エアコンのある暮らしをもっと豊かに。スマートセンサーと独自のAI技術で、暑すぎない、寒すぎない、あなたが本当に「快適」と思える暮らしをつくります。

Ambi Climate 2

本体価格 ¥16,860 (税込価格 ¥18,209)

アシストオン 日本先行発売製品です。

あなたのご家庭、そしてお仕事場所のエアコンは、本当に快適でしょうか?心地よい生活環境、働きやすい環境をいつも作っていてくれるでしょうか?

暑くなりすぎてしまう。逆に肌寒くなる。その度にエアコンに付属のリモコンに手を伸ばして操作しなければならない。

高度なセンサーを搭載した最新モデルも発売されていますが、エアコンは耐用年数も長いですし、高価で取り替えも簡単ではありません。さらに賃貸住宅にお住いの方なら買い替えも難しい話。そのためさまざまな冷暖房装置を追加してこられた家庭も多いでしょう。

いつも暑すぎる、寒すぎる。ちょうど良い「心地よさ」をなかなか保つことができないエアコン。これをご自宅でお使いのエアコンで実現するために作られたのが「Ambi Climate2」です。

この小さなコントローラー内部に搭載された温度・湿度・光・モーションセンサーから得た情報と、屋外の気象状況を独自アルゴリズムで分析しながら、エアコンを自動コントロール。加えて、今、あなたが感じている暑い・寒い・心地よいという体感をアプリから教えてあげることで学習を続け、あなたのお部屋の最も理想的な「心地よさ」を作り出します。

最新のセンサー技術と、AI技術、そしてスマートフォンを使ったアプリケーションを組み合わせることによって、あなたが「心地よい」と感じる空間を作り出すのが、この「Ambi Climate2」です。






「Ambi Climate2」は赤外線リモコンを使って操作するエアコンでお使いいただくことができます。全世界、50のメーカーを超える、1200機種のエアコンのコントロールに対応しています。登録も簡単でiOSとAndroidのアプリの設定画面から、すでに登録されているエアコンのメーカー、赤外線リモコンの機種番号を入力するだけです。

そして赤外線リモコンに成り代わってエアコンを操作することができるだけのIoT機器はすでに存在しますが、この「Ambi Climate2」はそれだけの製品ではありません。

一般的なエアコン、暖房や冷房は設定した「室温」に従って運転を行います。しかしすでにみなさんがお気付きのように、部屋にいて「快適」と感じる要因はさまざま。具体的には、お部屋の温度に加えて、湿度、日射量、そして外のお天気やあなた自身の体調といった要因が組み合わさってきます。

「Ambi Climate2」は内蔵されたセンサーとお天気情報、そしてあなた自身の感じた体感の「暑さ」「寒さ」の情報を独自のアルゴリズムを用いて分析し、最適な状態でご自宅のエアコンを自動コントロールします。

さらに専用アプリでは、最大20個のリモートコントロール機能や、ご自宅、お仕事場など複数のエアコンのコントロールとモニタリングを1つのアプリ上で行うことができます。Amazon EchoやIFTTTとの連携、複数ユーザーでのコントロールと、あなたが欲しかった先進的なIoT技術と先端的なサービスをご自宅のエアコンと組み合わせることが可能です。





独自の学習アルゴリズムはあなたやご家族、ペットたちにとっての快適さを分析しながらも、さらに省エネルギーのことを考えています。これまでのような暖めすぎ、冷やし過ぎを防ぎ、適切な環境を作ることによって、電気代をできるだけセーブしながら運転できるようコントロールします。

設置はとても簡単。ご利用になりたい部屋の中で直射日光やエアコンの気流の当たらない場所、エアコンのリモコンが届く位置に本体を設置し、お持ちのスマートフォン(iOS・Android)にアプリをインストールするだけで、すぐに使用を開始することができます。あとは運転をしながら、あなたの快適さを「Ambi Climate2」に教えて、良い環境ができるように育ててあげてください。

リビングでくつろぐひと時、お仕事に集中したい時の煩わしかったリモコン操作を減らし、さらに睡眠時間の冷やしすぎを防いで心地よい眠りを。そしてエネルギーの浪費を減らしてくれる。この「Ambi Climate2」はあなたとご家族の暮らしの快適さをサポートするための新しい道具です。












Supported Products


必要なスマートフォン
:iOS9、Android 4.1以上

対応のエアコン赤外線リモコン機種
:ダイキン、パナソニック、日立、シャープ、サンヨー、東芝、富士通など、全世界50以上のメーカーや約1000種類以上の機種

エアコン接続用赤外線通信機:7台まで
インターネット接続及びWi-Fi環境
Wifi:802.11b/g/n




Sizes


10.8×4.2×8.1cm

Weight


110グラム

Accessories


ACアダプター
ケーブル(micro USBケーブル)
日本語のスタートアップガイド

*日本国内の技術基準適合証明を取得済み

Brand Name


Ambi Labs






Notes


様々なエアコンのメーカーとリモコンに対応しており、常に新しいモデルも追加中です。対応しているリモコンの機種について、詳しくはこちらをご確認ください。


























Movies


「Ambi Climate2」の優れた機能を動画にまとめました。(1分30秒 音声が出ます)



















Product Guide


「Ambi Climate2」は独自のAI技術とセンサー技術、そしてスマートフォンのアプリを連携することで、あなたにとって快適な環境作りをサポートします。








私たちにとっての「快適な環境」な環境は、温度や湿度、部屋に差し込んでくる日光の量など、さまざまな要素が関係していることは、皆さんお気づきの通りでしょう。しかし一般的なエアコンは「温度」の状態を確認しながら運転を行っているため、どうしても冷やし過ぎ、暖め過ぎの状態になってしまい、私たちはリモコン操作を繰り返して調節を行うか、面倒になって冷やし過ぎ、暖め過ぎの状態を我慢するしかありません。エアコンをつけたままで寝てしまい、風邪をひいてしまった、という体験は誰にでもあることでしょう。

「Ambi Climate2」は独自のAI技術とセンサー技術、そしてスマートフォンのアプリを連携することで、あなたにとって快適な環境作りをサポートします。

「Ambi Climate2」のために開発されたアプリをあなたがお使いのスマートフォンにインストールして、あなたが「今、ちょっと暑いな」「寒すぎるな」と感じたときにはアイコンをタップしてフィードバックを送ってあげてください。そうすることで、「Ambi Climate2」のAIはセンサーから得られた数値だけでコントロールしていた情報を修正し、あなたの体感を重視して、暖め過ぎ、冷やし過ぎを無くすように学習します。

さらにお部屋の状態はその日のお天気や時間帯によっても変化しますから、これらの条件ごとに状況を計算し、さらにあなたから送られたフィードバックを学習しながら、ズレをできるだけ少なくしてゆく。お使いいただくほどに「Ambi Climate2」はどんどん賢くなって。あなたの暮らす環境だけのオーダーメイドの快適さを作ってゆきます。









「Ambi Climate2」の本体内部には室内環境の状態を測定するためのセンサーを搭載しています。そのセンサーは、温度センサー、湿度センサー、光センサー、そしてモーションセンサーの4つ。このセンサーがお部屋の状態を数値として計測して収集します。

「Ambi Climate2」はお使いの場所の位置情報を参照し、その場所のお天気情報を取得して、屋外の気象データを確認しています。これらの情報も反映さえ、快適さと省エネルギーのために上手にエアコンをコントロールします。夜間の急激な外気の温度変化に備えることはもちろん、季節の変わり目や雨の日などの不快さに対応するため、温度と湿度をコントロールします。











さらに「Ambi Climate2」は現代のIoT技術を使って先進的なサービスとの組み合わせ、これまでご自宅のエアコンで実現したかった機能を追加します。屋外からのコントロールはもちろん、ひとつのアプリ上で「Ambi Climate2」を設置している複数の運転情報と環境データの確認が可能になります。ご自宅とお仕事場所でお使いいただければ、ペットの居るご自宅の温度やエアコンの運転状態を確認したり、帰宅前に運転を開始する。スマートフォンの位置情報から自動オン・オフといった運転管理をして、エアコンの切り忘れや、ご自宅に着いたときに快適な環境を作っておくこともできます。

またAmazon EchoやIFTTTとの連携でさまざまなWebサービスやIoT機器との連携も可能。タイマーの設定も最大20個までを設定して、ウィークデーと休日というような複雑なコントロールも可能にしてくれます。さらに複数のユーザーで「Ambi Climate2」をコントロールすることができますから、ご家族や職場のスタッフみんなでエアコンをコントロール、学習させることができ、快適な環境づくりを行っていただくことができます。

設置はとても簡単。ご利用になりたい部屋の中で直射日光やエアコンの気流の当たらない場所、エアコンのリモコンが届く位置に本体を設置し、お持ちのスマートフォン(iOS・Android)にアプリをインストール、エアコンと「Ambi Climate2」をペアリングするだけで、すぐに使用を開始することができます。あとは運転をしながら、あなたの快適さを「Ambi Climate2」に教えて、良い環境ができるように育ててあげてください。



















Product Guide


全世界50社以上のエアコンメーカーの機器に対応しています。














「Ambi Climate2」は全世界、50のメーカーを超える、1200機種のエアコンのコントロールに対応しています。あなたのご自宅のエアコンをコントロールする赤外線リモコンに成り代わって、この「Ambi Climate2」がご自宅のエアコンを操作します。

登録は簡単。「Ambi Climate2」アプリの設定画面から、すでに登録されているエアコンのメーカー、赤外線リモコンの機種番号を入力するだけ。それ以上の設定は「Ambi Climate2」が自動的に行ってくれます。リモコンの機種名をアプリに入力した後は、「Ambi Climate2」がご自宅のエアコンに命令を送り動作テストを行いながら設定を進めてくれます。












ご自宅のエアコンが「Ambi Climate2」に対応しているかどうかは以下のサイトからチェックをお願いします。
 
LINK >> エアコンのリモコン対応確認サイト

*メーカー名(Manufacturer)は英語で入力をしてください。
*機種名はエアコン本体の機種名ではなく、リモコンの機種名です。




またこれからもエアコンは新機種が発売されるごとに、対応を追加してまいります。現在お使いの機種が上記のリストに存在しない場合は以下のリンクからお問い合わせをお願いします。

LINK >> エアコンのリモコン互換性のお問い合わせ















Product Guide


「Ambi Climate2」があれば、状況に合わせてご自宅のエアコンを様々なモードでコントロールすることができるようになります。














「Ambi Climate2」があれば、状況に合わせてご自宅のエアコンを様々なモードでコントロールすることができるようになります。上の画面は「Ambi Climate2」アプリの標準画面。画面に表示されている情報、そして「Ambi Climate2」があなたのお部屋をより快適にするためにどのようにコントロールするのかを各モードごとにご説明しましょう。

まずアプリの画面の上は、コントロールしているエアコンの名称と、お部屋の状態。名称は自由に入力することができますが、現在は「リビング」のエアコンをコントロールしている画面。室温は23.1度、湿度は39.3%、操作モードは「快適」モードで「Ambi Climate2」は作動していることを示しています。

中央の折れ線グラフは、4時間前から現在までの温度と湿度の変化を示したもの。室温がどのような状態で移り変わっているのかを知ることができます。白い線は湿度、赤い線は室温ですが、現在のリビングでは少しの変動はありますが、温度と室温は一定に維持されていることがわかりますね。

さらに中央の緑色の丸い円「快適」は快適モードを操作するためのもの。現在、あなたが体感で快適と感じているならそのまま、少し寒い、あるいは少し暑いと感じているならこのボタンをタップして「Ambi Climate2」にあなたの状態を教えてあげるための、その命令ボタンです。

そして画面、下段にある4つのアイコンは、「Ambi Climate2」の設定とモード切り替え、さらに運転の動作解析を確認するためのものです。それではさっそく一番右側の「モード」アイコンをタップして、運転モード切替を行ってみましょう。







一番左の「モード」切替ボタンをタップしました。すると画面右側に各種のモード切り替えの画面が現れました。モードは合計4つ。快適・温度・外出・手動、さらに一番下はエアコンの電源を切るための「オフ」のスイッチ。そしてあなたがタイマーをセットしている時にはモードの上にタイマー表示が現れます(現在は「起床」タイマーがオンになっています)。

また温度・湿度・運転モードの下に記されているのは、ユーザーが「Ambi Climate2」に送った操作命令です。あなただけではなく、このエアコンを共有している他のユーザーの命令もここに表示されます。

それではこの「Ambi Climate2」の基本モードであり、AIが動作するインテリジェントモードである「快適」をタップしてみましょう。





快適モード






この快適モードは、現在、その瞬間にあなたが感じている室温の状態、暑すぎる、寒すぎる、少し暑い、少し寒い、という体感を「Ambi Climate2」に知らせることによって、エアコンをコントロールすことができるモードです。

例えばあながた真夏にお風呂から上がって部屋が暑いなと感じたなら、このボタンを操作して「少し暑い」「暑い」「暑すぎる」の3つから選んでください。すると「Ambi Climate2」はそれを認識し、さらにエアコンの運転状況を瞬時に切り替えてくれます。同様に冬の寒い時に屋外から自宅に帰ってきて寒いと感じたら今度は「少し寒い」「寒い」「寒すぎる」のどれかを選んで「評価」すれば、暖房のコントロールが始まります。

快適になった状態であなたは「快適」と命令すれば、エアコンはその運転状態をキープし、さらにそれらの「体感」と「気分」の評価は「Ambi Climate2」のデータベースに記録され、あなたにとっての「快適さとは何か」を学習し、あなたが快適と感じるための条件を今後どのように維持すれば良いかをどんどん学んでいきます。

これらの評価を繰り返すごとに「快適モード」はどんどん賢い運転ができるようになってゆきます。あなたの評価、屋内の温度などの状態、そして室内の気候条件、それらを収集しながら、AIはあなたがどのような快適さを必要としているのかを学んでゆくのです。





設定温度モード






設定温度モードを使用すると、設定された目標温度を維持するために、あなたのエアコンをコントロールします。通常のエアコンに組み込まれた設定温度の運転との違いは、「Ambi Climate2」はあなたのお部屋の室温だけではなく、屋外の温度、そしてこれまであなたのお部屋の状況から学習したデータを参照しながらコントロールすることです。なおこのモードでは湿度データは考慮されません。


操作は暖房か冷房のモードをまず選択して、温度の設定範囲になる温度を選びます。冷房では最高温度は25度、暖房では最低温度は18度で、指定された温度範囲でエアコンを稼働させることができます。





外出モード






最近の研究では、お部屋に誰もいない時間帯でも部屋の温度を上げすぎず、下げすぎる、一定の温度で維持をしておいたほうが、電気代のムダを防ぐことができる、という報告があります。この温度管理を行うことができるのが、この「外出モード」です。あなたが部屋を出る時に「モード」アイコンの中からこの「外出モード」をタップするだけで、あらかじめ設定した温度に自動的に切り替えて出発をすることができます。

このモードによって不在時も「Ambi Climate2」のAIは、現在の室温と、屋外の温度・湿度を参照しながら制御を行い、適切な温度環境の範囲を超えた場合にのみ、エアコンを動作させます。エネルギーコストを最小限に抑えながら、あなたのご帰宅を待っていてくれる運転モードです。

ペットと一緒に暮らしておられるご家庭でも、これは便利にお使いいただけるモードでしょう。





マニュアルモード






マニュアルモードでは、通常のりリモコンで行うようにエアコンをコントロールすることができます。このモードの時にはAI運転や運転学習は行われることはありません。









Product Guide


室内の状況、室外のお天気、そしてあなたの体感。それから省エネルギーであること。現在の状況から最適なエアコンの運転を計算してコントロールする。快適な環境を作り出すその秘密は、「Ambi Climate2」のAIです。












室内の状況、室外のお天気、そしてあなたの体感。それから省エネルギーであること。現在の状況から最適なエアコンの運転を計算してコントロールする。快適な環境を作り出すその秘密は、「Ambi Climate2」のAIです。

「Ambi Climate2」が実際にどのようにして学習を行うかについてご説明しましょう。例えば「快適モード」に設定した時。この快適モードでは、「Ambi Climate2」に搭載された各種センサー、温度センサー、湿度センサー、光センサー、近接センサーの4つのデータを収集します。さらにこれに加えてあなたが寒すぎる、暑すぎる、と評価した「快適さ」をこれらのデータを照合しながら、あなたが過ごしやすい最も快適な環境、そして最も省エネルギーになるようなエアコンの運転設定を予測。それに基づいてエアコンに赤外線の情報を送ってコントロールします。

それでは実際にどのようなデータが「Ambi Climate2」に記録され、学習されているのかをお見せしましょう。以下のスクリーンショットはアプリの中からユーザーが自由に参照できるものです。







これが室内と室外の温度と湿度変化の記録。屋外の情報は位置情報から特定された気象状況を引用しています。日没後、夜明け前の急激な温度変化や、雨の日の湿度も私たちの「快適さ」を左右する大きな要因です。これらのための重要なデータとして気象状況も参照されます。







こちらが「Ambi Climate2」が様々な情報を閲覧しながら、どのモードでエアコンをコントロールしてきたか、それが室温にどのように適用されたかの履歴を表示したもの。日、週、月の履歴を表示することもでき、毎日の履歴を比較することも可能です。これらのデータは他に3種類、合計5つのグラフィックデータで確認することが可能です。







このデータがあなたが「快適モード」で運動中に「評価」したデータを表したもの。そしてそれらの評価と周囲の計測データとから「最適さの要因」を分析。お部屋の中で心地よい状態になるように運転を行うよう、「Ambi Climate2」エアコンに指令を行うのです。
















Product Guide


「Ambi Climate2」は複数のタイマーをあらかじめ設定しておくことが可能。モード切り替えなど、自由自在にエアコンを操ることができる高度なタイマー機能です。













快適な睡眠と、お目覚めにのために。そして慌ただしいお出かけ前の時間、ご帰宅になられた時に快適に過ごすことができるように。この「Ambi Climate2」はとてもスマートで高性能なタイマー機能で、これにお答えします。

例えば、お休みの前に起きる時間を予想して電源がオンにする起床タイマーを毎回、セットする。そして自動的にオフにお休みタイマーも設定。毎日、毎日のそんな煩わしい設定も、この「Ambi Climate2」なら、毎日のルーチンワークとしてきちんと記憶して、対応してくれます。







これが「Ambi Climate2」のタイマー設定画面。登録されたタイマーは一覧にして表示され、状況に応じて、あらかじめ登録されたもののオン・オフ切り替えが可能。1台のエアコンに最大20の設定を保存することが可能です。

さらにタイマー設定の内容も、とてもスマート。設定できるのは時間だけではなく、ウィークデーと土日の設定を変更しておくこともできますから、お休みの日はゆっくり目の時刻設定をしておくことも可能。

運転モードの設定もできますから、例えば毎日のお出かけ時刻や帰宅時刻が決まっている方なら、自動的に「外出モード」への切り替えを制御する、といったことも可能です。あなたの生活時間のリズムに合わせ、ご自宅のエアコンをスマートにコントロールすることができる、とても便利で優秀なタイマー制御をご自宅のエアコンに追加することができます。










Product Guide


ご家族のみなさんそれぞれでコントロールすることができ、ひとつのアプリでご家庭内のエアコンのコントロールを可能にします。










「Ambi Climate2」はひとつのアプリで、複数のエアコンを切り替えてコントロールすることができます。もちろん複数の場所にあるエアコンのコントロールも可能。1台のエアコンに1つの「Ambi Climate2」を用意していただき、それぞれに設定をしてお使いいただくことができます。

下のスクリーンショットの左の画面がそこの切り替え画面です。現在は「自宅・リビング」の1台に設定しているだけですが、ご自宅のベッドルーム、書斎とそれぞれに設定をしていただくと、それが一覧となって操作の切り替えができます。またこの一覧では現在の運転のモードと、そのお部屋の温度と湿度を確認することができます。外出時にペットのための温度管理が心配になったとき、電源を切り忘れたかなと気が付いた時にも、この一覧から状況をすぐに確認できます。

もしご自宅とお仕事場、というように複数の場所で「Ambi Climate2」をお使いになれば、この一覧でその状況確認とコントロール切り替えができます。例えばお仕事場や屋外におられて、この一覧からご自宅の状態を確認。もし室温が上がり過ぎていると思われたら、そのお部屋のエアコンを操作して、冷房を入れる、といった操作ができます。もちろんエアコンの切り忘れの確認や、その操作もできます。








複数のユーザーアカウントを作成して、それぞれで「Ambi Climate2」をコントロールすることもできます。例えばご家庭でお使いの場合なら、あなたのご家族やパートナーの方のアカウントをデバイス設定に追加することができます。お仕事場所での使用なら、スタッフのみなさんがそれぞれに操作することができ、それらの情報や学習した内容はエアコンごとの情報として蓄積されます。

またユーザーの情報と位置情報に応じ、最後に家を出た人を感知して自動的にエアコンをオフにする、最初に帰宅した人の情報を確認して自動的にオンにする、といったマルチユーザー位置情報機能もリリースを予定しています。これによって、よりスマートにエアコンをコントロールすることができ、電気代の削減も可能にします。









Product Guide


IFTTTやAmazon Echoなど、外部サービスとの連携も可能です。












「Ambi Climate2」はさまざまな外部サービスと連携が可能です。例えば、Amazon Echoとの連携。音声コマンドによって、あなたのエアコンの制御が可能に。オン・オフ、そして快適モードの変更や、現在の室温の確認などを、Alexaを通じてあなたにお知らせします。「Ambi Climate2」はスマートホームを実現してくれるデバイスです。(英語版はすでに公開済み・2018年に日本語版を公開予定です)









様々なWebサービスとの連携を可能にしてくれるプラットフォーム「IFTTT」にも対応。各種のサービスやハードウエアと連携。今後発売になるサービスやIoT機器との組み合わせをも可能にしてくれるでしょう。あなた自身のアイデアをこのIFTTTと「Ambi Climate2」を繋ぐことで実現させてください。

スマートフォンのGPS機能を使って、ご自宅を離れる時には「Ambi Climate2」からエアコンをオフ、近づいたらオン。GoogleHomeやAmazon Echoを使って音声でエアコンのオン・オフを行ったり、Ambiの快適モードの切り替えを音声で行ったり。IFTTTのサイトには、そんな便利なアプレットがすでに公開されていますよ。




LINK >>IFTTTのAmbiレシピページ






実例として、IFTTTを使って音声命令でエアコンをコントロールするアプレットを作ってみました。Google Homeを介して「エアコンをオンにして」と命令すると、Ambiがそこれに答えてエアコンのスイッチを入れる(快適モードか指定温度モードかの指定も可能です)、「エアコンをオフにして」で電源を切ることができます。さらに快適モードの切り替えなど、IFTTTを使いこなすことでさまざまな動作設定を行うことができます。









Product Guide


あなたのお部屋のインテリアをじゃましないハードウェアデザインです。












リビングやベッドサイド、書斎に置いて使っていただくハードウエアですから、あなたのお部屋のインテリアの邪魔をしてしまっては意味がありません。「Ambi Climate2」はこのことをとても大切に考えながらハードウェアをデザインしました。

本体はつや消しのホワイト。台座部分は本物の木の素材を使用して、さまざまな置き場所、棚や机などの素材とマッチしやすいように配慮しました。

上面、面と裏面には大型の赤外線リモートコントローラを装備して、あなたのエアコンを確実に制御します。上面とベースには空気の循環を行うことができるスリットが装備されていて、内蔵された温度センサーと湿度センサー、光センサー、モーションセンサーが正しい空気の状況を把握できるように考えられています。

設置面積は横幅11センチ、奥行きが4.2センチと、たいへんスリムで置き場所を占有しません。直射日光が当たらない場所、お使いのエアコンの風が直接当たらない場所で、リコモンがきちんと届く位置への設置をお願いします。







すぐお使いいただけるように、本体、接続ケーブル(microUSB端子)と、電源アダプターが一色になっています。また日本語のスタートアップガイドも付属しています。

ご自宅のエアコンを適切に動かすことによって、より快適な暮らしができて、エネルギー負担を最小限にしたい、という願いを込めて作られた製品です。パッケージも環境負荷が最小限であることを考えてデザインされています。パッケージサイズ:17×17×7cm










Interview


プロデューサー・インタビュー 
Ambi Labの創設者、CEO、ジュリアン・リーさんにうかがいました














この製品をつくる、きっかけとなった出来事を教えてください


私たちがこのプロジェクトを開始した2012年の時点では、まだ米国のNest社のサーモスタット製品が市場に登場したばかり、この製品に刺激されて、アジアでもこのような製品が出てくることが期待されていました。

しかし米国の家庭で使われているエアコンの形式の多くは中央式空調で、24時間365日、稼働し続けている仕組みのものです。ところが日本をはじめとするアジアでは多くの家庭では部屋ごとに小型のエアコンを取り付けているために、米国型の仕組みとは全く違った、アジアの家庭向けに作られた独自設計の製品が必要とされてる。そのように私たちは考えたわけです。

そこで私たちはまず日本、シンガポール、香港の人たちと実際にお会いして、詳細なインタビュー取材を始めることにしました。さらにアジア全域、4000名以上の人たちからのオンライン調査を行うなど、広範囲なコンシューマー調査を行ったのです。

「スマートな空調」というものを思い浮かべた時、どうしてもスマートフォンからエアコンをコントロールするもの、というようなイメージに行きがちな訳ですが、調査を開始してみると、実際の消費者が必要としているものはそういった製品ではなく、望まれているのは本当にインテリジェントなエアコン、というべきものでした。とても寒い日なら、そんな気候の変化に合わせて自動的に電源を入れて、さらに室内をきちんと暖めて住人を待って居てくれるような、ユーザーがエアコンの電源管理や、温度調整をわざわざしなくても良い、さらに使えば使うほど賢くなる学習型の機能を持った、そんな装置が必要とされていたのです。

この調査研究を通して、今日のエアコンの最大の欠点というものが分かってきました。温度の変化、天候の変化、室内に差し込む日光、そしてそこに暮らす人の日々の生活サイクルなどに合わせて、あなただけの環境を作り出すことができるものを作る。これが「Ambi Climate」というハードとソフトウェアをつくための基本概念となりました。



最終的な製品の形状やデザインが出来上がるまでに気をつけたことを教えてください


ハードウェアのデザインには、私たちが目標としている理念とどこまで一致させることができるか、これが最も重要なことだと考えました。私たちの「Ambi」という名前ですが、これは、これからのテクノロジーのあるべき姿というものはもっとシンプルで直感的でなければならない、という概念である「Ambient Intelligence」から発想したものです。環境知能、つまり、テクノロジーはもっと私たちの家庭環境の中に溶け込んでゆくもののはずです。

このような概念をもとにして私たちはデスクトップデバイスの設計に取りかかりました。この装置は現代の家庭のインテリアに置かれるもので、インテリアに自然と馴染むもので無ければならないので、製品のフォルムの設計に当たってもフォーカスグループインタビューを行い、設計を進めました。



この製品で使われている素材について、エピソードはありますか?


設計段階の素材選びに際して、「Ambi Climate 2」には実際のブナ材でできたベースを取り付けることにしました。製品を正面から見ると、この材料を使用している量はわずかな訳ですが、しかしグループインタビューを行ってみると、この素材を使ったデザインが、ユーザーの人たちにとって、大きな視覚的効果を備えていることがわかってきました。

素材選びに関して実は、金属、プラスチック、いろいろな種類の木材など、様々な比較検討を行った訳ですが、このブナ材を使った台座が最も人々の興味をひいた、ということはとても興味深いものでした。外見としてはとても薄い木の一枚の板を取り付けたことが、電子デバイスを自宅のインテリアにシームレスにフィットさせるためには、とても重要な要素になっている。私たちのデザイン哲学がきちんとユーザーに届いているのだ、ということを実際に感じたエピソードでした。




AssistOnのお客様にメッセージをお願いします


私たちの製品に関心を持っていただいたことに感謝いたします!そして「Ambi Climate 2」を実際に手にとってお使いいただけると嬉しいです。

私たちはみなさんが安心してお使いいただけるよう、そして充実した使い方ができるように、これからも本製品にもっともっと機能を追加するための努力を重ねてゆきます。ぜひ長く私たちの「Ambi Climate 2」をお使いいただけることを願っています。













Brand Story




Ambi Labs




Ambi Labsは香港を拠点に設立されたIoTベンチャー企業です。「Ambient Intelligence(環境知能)」というコンセプトに基づき、本当にスマートな技術は直感的でシームレス、そしてユーザーのライフスタイルを改善しながら背景に溶け込むようなものだと思っています。

私たちの目的は、AIとIoTの力を借りてこれまでの家電製品と最新技術のミゾを埋め、皆様のご家庭をより快適にして、省エネルギーを実現する事です。

私たちは既に数年前から活動しており、クラウドファンディングサイトのKickstarterで「Ambi Climate」キャンペーンを2014年に成功させています。それ以降は「Ambi Climate」の数年に渡るフィードバックを元に改良・改善を重ね、再設計し、より機能的かつ、アップグレードしたAIを搭載した「Ambi Climate 2nd Edition」(このAmbi Climate2)を制作しました。

私たちにとって「本当に良い技術」とは自然で直感的に使えるものを作ることだと考えます。それは誰にでも簡単に使えて、ユーザーにとって必要な事はすべて自動で理解してくれるもの。そして、これを作り上げることが、私たち、Ambi Labsを未来に導く基本概念だと考えています。