。「Lim Pen Sleeve」自体の重量もわずか28グラムです。








実際に「Lim Pen Sleeve」からペンを取り出してみましょう。

「Lim Pen Sleeve」はペン自体が収納のための留め具として機能してくれます。そのため、使用頻度が最も高いペンはこの位置へどうぞ。メモを取りたい時などにも、さっと取り出しができます。









留め具になっているホルダーからペンを取り出すと、このようにペンスリーブが広がって、他のペンも姿をあらわします。

1本1本が専用の袋の中にきちんと収納されている。そのため持ち歩いている時にペン同士が擦れ合って、傷ついてしまうことは決してありません。さらにペンを取り出してお使いいただくときも、位置を決めておくことができる。例えば外見が同じでペン先の太さが違うものをシリーズで揃えておられる方、そして色の違うインクを充填されている方でも、すぐに所定の位置でペンの種類を知ることができます。

そして、デスクやテーブルの上にこの「Lim Pen Sleeve」を置くと、少し丸まった形状に。ペントレーとしてお使いいただくことができます。
















Colors



Lim Pen Sleeve ブルー

本体価格 ¥12,800 (税込価格 ¥13,824)

NEW >> 2017年秋、ユーロキップレザーを使った新素材、新作バージョンができました。

生産に手間がかかるため入荷量は限られています。ご希望の方はお早めにご注文、ご予約をお願いいたします。







Lim Pen Sleeve グレー

本体価格 ¥12,800 (税込価格 ¥13,824)

NEW >> 2017年秋、ユーロキップレザーを使った新素材、新作バージョンができました。

生産に手間がかかるため入荷量は限られています。ご希望の方はお早めにご注文、ご予約をお願いいたします。








rethink "Lim Pen Sleeve" キャメル

本体価格 ¥12,800 (税込価格 ¥13,824)

NEW >> 2017年秋、ユーロキップレザーを使った新素材、新作バージョンができました。

生産に手間がかかるため入荷量は限られています。ご希望の方はお早めにご注文、ご予約をお願いいたします。










Recommendations






紙幣が確認しやすい、コインやカードがすぐに取り出せる。多くの軽量薄型サイフのお手本となってきた製品が、ユーロキップレザーで新しく。「Lim Wallet



電子マネーやApplePayの時代に。万が一のための硬貨を収納しておくことができるキーホルダーを、特別な革工芸の手法を使って作りました。「Clipon







Interview


デザイナー・インタビュー  守川武さんにうかがいました










この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


一般的なペンケースの場合、まず最初にボタンや紐、ジッパーなどの留め具を開放しないと中身を取り出せませんが、このひと手間を省けたらと…、という想いが「収納するペン自体を留め具にする」という発想になりました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


シンプルな2〜3本挿しのペンケースを目指しました。ロール状に丸めて持ったときのバランスやペンの出し入れのしやすさやなどを検証しつつ、それぞれのペンのクリップを傾けて挿すと中で干渉しないとか、拡げると簡易的なペントレイになりそう…、など機能的にも十分練れてきたところで仕様を決めました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


素材は、キメが細かく、こしのあるタンニン鞣しを施し、染料染めされたキップレザーをベースに、熟練した手揉み職人によるシボ加工を施しています。そのため、型押しなどのような画一的なシボではなく、部位によって全く違う表情をみせますが、この味わい深い雰囲気は天然素材ならではと思います。



AssistOnのお客様へのメッセージをお願いします


書斎や会議室のテーブルの上で、お気に入りの筆記具と共にお使いいただけたら心地良いと思います。