懐かしい面持ちで、上品さを備えていること。毎日使うバッグとしての、使いやすさは最優先、ちょうど良いサイズであること。この全てを備えたバックパック。

Classic Backpack

アシストオンの日本先行発売。

外見はあくまでもオーソドックスに。どこか懐かしい面持ちで、上品さを備えていること。しかし、毎日使うバッグとしての、使いやすさは最優先であること。これまで数多くの財布やケース類を作ってきたブランド、Bellroy。ミニマルな使い勝手の良さを追求してきた彼らが作ったバックパックがこの「Classic Backpack」です。

柔らかなカーブを描くメイン収納の開口部は、ジッパーを開けやすくする機能性を備えています。背面には柔らでしっかりしたパッドを装備して身体にフィット。小柄な方にも使いやすい、ちょうど良い大きさ。しかし容量は17リットルと、お仕事からプライベートにまで幅広くお使いいただくことができます。

毎日の生活をできるだけスマートに、ミニマルにしたい。しかしノートパソコンやデジタルデバイスの専用収納もしっかり備え、使い勝手に妥協なく、便利で使いやすい機能を捨ててしまうことなく作ったバッグがこの「Classic Backpack」です。これまでの彼らのモノづくりの精神のすべてがこのバッグの中に凝縮されています。






昨今のバックパックは大容量、多機能を目指したものが増えている傾向にありますが、この「Classic Backpack」は毎日の生活に使いやすく、ちょうど良いサイズのバックパックです。一般的な20リットルを超える容量の多くのものより一回り小さく、しかし15リットル以下の小型のものよりもメイン収納がしっかりとした容量で、A4ファイルはもちろん、15インチのノートパソコンも収納が可能。

限りなくシンプルな収納機能だけに焦点を絞りながらも、必要十分な容量はきちんと備えている。そしてデジタルデバイスなどの専用の収納機能はきちんと完備しているバランスの良さを備えたバックです。

さらに注目いただきたいのが、使われているパーツや素材の品質の高さ。本体に使われている生地のクオリティーの高さはもちろんのこと、パソコンなどのデジタルデバイスを守ってくれるパッドや裏生地の使い方。滑らかに開け閉めができるYKKジッパー。上質な本革製のパーツの使用。その細部までもが、Bellroyのクオリティーです。

本体の生地にグレー、ブラック、モスの3色を用意し、さらに風合い、生地自体のテイストを変えることで、どちらかをお選びいただく楽しさも、従来のバッグにはなかったこと。

「グレー」のカラーには、ナイロン繊維の内部に空気が入り込むように「捻れ」処理された特殊な織りを施したものを使用しました。これによって、外見だけではなくまるでコットンのような上品な手触りに。「ブラック」と「モス」はポリエステルを主体にしながらも織り方を変化させることで、光の当たる方向によって色合いが違って見え、手触りも従来の化学繊維とは違った自然な風合いを実現しています。

毎日お使いいただくバッグとして、使いやすさと耐久性を考えた素材選び、そして優れたデザインを施している。それがこの「Classic Backpack」です。









Capacity


MacBookPro15"以下のノートパソコン、iPad ProなどのタブレットPC、それぞれ専用の収納を装備



Sizes


タテ49×高さ37×厚さ7cm
最大17リットル

Weight


約754グラム

Material


ナイロン
牛皮革(オリジナルの植物タンニンなめし)

Designer


James Jeffrey

Brand Name


Bellroy(オーストラリア)














































Movies


「Classic Backpack」の機能性の高さを動画にしました。
まずはこちらをご覧ください。(41秒間)



















Material


まず気をつけたのは、素材の良さと風合い。そして、使いやす。Bellroyのこれまでのモノづくりが生かされたバッグです。





外見はあくまでもオーソドックスに。どこか懐かしい面持ちで、上品さを備えていること。しかし、毎日使うバッグとしての、使いやすさは最優先であること。これまで数多くの財布やケース類を作ってきたブランド、Bellroy。ミニマルな使い勝手の良さを追求してきた彼らが作ったバックパックがこの「Classic Backpack」です。

柔らかなカーブを描くメイン収納の開口部は、ジッパーを開けやすくする機能性を備えています。背面には柔らでしっかりしたパッドを装備して身体にフィット。小柄な方にも使いやすい、ちょうど良い大きさ。しかし容量は17リットルと、お仕事からプライベートにまで幅広くお使いいただくことができます。

毎日の生活をできるだけスマートに、ミニマルにしたい。しかしノートパソコンやデジタルデバイスの専用収納もしっかり備え、使い勝手に妥協なく、便利で使いやすい機能を捨ててしまうことなく作ったバッグがこの「Classic Backpack」です。これまでの彼らのモノづくりの精神のすべてがこのバッグの中に凝縮されています。









特にご注目いただきたいのが、使われているパーツや素材の品質の高さ。本体に使われている生地のクオリティーの高さはもちろんのこと、パソコンなどのデジタルデバイスを守ってくれるパッドや裏生地の使い方。毎日お使いいただくバッグとして、使いやすさと耐久性を考えた素材選び、そして優れたデザインを施している。それがこの「Classic Backpack」です。

バッグ本体は収納物をしっかり守ってくれることはもちろん、擦れなどに強く、強靭であることが求められます。同時にこの「Classic Backpack」のテーマである「上品さ」を両立させるための鍵を握っているのはこの本体の素材に何を使うか。

「Classic Backpack」の生地に使ったのは、特殊なポリエステル生地。極めて耐久性が高く、そして軽い。しかし一般的にポリエステル素材というと、滑らかで、化学性繊維ぽさを残した生地を想像されるでしょう。しかし今回使用したのは、一般的なものではなく、短いフィラメントで織られた、最新の素材。上の写真の「グレー」のカラーバリエーションでは、繊維の内部に空気が入り込むように「捻れ」処理された特殊な織りを施したものを使用しました。これによって、外見だけではなく、手触りもまるでコットンのような上品な仕上がりのバッグが完成しました。










さらに下の写真のカラー、「モス」と「ブラック」では、「グレー」とは異なる風合いを備えた仕上がりの素材を使うことで、全く同じ形状のデザインながら、その仕上がりの異なるテイストを体感していただけるよう、お客様に選ぶ楽しさを体験していただけるようにしました。













この「モス」と「ブラック」で採用したのは、ポリエステルを主体にしながらも織り方を変化させることで素材としての強度を高めながらも、同時に生地の風合いを生かす新素材。生地をまぢかでご覧いただくとこれまでの化学繊維にはなかった目新しい「ジグザグ模様」が浮かび上がるのは、この特殊な織り方によるもの。光の当たる方向によって色合いが違って見え、さらに手触りも従来の化学繊維とは違った自然な風合いを実現しています。

もちろんこの2種類、どちらの素材も高い耐久性と強靭さを備えていますから、お好みの色合いと生地の風合いからお選びいただけば良いでしょう。どちらのカラーも重量は約754グラムと、極めて軽量。高い耐久性を備えながらも軽く、何処へでも持ってお出かけいただけるバッグに仕上がっています。










これまで多くの皮革製品を作ってきたBellroyの素材選びは、この「Classic Backpack」で使われている皮革素材にも、もちろん大きく生かされています。

Bellroyの財布や小物に使われている皮革素材同様、この「Classic Backpack」の皮革は同社のオリジナルで世界的ななめし工場にオーダーさせた植物タンニンなめしの牛革を使用しました。ジッパーの引き手やハンドル部分はいつも手が触れている場所ですから、触る度に素材の良さを感じさせてくれ、さらにお使いいただくごとに風合いを増してきます。

メイン収納部を開閉するためのジッパーにはYKKを使用。大きな皮革製の引き手はつまみやすく、雨が浸潤しずらいようにこのジッパーの縁取りには大きなヘリが付いています。










配慮したのはバッグの外側だけではありません。バッグの内側、そして芯材にも収納する物をきちんと守ることができる素材選びを行なっています。バッグの芯材には0.5ミリのクッション素材を前面、背面に入れ、さらにノートパソコンやタブレットPCを守るためにその専用収納ポケットを設けています。










バックパックにとって極めて重要な部分、背中に背負うためのハーネスの制作も使いやすさをしっかり形にしました。ハーネス部分は5ミリのパッドを入れて、6.5センチ幅の肩に食い込みづらいソフトな仕上げにしました。しかしジャケットやスーツ姿でお使いいただいても自然な外見になるように、あまり主張しすぎることの無いよう、ゴツく分厚くなることの無いよう配慮して、作られたハーネスです。もちろん身体に合わせて自由に長さを調節することができます。

表面はバッグ本体と同じ素材を使用し、背面には手触りがよく、コットン風の素材感のあるポリエステルを使用。滑らかな身体あたりで、Tシャツなど薄着の時にも擦れて痛くなりづらいよう配慮がされています。またバッグ本体とパッドの接合ベルトには、ガラス繊維を織り込んだ生地を使用して耐久性を高め、歩行時の揺れや身体の動きにも優しく答えてくれます。また長さの調節機構の金具はオリジナルで制作して、皮革製のパッドでしっかりと固定しています。


















バッグを床から持ち上げたり、手提げにするときのハンドルは、背負ったときに歩行時に邪魔にならないように小さく、しかし手にした時にしっかり使えるように工夫しました。ベルト自体はガラス繊維入りの強化素材を使いながら、手を伸ばした時にすぐにループに指が入るようにオリジナルの皮革素材を貼り合わせました。もちろん手にした時に滑りづらく、しっかりとハンドルを握ることができることにも貢献しています。









バッグの背中に当たる部分には、中央部に厚手のパッドを入れて、しっかりとしたクッション性能を高めています。例えば内部にノートパソコンを収納した時にも、収納物を守りながら背中が痛くならないように配慮を。さらにこのパッドの素材は目の細かいものにすることで、通気性を高め、洋服との摩擦を最小限にしています。このように本体の各パーツによって、生地や素材を細かく使い分けることで最適なものにする。ここにBellroyのモノづくりのしっかりした考え方が現れています。












Capacity


バックパック本来の使い良さ。ざっくりとモノを入れて持ち運ぶことができる、オールドスタイル。しかしデジタルデバイスを安全に持ち運ぶための機能はしっかり作りました。












「Classic Backpack」はその名の通り、外見はどこか懐かしいスタイル。収納容量は17リットル。バックパックはここのところ大容量・大型になってゆく傾向にありますが、普段使いのモノを持ち運ぶために最適なサイズ、そして収納量を目指して作られました。しかしノートパソコンやタブレットPCといったデジタルデバイスと周辺機器はしっかりと作り込み、ビジネスやプライベートで使う小物類をきちんと持ち運ぶことが可能です。










例えば上の写真は「Classic Backpack」の本体上面に設けられた小物ポケット。バッグ上面の周囲から圧迫を受けづらい場所に設けらていますから、例えばサングラスなどの小物入れに最適なポケットです。内側はメッシュになっていて、取り出しも簡単。このような配慮がまさにBellroyがデザインしたバッグと言える特徴でしょう。










それでは順を追って、収納のための機能を見てゆきましょう。まず中央のメイン収納部。メイン収納部の内側には、ノートパソコンとタブレットPC、それぞれ専用収納を装備。内部にはクッションパッドが入っていて、さらにこの収納部分は底面から浮き上がるように配置されていますから、収納したノートパソコンやタブレットPCがバッグの底面と直接触れ合わない構造になっています。










ノートパソコンの専用収納スペースにはMacBooPro 15インチ(35*24*2cm)に対応。このサイズ以内のノートパソコンやiPadなどのタブレットPCの収納に対応しています。










このノートパソコン専用の収納部分には、5ミリと厚手のパッドを前後、それぞれに入れたクッション構造になっています。表面はノートパソコン本体やタブレットの液晶を傷つけない目の細かな素材を貼り合わせました。このクッションはさらにバッグ本体を背負った時に背中との接触をよくするための機能でもあります。

さらに開口部は大きなタブになっていますので、その部分をしっかり手で持ってノートパソコンの出し入れがしやすいのが大きな特徴です。










ノートパソコンの前面にはタブレットPC用の専用収納を備えています。10.5インチのiPad Pro(25×18cm)ならスマートカバーを取り付けたままで収納が可能。読書端末やノートなどの収納にも最適でしょう。

この収納ポケットのすぐ隣にはペン用のホルダーが1つあります。太めのペン類も収納でき、ApplePencilを収納しても良いでしょう。いつも手元に置いておきたい筆記具の収納はこちらです。










本体のメイン収納の扉となる部分。こちらにも小物用のポケットを装備しています。開口部な18センチ、深さは15センチと、様々まものを入れることができて、すぐに取り出すことができる使い勝手の良いポケットです。名刺ケースやカードケース、キーケースなどはこちらのポケットが最適で、ポケットそのものはソフトなメッシュ素材でできていて、収納物を優しく守ってくれて、さらに収納してあるものが外側から発見しやすいという使いやすさがあります。










そしてバッグの外側、上面部分にも小物ポケットを設けました。メインの収納ジッパーを開けることなく開閉することができるポケットなので、サングラスやお財布、スマートフォンなど、すぐに取り出したい小物を入れておくに最適でしょう。

開閉するためのジッパーはバッグのヒダの中に収納することができますから、隠しポケットとしても機能します。またジッパーは止水ファスナーを使用していますから、雨の水滴なども浸潤しづらいように配慮しています。










続いて、メインポケットの外側にある大型ポケットの紹介です。まずバッグのロゴが付いている側、こちらは収納ポケットの底が浅く、18センチ。サイズの小さなモノで、すぐに取り出したい小物類を入れるための大型ポケットです。

開口部は横幅30センチ。奥行き18センチ。大型のお財布をお使いの方にも安心して入れることができる、たっぷりの小物ポケットです。










そして肝心のメイン収納部のご紹介です。そう容量は17リットル。外見はスリムに見えますが、お仕事用の持ち物から、学校の教科書や資料、上着やセーターなど、いつも持ち歩きたいものをしっかりと収納することができる容量を備えています。実際にバスタオルを入れてみましたが、きちんと3本が収納できました。ジッパーは2つ。大きく開いてモノの出し入れができる開口部を備えています。











Variations








Classic Backpack グレー

本体価格 ¥18,800 (税込価格 ¥20,304)

アシストオンの日本先行発売。

















Classic Backpack ブラック

本体価格 ¥18,800 (税込価格 ¥20,304)

アシストオンの日本先行発売。

















Classic Backpack モス

本体価格 ¥18,800 (税込価格 ¥20,304)

アシストオンの日本先行発売。













Interview


デザイナー・インタビュー James Jeffreyさんにうかがいました














この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


このバッグは極めて古典的な、初期の登山用のバックパックなどのデザインからインスピレーションもらってデザインしたものです。それらの「リュックサックの古典」にはシンプルで洗礼された機能美に溢れていて、私たちは本当に素晴らしいデザインだな、と考えていたのです。

ですからこのバッグでは、特にバックパネルのフロント部分が綺麗なデザインになって、背中に美しくフィットするような、そのような形状に仕上がるように焦点を当てて考えることにしました。

外見は古典的なデザインですが、細部には新しい機能をたくさん取り入れています。バックパックですから最も重要なことは背中にきちんとフィットして心地よいフィット感を得られること。これは背面部にノートパソコンを入れた時にも背中に硬さが伝わらずに背負えるような仕組みを新たに開発しました。バッグの上面にはサングラスポケットがあって、そのまま収納しても押しつぶされない構造を配したりと、細部には機能性と形状の美しさを両立させました。






最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


このバッグは古典的な構造と、新しい機能。その融合に細心の配慮をしました。シンプルな形、本体のライン、同時に機能的で使いやすいこと。その両方の政界感を最大限に引き出すことが私たちが行ったことでした。





この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


今回のバッグではカラーによって2つの素材を使用することにしました。まず「ブラック」のほうは強靭な生地として定評のある、CORDURA(コーデュラ)。ナイロンの7倍の強度を備えていて、アウトドア・ウェア使われている素材です。

また「モス」では、こちらも特殊なナイロン素材を採用しました。こちらは外見を注目していただくことその表面が「ジグザグ模様」になっていることがお分かりだと思いますが、これこそがこの素材の強靭さと耐久性の証で、このような特殊な織り方をすることでそれと同時に自然な質感も備わった生地になっています。




AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


私はAssistOnが取り扱っている革新的で美しいデザインの製品が大好きです。そういった良いデザインの製品が、自分たちの生活をよりよいものへと導いてくれ、日々の笑顔をもたらしてくれる。そんな製品を彼らは熱意を持って顧客のみなさんに提案しているのだと思っています。そして私たちBellroyが目指していることは彼らの目標と同じのもだと考えています。








Brand Story










私たちBellroyは、モノを持ち運ぶためのより良い方法を作るためのブランドです。

Bellroyを創業したのは2010年のことです。しかしスリムで機能的な財布をつくる、というアイデアは実にその10年前から始まっていました。自分のポケットの中の膨らんだ財布に対する不満はデザイン学校の学生時代にすでに気づいていたことで、それに対する解決の方法を考えようと、まずはキッチンのテーブルに仲間と集まってアイデアを練ることから始めました。






私たちはとにかく日常の中で「ものを持ち運ぶ」ということはどういうことなのか、ということを深く考え、アイデアを練り上げようと思いました。また小物関連のレビューサイトのスタッフに相談をして、アイデアのやり取りをすることにし、もらったアイデアをデザインに反映させていきました。こうやって我々は最も使用頻度が高いものはなにか、逆に滅多に使わないカードなどをどうやって分類したらいいかなどの、従来の財布のデザインの欠陥を探り出し、再設計することにしたのです。







朝、職場に向かうときのコーヒーショップで、雨の中のサイクリングで、市内の通勤機関に乗るとき、そして週末にショッピングに出かけるとき。さまざまな日常生活の中で、私たちの手の中にある財布。どんな状況でも使いやすい、機能的であると感じられる体験をもたらしてくれるものを提供したい、それが私たちの願いです。

ですから私たちは、あなたと世界中の誰もが、簡単で使いやすいと感じてくれるデザインを探して、より良い「持ち運びのための最高の方法」を探し続けようと思います。






ところで「Bellroy」という名前について。私たちはオーストラリアの「ベルズビーチ」と「フィッツロイ」の2つの場所に自宅があるからなのです。「ベルズビーチ」は世界有数のサーフィンのメッカと言われる場所で、サーフィンをやられる方ならご存知かもしれません。また「フィッツロイ」はメルボルンの郊外にある芸術やアートなど文化的な観光名所もある街なのです。

この大自然の恩恵に恵まれた場所と、都市的なカルチャーに囲まれた場所。このどちらの場所を行き来することから生まれ、その私たちの環境の融合がこの「Bellroy」というブランドを形作るのに重要なキーワードになっているのだと考えました。ですから「Bells Beach」と「Fitzroy」の2つの場所の名前をあわせて「Bellroy」という名前を作り出した、というわけです。








Recommendations








クレジットカードや交通カード、さらには現金と、さまざまな決済が増えた現在。スマートに支払いを行うために、機能を考えたら、コンパクトな財布になりました「Note Sleeve






スマートに使える、クレジットカードや交通カードはもちろん、紙幣や硬貨もしっかり入る。使いやすさはもちろん、よりコンパクト、薄く・軽くを追求した財布「Coin Fold






出張が多くて、パスポートを手放すことができない、という方へ。豊富なカード収納、航空機のチケット、パスポートからペン、SIMを1つに、コンパクトに「Travel Wallet