カジュアルな服装にも、そしてスーツ姿でも。リュックからトートに、容量の変更にも新しい機構を作り出した、Bellroyのバッグ第一弾。

Duo Totepack

NEW >> 2018年の新色、インクブルーが登場しました。

カジュアルな服装にも、そしてスーツを着たお仕事、ビジネスのシーンでも。「Duo Totepack」はさまざまなな生活の用途にお使いいただけることを目指して、Bellroyが作ったバッグです。

例えば通勤や通学、プライベートの移動の時に、必要なものがしっかり入ること。そして歩くとき、バイクに乗る時、荷物が大きい時という使い方に応じて、形状が変化して、もっとも楽な状態で移動ができること。そしてそれぞれ、どんな服装にもマッチしてお使いいただける外見を備えていること。

これまで数多くの財布やケース類を作ってきたブランド、Bellroy。彼らが手がけるバッグの第一弾が、この「Duo Totepack」です。毎日の生活をできるだけスマートに、ミニマルにしたい。しかし妥協なく、便利で使いやすい機能を捨ててしまうことなく作ったバッグがこの「Duo Totepack」です。

適材適所で良い素材を使う。シンプルさを目指しながらも、従来のバッグにはなかった革新的なアイデアを盛り込む。彼らのクラフトマンシップ、これまでに培ってきたモノづくりの精神のすべてがこのバッグの中に凝縮されています。






Bellroy「Duo Totepack」はバイクに乗る時、そして両手を解放して自由に歩き回りたい時には、バックパックに。そしてスーツやジャケット姿で移動したい時にはトートバッグへと、姿が変化するバッグです。

外見はあくまでもスリムで、スマートなバッグ。しかし収納力が変化して、使いやすいだけではなく、バックパックからトートバッグへと、素早く変化させることができ、どちらのモードにした時にも使い勝手を損ねたりすることはありません。もちろんどちらのモードでもミニマルなバッグの外観はそのまま。

またバッグのサイズを拡大・縮小できる機能も、従来のバッグでは採用されていない方法で解決しました。バッグの側面に「ひだ」を作って折りたたむ方式はこれまでにも見られましたが、上下の特殊なボタン構造で、ワンタッチでサイズの変更を可能に。

さらに注目いただきたいのが、使われているパーツや素材の品質の高さ。本体に使われている生地のクオリティーの高さはもちろんのこと、パソコンなどのデジタルデバイスを守ってくれるパッドや裏生地の使い方。滑らかに開け閉めができ、雨水の浸潤も防いでくれるYKKジッパー。大きく握りやすいハンドル、側面に配置されたバッグの拡張用の開口部ホルダー、そしてジッパーの引き手などには、これまでBellroyが財布作りで培ったオリジナルのタンニンなめしの高級皮革を使用して触った時に滑らかで、さらに使い込むほどに良い風合いに仕上がってきます。

本体の生地にブラック、モスの2色を用意し、さらに風合い、生地自体のテイストを変えることで、どちらかをお選びいただく楽しさも、従来のバッグにはなかったこと。毎日お使いいただくバッグとして、使いやすさと耐久性を考えた素材選び、そして優れたデザインを施している。それがこの「Duo Totepack」です。












Capacity


MacBookPro15"以下のノートパソコン、iPad ProなどのタブレットPC、それぞれ専用の収納を装備



Sizes


タテ45×高さ35×厚さ8cm
最大14.5リットル

Weight


1045グラム

Material


ナイロン(ブラックはコーデュラ)
牛皮革(オリジナルの植物タンニンなめし)

Designer


James Jeffrey

Brand Name


Bellroy(オーストラリア)




















































Movies


「Duo Totepack」の機能性の高さを動画にしました。
まずはこちらをご覧ください。(48秒間)




















Material


使いやすさと、適材適所に優れた良い素材を使う。Bellroyのこれまでのモノづくりが生かされたバッグです。










カジュアルな服装にも、そしてスーツを着たお仕事、ビジネスのシーンでも。「Duo Totepack」はさまざまなな生活の用途にお使いいただけることを目指して、Bellroyが作ったバッグです。

例えば通勤や通学、プライベートの移動の時に、必要なものがしっかり入ること。そして歩くとき、バイクに乗る時、荷物が大き時という使い方に応じて、形状が変化して、もっとも楽な状態で移動ができること。そしてそれぞれ、どんな服装にもマッチしてお使いいただける外見を備えていること。

これまで数多くの財布やケース類を作ってきたブランド、Bellroy。彼らが手がけるバッグの第一弾が、この「Duo Totepack」です。毎日の生活をできるだけスマートに、ミニマルにしたい。しかし妥協なく、便利で使いやすい機能を捨ててしまうことなく作ったバッグがこの「Duo Totepack」です。これまでの彼らのモノづくりの精神のすべてがこのバッグの中に凝縮されています。










特にご注目いただきたいのが、使われているパーツや素材の品質の高さ。本体に使われている生地のクオリティーの高さはもちろんのこと、パソコンなどのデジタルデバイスを守ってくれるパッドや裏生地の使い方。滑らかに開け閉めができ、雨水の浸潤も防いでくれるYKKジッパー。メイン収納部のジッパーには本革製の大きなタブを使い、貴重品を収納しておく隠しポケットにはプラスチック製の小型の、しかし指先でつまみやすい引き手を取り付ける。さらにボタンを使った留め具には、必ず本革のループをつけて裏側から指を差し込んで固定しやすくする。

大きく握りやすいハンドル、側面に配置されたバッグの拡張用の開口部ホルダー、そしてジッパーの引き手などには、これまでBellroyが財布作りで培ったオリジナルのタンニンなめしの高級皮革を使用して触った時に滑らかで、さらに使い込むほどに良い風合いに仕上がっています。またバッグの拡張機能には従来にはなかった新しいメカニズムを備えたボタン機構を備えています。

このように、毎日お使いいただくバッグとして、使いやすさと耐久性を考えた素材選び、そして優れたデザインを施している。それがこの「Duo Totepack」です。





































本体の素材選びにも細かな注意が払われています。カラーは「モス」と「ブラック」そして「インクブルー」の3色からお選びいただくことができますが、その風合いを生かすために、「ブラック」、そして「モス」「インクブルー」はそれぞれ異なった素材を使用しています。

上の写真「ブラック」はその耐久性の高さと水分の浸潤を許さない素材として知られる、INVISTA社が開発した高性能素材「CORDURA(コーデュラ)」を使用。ナイロンの7倍の強度を備えながら軽さはそのまま。そしてツヤ消しのブラックの良い風合いを備えたカラーバリエーションで、ビジネスのシーンにも使いやすい色合いです。

そして下のカラー「モス」そして「インクブルー」は、ポリエステルを主体にしながらも織り方を変化させることで素材としての強度を高めながらも、同時に生地の風合いを生かす新素材を使用しました。生地をまぢかでご覧いただくとこれまでの化学繊維にはなかった目新しい「ジグザグ模様」が浮かび上がるのは、この特殊な織り方によるもの。光の当たる方向によって、グレーにも、モスグリーンにも見えるユニークさを備え、さらに手触りは「ブラック」に比べるとざらっとした、従来の化学繊維とは違った自然な風合いを実現しています。

もちろんどちらの素材もその耐久性と強靭さを備えていますから、お好みの色合いと生地の風合いからお選びいただけば良いでしょう。どちらのカラーも重量は約1050グラム。高い耐久性を備えながらも軽く、何処へでも持ってお出かけいただけるバッグに仕上がっています。
















Product Guide


カジュアルはもちろん、ビジネスにも。たんにリュックとトートの切り替えができるだけではなく、その服装にも似合うよう、どちらのシーンでも使いやすいようにデザインしました。











Bellroy「Duo Totepack」はバイクに乗る時、そして両手を解放して自由に歩き回りたい時には、バックパックに。そしてスーツやジャケット姿で移動したい時にはトートバッグへと、姿が変化するバッグです。

外見はあくまでもスリムで、スマートなバッグ。しかし収納力が変化して、使いやすいだけではなく、バックパックからトートバッグへと、素早く変化させることができ、どちらのモードにした時にも使い勝手を損ねたりすることはありません。もちろんどちらのモードでもミニマルなバッグの外観はそのままです。






細部を見てゆきましょう。ハーネス部分は5ミリのパッドを入れて、6.5センチ幅の肩に食い込みづらいソフトな仕上げにしました。しかしジャケットやスーツ姿でお使いいただいても自然な外見になるように、あまり主張しすぎることの無いよう、ゴツく分厚くなることの無いよう配慮して、作られたハーネスです。もちろん身体に合わせて自由に長さを調節することができます。

表面はバッグ本体と同じ素材を使用し、背面には手触りがよく、コットン風の素材感のあるポリエステルを使用。滑らかな身体あたりで、Tシャツなど薄着の時にも擦れて痛くなりづらいよう配慮がされています。















トートバッグとして使う時には、このように背面のポケットの中にハーネスを簡単に収納することができます。ハーネス底面のロックを外して、ポケットの中に入れるだけ。開口部のボタンを止めれば、再びハーネスが飛び出してしまうこともなく、極めて自然にトートバッグに早変わりです。

ハーネスはハンドルの固定部分にDリングで固定されており、バックパックとして使用する時には左右、身体の動きに合わせて稼働することができる、ミニマルながら自由度の高い固定方法がとられています。もちろんこのDリングの金具が上下に移動することで、ハーネスをさっとバッグのポケットの内側に入れてしまうことができます。























Product Guide


最小限のステップで、収納力を大きく拡大させることができる新しい構造を備えています。











バッグのサイズを拡大・縮小させることができる。多くのバッグがこれに対応した機能を備えていますが、面倒なのは、そのサイズ変更のための手順があることです。多く見受けられるのはバッグの周囲にあるジッパーをぐるりと回して開け閉めするタイプのもの。

しかしジッパーで開くため、開閉の手間があり、さらにジッパーを閉じていくとカドになる場所では引っかかりやすく、スムーズにはサイズを変更しづらい。モノを収納する時にさっとサイズを簡単に変化させることができ、またモノを取り出したら元のスリムな形状に戻すことができるよう。そのような仕組みを追求してできたのが、この「Duo Totepack」です。










バッグを拡大させれば、最大14.5リットルまで収納量が変化。いつもは厚さ6センチの薄型バッグですが、持ち運びの荷物が増えた時、お買い物に立ち寄った時、セーターや上着を収納して出かけたい時にも安心な容量です。

そのために備えられてるのは、折りたたまれたマチが開いて容量が増える仕組みですが、側面マチを固定する方法が、この「Duo Totepack」が新しくデザインしたポイントです。それはバッグの開口部になる上面部分。そしてバッグの底面にあるワンタッチ式のロック機構に秘密があります。










まずバッグ底面にある固定用の装置。樹脂製のロック式ボタンになっていて、側面のマチを閉じて薄型バッグとしてご使用になっている時にはロックされ、収納物に押されたり、外部から力がかかっても開かない構造。バッグ本体を手に持って使用しているとき、バッグを縦方向にしている時にはロックは開きません。

しかしこの固定部分に指を添えて、少しだけ上側にスライドしてやると、このロックは解除されます。するとバッグの底面部分はマチが10センチまで解放され、収納量が大きく拡大。さらに使い終わったら、今度は上から押し込むだけで「パチン」と音がして、しっかりと固定されます。従来のジッパー式のように手間がいらず、さらに単なるボタン式とは違い、いつの間にか外れてしまいバッグが大きくなっている、ということもありません。





















もう1つのロック機構は、バッグの開口部分。こちらは折り畳まれた開口部分の先端が、左右、側面の革製ベルトの中に組み込まれており、通常はボタンで固定されています。こちらを引き出すと、今度は側面側ではなくて、前後の方向にバッグが広がり、容量が拡大します。つまり「Duo Totepack」は左右のマチが広がるだけではなくて、前後にも広がって容量が増える仕組みです。








この開口部分が広がることで、モノの出し入れがしやすくなり、さらに収納したモノを探しやすい、という機能性も備えています。また、バッグが拡大した時も、開口部の両側面をしっかり手で持ってジッパーを締めることができます。モノを取り出した後、再び薄型バッグに戻したい時には、ジッパーの両側面を革製ベルトに引き込んで指を下から差し込めば、ボタンをしっかり固定することができる構造です。




















Capacity











スリムでコンパクトな外観ながら、必要なものがしっかり収納できる。「Duo Totepack」その収納力を見てゆきましょう。まずメイン収納部。容量が変化して、最大14.5リットルまで拡大する収納力はすでにご紹介しましたが、そのメイン収納とは別に、本体内側にはノートパソコンの専用収納が備えられています。

上の写真のようにこの収納部分は厚さ5ミリのクッションパッドが組み込まれた3層から成り立っています。最大収納サイズとして、MacBookProなら15インチサイズ(35×24×1.5cm)までの大きさのものが対応。この3つの層を使って、最大3台までのノートパソコンや、iPad、電子書籍端末を安全に持ち運ぶことができます。










通常は2つの厚手のパッドに挟まれた中央の層にノートパソコンを収納します。すると前後からパソコンを守って、さらに「Duo Totepack」を背負った時に背中にもパソコンの硬さが伝われず適度なクッションの性能が得られます。

またこのノートパソコン用の収納パッドは、バッグ底面から浮き上がった構造になっているため、バッグを落下させてしまった時にも、直接、このパッド部分にはショックは伝わりづらい構造になっています。









ノートパソコンの収納部分の内側に部分。こちらにはiPadや、電子書籍デバイスの収納に最適。さらに例えば持ち歩きの際に折り目をつけたくない紙製の資料や、見積書、リーフレットなどの収納に最適です。

クリアホルダーに収納したA4サイズの収納が可能で、紙の資料が「ピタリ」と固定できるように、フタの上面部分にはマグネット付きのロック機構があります。これによって、このスリーブに入れた資料は移動時にはバッグの中で上下して折り曲がることがなく、取り出しも極めてスムーズです。

















さらにこのデジタルデバイスの収納部分からメイン収納部分を挟んで向かい側、こちらの側面にもさらに3つの収納ポケットが装備されています。

まず右側のポケットは開口部の長さだ20センチの大型ポケット。こちらには例えばノートパソコンの電源やケーブルの収納が可能な大きめのポケットです。

このポケットには蓋はなく、ユニークなことに開口部分にはゴムが組み込まれていて、伸び縮みする仕様になっています。例えばペットボトルや水筒を入れた時にこの蓋がボトルにフィットして、内部で動きづらいように、固定してくれます。さらには折りたたみ傘、コンパクトになる買い物バッグやジャケットなどの収納にも便利なポケットで、高さ30センチまでのモノならこちらに収納できます。










こちら側の収納にはあと2つのポケットがあります。開口部が12センチ、深さが17センチの収納ポケットが揃って2つ。こちらは小物やケーブルなどの収納に最適なポケットですが、側面は伸縮性の高いメッシュ素材を使っていることが大きな特徴。これによって、小さなものだけではなく、ある程度、カサのあるものもしっかり収納できて、さらに外側から収納しているモノがみちんと見渡せます。また収納部分が伸び縮みしてくれるので、出し入れがとてもラクです。










続いて外側の大型ポケットの収納について紹介しましょう。開講部分は横幅22センチの大型ポケットで、すぐに取り出して使いたい小物類をしっかり収納しておくことができます。

開口部分は防水ジッパーになっていて、大型の引き手を装備。外部からはこのジッパーは見えない仕様になっていて、背中に背負ったままで雨に降られた時にも雨水が浸潤しづらく、防犯対策にもなっています。









この外側ポケットにはさらに内側に収納物が小分けできるポケットが3つあります。右側には名刺ケースなどを入れるのに最適なポケットが1つ。その隣にはお気に入りのペンを1本刺しておけるペンホルダーが1つ。こちらは太めの万年筆でも収納できる大きさです。

そして一番左側には、パソコン収納部と同じ厚手のクッションになっている収納ポケットを装備。スマートフォンの本体を傷や擦れから守ってくれる柔らかな表面素材で出来たポケットで、iPhoneなどのスマートフォンの収納にも最適なポケット。5.5インチのスマートフォンの収納にも対応します。










この前面ポケットの深さは25センチ。大型のノートやメモパッドの収納にも対応します。スケジュール帳やノートなど、すぐに取り出したい物を入れておくにに最適でしょう。









さらにバッグの反対側、こちらにも大型の外ポケットがあります。バックパックのハーネスが収納できるポケットですが、もちろんこちら側も大型ポケットとして利用することができます。

まずその上面にある隠しポケットから紹介しましょう。通常はハンドルを持ってトートバッグにするときも、リュックとしてご利用いただくときも、外側から見えることのないこのポケット。横幅は14センチ、奥行きは22センチもある、外側からは想像できない収納力のあるポケットです。

このポケットには必要な時にはすぐに取り出したけれど、いつもは隠しておきたい貴重品、例えばスマートフォンや、お財布、カードケースの収納に最適でしょう。内側の生地は柔らかなメッシュ素材を使っていますから、サングラスやメガネの収納にも最適です。ジッパーはきちんと止水ファスナーになっていて、使わないときは引き手も内側に隠れてしまうよう小型のものが使われています。










この背面ポケットのサイズは、大型で横幅30センチ、奥行きは30センチ。大型サイズの雑誌も収納できる大きさで、移動中に使用していたタブレットパソコンなどのさっと入れてしまうことができる大きさです。開口部分にはジッパーは備えられておらず、ボタン式でさっと閉じることができる構造です。このボタンも皮革製のボタン留めがついていて、指を裏側から差し込んで、しっかり素早く固定できる仕組みが施されています。













Variations








Duo Totepack インクブルー

本体価格 ¥36,400 (税込価格 ¥39,312)

入荷まで時間がかかります

NEW >> 2018年の新色、インクブルーが登場しました。













Duo Totepack モス

本体価格 ¥36,400 (税込価格 ¥39,312)

入荷まで時間がかかります













Duo Totepack ブラック

本体価格 ¥36,400 (税込価格 ¥39,312)

入荷まで時間がかかります













Interview


デザイナー・インタビュー James Jeffreyさんにうかがいました














この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


Bellroy製品の開発チームのメンバーは、特にバックパックについてはこだわりを持っているため、バックパックの製作には力が入りました。バックパックというのは持ち運ぶ時にはまさに衣服のように「身につけている」というようなものですが、ユーザーが使う場所によって、例えばビジネスのシーンなどでは「いかにもバックパックらしくない」、普通の手提げバッグの形をしているほうが良いのではないか、ということを考えました。

そのため、2ウェイ式の、一般的な手提げバッグと切り替え式のこの形態のデザインを作りました。フォーマルな場所ではトートバッグとして、通勤時にはバックパックとなって、どちらの形式のメリットも共有できるような柔軟性に富んだバッグを作りました。






最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


収納物が増えた時に形状が自動的に変化して、バッグの容量が変化できる構造を備えたこの「Duo topepack」ですが、バッグが拡大する時には両側面を引っ張ることでその機能を実現しています。この構造は私たちは財布作りから学んだことで、財布の外枠のサイズをコントロールすることで中に入るモノの分量を変化させる仕組みをこのバッグでも使っています。バッグの外縁部分が内側に引き寄せられることで、実際にはモノがたくさん入るわけです。

都市の移動、特に自転車や電車、バス通勤のシーンを考えるとこのバッグひとつで仕事をこなすことできる、まるでカメレオンのような表情を備えたバッグです。そのようなライフスタイルの方には特に便利に感じていただけるバッグだと考えています。




この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


今回のバッグではカラーによって2つの素材を使用することにしました。まず「ブラック」のほうは強靭な生地として定評のある、CORDURA(コーデュラ)。ナイロンの7倍の強度を備えていて、アウトドア・ウェア使われている素材です。

また「モス」では、こちらも特殊なナイロン素材を採用しました。こちらは外見を注目していただくことその表面が「ジグザグ模様」になっていることがお分かりだと思いますが、これこそがこの素材の強靭さと耐久性の証で、このような特殊な織り方をすることでそれと同時に自然な質感も備わった生地になっています。



AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


私はAssistOnが取り扱っている革新的で美しいデザインの製品が大好きです。そういった良いデザインの製品が、自分たちの生活をよりよいものへと導いてくれ、日々の笑顔をもたらしてくれる。そんな製品を彼らは熱意を持って顧客のみなさんに提案しているのだと思っています。そして私たちBellroyが目指していることは彼らの目標と同じのもだと考えています。








Brand Story










私たちBellroyは、モノを持ち運ぶためのより良い方法を作るためのブランドです。

Bellroyを創業したのは2010年のことです。しかしスリムで機能的な財布をつくる、というアイデアは実にその10年前から始まっていました。自分のポケットの中の膨らんだ財布に対する不満はデザイン学校の学生時代にすでに気づいていたことで、それに対する解決の方法を考えようと、まずはキッチンのテーブルに仲間と集まってアイデアを練ることから始めました。






私たちはとにかく日常の中で「ものを持ち運ぶ」ということはどういうことなのか、ということを深く考え、アイデアを練り上げようと思いました。また小物関連のレビューサイトのスタッフに相談をして、アイデアのやり取りをすることにし、もらったアイデアをデザインに反映させていきました。こうやって我々は最も使用頻度が高いものはなにか、逆に滅多に使わないカードなどをどうやって分類したらいいかなどの、従来の財布のデザインの欠陥を探り出し、再設計することにしたのです。







朝、職場に向かうときのコーヒーショップで、雨の中のサイクリングで、市内の通勤機関に乗るとき、そして週末にショッピングに出かけるとき。さまざまな日常生活の中で、私たちの手の中にある財布。どんな状況でも使いやすい、機能的であると感じられる体験をもたらしてくれるものを提供したい、それが私たちの願いです。

ですから私たちは、あなたと世界中の誰もが、簡単で使いやすいと感じてくれるデザインを探して、より良い「持ち運びのための最高の方法」を探し続けようと思います。






ところで「Bellroy」という名前について。私たちはオーストラリアの「ベルズビーチ」と「フィッツロイ」の2つの場所に自宅があるからなのです。「ベルズビーチ」は世界有数のサーフィンのメッカと言われる場所で、サーフィンをやられる方ならご存知かもしれません。また「フィッツロイ」はメルボルンの郊外にある芸術やアートなど文化的な観光名所もある街なのです。

この大自然の恩恵に恵まれた場所と、都市的なカルチャーに囲まれた場所。このどちらの場所を行き来することから生まれ、その私たちの環境の融合がこの「Bellroy」というブランドを形作るのに重要なキーワードになっているのだと考えました。ですから「Bells Beach」と「Fitzroy」の2つの場所の名前をあわせて「Bellroy」という名前を作り出した、というわけです。








Recommendations








クレジットカードや交通カード、さらには現金と、さまざまな決済が増えた現在。スマートに支払いを行うために、機能を考えたら、コンパクトな財布になりました「Note Sleeve






スマートに使える、クレジットカードや交通カードはもちろん、紙幣や硬貨もしっかり入る。使いやすさはもちろん、よりコンパクト、薄く・軽くを追求した財布「Coin Fold






出張が多くて、パスポートを手放すことができない、という方へ。豊富なカード収納、航空機のチケット、パスポートからペン、SIMを1つに、コンパクトに「Travel Wallet