薄くスマートに、カギを最大8枚まで収納。そして手のひらの中で操作ができる。コンパクトな、これまでに無かった革製キーケース。

Bellroy keycover

お出かけになる場所、管理しなければならい部屋など、日常的にどうしても増えてしまうのが、カギ。ご自宅にお仕事場に、さらに自動車のインテリジェントキーなど、最小限にしようとしても、なかなかゼロにすることができないのが、カギ束です。

それらカギ類を可能な限りコンパクトに、薄く取りまとめることができて、必要な時にすぐに取り出せるようにする。これまで財布やパスポートケースなど、ゼロからの発想で革新的なアイテムを作り続けてきた「Bellroy」が、同じ考え方で今回取り組んだのが、カギを収納して持ち歩くための道具でした。

カギをリングに取り付けてそのまま持ち運ぶ方法は取り出しもしやすくシンプルですが、ポケットに入れるとズボンや身体を傷つける可能性があり、カギ同士が触れ合う嫌な音もして、案外かさ張ってしまうもの。しかし既存のキーケースは開閉するのにもボタンやジッパーを開け閉めしたりして、すぐに取り出しづらい。また同じようにポケットの膨らみは大きくなってしまいます。

これらの問題をすべて解決してくれるのが、この「Bellroy keycover」。極めて薄く、ポケットに収まってしまうほど。手のひらの中で片手で開いて、素早くカギを取り出すことができる。さらに自動車のインテリジェントキーと一緒に持ち歩くことも可能。そんな、これまでになかった、とてもスマートな方法ができました。





キーケースやカギ束で問題なのはカギを固定するためのキーリングの存在。これらの金具が存在するためにキーケース本体は分厚くなってしまい、取り付け・取り外しが面倒なのはみなさんも経験済みでしょう。

この「Bellroy keycover」が本体を薄く、そして従来のキーケースになかった使いやすさを実現できたのは、Bellroyが独自に設計したカギの取り付けシステムにあります。固定用のアルミ製のオリジナルパーツと伸縮性を備えたゴム状素材を組み合わせることによってカギを固定。平らに重ねておくことでかさばらず、最大、8枚のカギの収納力も備えています。

さらにその形状とフタの固定方法を新しくすることで、手のひらの中で、そのままフタを開いて、必要なカギをより分けることも可能にしました。一般的なキーケースのようにジッパーやボタンを開く操作はなく、マグネット式でフタを大きく開くことができますから、玄関先でまごまごすることもありません。自動車のインテリジェントキーと一緒に持ち歩きができるよう、取り付け用のフック穴も備えています。

本体の素材はBellroyがオリジナルでオーダーして作った植物タンニンなめしの皮革を使用。お使いいただくことで、少し肌に馴染んだ柔らかさが増してきます。もちろんフタをしてしまうとカギはじゃらつかず、嫌な音を立ててしまうこともありません。ジャケットの内ポケット、パンツやシャツのポケットにさっと収納できて、スマートに取り出すことができます。









Capacity


カギの収納枚数
スタンダード:最大4本
プラス:最大8本



Sizes


スタンダード
:タテ7.8×ヨコ4.1×厚さ1cm
プラス
:タテ9.2×ヨコ4.1厚さ1cm

Weight


スタンダード:14.5グラム
プラス:17.5グラム

Material


牛皮革(オリジナルの植物タンニンなめし)

Country of Manufacture


インド製

Brand Name


Bellroy(オーストラリア)


Notes


本品は植物タンニンなめしの牛革を使用しており、表面には多少の皺やシミなどがあります。

これらは革本来のものであり避けられません。木でいう木目や節などと同様に革の持ち味としてご理解ください。


























Product Guide


たんに薄くてスマートなだけのキーケースではありません。
片手で取り出して、片手で開いて使える。そんな形と構造を目指して作りました。














本体の厚さはわずか1センチ。カギを収納しても、一般的なキーケースに比べて驚くほどスマート。これまでになかったキーケースが、この「Bellroy keycover」です。

本体は上質な牛革を使用。そしてその構造はBellroyの独自設計。一般的なキーケースといえば、カギを固定するためのリング状の金具を内部に内蔵しているのが一般的。この構造のためにどうしても形状が複雑で、重く、分厚くしてしまっています。Bellroyではこの従来の構造をゼロから考え直してムダな構造を省き、しかし、多くの枚数のカギも無駄なく入り、取り出しやすいことを重点にしたキーケースをつくり出しました。もちろんコンパクトで薄型ですからポケットにもスマートに収納でき、鋭利なカギの先端で衣服や身体を傷つけてしまうこともありません。







サイズは手のひらの中に収まってしまうほど。しかも厚さは最も分厚い面で計測してみても、わずか1センチほどしかありません。ズボンのポケットや、上着の内ポケットはもちろん、シャツの胸ポケットにすら収納させることができる大きさです。















この「Bellroy keycover」はたんに薄いだけのキーケースではありません。大きな特徴はその使いやすさ。手にしたままで開いて、収納したカギにすぐにアクセスできること。そして収納したままでカギを鍵穴に差し込んで、しっかり開け閉めすることができること。この点においても、従来のキーケースの使いづらさを克服した構造です。

下の写真をご覧ください。その形状は上下左右で変化させることによって、手のひらの中でキーケースの方向がわかるように検討し作りました。ですから、少し使い慣れていただくと暗闇の中でも簡単に開いて、必要なカギの位置を探り出すことができるようになるでしょう。








また、フタの固定はマグネット式で、軽い力で開け閉めをすることが可能にしてあります。手のひらの中でまず開く方向を決めてから、少し指先を差し込むことによってフタを開けることができる。そして使い終わったらすぐに「ぱたん」と閉めておいて、安全にカギを持ち運ぶことができます。これまでのキーケースのような、ジャマなジッパーやボタン、ホルダーは一切排除したスマートな構造です。

もちろんカギ束をそのままポケットに収納することによって、鋭利なカギの先端でズボンを破損させたり、足を怪我させてしまうこともありません。また、フタを大きく開ききった状態で収納したカギを確認することが出来ます。そのため、玄関先でまごまごすることなく、必要なカギをすぐに見つけ出すことができるでしょう。








さらにカギを取り出した後も、内部でくるりと回して、そのまま鍵穴に差し込んで使うことができます。これまでのキーケースのように使用中にキーケースが邪魔になってしまうということもありません。もちろん、キーケースを取り出すとき、カギを選び分けるとき、もちろん移動中でも、あのカギとカギが触れ合うジャラジャラとした異音を立てることが全くないのも、この「Bellroy keycover」の大きな特徴と言えるでしょう。


















Product Guide


これまでになかったカギの固定方法によって、スムーズな取り出しを実現。
そしてカギの入れ替えも簡単にしています。














これまでの多くのキーケースの問題は、その固定方法にもありました。リングにカギを固定することで不意にカギを落としてしまうことを防いではくれますが、その反面、キーケースが分厚くなってしまう。そして、キーケースを取り出すたびに、カギとカギが触れ合って異音をさせてしまう、という問題がありました。

またキーリングにカギを取り付ける手間もたいへんです。リングの隙間を開いてカギを取り付けて行くために爪先の大きな力が必要だったり、ニッパーなどの道具を使ったり。新しいカギを入れる、交換するたびにこの嫌な作業をしなければならない、という問題がありました。

このカギの固定方法をゼロから考え直したのが、この「Bellroy keycover」。そのユニークな方法を説明してまいります。








カギの取り付け部分には、ゴムとアルミの金属ピンによって作られています。カギを取り付けるには、このように、ピンをカギ穴をくぐらせてゆくもの。一般的なサイズの鍵穴であればここを通らせることが可能です。また従来のリング式のように金属製のリングの先端を押し開いて行うといった作業も必要ありません。ひとつひとつ、このパーツを通してゆくだけで完成です。








この取り付け用のゴムは伸縮性がありますから、1箇所で最大4本までのカギを取り付けることが可能。もちろん必要なカギを取り出すときにもこの固定部分が少し上下に伸び縮みしてくれることによって、必要なカギをより分けることも可能にしています。

またカギを1箇所に1本だけ取り付けたいときには、製品に付属しているアルミ削り出しのリングパーツを使って固定します。このリングはスペーサーになってくれるだけではなく、カギを素早く回転させるための役割も果たしてくれますから、最も使用頻度の高いカギはこちらのほうでお使いいただくとよいでしょう。


















Product Guide


オリジナルの植物タンニンなめしを施した牛革の使用。
その素材の品質にも配慮しました。














この「Bellroy keycover」は他のBellroy製品と同様に、その素材の品質にもきちんと配慮しました。使用しているのは、同社がオリジナルで依頼して作った牛革。

植物タンニンなめしのこの皮革は、とても触感がよく、お使いいただくたびに味わいが増してきます。また他のお財布やアクセサリー、腕時計などの身の回りのものと合わせてお使いいただくために、ブラック、キャメル、ブルーの3色から選んでいただけるようにしました。



















Product Guide


自動車のインテリジェントキーに取り付けて使用できる機能も備えています。













自動車をお使いの方にも、この「Bellroy keycover」はスマートに対応します。本体のみの重量はわずか15グラム。本当にスリムなこのキーケースは自動車のインテリジェントキーを取り付けてお使いいただいても、たいへんコンパクトです。

この取り付けのために、本体の側面にキーリングを通してお使いいただける小さなタブを用意しました。本体と同じ皮革製のこのタブは、本体と一体化されるように固定されていて、リングを通してお使いにならない時には使用上のジャマにならない構造。また本体内部に固定させることによって、引っ張りにも強い構造になっています。

取り付け用のリングは別途ご用意いただく必要がありますが、このタブを使って、インテリジェントキー以外にも、リングやカラビナなどと上手に組み合わせて、様々な使い方をお試しになってください。


























Product Guide


お使いになっているカギの数に合わせて、2つのサイズを用意しました。
最大、8本までの収納を可能にしながら、しかしコンパクトでスリム。












お使いになられているカギの枚数に合わせて。この「Bellroy keycover」は、最大、8枚ものカギの収納に対応しています。「スタンダード」はカギの収納部分が1つで、4枚のカギを重ねて収納することができます。さらに「プラス」にはこの収納部分を2つ装備。これによって最大、8枚の収納ができます。

「スタンダード」と「プラス」のサイズの違いは、長さにしてわずか1.4センチ。どちらもコンパクトながら、たくさんのカギをまとめて収納して、どこへでも持ち運ぶことができます。









こちらは「スタンダード」タイプ。カギの固定パーツは1つ。重ねて最大4本のカギを収納することができます。またさらに自動車のインテリジェントキーの固定も可能です。

下の写真は「プラス」。カギの固定パーツは2つで、4枚ずつ、合計8枚までの固定ができる大型バージョンですが、本体全体の大きさはわずか1.4センチの違いです。

















Package


大切な方への贈り物としてもご利用ください。紙製の化粧封筒に入れてお届けします。











紙製の封筒パッケージ。
英語の製品解説書つき。

















Variations





Bellroy keycover スタンダード キャメル

本体価格 ¥5,700 (税込価格 ¥6,156)

Capacity


カギの収納枚数:最大4本


Sizes


タテ7.8×ヨコ4.1×厚さ1cm

Weight


14.5グラム










Bellroy keycover スタンダード ブルー

本体価格 ¥5,700 (税込価格 ¥6,156)

Capacity


カギの収納枚数:最大4本


Sizes


タテ7.8×ヨコ4.1×厚さ1cm

Weight


14.5グラム










Bellroy keycover スタンダード ブラック

本体価格 ¥5,700 (税込価格 ¥6,156)

Capacity


カギの収納枚数:最大4本


Sizes


タテ7.8×ヨコ4.1×厚さ1cm

Weight


14.5グラム









Variations





Bellroy keycover プラス キャメル

本体価格 ¥6,300 (税込価格 ¥6,804)

Capacity


カギの収納枚数:最大8本


Sizes


タテ9.2×ヨコ4.1厚さ1cm

Weight


17.5グラム










Bellroy keycover プラス ブルー

本体価格 ¥6,300 (税込価格 ¥6,804)

Capacity


カギの収納枚数:最大8本


Sizes


タテ9.2×ヨコ4.1厚さ1cm

Weight


17.5グラム










Bellroy keycover プラス ブラック

本体価格 ¥6,300 (税込価格 ¥6,804)

Capacity


カギの収納枚数:最大8本


Sizes


タテ9.2×ヨコ4.1厚さ1cm

Weight


17.5グラム










Interview


デザイナー・インタビュー Davin Hannaさんにうかがいました














この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


カギ、というのは私たちの生活の中で、なかなか厄介なアイテムです。カギというのは常にかさばってしまうものだし、騒々しいし、ポケットの中にそのまま入れておけばズボンを傷つけたり、足をケガしてしまうことすらある。この製品を作ることで、私たちは、毎日欠かすことなく使用する製品を、最もシンプルな方法で解決するか、改善できるかを探求したかったわけです。










最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


この製品は、実は「触覚的」な製品だと思っています。本体は手のひらの中で包み込むほどの大きさで、片手で簡単に持つことができます。また、開口部に向かって先細になっているデザインですから、持った手でそのまま開くこともできます。

このマグネットを使って「パチッ」とフタが固定され、また軽く開くことができるこの仕組みを作り出すこと、そして手の触覚でそれを感じることができることに、私たちはとても注意を払って制作に取り組みました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


本体には自動車などのカギを取り付けるためのループを用意しています。これはこの「Keycover」をユーザーにどう使っていただくか、このための必須の構成要素なのですが、実際の製品ではほとんど目立たないパーツでもあります。しかし、これを安全な方法で本体に取り付けるのは、とても困難な作業になりました。

素材には弾性を備えていて、ある程度の伸び縮みが必要なのですが、破損しやすかったり外れてしまってはならない部分でもあります。これをどのよう本体に固定するか。糸で縫い付けるとゴム素材が破損する可能性があり、接着剤を使うとパーツの弾力性が失われる、という問題があります。そのため、これらの技術をハイブリッドにすることで、両方の強みを生かし、弱点を回避する方法にたどり着きました。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


私はAssistOnが取り扱っている革新的で美しいデザインの製品が大好きです。そういった良いデザインの製品が、自分たちの生活をよりよいものへと導いてくれ、日々の笑顔をもたらしてくれる。そんな製品を彼らは熱意を持って顧客のみなさんに提案しているのだと思っています。そして私たちBellroyが目指していることは彼らの目標と同じのもだと考えています。

この「keycover」は、これまでの私たちが作ってきた財布と同じように、これまでは「カギと輪っか」だけでできていたキーホルダーの形を再検討してできたアイテムです。とても小さな製品ですが、この製品があなたの生活を上手にコントロールすることに役立ってくれることを願って作りました。そしてあなたの足やポケットを傷つけないよう、安全に保ってくれることも。








Brand Story










私たちBellroyは、モノを持ち運ぶためのより良い方法を作るためのブランドです。

Bellroyを創業したのは2010年のことです。しかしスリムで機能的な財布をつくる、というアイデアは実にその10年前から始まっていました。自分のポケットの中の膨らんだ財布に対する不満はデザイン学校の学生時代にすでに気づいていたことで、それに対する解決の方法を考えようと、まずはキッチンのテーブルに仲間と集まってアイデアを練ることから始めました。






私たちはとにかく日常の中で「ものを持ち運ぶ」ということはどういうことなのか、ということを深く考え、アイデアを練り上げようと思いました。また小物関連のレビューサイトのスタッフに相談をして、アイデアのやり取りをすることにし、もらったアイデアをデザインに反映させていきました。こうやって我々は最も使用頻度が高いものはなにか、逆に滅多に使わないカードなどをどうやって分類したらいいかなどの、従来の財布のデザインの欠陥を探り出し、再設計することにしたのです。







朝、職場に向かうときのコーヒーショップで、雨の中のサイクリングで、市内の通勤機関に乗るとき、そして週末にショッピングに出かけるとき。さまざまな日常生活の中で、私たちの手の中にある財布。どんな状況でも使いやすい、機能的であると感じられる体験をもたらしてくれるものを提供したい、それが私たちの願いです。

ですから私たちは、あなたと世界中の誰もが、簡単で使いやすいと感じてくれるデザインを探して、より良い「持ち運びのための最高の方法」を探し続けようと思います。






ところで「Bellroy」という名前について。私たちはオーストラリアの「ベルズビーチ」と「フィッツロイ」の2つの場所に自宅があるからなのです。「ベルズビーチ」は世界有数のサーフィンのメッカと言われる場所で、サーフィンをやられる方ならご存知かもしれません。また「フィッツロイ」はメルボルンの郊外にある芸術やアートなど文化的な観光名所もある街なのです。

この大自然の恩恵に恵まれた場所と、都市的なカルチャーに囲まれた場所。このどちらの場所を行き来することから生まれ、その私たちの環境の融合がこの「Bellroy」というブランドを形作るのに重要なキーワードになっているのだと考えました。ですから「Bells Beach」と「Fitzroy」の2つの場所の名前をあわせて「Bellroy」という名前を作り出した、というわけです。








Recommendations








クレジットカードや交通カード、さらには現金と、さまざまな決済が増えた現在。スマートに支払いを行うために、機能を考えたら、コンパクトな財布になりました「Note Sleeve






スマートに使える、クレジットカードや交通カードはもちろん、紙幣や硬貨もしっかり入る。使いやすさはもちろん、よりコンパクト、薄く・軽くを追求した財布「Coin Fold






出張が多くて、パスポートを手放すことができない、という方へ。豊富なカード収納、航空機のチケット、パスポートからペン、SIMを1つに、コンパクトに「Travel Wallet