リビングや書斎、玄関、トイレや洗濯場所の片隅にも。空間を便利に使い、モノの一時収納と置き場所を与えてくれる。あなたの部屋に一本の線を引くように。

DRAW A LINE ヨコ

大切なお部屋の空間に、ムダなものは置きたくない。できるだけ広く、有効にその空間を使いたい。本当に必要なモノだけをきちんと配置して、そして生活のための空間を快適に、便利に整えておきたい。家具はできるだけ増やしたくない。

そのようにお考えの方は多いでしょう。しかし従来の家具のかたちは、どうしてもいたずらに床の面積だけを占有してしまうことが多く、ミニマルな部屋づくりを考えると、最適な解決方法に私たちはなかなか出会えずにいました。

そこで考えられたのが、この「DRAW A LINE」という方法です。とてもミニマルで、しかし、空間を便利に使い、モノの一時収納と置き場所を与えてくれる新しい方法です。

デザインユニットTENTと、1952年の創業以来、新しいアイデアと技術で暮らしの空間づくりを考え続けてきた平安伸銅工業が一緒に作ったのが、この「DRAW A LINE」。

あなたの部屋に、一本の線を引くように。まったく新しい空間の使い方を提案する道具ができました。





例えばリビングや書斎、ベッドルーム、玄関に。さらにはトイレや洗濯場所の片隅で。生活のための小物を置いたり、読みかけの本を重ねたり、帰宅した後の上着や帽子を掛けて置く場所として。タオルをかけたり、ティッシュペーパーのストックの場所として。

すでに日本の生活の風景の一部となった「突っ張り棒」を発案してその技術と構造を先んじて開発してきた平安伸銅工業の技術力がこの「DRAW A LINE」の使いやすさに発揮されています。

壁に穴をあけず固定でき、移動可能なため、自由でフレキシブルな使い方ができること。新しい技術、スクリューロック方式を使い、スマートな外見を保ちながらパイプの固定ができること。さらに固定の強度を増したい時のために考えられた特許申請済みの壁面固定方法を備えていること。1本の線のようなシンプルな構造にするために、内部には先進的な時術を投入しました。

ワンルームマンションなどの家具を置く面積がない部屋。壁面をフック穴などで傷つけることができない場合で。引越しを行う時にも。この「DRAW A LINE」なら、これまでの収納の問題を最小限のかたち、1本の線の形で解決します。

さらにスチール製の本体にはエポキシ樹脂粉体塗装を施し、美しい質感に仕上げて、お部屋の雰囲気を乱さず、どんなお部屋にもマッチするよう、マットブラックとオフホワイトの2色からお選びいただけるようにしました。





あなたのお部屋だけに合わせてカスタマイズしてお使いいただけるように、2種類の形式の棚板と、ハンガー、マグネットと、豊富な拡張アクセサリーもご用意しました。

そしてさらにお部屋の雰囲気作り、ライトアップ用の装置としても「DRAW A LINE」は活躍します。この「DRAW A LINE」のために特別にデザインされた美しいラインが特徴の照明器具。間接照明として、読書用のライトのために。一般的なE26金具の電球をお使いいただくことが可能。個性的なLEDライトや、最新テクノロジーを使ったIoT照明などを自由に取り付けてご利用ください。

これまで床面に照明装置やフロアライトを置くことができなかった場所、ワーキングデスクやソファーの側などでお使いいただければ、これまではお部屋のレイアウトや広さの都合で実現できなかったライトアップを可能にします。

「DRAW A LINE」。それは1本の線からはじまる、あなたの新しい暮らしのための提案。あなたなら、あなたのお部屋なら、どう使いますか?









Specifications


耐荷重:
横取付 大丸キャップ:15~5kg
小丸キャップ:10~2.5kg
縦取付 大丸キャップ:10kg


設置場所
:コンクリートの壁や柱など十分に強度がある面
:石膏ボードやベニヤ板などで下地に桟のある場所



Sizes


取り付けサイズ
A:75~115cm
B:115~190cm

Weight


A:600グラム
B:800グラム

Material


本体:鉄
(エポキシ樹脂粉体塗装 樹脂)
部品:ABS樹脂・EVA樹脂
ねじ:真鍮・鉄・ABS樹脂

Manufacturer


平安伸銅工業
(大阪市西区江戸堀)

Designer


TENT(テント 日本)

Award


2017年度 red dot Award(ドイツ)











































































Movies


ぜひご覧ください。「DRAW A LINE」のイメージアニメーションです。










「DRAW A LINE」の特徴を開設したアニメーションです。46秒間、音声が出ます、











Product Guide


これまでになかった、新しい一時収納、見せる収納のためのツール。
「DRAW A LINE」の3つの特徴。












1.壁や天井を傷つけません。取り付ける場所の移動も簡単に行うことができます。










2.位置極め、仮固定、本固定。たった3つのステップで取り付けることができます。











3.お使いになる場所や使い方に合わせお選びいただくことができる、豊富なパーツをご用意しました。









Material


私たちの身近にある「突っ張り棒」のトップメーカーが磨き上げてきた技術が、その細部に生かされています。












「DRAW A LINE」を作ったのは、平安伸銅工業。1952年の創業以来、アイデアと技術で暮らしを豊かに、というモットーで開発を続けてきたメーカーです。その代表作は、われわれの身近にいつもあって、多くの家庭で便利に使われている「突っ張り棒」。もともとは同社の創業者がアメリカでカーテンポールとして使われていたものを日本に持ち込み、独自の技術開発で進化・発展させてきた製品でした。

新しい空間の使い方を提案し、便利で心地よい収納のあり方を作る。そのための技術を磨いてきた突っ張り棒での技術開発が、この「DRAW A LINE」にもその細部に渡って生かされています。



「DRAW A LINE」のTensiconRod本体は、落ち着いた雰囲気で、どんなお部屋にも合うよう、スチール素材に独特な質感を備えたマット塗装を施しました。このメインパイプには、耐荷重性能に加えて、取り扱いのし易さを考慮し 軽量でたわみにくいように、この「DRAW A LINE」のために特別に作ったスチールパイプを使用しました。

美しいラインのランプシェード、木目を生かした棚板やテーブル、ハンガーからフック。さらに、あえて塗装をせずに仕上げ、時間ともに風合いが変化してゆく楽しみを考慮した真鍮製のネジ切りパーツ。どこか懐かしく、オン・オフをしっかり確認しながら長さを操作できる、トグル式のスイッチを採用した照明装置。アクセサリー類もその細部にいたるまで、適材適所でその素材を使い分けながら、統一感の高い「DRAW A LINE」独自の世界を作り出しています。




























「DRAW A LINE」はその内部構造や機構に置いても、平安伸銅工業の独自の技術が生かされています。

例えばその固定方法。バネの反発力だけで取付けるバネ機構のTension Rodは、バネを手の力で押し縮めながら取付ける必要があり、取付ける人によって突っ張る力にバラつきが出やすいという問題点があります。

そのため、「DRAW A LINE」のTension Rodはバネ機構ではなくジャッキ機構を採用し、力の弱い方でもグリップを回転させるだけで、必要十分な突っ張る力を確保できます。グリップは、パイプのサテン塗装のテクスチャーに合わせたシボ加工を施し、デザイン面 だけでなく滑り止めの機能も持たせています。又、小さい手の方でも握りやすく、スッキリ見えるようコンパクトに設計しています。







Tension Rodに大きな荷重をかけた時、取り付け面やRod自体にたわみが発生します。 このたわみが原因で、Tension Rod両端の摩擦力が低下し落下・転倒する危険性が高くなります。

これを解決するため、内蔵コイルバネを入れる事により、たわみが発生しても突っ張る力を保持し、摩擦力の低下を防いでRodの落下・転倒防止に役立てています。内蔵コイルバネの強さは、Tension Rodの取り付け面を破損しないよう考慮した設計です。








Tension Rodは、尖った真鍮製のネジを調整パイプに貫通させることで、素早く、確実に、強固な固定を実現しています。この真鍮パーツは、モジュール(目の粗さ)にまでこだわり抜いたローレット加工を施し、 デザイン上のアクセント及びねじ込む時の滑り止めの役割を両立させています。

またこの真鍮ねじは、取り付けるナットを直接パイプに溶接する事で、従来の商品のように分厚いインサート成型のスリーブが不要な構造としています。これによりパイプの段差を極限まで抑える事ができ、Tension Rodが段差の無い1本の線に見えるようにしました。

このパーツはさらに、素材である真鍮をメッキせずに地色そのまま使用していますので、お使いいただくうちに色合いが変化してきて、味わいが徐々に増してきます。









Tension Rodの両端には、取り付け面を傷めたり変色させないようにEVA樹脂性パッドを使用しています。また、取り付け面との摩擦が最適になる樹脂の硬度を指定し生産しています。

石膏ボード、ベニヤ板に取り付ける場合、ラージサイズのEVAパッドは、Tension Rodの落下・転倒防止性能を高めるために、ホッチキス針 又はねじを使って壁や天井に直接固定することもできる新設計の構造です(特許出願中)。

さらにオプションの照明器具を付ける時や、突っ張りだけの固定では不安に感じる方などにも安心してご使用いただけるよう配慮しました。









さらに製品の安全性能にも配慮を行うため、設計の初期段階から検証試験を繰り返し行い、部品の強度や耐荷重性能をテストして、使用上の問題が発生しないようチェックしてきました。

下の写真は専用の試験機でテストしている様子です。このようなSG基準同等の試験を行い、最終の性能チェックを行い、こうやって出来上がったのが、この「DRAW A LINE」なのです。

















How to Use


「DRAW A LINE」は特別な道具を使わずに、セットアップすることができます。











この「DRAW A LINE」は、特別な道具を使わずにご利用いただくことができます。一般的な壁面に取り付ける場合の方法をご説明します。

まず以下の図面のように、グリップを「LOCK」の方向に回し、グリップが動くことを確認し、グリップの端を「START線」の位置に戻します。必要以上の戻しすぎは破損の原因になりますのでご注意ください。










続いて、真鍮キリねじを本体のナットに1回転ほどねじ込みます。この時に、ねじ込み過ぎると調整パイプが引き出せなかったり、傷が付きます。注意して作業を進めましょう。









取り付ける壁間いっぱいに調整パイプを引き出し、真鍮キリねじをしっかり締め付けます。調整パイプに穴が開いて長さが固定されます。この段階でグリップを「LOCK」の方向に1〜3周回し、仮固定します。

次にポールが設置面に垂直になるように両端のキャップの取り付け位置を調整します。さらに、設置面が破損しないように確認しながら、グリップを「LOCK」の方向に回して、しっかり圧着固定させます。




外見をすっきりとした一本の線として使いたい方は、小丸キャップを。耐荷重が欲しい方や、シェルフなどのパーツを取り付ける場合は、大丸キャップをお選びください。大丸キャップはEVAキャップにホッチキスやネジ止め固定ができて、落ちにくくすることができます。

さらに石膏ボードに取り付ける時は、EVAパッドを市販のホッチキスを使って壁面に固定しておいて、本体取り付けの作業を行います。ベニア板に固定する際は同様にEVAパッドを付属のネジで固定しておくと良いでしょう。









詳細はこちらの取扱説明書をごらんください。LINK >> 取扱説明書のダウンロード










Product Guide


使い方に合わせてカスタマイズが可能。
豊富なアクセサリーが「DRAW A LINE」の魅力です。













リビングで、ベッドルームで、書斎で、そして洗面台や洗濯機の側で。あなたの生活の中で自由に、幅広くお使いいただける「DRAW A LINE」。さまざまな使い方に合わせてフィットしてくれる秘密は、その豊富なアクセサリーの存在にあります。

例えば棚板は2種類からお選びいただくことができます。「Shelf A」はTensionRod本体の上面に乗せることができるもの。底面から支えるてくれるロッドが2本装備されており、小型のテーブルのような使い方も可能。「Shelf B」は吊り下げ式の棚板で、側面の金属ロッドが支えになりますので、書籍などを並べる際にも便利です。どちらも木目を生かした合板を使用しており、横幅40センチ、奥行きは24センチ。大型の雑誌よりも横幅がさらに広いサイズで、使い勝手の良い大きさです。
















バッグや帽子などをちょっと掛けておくためのハンガー。「DRAW A LINE」があれば、収納がそのままお部屋のインテリア、見せる収納に早変わりです。棚板と同様、お好きな位置に取り付けることができて、ハンガーの金具のカラーも本体のカラーに合わせてつや消しのブラックとホワイトからお選びいただくことができます。

さらに取り付け用の真鍮きりネジのデザインと合わせたマグネットもオプションで用意しました。側面にはローレット模様を刻んで、指でつかみやすい機能性を備えています。友人から届いたポストカードや、家族のお絵かきなどを飾っておく時にも、この「DRAW A LINE」は大活躍します。















お部屋の雰囲気作り、ライトアップ用の装置としても「DRAW A LINE」は活躍します。この「DRAW A LINE」のために特別にデザインされた美しいラインが特徴の照明器具。間接照明として、読書用のライトとしてお使いいただくことができ、一般的なE26金具の電球(40Wまで)をそのままお使いいただくことが可能。個性的なLEDライトや、最新テクノロジーを使ったIoT照明などを自由に取り付けてご利用ください。

これまで床面に照明装置やフロアライトを置くことができなかった場所、ワーキングデスクやソファーの側などでお使いいただければ、これまではお部屋のレイアウトや広さの都合で実現できなかったライトアップを可能にします。













Variations


TensionRod A(75〜115cm)本体










TensionRod A ブラック

本体価格 ¥3,500 (税込価格 ¥3,780)

「DRAW A LINE」本体、幅75から115cmの範囲で取り付けができるバリエーションです。ヨコにしてお使いいただけるだけではなく、タテ型にして取り付けすることも可能です。本体は高い質感を備えたマットブラックのマット塗装を施しています。

Supported Products


取り付けサイズ:75~115cm


Weight


600グラム

Accessories


ねじ8本・ホッチキス針1連





TensionRod A ホワイト

本体価格 ¥3,500 (税込価格 ¥3,780)

「DRAW A LINE」本体、幅75から115cmの範囲で取り付けができるバリエーションです。ヨコにしてお使いいただけるだけではなく、タテ型にして取り付けすることも可能です。本体は高い質感を備えたオフホワイトのマット塗装を施しています。

Supported Products


取り付けサイズ:75~115cm


Weight


600グラム

Accessories


ねじ8本・ホッチキス針1連





Product Guide


TensionRod B(115~190cm)本体








TensionRod B ブラック

本体価格 ¥4,500 (税込価格 ¥4,860)

「DRAW A LINE」本体、幅115から190cmの範囲で取り付けができるバリエーションです。ヨコにしてお使いいただけるだけではなく、タテ型にして取り付けすることも可能です。本体は高い質感を備えたマットブラックのマット塗装を施しています。

Supported Products


取り付けサイズ:115~190cm


Weight


800グラム

Accessories


ねじ8本・ホッチキス針1連





TensionRod B ホワイト

本体価格 ¥4,500 (税込価格 ¥4,860)

「DRAW A LINE」本体、幅115から190cmの範囲で取り付けができるバリエーションです。ヨコにしてお使いいただけるだけではなく、タテ型にして取り付けすることも可能です。本体は高い質感を備えたオフホワイトのマット塗装を施しています。

Supported Products


取り付けサイズ:115~190cm


Weight


800グラム

Accessories


ねじ8本・ホッチキス針1連





Options


シェルフ








Shelf A

ブラック

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)

ホワイト

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)

「DRAW A LINE」ヨコ型使用の場合にお使いいただける棚板です。お好みの位置にで使用することができ、小物を置いたり、小さなテーブルとして使ったりと、様々なニーズに応えることができます。

サイズは横幅40センチ、奥行きは24センチ。大型の雑誌よりも横幅がさらに広いサイズです。本体は天然木にクリアなウレタン塗装を施しています。留め具のカラーはTension Rod本体のカラーに合わせて、ブラックとホワイトからお選びください。

Supported Products


Tension Rod A / B専用


Sizes


幅40×奥行き24×高さ16.2cm

Weight


900グラム

Specifications


耐荷重:1キログラム

Material


棚板:合板・ウレタン塗装
金具:鉄・エポキシ樹脂粉体塗装
樹脂部品:EVA樹脂
ねじ:鉄・メッキ







テーブル 雑誌













Shelf B

ブラック

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)

ホワイト

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)

「DRAW A LINE」ヨコ型使用の場合にお使いいただける棚板の吊り下げ用です。お好みの位置にで使用することができ、小物を置いたり、小さなテーブルとして使ったりと、様々なニーズに応えることができます。

サイズは横幅40センチ、奥行きは24センチ。大型の雑誌よりも横幅がさらに広いサイズです。本体は天然木にクリアなウレタン塗装を施しています。留め具のカラーはTension Rod本体のカラーに合わせて、ブラックとホワイトからお選びください。

Supported Products


Tension Rod A / B専用


Sizes


幅40×奥行き26.2×高さ27.2cm

Weight


1000グラム

Specifications


耐荷重:1キログラム

Material


棚板:合板・ウレタン塗装
金具:鉄・エポキシ樹脂粉体塗装
樹脂部品:EVA樹脂
ねじ:鉄・メッキ






















Options


ランプ








Lamp A/B

Lamp A (007) for Tension Rod A

本体価格 ¥31,000 (税込価格 ¥33,480)

Lamp B (008) for Tension Rod B

本体価格 ¥31,000 (税込価格 ¥33,480)

近日発売

美しいライン、アルミニウムのランプシェードを備えた、「DRAW A LINE」専用の照明です。口金は一般的なE26型のものが使えますから、LED照明や、IoT対応のライトなど様々なものを取り付けてご利用いただくことができます。

On/Offのためのスイッチはトグル式で、背面にはマグメット式で、「DRAW A LINE」に取り付けて使用することができます。サイズに合わせてTension Rod A用とB用をそれぞれ用意しています。

Supported Products


Tension Rod A / B専用


Sizes


幅28×高さ32×奥行き9.7cm

コード長
A:400cm
B:430cm

Weight


A:700グラム
B:800グラム

Material


ランプシェード:アルミニウム
パイプ:スチール
調節ねじ:真鍮、ABS、スチール・メッキ

Specifications


口金E26 40Wまでの電球に対応(別売) AC電源





















Options


ハンガー








Hanger A

ブラック

本体価格 ¥1,000 (税込価格 ¥1,080)

ホワイト

本体価格 ¥1,000 (税込価格 ¥1,080)

Tension Rod A / B専用の取り付けハンガーです。カバンや帽子などを引っかけるのに最適な大きさにデザインしました。

Tension Rod本体とお揃いでお選びいただけるよう、素材感のあるマット仕上げで、ブラックとホワイトの2色を用意しています。

Supported Products


Tension Rod A / B専用


Sizes


幅4×縦9×長さ20cm

Weight


100グラム

Specifications


耐荷重:0.5kg

Material


ハンガー:鉄・エポキシ樹脂粉体塗装
樹脂部品:シリコン樹脂













Options


マグネット








Magnet

本体価格 ¥1,000 (税込価格 ¥1,080)

Tension Rodに取り付けて、カード類を固定するのに便利な。真鍮素材のマグネットです。

本体の真鍮キリねじとお揃いのデザインで、側面にはローレット模様が刻まれており、指でつまみやすい形状です。


Quantity


3個入り(1セット)

Sizes


直径1.5×厚さ0.4cm

Weight


15グラム

Material


真鍮・マグネット・PP樹脂
















Recommendations


「DRAW A LINE」 を横向きにしてお使いになる時はこちら。







ベッドサイドに、リビングのソファー横に、書斎に、玄関に。空間を便利に使い、モノの一時収納と置き場所を与えてくれる。あなたの部屋に一本の線を引くように。「DRAW A LINE タテ









Interview


デザイナー・インタビュー TENT(治田将之・青木亮作)にうかがいました












TENTは2011年に治田将之と青木亮作の2人によって結成され活動を開始したクリエイティブユニットです。 高層ビルのような固定された強さではなく、テントのように自由で風通しの良い強さを目指して、創作活動を行っています。

青木亮作:写真左
オリンパスイメージング株式会社、ソニー株式会社にて録音機器やカメラ、PCおよび周辺機器のプロダクトデザインをはじめ商品戦略や企画を行う。

治田将之:写真右
デザイン事務所、生活雑貨メーカー勤務を経て、フリーランスとして家電機器、インテリア用品を中心にプロダクト、パッケージ、カタログまで多岐にわたるデザインを手がける。 






この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


平安伸銅さんから「TENTと一緒に新しいブランドと商品をゼロから作りたい」とお声がけいただいたことが始まりでした。

当初は家具などを含む、幅広い提案を行いながら、双方の得手不得手を明確化していくなかで、平安伸銅さんのもともとの強みである「突っ張り棒」の再定義という方向性に徐々に定まって行きました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


「突っ張り棒をつかって棚や照明などを作ることができる」とうイメージは当初からあったものの、カスタマイズできる多種多様のパーツがただ存在するだけでは、ユーザーにとって、何から手をつけて良いのかいまいち掴めないパーツの集合体になってしまうので、商品群のコアになる要素とは何かを突き詰めて考えて行きました。

単にスタイルとしての「おしゃれさ」を目指すのではなく、新しい暮らし方の提案を目指して検討を進め、その結果として導き出された「DRAW A LINE = 一本の線からはじまる あたらしい暮らし」というコンセプトに基づき、製品の形状についても仕上げについても、生活の中での脇役として、どれだけミニマルな「一本の線」にしていくかということを徹底的に突き詰めました。







この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


本体のボディには「一本の線」としての存在感を徹底するため、鉄パイプにザラッとした粉体塗装を施し、樹脂パーツについても同じ質感として統一できるよう、シボを調整しています。

長さを固定するための貫通ネジ部分には、長く使うことで味わいが出る真鍮素材を採用しています。パイプを貫通させるという特殊な固定方法や、表面塗装をつよく磨耗すると擦り傷がつくという特徴がありますが、素材自体が持つ味わいとして楽しんでいただけると幸いです。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


多くの人の「暮らしの形」が、様々な機器やインフラが進化した結果、1つの場所に定住し沢山のモノを持ち続けるという暮らし方から、いつでも移動できるような軽やかで自由な暮らし方へとシフトしつつあるように思います。

DRAW A LINEは、便利な道具なだけではなく、そんな時代にあるべき「これからの家具」の一つの姿を提示することができたと考えています。

引越しをしたり断捨離をしたりして、これまでよりも少し落ち着いた部屋に。
DRAW A LINEで描いた「一本の線」から、あたらしい暮らしをはじめてみませんか。
ご友人への贈り物としても、ぜひどうぞ。