カメラを安全に手首に固定でき、撮影のじゃまをしない。これまでなかなか良いものがなかったハンドストラップをPeakDesignが新しく作りました

PeakDesign CUFF

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)

カメラで撮影を行うときの安心感がある、手首にしっかり固定できるハンドストラップ。機動性も高く、特にレンズを含めてコンパクトにまとめたいとき、小さなカメラを使う時には最適な方法です。

首や肩からカメラを下げる一般的なカメラストラップに比べて撮影の邪魔をせず、身動きしやすいメリットがありますが、なかなか良い製品のないのが実情でした。あまり簡素なものだと心もとない。大げさな仕組みがありすぎても本末転倒になってしまう。

これまでカメラ用のマウンター、ストラップ、そしてバッグなどの、これまでに無かった構造とデザイン、その使いやすさでプロカメラマンを驚かせてきたPeakDesignが手がけたハンドストラップの登場です。その名前は「PeakDesign CUFF」。

まず驚くのは、その取り扱いが簡単なこと。ループを手首に通して捻りを加えるだけで、アジャストが可能。しっかり手首に固定ができます。

素材にはガラス繊維強化ナイロンを使用して、軽く、強靭で、さらにしなやかに。貴重なカメラとレンズをしっかりと固定できる強度と耐朽性を備えながらも肌触りが良い。従来のナイロン製やコットン製、革製には無かった利点を備え、重量はわずか36グラム。つけていることも忘れる軽さです。




使いやすさ、撮影しやすさのために、PeakDesignならではの機能も充実しています。さらにオリジナルの着脱システム「マイクロアンカー」を装備し、カメラ本体からこのハンドストラップの着脱も簡単に。ネックストラップとの取り替え、他の機種との交換を瞬時に行うことができます。

またストラップを使用していない時にはカメラを取り外して、手首にくるりと巻いておくことができる仕組みも備えています。例えば旅先で通常は貴重なカメラをバッグに収納しておき、撮影したい場所ではあらかじめあなたの手首に巻いておいた「PeakDesign CUFF」に取り付ける。このようなカメラの安全を最優先に考えた使い方が可能です。



Supported Products


一般的なコンパクトカメラ、ミラーレスカメラ、一眼レフカメラ用など、ストラップ穴の開いたもの



Sizes


ループサイズ直径:45cm-97cm

Weight


36グラム

Material


本体:ガラス繊維強化ナイロン

Accessory


アンカー:2本
アンカーマウント

Brand Name


Peak Design








































Movies


「PeakDesign CUFF」デザイナーインタビュー(音声が出ます 3分7秒)






















Product Guide


従来のカメラ用ハンドストラップの使いづらさの一切を変えてくれます。PeakDesignが作った、まったく新しいストラップ。












カメラを安全に手首に固定してくれるためのハンドストラップ。首や肩からカメラを下げる一般的なカメラストラップに比べて、撮影中にも邪魔にならず、身動きがしやすいため、こちらを選ばれる方も多いでしょう。しかし、ストラップの取り回しがしづらい、他のストラップとの使い分けが面倒、未使用時の扱いに困ったりと、なかなか良い製品がない状況でした。

これまでカメラ用のマウンター、ストラップ、そしてバッグなどの使いやすさでプロカメラマンを驚かせてきたPeakDesignが手がけたハンドストラップがついに登場。そレがこの「PeakDesign CUFF」です。







まず驚くのは、その取り扱いが簡単なことでしょう。写真のようにまずループに手首を通すだけ。あとは、カメラに取り付けたストラップの隅を持ってやって、手首を軽く回転してください。すると「PeakDesign CUFF」は素早く金属部分が引き上げられて、手首にしっかりとフィットしてくれます。






取り外す時にはこの金属部分を手に持って、再び手首をひねるだけ。今度はループが緩んで、すぐに取り外すことができます。軽快に取り外しができて、撮影時にはカメラをきちんとホールドしていてくれる。これが「PeakDesign CUFF」の使いやすさです。






素材にはガラス繊維強化ナイロンを使用して、軽く、強靭で、さらにしなやかなストラップにしました。貴重なカメラとレンズをしっかりと固定できる強度と耐朽性を備えながら、柔軟性があり、そして肌触りが良い。従来のナイロン製やコットン製、革製には無かった利点を備えています。本体重量はわずか36グラム。使用しているのを忘れるほどの軽さ。そして使用時には手首に馴染んで、肌触りが良いことも、この素材の特徴です。













How to Use


着脱を素早く行うことができる「マイクロアンカー」を採用しています。











カメラを収納する時。使用しているカメラを取り替える時。これまでのカメラストラップでは、ボディーに取り付けたままにしてしまうことがあり、とても使いづらい状況にありました。これを解消してくれるのが、独自のマイクロアンカーシステムを採用した「PeakDesign CUFF」です。

耐荷重はなんと、100キログラム。オランダの繊維メーカー、DSM社のダイニーマを素材に使用。この「マイクロアンカー」を取り付ける時には、この赤色のパーツをストラップ側のミゾに滑り込ませるだけ。それだけでしっかりとロックされて、不意に外れてしまうことはありません。また取り外したいときには、指で軽く押し込んで引き抜くだけ。操作がなれると瞬時に取り付け、取り外しが可能になります。










このマイクロアンカーのシステムはほとんど全てのPeak Designのバッグやカメラ用品に備えていますので、自由に、そしてワンタッチでこのロックシステムを行き来させることができます。持ち物を最小限にして、とても快適なシステム構築が可能です。










「マイクロアンカー」の使い方はとても簡単です。カメラ本体にアンカーを取り付けておけば、あとはストラップ側に滑り込ませるだけ。このロックシステムの背面には金属製のバネが仕組まれていて、弱い力でも簡単に取り付け、しっかりとロックさせることができます。さらに離脱するときにはアンカーを指で押し込みながら引き抜くだけ。従来のフック式やリング式のロックでは考えられなかった使い勝手の良さです。



















このマイクロアンカーシステムを「PeakDesign CUFF」が採用することで、もう一つのユニークな機能を装備しています。カメラを離脱させた後に、そのままストラップ本体を手首に取り付けて置くことができること。アンカーを取り外した後、ストラップはそのままくるっと手首に巻いてやれば、磁石の機能を使って、ジャマにならないように固定することができるのです。

旅行中、カメラを使用していない時にはカメラ本体をバッグの内部に収納。撮影したい時にアンカーを固定して、すぐに撮影を開始。さらにPeakDesignの他のストラップシリーズと使い分けをしたい時にも、あらかじめ「PeakDesign CUFF」を手首に装着しておけば、すぐに撮影準備を行うことができます。








1.マイクロアンカー(2個)
2.本体
3.マイクロファイバー製ポーチ








Colors


「PeakDesign CUFF」は2つのカラーからお選びいただけます。







PeakDesign CUFF シルバー

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)












PeakDesign CUFF ブラック

本体価格 ¥4,000 (税込価格 ¥4,320)















Recommendations







これまでのカメラストラップには無かった、使い心地の良さ。オリジナルの「マイクロアンカー」を装備し、サイズ調節もピタリと可能。「PeakDesign LEASH









Brand Story







Peak Design について







Peak Designの考え方

私たちPeak Designのスタッフ自身が、世界をまわっている冒険家やトラベラー、都市を動き回るひとたちやデザイナー、そして写真家です。そして私たちは最新で高価な電子機器をそのへんにうっちゃってでも、たとえ危険な場所、母なる大地と大いなる自然の中に分け入って、美しい光景を撮影するのが大好きなのです。

私たちは適材適所という言葉を信じています。私たちの使命は、積極的で創造的な人々が、自分たちのまわりにある美しい世界を鑑賞し、よりよい写真として残すことができることを可能にすることです。カメラ、レンズ、双眼鏡、GoPro、ノートパソコンなど、私たちは創造的のための道具を持ち運ぶことを支援する道具を作り続けます。








創設者について

2010年、ミネソタ州生まれのピーター・ダーリンは3ヶ月間の世界一周旅行に旅立ちました。この旅行の中で彼は、デジタル一眼レフカメラを携えて旅行することは、かなりの危険と隣り合わせであることを知りました。

そこでサンフランシスコのアパートに戻った彼は、これをなんとかしたいと考えて、約10ヶ月をかけてその解決方法となる道具の設計に取り組んだのです。







どうやって起業することができたのか

そうやって作られた製品をピーターは、クラウドファウンディングのサイト、Kickstarterに発表したのが2011年5月のことでした。ここで発表したカメラ用のクリップはたちまち5500名の支持者を集め、このプロジェクトは成功に終わります。ここでたくさんの支持者を集めて立ち上がったのが、私たちPeak Designです。

現在では14人のスタッフが居て、IDEA賞などたくさんのデザイン賞を受賞し、現在でもKickstarterの歴史の中で最も成功したプロジェクトのひとつとなっています。







デザイン哲学

モノを作ることはとても楽しい、それは子供なら誰でも知っていること。私たちはそんな子供時代の気持ちを大切にしながら、その大人バージョンを実現したいのです。自分たちが良いと思った素材と道具だけ使い、現代におけるアーツ・アンド・クラフト運動となるようなデザイン事務所にしたいのです。モノはシンプルであることが最も素晴らしいことであって、結果的にはわれわれが想像もしなかったような使われ方をするような、そんな汎用性をもったモノを作りたいのです。

そして自分たちこそがそのモノたちのユーザーであり、常に改善の手を休めないことこそこが、良いモノをつくるための唯一の方法だと信じています。