今お使いのバッグをより持ちやすく、握りやすく。これまで良いものがなかったハンドルカバーを140年以上の歴史ある浅草の革職人に作ってもらいました。

mochite

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)

今、あなたがお使いの、お気に入りのバッグに取り付けるだけ。それだけで、ハンドルがしっかり握りやすく、手に馴染んでくれる。また2本ハンドルの場合でも、不意に広がること無くしっかり持てて、肩にかけてもフィットしてくれます。

これまでにもいくつもの「ハンドルカバー」は存在しましたが、使ってるうちに外れやすかったり、手にフィットしなかったり、捻れてしまったり。これらの問題点を改善するため、厚手の、けれどしなやかさを備えた牛革を使い、生活の中で使いやすい形に再デザインしたのが、この「mochite」。

作ったのは、東京・浅草の伝統技術を受け継ぐ革工芸の職人。1枚の牛革を手作業で、丁寧に加工して、この丸みのある三日月の形状に変えてゆく。これは最高級の紳士靴を製作する際に使われる技能。履く人の足の甲の形状にきちんと合わせてゆく技能をそのまま使って、「mochite」の立体的なカーブを実現してくれました。





素材に上質な牛革を使ったことで、しっとりと握った手に馴染んでくれて、滑りづらく、ハンドルが手に、肩に食い込んでしまうことを防いでくれます。そして長くお使いいただくうちに、さらに皮革は柔らかく、ますますあなたの手にフィットしてゆくでしょう。

さらにこの「mochite」は、外から見えない位置に、使いやすさの秘密を隠しています。それが内側のボタンループ。バッグのハンドルに通しておくことで不意に「mochite」が落下してしまうトラブルを防ぎ、さらに2本ハンドルをまとめる時にもスマートにお使いいただくことができます。

カラーは5色用意しましたので、いまお使いになられているバッグのカラーに合わせてお選びいただくことができます。革製バッグ、ナイロン、布製バッグと幅広い素材に合わせやすく、お仕事用、カジュアル用、旅行用、さらにはバックパックのハンドルにもご利用いただくと良いでしょう。特に荷物が重くなってしまうバッグでのご利用や、手に食い込んでしまう買い物用の持ち帰りエコバッグ、ビニール袋にも最適です。

美しい化粧箱に入れて、使い方と製品の内容についてのわかりやすいリーフレット(日本語と英語)を同封してお届けします。浅草の140年以上の伝統産業から生まれた一つ一つ手作りのアイテムです。大切な方への贈り物にもご利用ください。




Supported Products


一般的なサイズのバッグ、リュックの持ち手

最大幅:約2.5センチくらいまで



Sizes


幅10.8×奥行き4×高さ5.5cm

Weight


30グラム

Material


本体:牛本革
ボタン:真鍮

Country of Manufacture


日本製(東京・浅草)

Country of Manufacture


スタジオヨシミ

Designer


switch design
(大畑友則、瀧ひろみ)

Brand Name


+d × TOKYO L




Notes


本品は天然の皮革を使用しており、表面には多少の皺やシミなどがあります。

これらは革本来のものであり避けられません。木でいう木目や節などと同様に革の持ち味としてご理解ください。



























Product Guide


東京下町・浅草の革工房でひとつひとつが手作業で作られています。












この「mochite」を作っているのは、東京・浅草の伝統技術を受け継ぐ革工芸の職人。1枚の牛革を手作業で、丁寧に加工して、この丸みのある三日月の形状に変えてゆく。これは最高級の紳士靴を製作する際に使われる技能。履く人の足の甲の形状にきちんと合わせてゆく技能をそのまま使って、「mochite」の立体的なカーブを実現してくれました。








































How to Use


いまお使いのバッグに取り付けてご利用いただくことができます。












この「mochite」は一般的なバッグのハンドルに通してお使いいただくことができます。ハンドルの幅を計測していただき、約2.5センチほどを目安にしてください。












使い方は簡単です。「mochite」の内側にあるループを使ってハンドルに固定をし、さらに上からもう一度、ボタンでしっかりと固定。こうすることで、不意にバッグのハンドルから外れてしまうこともなく、紛失や落下を防ぐことができます。

またこのボタンは真鍮製のものを使っていて、「mochite」を使用中に手にボタンが当たることない位置にあるよう調整がされています。また「パチン」としっかり固定でき、使用中にボタンが外れづらいようにしました。















革製バッグ、ナイロン、布製バッグと幅広い素材に合わせやすく、お仕事用、カジュアル用、旅行用、さらにはバックパックのハンドルにもご利用いただくと良いでしょう。特に荷物が重くなってしまうバッグでのご利用や、手に食い込んでしまう買い物用の持ち帰りエコバッグ、ビニール袋にも最適です。







Package










紙製化粧箱 製品内容のよくわかるリーフレット付き(日本語と英語)
パッケージサイズ:12×7×4.5cm








Colors





mochite ナチュラル

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)








mochite レッド

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)








mochite イエロー

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)








mochite ホワイト

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)







mochite ブラック

本体価格 ¥2,500 (税込価格 ¥2,700)








Interview


デザイナー・インタビュー switch design 瀧ひろみさん、大畑友則さんにうかがいました








大畑 友則・瀧 ひろみによるデザインユニット。
ともに静岡県静岡市出身。多摩美術大学造形表現学部を卒業後、プロダクトデザインを中心に活動中。毎日の暮らしの中で、使う人の気持ちが豊かになることを目指してデザインを行っています。http://s-w-i-t-c-h.com





この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


靴の甲の部分に当たる革のプレスをしている工場を見学しに行きました。このクリッピング加工を実際に見ていて、加工後の革のカーブが気になりました。加工された革のサンプルを頂いた帰り道に、カーブが手に当たる感じがとても良く、買い物袋の持ち手になったらいいなと思ったのがきっかけです。

持ち手カバーとして、スタンダードなものになるよう、生産性も良くなるように心がけました。革でできた持ち手カバーは従来からありましたが、「mochite」はカーブが手や腕になじみ、本当にバッグが持ちやすく感じます。実際に使って頂いて感じていただけるとうれしいです。旅行バッグや、普段使っているバッグ、ちょっとした手荷物、スーパーのレジ袋まで幅広いところで使っていただきたいです。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


実際に試作品を使用して、バッグを開ける時に「mochite」をバッグから取り外さなければならず、落としたり、無くしたりするかもしれないと思いました。そこで、バッグを開く際に、Mochiteがバッグから切り離されないような工夫をしました。




この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


クリッピング加工をする前と後では、革の形状がかなり変化するのですが、加工された状態の形を想定しながら、平らな状態の革の形状を探る作業が大変でした。そんな中、真円に切り出した革での加工を試しにお願いしてみたところ、出来上がった形がすごく良かったのです。結果、加工前の革は真円で行うことになりました。真円の革にすることで、後の加工がしやすくなりました。


AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


手にフィットする持ち手カバーです。まずは手にとって使い心地を試していただきたいです。重たい荷物が、少し軽くなったかのように感じられると思います。

5種類のカラーがありますので、自分にあった「mochite」を使っていただけたら嬉しいです。